ただいまの掲載件数は タイトル64504件 口コミ 1173211件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 攻撃 > 攻撃 [DVD]

攻撃 [DVD]

『攻撃 [DVD]』を価格比較。★★★★(81点)『攻撃』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

攻撃 [DVD]
81点
監督 ロバート・アルドリッチ
出演 ジャック・パランス,エディ・アルバート,リー・マーヴィン,ウィリアム・スミサーズ
発売日 2011年6月22日
定価 1,944円(税込)

 

価格比較

攻撃 [DVD] 在庫切れ  
攻撃 [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日 2011年6月22日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「攻撃」のレビュー

  • 90点 阿呆な上官、敵より怖い

    2009-01-25  by ひろたんZ改

    大昔、レンタルビデオで見て衝撃を受けました。
    当時の感想はよくもまぁ、こんな映画作ったなぁ、と改めて反骨の人、ロバート・アルドリッチ監督を尊敬したものです。その作品が、というよりもその生き様がかっこいい。漢(「おとこ」、と読んでね♪)だなぁ。
    カタルシス0の骨太戦争映画。これに比べりゃ「プライベート・ライアン」などキレイ事。
    ジャック・パランス(主役)の鬼気迫る演技ももちろん見所だけど、個人的には無能で腰抜けで卑怯と3拍子そろっている上官役のエディ・アルバートが最高。栄えある「仕えたくない上司・上官」ベスト1に決まり(次点は「戦争のはらわた」のマクシミリアン・シェル)。
    見方を変えて、仮にジャック・パランスが上官でエディ・アルバートが部下であれば・・それはそれで悲劇かも(笑)。
    カッコいいヒーローやきれいなヒロインはもちろん好きだけど、最近はこういう、見ててヘドが出そうなどーしようもない、でもどこかおかしくて哀しいキャラに妙に心惹かれます(リアルでそばにいたらたまらんけど^^;映画で見る分には大歓迎)。だって人間ってどこまでバカで愚かで哀しくておかしい生き物なのか、ということがよくわかるから。あー、だから俺、ここ(「映画生活」)が好きなのか(笑)。
    近頃はレンタル屋でも見ないので調べてみたら、DVDは廃盤(涙)。再販されるかTV放送されるのを待つしか見る機会がないのが残念。もしあれば、「ローマの休日」とペアで見ることをお勧め。エディ・アルバート(「ローマ〜」では気のいいカメラマン役)の表裏合わせ技で1本、という感じです。

  • 80点 アルドリッチの最高傑作

    2008-09-06  by 青島等

    ロバート・アルドリッチ監督は1954年に「アパッチ」と「ヴェラクルス」が連続ヒットしてA級監督に昇格出来たが、二本共製作兼主演のバート・ランカスターにコキ使われた経験から自分の映画とは自慢出来ず、本作こそ一番好きな作品だと淀川長治さんに語っている。
    連合軍兵士たちがヨーロッパ最前線で苦しめられ、“兵士たちの本当の敵はナチよりもむしろ味方の上層部である”というテーマが過激でアメリカ国防省が協力を拒否し製作中止を勧告したにも関わらずアルドリッチは自費で撮影用道具衣裳をかき集めたという執念の結晶だと思う。
    ジャック・パランスが過酷な条件で苦しめられる部隊の隊長で無能な上官がエディ・アルバート(「ローマの休日」の相棒カメラマンです)そしてアルバート失態をウヤムヤにごまかしたい上官が何とリー・マーヴィンという地味だがゴツゴツしたオール男優キャスト。
    本作は白黒スタンダードでこれをカラー・ワイド・ステレオ音響にパワーアップさせたのが「特攻大作戦」でサービス精神満載だが、テーマは共通している。
    アルドリッチ語録を紹介すると
    “戦地でドイツ兵や日本兵は残酷だったがアメリカ兵は常に騎士道精神を忘れずに紳士だったというのは大嘘で誰もが見苦しい獣になっていた”

  • 80点 ブッシュ坊やおちょくり(まさか)。

    2015-02-18  by ニコラ

    ラストが米軍賛美・優等生的で、キューブリック「突撃」やペキンパー「戦争のはらわた」に劣る。ジャック・パランス◎。タバコは8本くらい。昨日の新聞に牟田口廉也の記事が出ていた。
    ジャック・パランス:1919年(大正8年)2月18日〜2006年(平成18年)11月10日、87歳。

  • 80点 硬骨漢

    2013-10-13  by 未登録ユーザ坂田

    大昔、テレビで見ました。
    反骨精神溢れる,骨太の戦争映画でした。
    無能な上官の命令で、死んでいく兵士たち。
    どの国でもありえる事ですね。
    アルドリッチは怒りを込めて告発したのでしょう。
    戦争映画であり反戦映画でもある力作です。

  • 90点 『戦争のはらわた』にも影響を与えているのではな...

    2015-01-26  by 赤い戦車

    アルドリッチの中でも五指に入る傑作だろう。
    ジャック・パランスの形相も勿論凄まじいが、エディ・アルバートのダメ人間ぷりを徹底した突き放しで描くところに、この監督の器量が窺える。
    『戦争のはらわた』にも影響を与えているのではないか。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 攻撃の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
ぴあフィルムフェスティバル×078film〜最新コンペティション受賞作品・招待作品上映&トーク〜
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】