ただいまの掲載件数は タイトル64504件 口コミ 1173216件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 犬ヶ島 > 犬ヶ島 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

犬ヶ島 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

『犬ヶ島 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]』を価格比較。★★★★(78点)『犬ヶ島』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

犬ヶ島 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
78点
監督 ウェス・アンダーソン
出演 ブライアン・クランストン,ランキン・こうゆう,エドワード・ノートン,ボブ・バラバン,ビル・マーレイ
発売日 2018年8月22日
定価 4,309円(税込)

 

価格比較

犬ヶ島 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray] 2,276円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
犬ヶ島 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日 2018年8月22日
ディスク枚数 2
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「犬ヶ島」のレビュー

  • 80点 どこまでもあるこうね

    2018-06-01  by STAYGOLD

    外国人が見つめるニッポン。

    どんなにリスペクトしてくれても、基本はこんなんなんやろうなあと思う、いつも見る何処かの国の風景。スモウ・ゲイシャ・サムライ・ニンジャetcetc。

    ただ、今回は愛という調味料が、そこかしこにかな〜りたっぷり塗されている。それも愛、これも愛。たぶん愛。きっと愛。

    どんなにズレていても。まあ、仕方ないか。ニホンが好きすぎるデル・トロですら、微妙にズレてるもんなあ。

    ただ、犬を飼ったことのあるひとにはズッポシハマる世界観。所々で幼き頃を思い出して銀幕が滲んでしまうのでした。ペスやケンと野山を駆けまわったあの頃。1日が、とても長く感じた時代。年老いて自分よりも先にいのちを燃やし尽くす姿。彼らは本当に大切なものを教えてくれた。

    従順な犬。気紛れな猫。
    どっちも可愛いよ。出逢えてよかった。
    大切にしないとね。いつも、いつまでも。

    本作はかなりBGMがイイ。音ってほんと大事だなあと強く感じたのでした。吹き替えだったので、次は字幕が観たい作品。とは言え吹き替えも結構字幕だったけどネ。

  • 70点 ストップモーション鑑賞

    2018-06-10  by ハナミズ

    スタイリッシュな映像美で知られるウェス・アンダーソンのストップモーション・アニメ。
    唯一無二を望むならばこれ以上のものはないかもしれない。

    今回の作品は日本が大きなウェイトを占めている。
    舞台が近未来の日本というだけではなく、作品への影響力やサウンドトラックまでも及ぶ。
    浮世絵、和太鼓や相撲といった文化面のみならず、露骨なまでの黒澤明オマージュ、東宝のゴジラシリーズの影響も垣間見える。

    アタリ少年が愛犬スポッツを探しに<犬ヶ島>へ行くのだが、そこに捨てられた犬たちに政治的メタファーを見ることができる。
    独裁者の一言で弾圧&抹殺されるのは現在の右傾化した社会を思わずにはいられない。

    ひと目見てW・アンダーソンと分かる横移動を使った演出は本作でも生かされる。
    至る所の細部まで手が入っていて、また情報量が極めて多いために動体視力と咀嚼力が追いつかない。(幾度となく「ここはゆっくり見せてくれ!」と感じたことか。ソフト化されたらリモコンでストップモーション鑑賞必須!)
    寿司作りの過程の緻密さなんて本作でどういう意味合いを持つのか分からないが、ただただ凄まじい。(笑)
    またヴォイスキャストの豪華さに驚嘆。(それだけに主人公アタリ少年の声だけ何とかならなかったか…。)

  • 100点 日本へのラブレター!

    2018-05-18  by こむらがえり


    日本が舞台の作品ということで、気合を入れて北斎のTシャツを着て試写会へ。
    そうしたら、本編に何度も北斎の絵が出てくるし、黒澤監督、小津監督はじめ邦画の構図・キャラクターが次々登場。
    1シーン観るごとに、嬉しさがこみ上げてきました。

    ドッグ病が流行る20年後の日本。
    ネコ好きの市長はすべての犬を”犬ヶ島”に追放してしまう。市長の養子・アタリ少年はたった一人、愛犬を救うため”犬ヶ島”へ。

    エサを巡る犬同士のバトル。にじり寄る両者はまるで「用心棒」。
    ドッグ病の治療薬を開発する教授と企む市長は、見れば見るほどに「天国と地獄」。
    そして、アタリ少年を助けるべく立ち上がる5匹の犬は「七人の侍」のよう。

    特に、野良犬チーフとアタリ少年のやり取りが好きでした。
    チーフは一匹狼。だけど情に厚いという椿三十郎タイプ。「俺には主人なんて必要ない!」という割に、アタリ少年のこと、大丈夫かなって見守っているの。チーフはいろいろと悪態をついたりするけれど、アタリ少年は英語が分からないから、「おーい、黒犬。どこ行ったのー」なんてマイペースだったりする。
    北斎ビールの樽をお風呂代わりに、体を洗ってあげてね、フワフワの犬になる。あれ、本当に良かったなァ。
    次第に「里見八犬伝」や「忠臣蔵」みたいになってきて、ちょっと泣いちゃったよ。

    でもね、そういうジャパニーズエンターテインメントだけじゃないんだ、この映画。
    痛烈なプロパガンダ批判、もうスゴイ。
    政治家があの手この手で国民を扇動する、その怖いこと。(キャプラさんの「群衆」みたいだ)
    どんどんワンちゃんとアタリ少年が追い詰められて、さぁどうなる!?ってハラハラしちゃう。

    けれど、その着地点が日本映画なの。
    悪者は悪者で終わらない。
    良いものも悪いものも、互いに生かし、生かされているんだね。
    この複雑さ・奥ゆかしさというのか、とても日本らしいと感じました。


    本当にステキだったから、公開されたらまた観ちゃうかもしれない。
    それまでに「酔いどれ天使」と「野良犬」を観ようと思います。


    (2018年5月17日 試写会にて鑑賞)

  • 80点 本当のソースはなんだろう

    2019-03-31  by BITTERSWEET SYMPHONY

    ストップモーション作品という意味合いでのランキン/バス作品を除くと、影響を受けたのが黒澤と宮崎だとはとても信じられないビジュアルと内容になっている(早坂文雄曲と言う分かりやすいオマージュはあったけれど)。というわけで監督のリップサービスではない本音が知りたいところ。

  • 80点 日本語、多い。

    2019-03-19  by ゼーン

    ゴミの島に犬達とアタリ少年、追っ手はメガ崎タスクフォースとメカ犬、不安が大きかったです。話は面白くなるだろうとは予想されますが、味方が頼りない、病気、、気分はちょっと暗かったです。

    いやー、みんなで乗り越えましたね。犬と人間、犬同士、市長とアタリ少年等、繋がりが良かったです。1人や1匹では強くなくても、行動をする、まとまるで勝利を得ました。

    自分は犬も猫も好きで、この映画は楽しめました。猫をいじめるなんてことは、映画の中では全く出てこないので猫派の人も楽しく観てもらえると思います。

  • 90点 命がけ

    2018-10-10  by きょん131

    ウェス・アンダーソン監督作品は「グランド・ブダペスト・ホテル」以来だったけれど...最高でした(o^-^o)

    犬たちのキャラクターがそれぞれよくできていておもしろい(>▽<)b人間も、少しの出番でも特徴がよく練られていて。

    いろいろなドラマが組み合わさって絡まってなかなか濃厚でした。

  • 70点 美術に圧倒!

    2018-07-03  by yohkomaya

    面白かったし、笑えたし、感嘆できました!
    が、字幕も含め、情報が多すぎて…もーちょっとストーリーをシンプルにしてくれると感動までいけたんですけどねーー。
    画面の中のアートの凝縮がハンパなくて!ウェスのストップモーションなら、「ファンタスティックMr.Fox」のが好きかなあ。
    いや、もう一度くらいみたらもっと好きになるかも!

  • 60点 凄いのに!追いつかない、、

    2018-06-17  by

    オープニングの太鼓でもう
    ウェスの日本が観れる日が
    来るとはと1人感動。。
    .
    しかし物語をじっくり観たいけれど
    創作物も気になる字幕も読まなくては!
    漢字多い!追いつかないっ!!
    読んでる間に映像が流れてゆく、、
    なんだか日本語が聞き取りにくいし、
    色んな意味で一回では足りませんでした。
    情報量の多さが、、彼のこだわりの結果ですね。
    .
    今回ほど英語が理解出来ればと
    思った日はありませんでした。

  • 80点 異世界の日本

    2018-06-16  by Shige-M

    いやぁ〜楽しかった!なんなんだコノ日本愛は(笑)
    異世界の日本が凄い良かったし、あの独特の雰囲気や間はストップモーションならではだなぁ。犬たち最高でした!
    英語、日本語入り乱れるけど世界観なので違和感なし。でも吹き替え版も気になる!

  • 40点 眠れない夜に観るようにした方がよさそう

    2018-06-08  by tabula_rasa

    私はウェス・アンダーソンの作品とは相性が悪いようでして、どうしても面白いとは思えない。観ていると眠たくなるんです。『グランド・ブダペスト・ホテル』はラスト15分で寝てしまったし、『ライフ・アクアティック』は憶えてないけど、当時のメモを読むと「笑えないドリフのコントのようでつまらなかった」と書き残している。よっぽど波長が合わないとしか思えない。

    なので、今回もパスするつもりでしたが、舞台が日本だというのが興味惹かれたし、なにより無料で鑑賞できる機会だったので、観てみました。
    が、やはり案の定・・・でした。
    それでも、先に書いたふたつの作品よりかは興味が持続したんですけどね。
    でも、眠気を催してしまうのは相変わらずなので、つぎから監督の作品は眠れない夜限定で観ることにします。

    [字幕版]2018/05/29 TOHOシネマズ西宮OS(6)

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 犬ヶ島の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

作品情報

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 



映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
ぴあフィルムフェスティバル×078film〜最新コンペティション受賞作品・招待作品上映&トーク〜
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】