ただいまの掲載件数は タイトル60565件 口コミ 1161958件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ポセイドン・アドベンチャー〈1972年〉 > ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産) [DVD]

ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産) [DVD]

『ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産) [DVD]』を価格比較。★★★★(81点)『ポセイドン・アドベンチャー〈1972年〉』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産) [DVD]
80点
監督 ロナルド・ニーム
出演 ジーン・ハックマン,アーネスト・ボーグナイン,レッド・バトンズ,キャロル・リンレー,ロディ・マクドウォール
発売日 2006年5月26日
定価 3,076円(税込)

 

価格比較

ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産) [DVD] 2,980円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産) [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日 2006年5月26日
リージョン 2
ディスク枚数 2
形式 DVD

関連商品



ぴあ映画生活ユーザーによる「ポセイドン・アドベンチャー〈1972年〉」のレビュー

  • 90点 パニック映画の最高峰

    2009-04-19  by 未登録ユーザシンリーワン

    30年以上前の作品との事ですが、確かに安っぽく感じるセットもありますが、ストーリー等はすばらしく、CG頼みで中身のうすい、演出力のない現代パニック物に比べたら、はるかに素晴らしい作品だと思います。

  • 100点 パニック映画の最高傑作!!

    2003-06-30  by Happy End

    天地逆転の船内、次々に迫る危機。パニック映画としも見応え十分ですが、当時小学生ながら生きることへの執念、あきらめない心の重要さを痛感し涙したのを覚えています。「祈るだけでは神は助けてはくれない。」(ちょっとうろ覚えなんで間違えてたらすいません)という自身の言葉を全うした牧師(ハックマン)は私の心の師です。(ちょっと大げさですが)

    船首に向かう人、船尾に向かう人がすれ違うシーンがこの映画を象徴しているシーンじゃないでしょうか。

    今見るとかれこれ30年前の映画ですから古臭さは否めないでしょう。しかし一度は見てほしい映画です。

  • 60点 直感を信じる

    2006-07-11  by アキラ

    サバイバルに大切なのは直感だ。こっちの方が安全と云われても違和感があったら信じてはいけない。大船がひっくり返ったらどうするか。理屈で考えれば天井が開けている場所を探して下へ泳いで外に出たい所だが実際はそう単純ではないだろう。船底めがけて上る事はわざわざ逃げ道を狭める自殺行為にも思える。ただそうしなければ確実に死が迫る。そんな野性的な直感が働かなければこんな行為には出られなかっただろう。その道が正しいかと尋ねられても確かな事は云えない。ただ信じるしかない。ジーンハックマン演じる牧師って設定は適切だ。彼らが光を求めて狭い道を進む姿はまるで巡礼のようでもある。

    日曜洋画劇場で何度も見たこの作品だが最近リメイク版を見て、ちょっとした台詞や設定が変るだけでテーマが台無しになる事に気付かされた。救助隊の一言がなければ救われない。我々だけは間違えていない。正しい試練の道を歩んだ。何もしなかった連中とは違う結果が待っているべきだって心の何処かで思うのは当然。それを立証する台詞がなくなってしまったら彼らの判断は正しかったのかって投げかけが宙ぶらりんになってしまう。CGに頼り過ぎていない事で金属の質感に重さや硬さを感じられるからちゃんと密室サスペンスになっているのもオリジナル版の強味のひとつだと思う。

  • 100点 ご冥福をお祈りします

    2006-02-18  by コナン

    この映画でふとったおばさん役を演じていたシェリー・ウィンタースが先月の14日に亡くなられました。85才でした。まだご健在であったことも忘れていたのですが、謹んでご冥福をお祈りしたいとおもいます。
    彼女は若い頃痩身の美女で、モデルとして活躍し映画では「アンネの日記」やシドニー・ポアチエ主演の「いつか見た青い空」などに出演して演技力には定評がありました。
    「ポセイドン・アドベンチャー」の出演依頼がきたときに一大決心をし、20キロも太ってこの役を演じたと、後に聞いたことがあります。
    太った体で必死で泳いで力尽きたあの演技は、この映画の中で欠かせない名場面になっています。
    いつまでも記憶に残る女優さんであってほしいと思います。

  • 10点 船は沈むし、飛行機は墜ちる。地面が一番安心。

    2010-12-02  by 未登録ユーザニコラ

    重心が高くて不安なまま出航するわけないし、おまけに都合よく巨大海底地震なんか起こすなよ。この点がこの映画最大の難点。転覆して船腹をさらした船全体を見せないのも情けない。技術不足だ。一難去ってまた一難、ピンチに次ぐピンチのアイデアには感心するが、現実感がイマイチ。アイデア賞10点。

  • 80点 リメイクもできたことだし

    2008-08-30  by 未登録ユーザジャン=ルーク

     本家の作品、幼い頃TVで観たきりで、もう細部を覚えていないため、改めてDVDで観なおしてみました。

     いや〜、思っていた以上に、緊迫感あふれるドラマですね。

     キャストも豪華。
     ジーン・ハックマン(『スーパーマン』)、アーネスト・ボーグナイン(『ガタカ』)、シェリー・ウィンタース(『ロリータ』)、そしてコメディアンになる前のレスリー・ニールセン(『禁断の惑星』)と、俳優にはわりあい疎い自分にもおなじみの俳優が勢ぞろい。

     中でも、「超ポジディブで牧師としては異端視されている」というジーン・ハックマンの役柄・演技は、鬼気迫るものがありました。

     いまの眼で観ても、十分楽しめる、良作と思います

  • 100点 思い出の映画

    2008-05-22  by てるてる13

    「ポセイドンアドベンチャー」という映画がありました。何年か前にリメイクされましたが、前のほうの作品について書きます。
    学生の頃は、深夜放送で必ず映画試写会のお知らせがありましたので、たくさん試写会に行きました。
    その中で、この映画にめぐり合いまして、感動しました。また、試写会に応募して、母親を誘って見に行きました。何で友達でなくて、母親なのかはよく分かりませんが、母親にも見せなくちゃと思ったのかもしれません。
    ジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、ステラ・スティーブンス、キャロル・リンレー、シェリー・ウィンターズ、・・・わあ、次々に俳優の名前が出てくるぞ。主題歌は「モーニング・アフター」モーリン・マクガヴァン・・・。上映されてからも、何回も見たなあ。
    ジーン・ハックマンがとてもいい人の役で、このイメージがついてしまったので、「フレンチコネクション」や「スケアクロウ」等を見たときにちょっと戸惑いました。

  • 80点 タイタニックとどちらがドキドキはらはらいたします?

    2002-11-23  by 未登録ユーザあい※い損保

    かなり前の映画なので、かなり記憶がうすれています。
    (いまさらというのもありますし。)
    しかし投票数がゼロのまま放っておかれて良い映画ではありません。

    (一応)実話モデルのタイタニックとの比較でも、遜色なきこととは思われるのですが・・・

    ちなみに未だに、2ヶ所のシーンのおかげで再視聴がままなりません。

  • 80点 二人の牧師

    2010-03-04  by kotorin

    津波に襲われ転覆した豪華客船の中での人間模様。

    冒頭、二人の牧師が登場します。

    子孫への貢献と共に、愛する者のため戦う事を説くスコット牧師。
    問題に直面した時も神に祈らず、自力で臨めと説教します。
    神は勇者を愛すと。

    もう一人の老いた牧師は
    「あなたの言葉は強い人へ向けたもの。私は弱い人を置いていけない」と、
    何もせず助けを待つ人々と一緒に残ります。

    スコット牧師の教えに従い、彼と行動を共にする9人の勇者たち。
    いたわり合う老夫婦がいて、その妻は独り身の男を思いやり、その男は兄を亡くした若い娘を気遣う。
    コールガール上がりの女と、足を洗わせた警部。
    弱い人々が互いを支え合う姿に、何度も涙しました。

    ”人生は常に意義があるもの”と刻まれた老妻のペンダントは、孫に伝えられることになります。
    ペンダントを通し、スコット牧師の意志も受け継がれることに、わずかな救いを見ました。

    死にゆく者に寄り添った牧師も、生きる為に戦った牧師も、
    神の試練に対し、各々その御心に叶うと信じる生き方を選んだのだと思います。


    獅子王さん、EGライダーさん、ありがとうございました。

  • 80点 主題歌もいいねぇ。

    2008-08-14  by D.v.B.

     ♪「モーング・アフター」もヒットしましたね。当時はパニック映画とか言われてましたっけ。

     往年の名作たちの怒涛の嵐に襲われる前の私は、面白い映画って、こういうのを指すんだと納得していました。まだまだ、ウブだったんですね。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ポセイドン・アドベンチャー〈1972年〉の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

ポセイドン・アドベンチャー (コレクターズ・エディション [DVD]

  • 定価:3990円(税込)
  • 価格:3694円(税込)
  • OFF:296円(7%)

ホールマーク・セレクション パニック・セット [DVD]

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:5481円(税込)
  • OFF:783円(12%)

 



ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”