ただいまの掲載件数は タイトル58839件 口コミ 1144543件 劇場 591件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > バーフバリ 王の凱旋 > バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]

バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]

『バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]』を価格比較。★★★★(84点)『バーフバリ 王の凱旋』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]
84点
監督 S.S.ラージャマウリ
出演 アヌシュカ・シェッティ,ラーナー・ダッグバーティ,サティヤラージ,ラムヤ・クリシュナ,ナーサル,タマンナー プラバース
発売日 2018年2月21日
定価 5,076円(税込)

 

価格比較

バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray] 4,063円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 株式会社ツイン
発売日 2018年2月21日
ディスク枚数 1
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「バーフバリ 王の凱旋」のレビュー

  • 90点 温故知新スペクタクル…映画の面白さ、かくあるべし!

    2017-12-30  by くりふ

    時間つくって丸の内TOEIへ。老舗の大画面が本作にド嵌り。年内にみられた!これで年が越せる(笑)。…前作よりシームレスになり、心途切れるところ殆どなく、流れるまま終わった。数か所文句言いたいのと、終盤戦は結果見えるから、も少し刈り込んでよかったのに…という不満は出たものの、そんなん許せる熱き傑作の誕生だ!

    前後編というよりは、前作と対となる作品でした。本作に照らされると、前作がより面白くなる。やっぱり私は“国母”シヴァガミの物語が要だと思う。今回は大変でしたねえ…そして、前作冒頭の“仁王立ち”で赤子を救う執念が、終わってみると、泣けるほどに響いてくる。

    野郎どもの戦いが立つと前作の反復になるところだが、今回は女の戦いが要になっていて新鮮。心身ともにバトルヒロインである、シヴァガミ、アヴァンティカ、そしてデーヴァセーナが“三本の矢”として物語を底支えしていたことがわかってくる。

    前作のヒロインであったアヴァンティカは、女として骨抜きにされた後は冴えなかったが、猛女シヴァガミに堂々と、正論で挑む今回のデーヴァセーナは凄いわ!演じる国生さゆり顔(古!)のアヌシュカ・シェッティさんが地味では…という杞憂は吹き飛んだ。“三本の矢”は映画史に残る!と言いたくなる名場面だし、母となった後、物語の添え物なるどころかより強くなる姿はホント、お見事。これじゃ、タマンナーちゃん出番なくても仕方ないわね。

    男衆では、主人公を演じるプラバースは悪くないけど、強烈ではないよね。今回も声の単調さが気になった。敵役ラーナー・ダッグバーティの存在感は相変わらずだったが、前作ほどじゃなく、心の折り返しが極端だった。一方、横から支えるカッタッパ は今回より、深まったねえ…硬軟織り交ぜてるし。サティヤラージさんの演技には飽きません。…ところでカッタッパってトシ幾つなんだよ。二世代通じてまったく変わっていないように見えるんだけど(笑)。

    CGは、より人間が引き立つような使い方になっていた。やっぱりハリウッドとはベクトルが違います。最後の“金頭の川流し”はもう時間なかったんですかね。けっこう雑なデキで、微笑ましくなっちゃった。

    …という辺りが、ザッと書くところでは第一感。劇場公開中、あと一回は行かないと勿体ない。日本語吹き替え版ってないのかな。また、国別に別編集版もあるようだから、そちらもぜひ、みてみたいのものです。

  • 100点 感動して泣きそうになって‥

    2018-01-04  by おみーな

    「マッキー」の監督さんということで
    前作を見たのですが

    楽しみに楽しみに待っていました。

    冒頭
    あらすじを流してくれたので
    見直さなくても大丈夫というサービスつき笑

    とにかく強いバーフバリ
    でも今作品の見所は
    なんといっても嫁姑のやり取りです

    タマンナさんの美しさとはまた違い
    角度によっては変顔になるヒロイン(失礼)

    カッタッパが素敵に見えるし
    バーフバリは無敵だし

    戦闘シーンでまったくハラハラしないのは
    インド映画ならではでしょうか

    人生で1日面白かった映画は
    「きっとうまくいく」
    なんですけれど
    (レビューさえ書けないほど好き)

    この作品も
    お気に入りになりました。

    エンドロールがない映画
    終わったあと
    拍手喝采で気分よく席を立ちました。

  • 80点 素直に楽しめる映画

    2018-04-05  by kasabuta999

    気難しい事はいらない。素直に映画にゆだねて楽しめる娯楽映画
    昔はたくさんあったスタイルが今では逆に新鮮
    各キャラクターも善悪ハッキリしていて気持ちがいい
    絶叫発声上映も楽しめた

  • 90点 ハリウッド映画禁止!インド映画歓迎!

    2018-03-05  by 未登録ユーザam

    陰気で夢のないハリウッド映画はもうたくさん。エネルギー溢れるインド映画こそハリウッドに替わるもの。バーフバリを観てわかるようにインド映画は一部のマニア向けの映画ではありません。多くの国々で受け入れられている世界映画です。シネコンでふつうにインド映画が観られる日は近い? i hope so

  • 90点 王を迎えよう

    2018-01-28  by tana

    細かなこと、どうでもいい。
    小手先の話題つくり、マーケティング・ストーリー映画など軽くふっとんで霞む感じ。

    バーフバリ! バーフバリ!



    ...

    個人的には、ソー3のヴァルキリー(ワルキューレ)たちの神話的な一瞬の美しいシーン、パシリム1の地面に着地したジプシー・デンジャーが土煙の中から現れるようなシーンが、ずっと続く映画みたいだと思いました。
    古今東西の物語・神話などの、普遍的な、ビジュアル、モチーフ、話のパターン、仕草、こういものをストレートに連発し、想像力にリミッタをかけないとこうなるのかと終始息が詰まりそうになりました。
    ..映画ってほんっとうにいいもんですね(淀川氏ふう


    などいうこともどうでもよくて。

    公開中のキングスマン2はキレッキレの奇抜なアクションですが、そのキレッキレの奇抜さも、設定が壮大なぶんもう意味がわからない笑.打楽器(太鼓系)の低音ベースでどすどす来る音楽も上がるし、映画館で見てよかった。

    ぐっすり眠れるようになる、肌がよくなる、腰痛が治る、恋愛成就、商売繁盛など、なんかいろいろ効きそうなのでぜひ。

  • 90点 希望、絶望感、執念の先に。

    2018-04-30  by 奈菜

    3日前に、S.S.ラージャマウリ監督とショーブ・ヤーララガッタプロデューサーが来日して、舞台挨拶をしたばかりの「バーフバリ」。日本でも盛り上がりを見せていますね。私は先の「伝説誕生」と共にバーフバリを最近ヘビロテしています。こっちの「王の凱旋」の方が面白いです。

    インド映画版、大河ドラマという感じで、歴史観やスケールが壮大です。恥ずかしくなるようなメロドラマも、甘いインドミュージカルに乗せたインド映画なら不思議と受け入れられました。宝塚のようにラヴファンタジックも突き抜けています(笑)。

    国母シヴァガミ、妻ディーヴァセーナの気の強さが気高く美しい。だけどそれが原因で要らぬ争いが起こって炎上しているような(苦笑)。

    猛々しい王族の勢力争い、嫁姑争いを軸とした大スペクトラムは、希望、絶望感、執念の凄まじさに溢れていて国境を越えて私たち観客を惹きつけてやみません。これから6月公開される完全版も今から楽しみです。

  • 90点 伝説&凱旋の同時視聴をおススメ。

    2018-03-13  by チョンミ

    近所の映画館で1&2が同時上映されていたので、1&2を一気に見させて頂きました。評価は1&2併せた評価です。

    まず、ストーリーは単純なので、前知識が殆どなくても楽しめました。
    地味に伏線も貼られていて、「おおっ!伝説誕生のあそこはそうだったんだ!」っと楽しめました。
    もう、アクションが異次元過ぎて、面白くって笑うしかなかったです。
    2作品同時に見ると5時間程かかりますが、アクション満載、歌と踊りもありで全く飽きませんでした。
    バーフバリ・シリーズは「地方の一青年であるJr.が自分の正体を知る→なぜJr.が正当な王位継承者であるかの説明→Jr.王座奪還」とストーリーが進むので、まだこの映画をみていない人には、1&2同時視聴をおススメしたいです。

    ただし、少しストーリーが雑なのが少し残念でした。

  • 100点 決め画のみの大傑作

    2018-02-21  by YYZZOO

    全編決め画と決めポーズでできた、王のための、王を讃える民のための大作。ウソやん!と思うくらい王には神風が吹く。その神風は観る者の魂を高く鼓舞し、天上の映画ワールドへと誘う。この圧倒的熱量と豪華絢爛のサービス精神、握った拳を解く間もなし。2017年ベストです。

  • 70点 ド迫力!

    2018-02-18  by 赤ヒゲ

    インド映画の底力というか集大成を見るような感じでした。多くの人も同じかもしれませんが、自分も「ムトゥ 踊るマハラジャ」がインド映画との劇的な出会いだったので、無意識に比較して見てしまいます。ムトゥに比べると遥かにCGが進化し、アクションシーンの迫力も圧倒的な感じがしました。1作目を観てないので、「前作までのあらすじ」があったのは助かりましたが、それでも話の前後がよくわからなくなり、回想なのか今起こっていることなのか、迷子になりつつ観賞しました。CGだけでなく、主役の筋肉も凄い!若干、物語が単純な感もありますが、それはそれとして楽しめる娯楽作でした。

  • 80点 迫力と勢いに圧倒される

    2018-01-24  by ぶんず

    Twitterで話題だったので、どんなものかと興味をそそられインド映画初体験。

    いやー面白かったー!!
    観たことがないエンタメ作品、感じたことのない高揚感!最高でした!

    バーフバリ!バーフバリ!・:*+.\(( °ω° ))/.:+

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は バーフバリ 王の凱旋の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
アカデミー脚色賞ほか映画賞多数受賞の話題作、誰もが心揺り動かされる青春ラブストーリー『君の名前で僕を呼んで』や毒のあるユーモアが散りばめられた『ザ・スクエア…』など続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ