ただいまの掲載件数は タイトル65013件 口コミ 1179223件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > トランスフォーマー/ロストエイジ > トランスフォーマー/ロストエイジ 3D&2Dブルーレイセット (3枚組) [Blu-ray]

トランスフォーマー/ロストエイジ 3D&2Dブルーレイセット (3枚組) [Blu-ray]

『トランスフォーマー/ロストエイジ 3D&2Dブルーレイセット (3枚組) [Blu-ray]』を価格比較。★★★☆(66点)『トランスフォーマー/ロストエイジ』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

トランスフォーマー/ロストエイジ 3D&2Dブルーレイセット (3枚組) [Blu-ray]
65点
監督 マイケル・ベイ
出演 マーク・ウォールバーグ,ニコラ・ペルツ,ジャック・レイナー,スタンリー・トゥッチ
発売日 2014年12月10日
定価 6,156円(税込)

 

価格比較

トランスフォーマー/ロストエイジ 3D&2Dブルーレイセット (3枚組) [Blu-ray] 5,540円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
トランスフォーマー/ロストエイジ 3D&2Dブルーレイセット (3枚組) [Blu-ray] 2,603円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
トランスフォーマー/ロストエイジ 3D&2Dブルーレイセット (3枚組) [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日 2014年12月10日
ディスク枚数 3
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「トランスフォーマー/ロストエイジ」のレビュー

  • 70点 墓場の風

    2014-08-20  by 出木杉のびた

    映画の見所は、全編ド派手な戦闘シーンの連続。まあこれが凄いことは確かなので、その点の文句はない。でもサービス精神旺盛過ぎて、お腹一杯であった。ドラマとなる父と娘の愛情、人間とオプティマスの友情などは、本当にどうでもよくなってしまう3時間弱。

    主人公ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ) には高校卒業を迎える一人娘テッサ(ニコラ・ペルツ)がいる。ケイドの前で彼氏・シェーン(ジャック・レイナー)と平気でいちゃついてるし、父親目線的に、いい印象を受けなかった。まあケイドも自分の過去を棚に上げて、娘には厳し過ぎるから反撥されるのだろう。

    テッサがどうも危ない方ばかりに逃げてように見えてしまう。父と娘の絆を描く為に、テッサがピンチに陥らなければならないのは分かるが、もっと巧い話の流れ、納得のいく画面作りはできなかったものか。ロープを伝いの脱出では、戻りたいとバカなことを言い出す。これはよくある手段だが、ハラハラどころかイライラさせられる。笑いを取りたかったのかも知れない。

    イライラはシェーンにも言える。車の運転はプロなのだが、それ以外はヘタレでガッカリ。最初車で颯爽と登場した時は、救世主にも思えたのに、どんどん株を下げてしまう。ケイドと共にテッサを助け出そうというのに、あの状況に於いて、白旗を上げるなどもってのほか。ここもやっぱ笑えない。コメディっぽいシーンは、全て空回りの印象。

    ゴジラはアメリカで救世主になってしまったが、オートボットたちは人類の敵にされてしまっている。オートボット狩りに遭うラチェットのシークエンスはとても辛く、残酷に感じられる。反トランスフォーマー組織KSI墓場の風を指揮するCIAの高官アッティンジャー(ケルシー・グラマー )の振りかざす正義は、実に危険だ。目的の為なら少数の人の犠牲など何とも思わない。それで結局大惨事をもたらしてしまうのだから、結局、悪である。

    利用されているといってもよいジョシュア・ジョイス(スタンリー・トゥッチ)は、どこか憎めない男。未来を感じさせる音、云々の件は結構可笑しい。彼が惚れてしまう中国人女性にリー・ビンビンを起用しているのだが、あまり活かされず実に勿体無い。

    さて、クライマックスはオートボットとケイドたちだけで、強大な敵と戦わなければならない。ケイドが手に入れる銃が強力で、ロックダウンをのけぞらせるだけのパワーがある。人間もみんなこれ持って戦えば、何だか勝てそうに思える。

    オートボットのバトルだけではなく、ケイドの肉体アクションも見せる。アパートから室外機など、色んなものが飛び出しているが、その上を伝いながら、落ちながらの戦いは手に汗握る。でも、これ、ジャッキー・チェンの映画で、同じようなアクションを観た気がする。

    オートボットの面々では、ハウンドの活躍が目立つ。ヒゲもじゃで葉巻を咥え、孤軍奮闘する姿は頼もしい。ドリフトの声が渡辺謙。しかし、このキャラ、オプティマスのことを日本語で「SENSEI(先生)」と言ったり、俳句を嗜む。恰好からして、鎧兜を着込んだ二刀流の武将のよう。これはこれで確かにかっこいい。『GODZILLA』では日本語発音で「ゴジラ」と言っていたが、謙さんの拘り?

    様々な恐竜タイプのダイナボットたちのトランスフォームも楽しめるのだが、ただ移動しただけであまり活躍した印象は残っていない。まあ、とにかくこれは大画面で楽しむアトラクション映画に間違いあるまい。他に望んではいけないシリーズなのだ。新たな火種を残したまま、物語は終わる。これだけ大ヒットしたなら、更なる続きを作らざるを得ないだろう。最近はリメイクや続編作品ばかりだと、映画内でネタにしてしまう開き直りは、もう確信犯である。

  • 100点 怒涛の映像体験。スゴい!おもしろい!もっと観たい!

    2014-08-13  by 未登録ユーザムーチョ

    あっという間の3時間でした。
    実写版トランスフォーマーは1,2,3全て観ていますが、今回は人間のキャストが一新され、さらに正義のロボットの立場も前作までとは少し違っているため、4作目にもかかわらずマンネリ化はなく新鮮な感覚で観ることができました。

    CGは前作からさらに磨きがかかっており、ものすごい迫力で、ボリュームも満点。
    特に、CMにもあった空中戦のシーンは、まるでUSJのアトラクションに乗っているかのような浮遊感と疾走感です。正直、映画館でああいった体験ができるとは思っていませんでしたので非常に驚きました。

    ロボットのCGだけでなく人間側の活躍もしっかり描かれるので、「置いてきぼり感」もなく感情移入しやすいストーリー展開でした。

    少し不満があったのが、次回作「5」製作前提のラストだったこと。
    ファンとしては次回があるのはうれしいのですが、「本当の闘いはこれからだ!」的な終わり方だと、どうしても早く次が観たい!と思ってしまいます。。

    要するに、あれだけボリューム満点・超迫力の映像を3時間弱ノンストップで観ても、「もう終わりなのか」「もっと観ていたい!」と思ってしまうほどの魅力に溢れた作品です。

    是非3Dでの視聴をおススメします。


  • 100点 オプティマーーース

    2014-08-08  by 猫ぴょん

    何度オプティマースと叫びたくなったことか!
    一握りのバカヤローな人間のせいで
    オートボットたちがあぁぁぁ(ToT)
    酷いよ〜
    悲しすぎるよ〜
    命の恩人になんことするんだああああああ(怒)


    今回から主役のマーク・ウォールバーグ
    彼とオプティマス
    信頼は取り戻せるのか?

    も〜〜〜〜〜
    泣いちゃったじゃないか〜〜〜

    私の大好きなビー
    どうなることかと思ったけど
    やっぱビーは可愛くてカッコよくて最高だぁ


    中国がとんでもないことにとかw
    腹立つ奴がいつの間にかオイオイ・・・とかw
    気になるところが無いわけではナイ(笑)

    でも好きなんだもん(#^.^#)
    オプティマスプライムが!
    バンブルビーが!

    さらにカッコよくなって帰ってきたんだもん

    大好きだあ〜(^o^)丿♪

    トランスフォーマーの世界にどっぷり浸れる165分(^o^)丿

  • 80点 格好良すぎます!

    2014-08-08  by Nori_Nori

    改めてオプティマスの格好良さを実感する内容でした。
    今回の作品は、特にトランスフォーマーの人間ドラマ(?)も
    見どころとなっていた様に思います。
    相変わらずのダイナミックさで、迫力に魅了されながらのあっという間の165分でした。
    トランスフォーマーシリーズが嫌いでなければ、
    是非大スクリーンで迫力を体感しながら観て欲しい一本です。

  • 80点 本当の敵は!?

    2014-08-01  by Pilot

    3D DOLBY ATMOS特別試写会にて鑑賞。
    ストーリーは、今までのトランスフォーマーとの差異はないかと思いますが、オートボット達のより人間味を帯びた感覚と人間との関係がより深まって行く感じを受けました。
    でも、本当の敵は誰なのか。。。

    今までとの大きな差は、DOLBY ATMOSとの合体で、臨場感が半端なかったです。
    まるで自身が、スクリーンの中にいると言うか、オプティマスプラム達が戦っているその場に居合わせていたかの様に感じました。

    最強臨場感の体感型エンターテイメントと言った感じで、十二分に楽しめました!

  • 90点 迫力が!!

    2014-07-31  by うどん県うどん

    3Dドルビーアトモス体験。映像美と音響にはさすがとしか言えないです。
    車やヘリに変身する素早さ、くるくる回りながら蹴ったりビルを上る様はスクリーンが良ければよいほど迫力がありそうです。
    メカの戦いに、カーアクションもはらはらさせられ、彼氏のジャック・レイナーに癒され(*^_^*)
    マークお父さんと娘、彼氏との3人の関係は笑いながら楽しめました。

  • 30点 アホンダラ

    2018-10-30  by 傳次郎

    時間が鬼のように長く感じた(毎度だが)。


    シャイアラブーフからマークウォールバーグへ襷がわたったが、ミスキャストだ。




    420円

  • 10点 映像技術の進歩は素晴らしい。

    2018-04-13  by ニコラ

    でも、ストーリーは馬鹿馬鹿しかった。ニコラ・ペルツに100点!!! タバコ0本で打ち切り。

  • 70点 月世界の次は恐竜時代か〜

    2017-01-02  by 桃龍

    子供が好きそうな舞台を順調に消化してるな。また続編やるみたいだけど、今度は海底とか?

  • 30点 避けるべき映画

    2015-09-17  by aziantom

    1作目はとても楽しめた記憶があるんだけど・・・。毎回同じことの繰り返しで、変形もアイアンマンなど他の映画でも見飽きているしCGが目立ちすぎて萎える。ロボットVSロボットで何の感情移入もできないし、脇で人間がちょこまか動き回っているのにガレキの一つでも頭に当たって死なないのが謎。セリフもいちいちバカらしいし不自然。なぜCIAの殺し屋が発明家ごときにサシで負けるのか納得いきません。続編があっても見ないと思います。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は トランスフォーマー/ロストエイジの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ