ただいまの掲載件数は タイトル64698件 口コミ 1175676件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ものすごくうるさくて、ありえないほど近い > ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)』を価格比較。★★★★(75点)『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
75点
監督 スティーブン・ダルドリー
出演 トム・ハンクス,サンドラ・ブロック,トーマス・ホーン,マックス・フォン・シドー,バイオラ・デイビス
発売日 2012年6月16日
定価 4,093円(税込)

 

価格比較

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産) 3,980円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産) 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日 2012年6月16日
ディスク枚数 2
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のレビュー

  • 100点 この映画観なくとも このマックス・フォン・シド...

    2012-02-26  by えんぞ

    なんて繊細な映画なんだろう。

    喪失と再生描いて
    スティーブン・ダルドリーの演出が見事
    「厳しいけど優しい」傑作!

    映画観終わった後
    最愛の人に必ずあの一言を言いたくなる映画

    「愛してるよ。」
    「なに? 急に気持ち悪い。何か後ろめたいことでもあるの?」

    ばかやろう
    年老いても 絶対に買い物袋持ってやらないからな!

  • 90点 何も変わらないより失望する方がまだよい

    2012-03-14  by 影無茶

    9・11で最愛の父を亡くした少年オスカー。
    そのオスカーが父のクローゼットで見つけた一本の鍵。
    この鍵はきっと父の残してくれたメッセージ。
    その答えを探す為に、父と楽しんだ調査探検ゲームさながら鍵穴を探す冒険に出かけるオスカー。

    鍵穴を探す為に彼は様々な人と出会います。
    オスカーにとっては全てが未知の体験。
    オスカーを優しく見守る母。
    果たして鍵穴は見つかるのか。

    この鍵はオスカーの心の扉を開ける鍵です。
    私もこの映画を観て、心の中の一部の鎖が切れる音を聞いた気がしました。

    何と厳しくも優しさに満ち溢れた映画なんでしょう。

    お薦めです。

  • 90点 行動認知療法(12.2/7)

    2012-02-09  by HALU

    滋賀県大津市のシネコンにて、全国一斉試写会にて鑑賞。

    このジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説らしい、原作小説は全くの未読ながらも、全くの予備知識無しで鑑賞致しました。

    簡単なストーリーと致しましては、
    アスペルガー症候群という障碍の疑いの有る、チョット特異な性格のオスカー(ト−マス・ホーン)は、その父(トム・ハンクス)が、オスカーが頭脳は明晰ながらも、そう言った障碍の傾向を抱える不器用な性格である点を治すよう図るべく、常にユーモアたっぷりに恐怖心を取り除く工夫、即ち、所謂、<行動認知療法>を施してくれる、善き父であり、善き理解者であり、善き相棒でしたが、あの2001年の<9.11の世界同時多発テロ>を切っ掛けに、その最愛の父を失なってしまうのでした。
    1年ぶりに入った、父親のクローゼットから謎の鍵を見付けたオスカーは、その父の遺した鍵に合う鍵穴に嵌るモノが有れば、少しでも最愛の父に近づけるのではと微かな期待を抱き、鍵屋さんで、鍵の入っていた黄色い封筒に記されていた<ブラック>という文字からヒントを貰い、ニューヨークの5区をまたいで住む<ブラックさん>という人々を、片っ端から、472人も訪ねるといった旅に出るのでした。
    といったストーリー展開の映画でした。

    率直な感想と致しましては、
    この映画化に際して、あの<9.11の世界同時多発テロ>を、ありきたりに、米国民を完全なる被害者意識丸出しで、憎き敵を撲滅しようといった様な表現をすることもなく、あくまでも、<9.11の世界同時多発テロ>を題材にしてはいるものの、<人間の持つ弱さや喪失感と自己再生>を、さらりと描いている点が実に良かったですね。

    要は、<人間は1人では生きていけないからこそ、様々なモノに心を開いて、恐怖心を乗り越えて、新しい世界に飛び出そう!!>とばかりに、訴えかけている様にも思えましたね。

    オスカー(トーマス・ホーン)は、そのアスペルガー症候群という障碍の傾向から、鍵穴を探すといった、謂わば、常人には理解し難い突飛な行動に出ますが、それが、結果的には、自己喪失感を持った多くの人々と出会うことにより、赤の他人同士でありながらも、癒し、癒されていくのですが、これも、映画の後半部分を観て頂ければ、その真相が解る様に、彼のその特異な性格だからこそ可能だったのでしょうね。
    彼も、またその出会いと別れを通して成長していきます。

    また、途中から物語のキーパーソンになる、道を隔てたアパートに住む祖母の元に住む<間借り人>(マックス・フォン・シド−)も、また、言葉を喋れないという障碍を持っている老人でしたが、この<鍵穴探し探検>の旅の相棒になってくれ、そして不思議な人間関係を構築していくのでした。
    果たして、オスカーは鍵穴を見付けることが出来るのでしょうか??
    といった、徐々にその成長過程を追う展開ながら、ストーリーは進行してはいきますが、どうもお話しの流れ自体が焦れったいのが玉に瑕でしたね。

    トムハンクス演じる、父親への目線で流れていたお話しが、後半、母親リンダ(サンドラ・ブロック)と話すシーンからは母親目線へのお話しへと流れが打って変わる辺りは、実に秀逸な展開でしたし、思わずホロリと頬に涙致しましたね。

    ただ、どことなく、<行動認知療法的な流れの映画>という点では、あの『P.S アイラブユー』(2007年)っぽい作りの映画の様な気がしないでも無かったですね(苦笑)。

    このニューヨークの5区をまたいで旅を続ける、オスカー少年役のトーマス・ホーン君は、演技経験は寸劇程度といった米国のクイズ番組に出演していたところ、プロデューサーに見出されて、今回の作品で映画デビューを飾ったらしいのですが、そんなことは全く感じさせないほどの好演が輝る、まさにシンデレラ・ボーイの誕生といったところですね。

    今回の試写会のご挨拶にて、ワーナーブラザース映画からのご伝言として、「この最愛の人を失った悲しみと苦しみを乗り越えていくオスカー少年の自己再生の過程を通して、同じ様に、昨年に、未曾有の東日本大震災に見舞われた日本の人々に勇気を与えられる映画となれば幸いです。」とのお言葉通り、この映画の劇中において、あの<9.11の世界同時多発テロ>において、最愛の父の死という、謂わば<個人の喪失>を、あたかも<現実世界の喪失>とも捉えていたオスカー少年の如く、あの未曾有の<3.11の東日本大震災>とも重なり合う部分も有りますが、そういった意味合いでも共感出来るでしょうし、また、癒し、癒されるといった<助け合いの心>にも<救いの念>を感じ得ることかもしれないですね。

    また、ニコ・マーリーの音楽が非常に涙を誘い良かったでしたが、予告編で再三流されていました、U2の『Where The Streets Have No Name』が予告編のみで一切楽曲使用が無かったのが惜しかったですね。

    私的な評価と致しましては、2001年の<9.11の世界同時多発テロ>を題材にした映画としては、実に良く出来た映画でしたし、特に、後半にはホロリと涙を誘われる映画でしたが、如何せん、お話しの流れが焦れったいのが玉に瑕でしたので、その点を若干差し引きましても、実に、演技については全くの素人とは思えない、オスカー少年役のトーマス・ホーン君の好演が輝る映画でもありましたので、ほぼ満点の★★★★☆(90点)の高評価を付けさせて頂きました。

    この度は、試写会に当選させて下さったユナイテッドシネマさん。本当に素敵な映画を鑑賞させて下さって有り難うございました。

    早速にも、私の<お気に入り作品>リスト入りです。

    お勧め作品です。

  • 100点 ものすごく泣かされました(T-T)

    2012-03-01  by /くんぷう/

    映画の中盤くらいから、もう涙腺が決壊して、あとはもう泣きながら観てました。
    映画館でこんなに泣いたのは久しぶりです。

    血のつながり、思い出のつながりは、父から子へと受け継がれていくこと……
    ありえないほど近くに感じる映画でした

  • 80点 父から子へ受け継ぐもの

    2012-02-27  by ハナミズ

    想像を絶する喪失感からどうしたら抜け出すことが出来るのか。
    <あの日>、大好きな父を亡くした息子はいかにして再生の道を歩むことが可能か…。
    いくら考えても答えは出ない。
    決まった答えなんてありはしないから…。

    9.11を題材にした映画だが、3.11から丸一年経とうとしている日本でも共感できる点は多いのではないか。
    テロリストという存在や国の責任が抜け落ち、個人に寄り添うことでより親近感を持たせたかったのだろうか。
    <喪失感>というネガティヴさを<秘密探し>というアクティヴな探偵物語に置き換えているのは巧みな演出。
    対照的な行動を見せることにより立体感を感じさせる。

    父の残した“鍵”というベタなアイテムで引っ張るが、結果そのものよりも過程を重視するのが良い。
    <過程>で得たことが、回りまわって支えとなる脚本の巧みさ。
    精一杯生きることで成長し、次の一歩を踏み出すのは、赤の他人でさえも応援したくなる。
    ただ、母の愛情はもっと控えめに描かれた方が好みではあるが。

    オスカー少年役に大抜擢された<トーマス・ホーン>の憂いを湛えたような瞳が良い。
    またオスカーにノミネートされた間借り人<マックス・フォン・シドー>の好演も光る。
    監督S・ダルドリーと脚本家エリック・ロスの力量を見せ付けられる作品。

  • 80点 素人とは思えない子役の魅力

    2012-02-17  by 姫桃

    この作品は多くの大人、または子供に鑑賞して欲しいと思いました。

    映画の感想を測るのに「おもしろかった」かと聞かれますが、
    おもしろい、という表現が適切なのか悩むことがあります。
    この作品に関してもそう。
    なぜなら9.11の悲劇が舞台になっているから。
    最近、邦画でも東日本大震災を舞台にした作品が増えてきたように思いますが、
    まだまだナイーブな問題過ぎてなかなかポジティブに捉えられないところがあります。
    10年たった今だからこそ、
    この背景をテーマにした作品が物語として人々に受け入れられるのかなぁと思ったりしました。

    あの事件そのものは私たちはただの出来事としてしか
    見ることが出来なかったですが、
    そこにはこの作品で描かれているような
    各個人におけるドラマといいますか、
    心模様などがたくさんあったと思います。

    それをこんなにも美しく、前向きに、魅せてくれた。
    とても意味があることだなぁと思いました。

    多くの方があの少年に魅了されたのではないかと思います。
    彼はなんと演技経験が全くない素人なのです。
    そんなことを微塵も感じさせないほどの素直な演技。
    アスペルガー症候群を持っているという非常に難しい役を、
    違和感なく演じていて感動しました。

    アカデミー賞助演男優賞にノミネートされている
    マックス・フォン・シドーの存在感もまた素晴らしい。
    口がきけないため言葉は一切発しないのに、
    心を揺るがしてくれました。

    もう中盤から涙が止まらず、
    観終わった後はとても温かい気持ちになりました。
    間違いなくおすすめできる一本です。

  • 90点 生きていくこと

    2012-02-03  by 猫ぴょん

    前半辛く悲しく気持ちの持って行き場がなく
    どうなっちゃうんだろうと思いました。

    最愛の人を亡くすだけでもツライのに
    まして9.11

    サンドラ・ブロックさんに感情移入して観てました。大好きな女優さんなんですが
    今回もっと好きになりました。

    たくさんの人との出会い

    家族に限らず
    人と人のつながりの大切さ
    温かさ優しさ

    とってもいい映画でした。

  • 100点 「許してくれる?」

    2013-01-22  by zen1999

    「もう無理ってほど、
    ありえないほど努力した。」
    克服と、成長と、再生の物語。

    原作があるらしいのですが、
    どっちにしても、映画化の脚本を書かれた人は神!

    まあ何と言う練られた脚本でしょう!
    人物像も全員一癖二癖あるキャラの立った人たちばかり。
    「しゃべれない間借り人」
    手での「Yes][No」よかったなあ。
    小道具もいちいち秀逸。
    おばあちゃんとのトランシーバーでのやり取りもイイ。
    さりげなく置かれた買物袋もイイ!
    (あれ、ほんといいシーンだなあ…)
    パニックを抑えるタンバリン。
    首から下げた鍵。

    この鍵で開く鍵穴はどこにあるんだろう?
    手がかりの427人の「ブラックさん」を毎週毎週
    休むことなく尋ねつづけるオスカー。
    アスペの彼だからこそできたことだし
    彼だからこそいろいろなことがつらかった。

    間借り人とのやり取り、
    そして、お母さんとのやり取り、
    そして、ラスト一体…?

    ちゃんと、お父さんとのやり取りも
    用意されていました。

    留守電のエピソードとも絡んで、
    ここらへんの話の紡ぎ方は感服モノでした。

    トーマスくんは演技が初めてと
    特典映像で見てびっくり仰天!!
    マジでかーーー!!!
    とってもそうは見えない瑞々しいリアルな演技。
    すーーごーーいーーー!!
    あの神経症的な顔と、
    そしてあのイケてないパジャマが素敵過ぎる。

    原作では9歳とのことでしたが、
    トーマス君は小5くらいだよねきっと?

    近年では珍しく、最初から最後まで
    ティッシュの手放せない作品となりました。
    泣いた…。

    9・11をこういう切り取り方ができるのか、と
    原作も読んでみたくなりました。

    邦画もこういう視点での3・11映像は…
    難しすぎるかなあ…。
    この前に見たのが災害映画だけど
    「ロック わんこの島」だったので、
    あまりの違いに…(笑)…。

    「大勢の人が大切な何かを失ってた。」
    「私たちのように。」

    「僕ママに、愛してるって、もっと言うね。」
    脚本も映像も演技も素晴らしい、
    今年いきなり私の中の1位になりそうな作品です。

  • 60点 なるほどねぇ

    2013-01-13  by にしやん

    まずこの物語はアスペルガー症候群の子供が、どうやって自分を取り戻すかの物語であることを頭の中に入れなきゃならない、それが分からなければ、ちっとも面白くないだろう、逆に何これ見たいな感じに受け取る、軸が9.11じゃないのだ、両親とおばあちゃんがいかに愛しこの子供を受け止め普通の子供に変わるよう四苦八苦したであろう前半のシーン、後半のじいさんの行動もそういうことなのである、アスペルガー症候群の話はちゃんと見てないとわからないね、ラストの母辺りは少し泣けてきた、何故工場であんな事して誰も怒らないのか不思議に思った、ラストでこの映画の意味がわかった、ああそういうことなんだなぁって、非常に難解で人を試すみたいな映画だなぁ、君達わかった?って・・・作り方がずるいよねぇ

  • 100点 切ないけれど、観た後に優しい気持ちになれました。

    2012-02-28  by 宙の葵

    TVのCMを見ていた時から気になっていましたが、なかなか観に行く機会を作れませんでした。
    しかし、先週末、両親がちょうど観てきて、「観た方がいい」と絶賛していたので、何とか時間を作って観てみようと、本日、観賞してきました。

    私は、二年前までの約八年間、自閉症やダウン症、アスペルガーの子たちの障害児学童保育の仕事をしていました。
    そのせいか、この度の映画は、非常にいろいろと感じるものがあり、涙なしには観られませんでした。
    中盤までが切ない上にじれったい展開が続くのは、主人公による、アスペル特有の言い回しや独白があったから、というのもあると思います。
    悪気があるわけでなく、本心でひどい言葉を投げつけているわけではない。きつい言葉が耳に入って離れないから、そうした場面に遭遇した時、思わず口にしてしまうだけ。
    人の気持ちを理解しているようで、ちょっと的外れな言動をするのも、そのせい。
    こうだと決めたら、意地でも曲げない、譲らない。興味のある事には驚くほどの知識を持つ。
    そんな彼を対等に扱い、うまくサポートしていた最愛の父親が、あの日、突然、空に還ってしまった。父を失った、底なき喪失感のみならず、抽象的な物事を理解できない主人公にとって、些細な事が恐怖や不安の対象へと移り変わり、一転して苦悶の日々となってしまいます。
    彼の苦痛は、一般人の感じる苦痛の三倍、あるいはもっと。それでも、父との繋がりと答えを求めて、主人公が懸命に旅を続ける姿勢には胸を打たれ、随所で涙が溢れました。
    特に、オスカーが、ある人物に対し、ずっと抑えていた感情をぶつけるかの如く、思いのたけを口にするマシンガントークのシーンや、母親に対して罵声を浴びせるシーンは、何とも言えない気持ちに駆られました。
    普通ならば忘れてもいいはずのものが、忘れられない。誰かに打ち明ければいいものを、そのようにできない理由があり、また彼自身として、どうしたらいいのかわからない面もある。
    3.11と同様、一般の人たちですら、抱えきれないものがあるところを、彼がどうして消化できるだろう。
    主人公の少年がアスペルガーでない設定にしたら、あのような展開や、人と人との関わり、サポートとは何かを綿密に描く事はできなかったと思います。

    人によっては、「人って、あんなに優しくできるものか」と思うかもしれません(それにまつわる真実があるにせよ)。
    でも、日本人にしてみれば、「3.11」の話をすると当時の事が蘇るように、そうした事件等で誰かを亡くしていたら、少なからず、親身になれるのではないでしょうか。
    喪失の中に、生きる意味を見つける。
    道なき道を切り開き、さまざまなものを見つけ、出逢って、パニックや恐怖にも耐えて、新しき道を辿っていく。
    淡々としていて、とても切ないけれど、心温まる、愛おしい映画だと思いました。
    間借り人とのやりとりや、終盤の、オスカーと彼の母親との掛け合い等も素晴らしく、涙をそそりました。
    まだ観ていない方に、ぜひ観て頂きたいです。お勧めです。
    あんなお父さんお母さんがいたら、まさに理想の家族ですね。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [Blu-ray]

  • 定価:2571円(税込)
  • 価格:1200円(税込)
  • OFF:1371円(53%)

 

 



『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ