ただいまの掲載件数は タイトル59232件 口コミ 1149035件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > LOGAN/ローガン > 【Amazon.co.jp限定】LOGAN/ローガン ブルーレイ版スチールブック仕様 [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】LOGAN/ローガン ブルーレイ版スチールブック仕様 [Blu-ray]

『【Amazon.co.jp限定】LOGAN/ローガン ブルーレイ版スチールブック仕様 [Blu-ray]』を価格比較。★★★★(81点)『LOGAN/ローガン』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

【Amazon.co.jp限定】LOGAN/ローガン ブルーレイ版スチールブック仕様 [Blu-ray]
80点
監督 ジェームズ・マンゴールド
出演 ヒュー・ジャックマン,パトリック・スチュワート,リチャード・E・グラント,ボイド・ホルブルック,スティーヴン・マーチャント
発売日 2017年10月18日
定価 5,132円(税込)

 

価格比較

【Amazon.co.jp限定】LOGAN/ローガン ブルーレイ版スチールブック仕様 [Blu-ray] 在庫切れ  
【Amazon.co.jp限定】LOGAN/ローガン ブルーレイ版スチールブック仕様 [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日 2017年10月18日
ディスク枚数 2
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「LOGAN/ローガン」のレビュー

  • 80点 We are X‐MEN

    2017-06-12  by えんぞ

    昨今のヒーロー映画には
    多かれ少なかれ社会性や多様性を纏っているけれど
    この物語の根底には
    「シェーン」のような西部劇
    「レオン」の模擬父娘
    「ペーパームーン」のロードムービー・・・
    アメリカ映画の心髄がある
    さらに「混沌」と「死」が全編を覆っている

    R‐15ってのは
    首が飛んだり 腕がちぎれたりする暴力描写だけじゃなく
    大人が味わうビターなテーマがそこにあるからだ

    人種 国籍 宗教 性別
    人は皆パーソナルな特異性を抱えて
    孤独の中に生きている
    あの子供たちを待受ける暗澹たる未来に思いを馳せることとなる

    ラストシーンがさりげなくて好きだ

    どうみたってヒュー・ジャックマンは
    クリント・イーストウッドだった
    「許されざる者」が西部劇のひとつの終焉を描いたように
    この「ローガン」はアメコミ映画のひとつを終わらせた

    おじさんは寂しい

    「ああ〜 心に爪痕が残るぐらい誰かに愛されたい。」

  • 70点 落日

    2017-06-04  by 無責任な傍観者

    X-menファン、というか、ローガンファン限定の作品ですね。
    ストーリーが実に辛気くさい。
    主要キャストも教授とローガンだけで、なぜか映画では影が薄いミスターX-menのスコットはもちろんマグニートー、ミスティーク、ジーン・グレイ等、誰も出てこないので、見せ場も最後の最後の方にならないと出てこない。

    新生児の生まれないミュータントを救うっていうから、てっきりホープかと思ってたら、x-23を出してくるとは。まあ、ホープだと1作では終わらないだろうから仕方ないんでしょう。
    ただまあ、これもありかな?とは思いました。

    点数は70点。面白い作品にはならなかったけど、ヒュー・ジャックマンの幕引きとなる作品としてはそれなりにまとめてあります。特に理由は無いけど、面白くはないけど、悲しみの中に希望が残されるって「らしさ」は良かったのでこのぐらいの点数。
    この作品単品で見ても面白くも何ともありませんよ。

  • 100点 ローガーン、カムバーック。

    2018-03-21  by ゼーン

    これも、言い方変ですけど、ヒーロー物です。ストレングスが強いだけが強いだけがヒーローじゃないんです。SUMURAIのつながり、ジャパニーズなテイストがこんなところにきているのかもしれません。

    R−15で全体的にハードだし、死も多いです。ローガンはほぼ可哀想だし。

    その中で、父娘ダッグバトルに興奮、父娘愛に感動してしまいました。

    最後のウルヴァリン人形、木のXマークに、スーッと静かな心持ちになってしまいました。ヒュー・ジャックマンもいい役を演じる事ができた事に幸せを感じていると思います。

  • 60点 なぜ? コレで、ソレをする?

    2018-01-29  by 未登録ユーザ憧れの「不死身の男」

    ここのところ、映画を見て、

    そのメッセージを伝えたいのに、
    なぜ、この設定を使う?

    と、疑問に思うことが多いが、この作品も、まさにそれだった。

    ま、ウルヴァリンは、暴力と戦いに明け暮れたタフガイで、
    ミュータントであっても死ぬことはあるだろうから、
    そんな男が最期に夢に見た、一時の平安、のような作品を作ることも、無理では、ない…、だろうけれどもさぁ…。

    でも、やっぱり、無理があるでしょ、ワザワザ、年とって、回復力の弱くなったウルヴァリン、などという設定をするのはさぁ…。

    その時点で、正直、萎えた。ボクは、萎えたたんだよ。
    残念。

    でも、それだけなら、まだ、よかった。
    それだけなら、萎えたままでも、何とか見られた,かと思う。
    しかし…。
    あの、プロフェッサー…。
    あれでトドメをさされたんだよ、ボクは。

    ど−して、XーMENで、これをやるかね?
    「おまえなぁ…」と言ったきり、ボクは黙ってしまったよ。

    残念。ホントに残念。

  • 80点 女の子とおじさん。

    2017-11-19  by ekoeko

    TSUTAYA の動画配信(レンタル)。
    女の子とおじさんというのは『ペーパー・ムーン』以来の必殺の組み合わせですね。
    この映画だって
    テータム・オニールにはかなわないけど
    あの女の子に気持ちを誘われます。
    そういえば
    『炎の少女チャーリー』という映画があったのを思い出しました。
    あまり覚えてなくて調べてみると
    ドリュー・バリモアじゃん。

  • 60点 「X−MENシリーズ」だった

    2017-10-29  by jimmy09

    この映画、「X−MENシリーズ」と知らないで観た。
    映画『X−MEN』は以前観て、拳から鉄の爪が出るので憶えている。

    この物語は、大人の男(ヒュー・ジャックマン)が老人と娘を助ける話。
    アクション場面がなかなかの迫力。

    十字架を斜めにして「Xの文字」にする洒落っ気も楽しい。

  • 100点 花束を君に

    2017-09-03  by STAYGOLD

    アメコミの姿をした
    人生という旅路のお話。

    オヤジになったローガンが時折見せる父親と娘への寂しさと優しさ。それは人生の終着駅が見えた時の贖罪か。異分子として生きてきた自分自身にとっての。

    自分と同じ匂いを振りまく分身を見た時、父親はつかの間、戸惑いを感じる。それが異性であれば、なおさら。しかし、DNAに刻まれた性根は変えようが無く、寝姿までもが自分と同じであることを知った時、戸惑いは愛情へと静かに姿を変える。

    娘へのきもちが痛いほど伝わったよ。

    分身は、いつか旅立つ。

    ここに投稿してたころ、7歳だった君。
    これから私と同じ夢を追う君。

    これからも見つめている目線が同じであることを信じて。

    ー花束を君に贈ろうー

  • 90点 感動作

    2017-10-29  by ララサラ

    プレミアスクリーニングで鑑賞。ヒュージャックマンさんの顔の小ささと脚の長さにビックリ!
    物語は年老いたローガンと少女のストーリー。
    見所のひとつ、激しい戦闘シーンは迫力満点で、残酷な場面ありとの事でしたが、ウォーキングデッド程ではありませんのでご安心を。
    戦う姿はカッコ良く、途中ほっこりしたり、感動シーンもいくつか、感無量の138分。終始スクリーンに釘付け状態でした。
    UBERの運転手の仕事は今っぽいですね。途中エリクラサル(ERベントン先生)も登場します。
    17年間のヒュージャックマンの演じたウルヴァリンにお疲れ様でした。そして最後に最高の感動をありがとう。

  • 90点 ウルヴァリンありがとう!!!

    2017-07-08  by キャプテンNY

    アメコミではあるものの、ローガン、チャールズ、ローラ三人のロードムービーでした。過去作品であんなに活躍していたウルヴァリンも老いぼれてしまい、また仲間もいなくなってしまいと、悲しく孤独な調子でした、しかし、その中でも心温まるシーンや悲しいシーン、感動するシーンなどがありとても良かったです。

  • 100点 画像が素晴らしい

    2017-07-07  by 未登録ユーザローガン大好き

    ヒーローも老いるというテーマを描いた作品
    すごく面白かった。
    画像も良かった

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は LOGAN/ローガンの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
シリーズのテーマを掘り下げた革新の一作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ほか、押見修造漫画の映画化『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『グッバイ・ゴダール!』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!