ただいまの掲載件数は タイトル57861件 口コミ 1131100件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 花筐 > 緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援!大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。

『花筐/HANAGATAMI』公開記念

緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援!
大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。

『花筐/HANAGATAMI』12月16日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開
映画作品情報 | 映画公式サイト | 公式ツイッター | 公式フェイスブック

『花筐』はドラキュラ映画だった!?

大林宣彦監督待望の新作『花筐』が16日から全国公開される。『この空の花−長岡花火物語』『野のなななのか』に続く「戦争三部作」の最終章。クランクイン直前に肺がんで余命3ヶ月と宣言され、死と向き合いながらの撮影だった。映画は完成、公開前から高い評価を受けている。特に、試写を観た後輩映画監督たちからは「反戦思想と高度な映像表現が合致した今日的な作品」という声もあがっている。そんな、過去の大林作品の影響を受けてきた監督のなかで、戦争と向き合い、『野火』という問題作を作った塚本晋也監督、ファンタジーを作り続ける手塚眞監督のおふたりに、『花筐』を語ってもらった。緊急特集第二回は、PFFでつながる大林宣彦、手塚眞両監督の対話−−。

【第二回】手塚眞監督と語る!

“僕たちの出会いと、PFFの時代

手塚 大林さんと最初にお会いしたのは、1979年のぴあフィルムフェスティバル(PFF、この年までは「Off Theater Film Festival」)でしたね。僕が『UNK』を出品したとき審査員だった大林さんが観てくださった。同じ審査員で大島渚監督も別のところで僕の作品を観てくださって、共通の話題でお話されたと聞きました。

大林 裏話ですが、ちょうど僕が自主映画からメジャーの『HOUSE/ハウス』を作ったということで今の言葉でいうとインディーズ、いわゆるアマチュアの代表、もっとわかりやすく言えば“アマチュア映画の親分”みたいな存在だった。そこで手塚眞ちゃんと今関あきよし君、あの『ORANGING '79』と出会った。これはひとつの象徴的な出来事で、同じ審査員だったかわなかのぶひろ君が、「これはもう我々とは違う人類が誕生したとしか思えないね。新人類だね」と言ったのです。これが実は“新人類”という言葉の走りで、それが日本中に広まった。

手塚 ちょうど、PFFは3回目でしたね。個人的に応募していたんですけど、それより前に処女作『FANTASTIC★PARTY』をご覧になっていただいていて、映画祭の中では大林監督がプロデュースされている“大林宣彦逆回転映画館”というのが文芸地下劇場で行われた。そこで『FANTASTIC★PARTY』も選んでいただいて上映されたんですよ。その後の第4回目にも応募して、5分くらいの『HIGH-SCHOOL―TERROR』というホラーを選んでいただいたんですけど。高校のころに3本8ミリを撮っているんですが、3本とも大林さんのおかげでぴあで上映していただいたということがありました。その直後に『MOMENT』という8ミリ映画をこれは大学時代に作るんですけど、そこにゲストで、ワンカット出演してもらうということがありました。だからあの頃、結構よくお会いしていたような記憶があります。

大林 僕にとっても、映画界は全く無縁でね。むしろ8ミリを撮っている人たちが弟分というか、仲間というか、居心地もいいし、そこにずっといたいといという気持ちが強かった。

手塚 だから自然に大林組に入れていただいたという感じで、その流れで、『ねらわれた学園』に出していただいたりしたんですね。

『花筐』と『いつか見たドラキュラ』と『血とバラ』

手塚 先日、大林監督の最新作『花筐』を観せていただきました。僕はもちろんずっとリアルタイムで監督の作品を観ていますが、『花筐』が一番、監督の思いがストレートに出ている作品だと思いました。もちろん、檀一雄さんの原作はあるんですけど、むしろ大林宣彦原作というぐらいのインパクトを受けました。一番惹かれたのは、これは“ドラキュラ映画だ”ということです。自主映画時代の『E´MOTION=伝説の午後・いつか見たドラキュラ』があり、メジャー・デビュー作『HOUSE/ハウス』はドラキュラ映画の系譜だと思っているのですが、激しく喀血した矢作穂香の血を常盤貴子が吸い尽くすシーンを見て、まさしくこれは『いつか見たドラキュラ』であり、『ハウス』だと思いましたね。

大林 そう感じ取る人は多いようですね。

手塚 ポタッと垂れた血のアップがあってこれはもう間違いない、と。監督は全然意識されなかったというのが、またこれはすごいんですけど。ヒロインの名前がミナというんですが、これはドラキュラ映画のヒロインの名前、だから意識されたんですか?と聞いたら、全然思ってもみなかったとおっしゃる。僕の場合はミナと聞いた瞬間に、これはブラム・ストーカーだ、いやむしろ、『いつか見たドラキュラ』よりも、『花筐』の方がドラキュラ映画だ、って。今世界的にドラキュラ映画が少ないので、久しぶりに血の通ったドラキュラ映画を見せてもらえてすごく嬉しかったです。

大林 ドラキュラ映画ということでいえば僕たちの世代では、ロジェ・ヴァディムの『血とバラ』です。ドラキュラ映画の映画的美学が結実したのが、『血とバラ』でしょ。あれアメリカで配給されたので“Blood and Roses”『血とバラ』というタイトルですが、フランス語の原題は“Et mourir de plaisir”、あ、『死に至る病』か!と納得。『死に至る病』とは、セーレン・オービエ・キェルケゴールの哲学書では“絶望”の意なんですよ。だからあの映画のラストで、カミーラが持っているバラが枯れていきますよね。僕たちはそれをドラキュラ映画のひとつの洒落たオチだとして見るけど、あれが『死に至る病』、絶望の象徴だとしたら全世界の人間がみんなドラキュラに血を吸われているぞ、という姿に見えてくるわけ。ということは、『血とバラ』は耽美的な映画と言われているけれども、監督したロジェ・ヴァディムは戦争中の世代だから、彼の背後には戦争の悲劇があるわけです。だから、権力者が名もなき庶民の血を吸って生きている世の中だということを前提にしている。それが、たかが吸血鬼映画の洒落たものだというふうに、そこだけを取りざたされたていくことは大切なフィロソフィーがどっかいっちゃう。我々人類の大問題である戦争までもが見えなくなってしまっている、ということですね。

手塚 「世の中がきな臭くなるとドラキュラ映画が流行る」と云われています。まったく本当ですね。

大林 ところが40年経ってみると、あれは当時の映画雑誌の誤記で、事実は直訳すれば「喜びに死す」ということ。しかし「喜びに死す」という文脈自体が症状としてより重態、「絶望」のより深く文学的な味わいとも。即ち哲学の耽美的表現と積極的に誤解をし、虚実の狭間を愉しめる。それで、眞ちゃんに答える言い方ですれば、いまこそ『血とバラ』をもういっぺん『死に至る病』ないしは『喜びに死す』に戻してやろうじゃないか、戻さなきゃいかんという裏の思いが、『花筐』作っているときにあっただろう、と。だから嬉しいのは、眞ちゃんが“一番素直に僕らしい”とい言ってくれたこと。『花筐』のポイントは“素直に僕になった”、そこだと思う。映画を作るということは技術ですから、面白くしようと思えばどこか素直ではない自分の面が出てくるわけですが、『花筐』は僕の映画になったかな、というか、僕自身になったという感じですね。

“戦前戦中派”と“戦無派、そして手塚治虫

手塚 大変おこがましい言い方をすると、大林作品の映画史は『花筐』に至る道程だったように思います。もちろんこれが最後ではなく、まだまだ作られると思いますけど。『いつか見たドラキュラ』から始まって『花筐』に至るまでの大林宣彦の時間の流れみたいなものが、『花筐』に至って結実し、凝縮したという感じがすごくしますね。

大林 それは嬉しいですね。僕から見ると眞ちゃんは弟分の世代というか、リアルにいえばうちの娘の千茱萸(ちぐみ)と同じ年齢だから、息子・娘の世代なんですけど、映画的に考えると弟分くらいの感じ。つまり、同志です。僕が眞ちゃんを作品以外に、最初に“おお”と思ったのは、我が家に来て『金田一耕助の冒険』をビデオで観て面白がってくれたときですよ。

手塚 あれ、本当に大好きなんです。もちろん『ハウス』は好きなんですけど、『ハウス』は必ず2番目におく作品と思っているんです。大林宣彦の一番の作品といのは、そのときどきであるんですけど、僕のなかでは『金田一』が不動にありまして。でも、『花筐』はそれを超えたかもしれないので、『ハウス』は3番目くらいになってしまった。

大林 『金田一耕助』というのは、悪ふざけ映画の典型ですよ。自分でも悪ふざけだと思って作っていますから。ただし、“寛容”ということだけはちゃんとやっていこう、と。でもこれについて語り始めると長くなるので、眞ちゃんとは別の機会で話したいね。

手塚 そうですね、長くなりますから(笑)。ただ一言だけ言うと『金田一耕助』のようなパロディ映画さえ僕には“戦争体験”が透けて見える。 “戦前戦中派”は大林監督もそうだし、うちの父親もそうだけど、“戦争体験”が創作の基盤になって表現に結びついている。そういう感じです。

大林 お父さんの話題が出たので手塚治虫さんと僕の話をすると、僕は手塚治虫さんより10歳年下で敗戦後の少年なんですよ。ちょうど敗戦が小学校2年の時で国民学校のころに、毎日小学生新聞だったか、子ども新聞だったか忘れたけど、それに手塚治虫(おさむし)お兄ちゃんが紹介されていた。手塚“おさむし”、今は“おさむ”と言いますが、当時は“おさむし”と名乗っていた。

手塚 ルビで“おさむし”って入っていましたよ。本人もそう言っていました。

大林 僕らと同じ“いがぐり頭”だから、“おさむしお兄ちゃん”と呼ぶんだけど、連載で『マアチャンの日記帳』という紹介記事が出て、翌日から載り始める漫画というのが、それまで親しんできた『のらくろ』とか『フクちゃん』と、ちょっと何か違って、お兄ちゃんらしい、筆の跡というのかな、親しみのあるものと出会った。それは昔ながらの4コマ漫画でフクちゃんと同じだと思ったんですが、次の『AちゃんB子ちゃん探検記』では男の子と女の子が探検するんです。それも敗戦後の僕たちの日常の中を、闇米があったりする世界を探検する。これが4コマで終わらなくて連続していくんですよ。毎日毎日続いていく。それが最初の印象なんですよね。でもそのすべてを語ると何十時間があっても足りないので機会を改めます。

手塚 僕もお聞きしたいけど三日三晩かかってしまいますね。今はそれよりも、『花筐』がヒットして早く次の大林映画が見たい、ということだけを念じています。


プロフィール/大林宣彦監督

1938年、広島県尾道市生まれ。幼少の頃から映画を撮り始め、自主制作映画のパイオニア的存在となる。以後、CMディレクターとしてチャールズ・ブロンソン、ソフィア・ローレンなど海外スターを起用したCMを多数手がける。77年、『HOUSE ハウス』で商業映画デビューし、ブルーリボン新人賞を受賞。故郷・尾道で撮影した『転校生』(82)、『時をかける少女』(83)、『さびしんぼう』(85)の“尾道3部作”、『この空の花−長岡花火物語』(11)、『野のなななのか』(14)、『花筐/HANAGATAMI』(17)で“戦争三部作”を完成させる。


『花筐/HANAGATAMI』

大林宣彦監督が、檀一雄の純文学『花筐』を基に、1977年のデビュー作『HOUSE/ハウス』より以前に桂千穂と共に書き上げていたという脚本を映画化した青春群像劇。大林監督にとっては、『この空の花』『野のなななのか』に続く“戦争3部作“の最終章となる。戦争の時代に生きた若者たちの姿を描く。窪塚俊介が主演を務め、満島真之介、矢作穂香、常盤貴子らが共演する。尾道三部作をはじめ数多くの“古里映画”を撮り続けてきた大林監督に、佐賀県唐津市が全面協力。ユネスコ無形文化遺産の祭り「唐津くんち」もカメラに収められている。


プロフィール/手塚眞監督

1961年東京生まれ。ヴィジュアリスト。高校時代から映画・テレビ等の監督、イベント演出、CDやソフト開発、本の執筆等、創作活動を行っている。1985年『星くず兄弟の伝説』で商業映画監督デビュー。1999年『白痴』でヴェネチア国際映画祭招待・デジタルアワード受賞。テレビアニメ『ブラック・ジャック』で東京アニメアワード優秀作品賞受賞。手塚治虫の遺族として宝塚市立手塚治虫記念館等のプロデュースを行う。著作に『父・手塚治虫の素顔』(新潮社)他。

最新作『星くず兄弟の新たな伝説』が
1月20日(土)〜テアトル新宿他
全国順次ロードショー決定!!

1985年、ロックンローラー・近田春夫が考案した“架空のロックミュージカルのサントラ盤”を映画化し、サブカルチャーシーンで話題となった『星くず兄弟の伝説』。30年の時を経て、近田春夫×手塚眞が再びコンビを組み、ケラリーノ・サンドロヴィッチが脚本を手掛け、さらにパワーアップした本作は、『星くず兄弟の伝説』のリメイクでも続編でもない、ニュー・コンセプトのカルトムービーに仕上がっている。公開前より、豪華なキャスト、近田春夫らが手掛けたサントラも話題に。1月22日(月)には渋谷WWWでライブイベントも行われる。
公式サイト

『花筐/HANAGATAMI』本予告編

(C)唐津映画製作委員会/PSC 2017 (C)大林千茱萸/PSC (C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER (C)2016 星くず兄弟プロジェクト
構成:植草信和(編集者・元キネマ旬報編集長) インタビュー写真:源賀津己

『星くず兄弟の新たな伝説』のココがロック!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.5『パディントン2』ツイッターキャンペーン
『バリー・シール/アメリカをはめた男』ブルーレイ&DVD発売記念! 小型飛行機弾丸ツアーでバリー気分を体感しよう!
あの英国紳士による過激アクションがかえってきた! 抜群のテンポとリズムを兼ね備えた『キングスマン…』ほかアカデミー賞有力候補『デトロイト』『ルイの9番目の人生』など1月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー
緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ