ただいまの掲載件数は タイトル60646件 口コミ 1162208件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > エイリアン:コヴェナント > エイリアン:コヴェナント (2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]

エイリアン:コヴェナント (2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]

『エイリアン:コヴェナント (2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]』を価格比較。★★★(62点)『エイリアン:コヴェナント』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

エイリアン:コヴェナント (2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]
61点
監督 p.g.a. リドリー・スコット
出演 マイケル・ファスベンダー,キャサリン・ウォーターストン,ビリー・クラダップ,ダニー・マクブライド,デミアン・ビチル
発売日 2018年1月10日
定価 6,469円(税込)

 

価格比較

エイリアン:コヴェナント (2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray] 4,807円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
エイリアン:コヴェナント (2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray] 売り切れ  

 

amazon.co.jpによる解説

●人類初の宇宙移住計画により、2000人の入植者を乗せて宇宙船コヴェナント号は新たな植民地となる惑星オリガエー6を目指していた。ところが突然のアクシデントで、船長が命を落としてしまい、その直後コヴェナント号は謎の電波を受信する。船長代理となったオラムは、亡くなった船長の妻であるダニエルズの反対を押し切り、進路を変更して電波の発信元である近くの惑星へと向かう。オラムやダニエルズを含む調査隊が惑星の探索を進めるうちに、そこは目的地よりもはるかに地球の環境に似ており新たな楽園と思われた。だが、それは人類の生存を賭けた想像を絶する戦いのはじまりだった------。
【初回生産分特典】
●アウターケース付き
●※初回限定生産品につきましては在庫がなくなり次第通常の仕様での販売となります。
●※仕様は予告なく変更する場合がございます。
●【この商品は''Blu-ray Disc''専用ソフトです。対応プレイヤー以外では再生できません。】
●※4K ULTRA HDをお楽しみいただくためには、ULTRA HD ブルーレイ再生対応機器が必要です。
[4K ULTRA HDを高品質でお楽しみいただくために]
4K ULTRA HDは4K解像度・HDR(ハイダイナミックレンジ)・広色域での再生に対応しています。
※ご視聴には、ULTRA HD ブルーレイ再生対応機器に加え、4K/HDR対応テレビでのご視聴をおすすめいたします。

商品詳細情報

販売元 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日 2018年1月10日
ディスク枚数 2
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「エイリアン:コヴェナント」のレビュー

  • 50点 エイリアン:コレェマン湖?↓↓↓(期間限定)

    2018-12-12  by フェイスハガー PURNA

    (。-`ω´-) ウ〜ン

    う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん
    う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん
    う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん
    う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん
    う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん
    う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん
    う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん
    う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん
    う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん

    ソウとも言えるかな? (゜∇^d) グッ!!




    とにかく、

    申し訳ありませんでした。

    <(_ _)>

  • 90点 エイリアン:コヴェンモノ

    2017-10-09  by Steven SodaBerg

    コヴェンモノはエイリアンじゃなか

    って思う人も多いと思います

    しかしリドリーのテーマはぶれていない。
    ブレード・ランナーもそうだったが、
    今迄もアンドロイドを作り出す生化学への警鐘を鳴らし続けてきましたし
    この人はイギリス生まれの生粋のイギリス人

    つまり

    ”アメリカ人など大嫌い”
    ”ワシの美学を台無しにしやがって!”
    ”ワシらの英語で勝手に喋るな!”
    ”マイケル・ファスベンダーが主役ですがなにか、我らの王家はハノーヴァー”

    以上がリドリーの本音なんだと思いました。

    乗組員皆馬鹿でびっくりしますが

    これもリドリーのプライドの賜物

    ”アメリカン・バカに負けてなるものか!”

    なんだと思いましたw

  • 60点 まだ「エイリアン(1979)」には辿り着かないのね

    2017-09-26  by クリス・トフォルー

    「プロメテウス」の時点で、アンドロイド役にファスベンダーを起用した慧眼には敬服するほか無いが、彼を中心にストーリーが展開してしまうことが、良くも悪くもプリクエル・シリーズに閉塞性をもたらしている気がする。もちろん、これは、「エイリアン」が2作目から”リプリー・シリーズ”化してしまったことにも重なるが、ファスベンダーが出てくればシリーズとして成立してしまうというのは、なんとも危なっかしい。それでなくても、ほかの映画で見たようなシーンの連発なんだから。
    次回作は「プロメテウス」と本作との間の話らしいが、そろそろ男性AIと女性アンドロイドの出番じゃないかしら。

  • 50点 意味のない寄り道

    2018-09-24  by 10年目のソフィ

    プロメテウスを視聴して、おつ!!なかなかいいぞってことで、この視聴をあわせてのレビューをと思いましたが、本作には裏切られた感が満載です(泣)
    そもそも本作は意味があったのか、、、前作の後日談ではありますが、エイリアンシリーズへの流れとしてはほとんど意味を感じませんでした。
    登場人物はおバカさん集団で、誰一人にも感情移入出来ず、そう!あのパッセンジャーを思い浮かべてしまったのでしたww
    映画なのでご都合主義はやむないですが、もう少し必然性を考えましょうよ。乗組員のあまりにいい加減な行動と全くもっての素人加減に、さすがに彼らに身を預ける気にはとてもなれません 笑
    この監督への評価が大幅ダウンです〜。

  • 70点 アンドロイドの人間への逆襲

    2017-09-26  by pharmacy_toe

    それなりに楽しんできた!

    エイリアンの起源の物語

    人間が自分たちに従順なクリーチャー(アンドロイド)を作ったつもりが、
    人間を滅ぼすクリエイターへと変貌してしまった話

    それは、進化なのか、後退なのか。
    アンドロイドが10年かけて自分のアイデンティティを追い求めるなんて、
    さすが、リドリー・スコットはクレイジーなことを考えるなと思った(笑)

    これを、人間による支配への逆襲と考えれば
    「ブレードランナー」とか、「グラディエーター」とか、これまでのリドリー・スコット作品に通じるものがあるのかもしれない

    「卵からかえった赤ちゃんは、一番最初に見たものを親だと思う」
    的なシーンが面白かったわ

  • 70点 長短あるが

    2017-09-25  by エージ

    エイリアンに注目してみると物足りない。シリーズで既にやれることはやってしまったのでもう一度見せ場を作ろうというのは難しい。それにしても登場人物全ての行動、判断が杜撰で酷いというのは誰もが思う。

    冒頭から語られる聖書を基にした創造主の話にシフトしていったというのは地味な見せ方ではあるけれど、物語としての面白味は増した。それに加えてブレードランナーを意識させた。前作のプロメテウスという名の通りの運命を辿り、悪夢的な最後というのを用意したのがリドリー・スコットらしい。

  • 70点 息の長いシリーズだが、満足度は…

    2017-09-24  by 悶mon

    エイリアンシリーズと言えば、世界的に有名なSFホラーですが、記念すべき第1作「エイリアン」(1979年公開)のリドリー・スコットが監督を務めた作品は永らく製作されておらず、2012年公開の「プロメテウス」が、監督第2作となります。
    この「プロメテウス」は、当初、エイリアンものであることを配給側があまり強調せず、「人類の起源」といったテーマで宣伝したものでしたから、第1作「エイリアン」の前日譚であることを後から知った観客が、酷評を浴びせたことを覚えています。
    私は、幸いにも、「エイリアン」シリーズのひとつであることを知っていたため、事なきを得ましたが。

    本作品は、この「プロメテウス」が「エイリアン」の前日譚であることが、広く流布されていることを受け、「プロメテウス」の続編であることを最初から強調し、宣伝しています。
    私は、エイリアンシリーズの最高傑作は、「エイリアン2」(1986年公開、ジェームズ・キャメロン監督)であると考えており、これを超える作品は、現れていないと感じていますが、永らく付き合ってきたシリーズゆえ、今回も期待半分で鑑賞してきました。

    物語の本編は、2104年、植民船コヴェナント号が、2千人のコールドスリープをした入植者を載せて惑星「オリガエ6」へ航行するシーンから、始まる。
    ところが、途中、宇宙線の衝撃波を受け、船は一部破損を受けてしまう。
    コールドスリープから目覚めた十数名の乗組員たちは、破損の修復に努めるが、ある歌声のような怪電波をキャッチ、目的の惑星よりかなり近い位置に人類の居住可能な惑星があることを掴む。
    船長は、移住先を変更し、調査船を出動させ、惑星探査に向かわせるが…。

    と、ここで、それはないのではないか、ということになります。
    だって、目的の惑星は、十分に探査し、居住可能だということが分かって、移住計画を立てているわけですよね。
    それを、近くにもっといい惑星が見つかったからって、船長の判断で変えるのは、いかがなものか。
    もちろん、反対する乗組員も登場しますが、簡単に押し切られてしまう。
    随分と、粗い脚本だなあ、と感じました。
    もし仮に、覚醒した乗組員全員が承諾したとしても、コールドスリープしている残りの2千人はどうなるのでしょう。
    睡眠から覚めたら、別の惑星でした、なんて、どうやって説明するつもりなのでしょうか。

    それに一番の問題は、居住できるかどうか、十分に探査していないことです。
    調査船で新発見の惑星に乗り込んだ乗務員がどんな運命を辿るかは、これ以上述べませんが、最悪の事態は確実ですよね。
    安全性の確保されていない惑星への移住変更なんて、いくらフィクションでも有り得ません。
    エイリアンは、もともとB級ホラーだとしても、これほど、世界的な稼ぎ手になってしまった以上は、大人の鑑賞に耐える作品になっていて、然るべきなのではないでしょうか。

    そのあとの展開ですが、定番のエイリアンの卵が四つに分かれて、飛び出してきたフェイスハガーが、宿主に取り付くというシーンは、見ることができます。
    でも、それは、40年以上も前に初めて見せられた時は、衝撃度は強かったけれど、今となってみれば、それほどのものでもなく、工夫として、純粋エイリアン以外の奇妙な生物も登場しますが、印象的ではありません。
    また、前作、「プロメテウス」の未消化部分がどれだけ解明されているかというと、未解決部分も散見されるのが実態です。

    結局のところ、無駄に難解なイメージにこだわるよりは、もともとのB級ホラーに徹していた方が、観客の受けも良かったと思いますが、いかがでしょうか。

    本作品は、エイリアンシリーズに魅了された方なら、一見の価値がありますが、全くの未見であれば、第1作「エイリアン」や第2作の「エイリアン2」をまず、ご覧になることをオススメします。

  • 70点 人類とは

    2017-09-18  by yanyan3

    伏線・・・と言えないか・・・物語はわかりやすい。
    ならば、単純に考えよう。人類とは何か、他の星にゆく権利がこの人類にあるのか。A.I.を作り出す権利がこの人類にあるのか。その、代償がエイリアンと思うと、考えさせられる。

    この作品を見たあと、スマホをどうみたか・・・あなたはどうしましたか。

  • 60点 いかにも「続く・・」

    2018-11-26  by 未登録ユーザホセ・リー

    「プロメテウス」もそうだけど、導入部のシーンはおおっ!と思わせながらそのあと軽薄なドンパチが続きやはり途中でこけました(笑)一見重厚で深い世界観のようで実は浅薄な世界観であったというガックリ感があります。映像はやはりゴージャスですが、リドリーは、こういう断片的で神秘的な映像イメージを集積する人なんですね。深い統一性を期待してはいけません、それを楽しめばいいんです。ラストではいかにも「続く」と言う感じです。こういう雰囲気の映画は好きなんですが期待し過ぎました

  • 70点 【ホモ・デウス】

    2018-10-26  by らりほう

    登場人物がバカで感情移入出来ない。現実には有り得ない。整合性。御都合主義。突っ込みどころ。荒唐無稽−。
    それら安易映画批判常套句を振りかざす向きは、そもそも映画が〈制作者の都合〉で企画され 書かれ 撮られ 公開される御都合主義の塊であり、カットが変われば時間も場所も何処へでも飛ぶ出鱈目な代物である事をもしや忘失したか。委細承知を今更何をか況や。

    リスコットの映画では登場人物は皆愚劣であり只々右往左往し無為徒労の挙げ句無惨に果てる−露悪な迄に。
    その有り得ない世界を有り得ないと額面通り受け取るか、将又それら異質で異様なクリシェから現実に相通ずる普遍を見出すか、その何方かだろう。


    一見して諒解出来る様に表層ストーリーは潔いほどにクリシェに撤し、代わってモチーフ/構図に依って趣意は語られる。
    主に対し高みから紅茶を注ぎ入れるその上下の位置関係は、地上の無数の人々を 宇宙船上から見下ろす叫喚地獄を経て、冷凍睡眠装置内外の『見下ろす/見上げる』に帰趨する。

    それを鑑みれば、宇宙船クルー個々人のミクロな愚劣は 人類そのものの巨視的愚劣性を表象している様に思える。
    浮かび上がるのは不死、幸福、そして神性を獲た 神のヒト〈 ホモ・デウス〉の誕生と、相対に 決定的且つ不可逆的愚者と化し恐怖す人類の姿だろうか。




    《DVD観賞》

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は エイリアン:コヴェナントの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”