ただいまの掲載件数は タイトル64570件 口コミ 1173507件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > レッズ > レッズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

レッズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

『レッズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]』を価格比較。★★★☆(70点)『レッズ』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

レッズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
70点
監督 ウォーレン・ベイティ
出演 ウォーレン・ベイティ,ダイアン・キートン,エドワード・ハーマン,イエールジ・コジンスキー,ジャック・ニコルソン
発売日 2007年5月25日
定価 4,298円(税込)

 

価格比較

レッズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] 在庫切れ  
レッズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日 2007年5月25日
リージョン 2
ディスク枚数 2
形式 DVD

関連商品



ぴあ映画生活ユーザーによる「レッズ」のレビュー

  • 70点 ロシア

    2019-02-22  by 未登録ユーザSAKATA

    1917年のロシア革命は世界のインテリ、文化人の希望の星だったらしい。然し,革命後のロシアに行きその辺実を見た人は失望し共産主義に幻滅した。
    理想と現実の落差。
    ベイテイ扮するジャック、リードはストレートに共産主義を信じて,挫折と怒りのなかでロシアで病死。
    なんとも切ない,激しい一生だった。ベイティは実際反戦主義者だと記憶している。
    姉が親日家なのに彼は日本に関心なく、常に上から目線で,来日の時もホテルから一歩も出なかったとか。
    プレーボ−イ。いけ好かない俳優だ。
    妻役のダイアン、キートン、今さらながらたれ目だと思いました。
    力を込めてつくった映画だと思う。3時間12分退屈しないで観ました。
    でも、又見たいとは思わない。

  • 50点 残念作ですね。

    2018-04-27  by 映画男子

    bs3で観ました。
    とにもかくにも長くてゆっくりの中味にあきてしまったのです。ウォーレン・ベィティはじめダイアン・キートンやジャック・ニコルソンやジーン・ハックマンまでとそうそうたる出演者なのですがダメでした。失敗作と言ってよいでしょう。

  • 70点 ウォーレン・ベイティ製作&監督&脚本&主演の大作

    2018-03-11  by jimmy09

    本日2018年3月11日、鑑賞。(学生時代以来、2度目)
    ウォーレン・ベイティが、195分にわたって描きあげた実在したアメリカ人ジャーナリスト兼コミュニスト兼運動家であったジョン・リードの半生の物語。大作。

    1981年のアカデミー賞で12部門ノミネートされ、監督賞(ベイティ)&助演女優賞(モーリン・ステイプルトン)&撮影賞(ヴィットリオ・ストラーロ)が受賞。
    ウォーレン・ベイティは、プロデューサー、監督、脚本、主演と気合いが入っていたので、さぞや嬉しかったのではないだろうか。

    自分が学生時代に観た時は、3時間15分のこの映画、内容がよく理解できず、全く面白くないと思った。
    その理由が、この映画を久しぶりに再び観て、なんとなく判った気がする。
    まず、どちらかと言うと叙事詩的な映画であり、ロシア革命などを描いているにも拘らず、「登場人物の行動理念は映像と科白から読み取れ」的であるのだ。唯一参考になるのは、時々表記される「年号と場所」ぐらいか…。

    また、時々挿入される(当時を実際に経験してきたと思われる)老人たちのインタビューから、当時のジョン・リード、彼の伴侶的存在だったルイーズ・ブライアントなどについて語られるのだが、老人たちの発言は各人の主観的発言であり、必ずしも客観的表現になってはいないことも、物語を判りづらくしている一因という気がする。

    さて、肝心の物語は、ジャーナリスト等であるジョン・リード(ウォーレン・ベイティ)と、フェミニストの作家であるルイーズ・ブライアント(ダイアン・キートン)の恋愛物語が、ロシア革命を背景にして描かれる。
    ルイーズ・ブライアントは「自由恋愛」をモットーとしているので、ジョン・リードとも知り合いの男=ユージン・オニール(ジャック・ニコルソン)とも肉体関係を持ったりする。しかし、ジョン・リードが複数女性と関係したと話すとブチ切れるルイーズ・ブライアントの姿を見て、「自分は自由恋愛なのに、相手の男は自由恋愛しては駄目なのか?」という疑問が湧く。

    ロシア革命の実際の歴史に関する知識が、自分には乏しいので、見たままを「そういう事実があったのか…」と思うしかないが、以前チャン・イーモウ監督作品を立て続けに観ていた時に文化大革命(文革)を勉強してみたように、ロシア革命の背景に関する著書を読んでみようと思ったりする気にさせてくれる映画だった。

    ただ、やはり判りづらい195分の映画であるので、この作品を観る時は、かなり気合いを入れて観る必要があると思う。

  • 80点 引き裂かれた20世紀

    2016-04-03  by レビュアンローズ

    この映画は、20世紀の人類が目指した、壮大な理想の実現に向け闘う人々を表していただろう。

    それはこの映画の主人公、ロシア共産革命の歴史的ルポルタージュ「 世界を震憾させた十日間」を書いたアメリカ人ジャーナリスト、ジョン・リードの志した理想でも有った。

    冷戦が、ソ連と言う共産主義国家の敗北で終わったが故に、共産主義は失敗だと語られがちだ。

    しかし、産業革命以後の産業構造の変化は、資本主義社会の労働者を悲惨な被害者の立場に追いやった。
    そして1900年初頭にはその歪みは、更に増大し厳しいものになって行く。

    その虐げられた者たちを救う理論こそ共産主義であって、その時代の進歩的な人々や、ヒューマニズムに駆られた人々の、希望の政治主義だったのである。

    実際も共産主義化を嫌う支配者達が、自ら労働者側に歩み寄ると言う変化を促したという点で、救済の助けとなった。

    それは間違いなく20世紀を突き動かした、世界の理想だった。
    そして、その理論は確かに人類を救済しうる可能性を持っていたのだ。

    結局、その理想が現実世界で機能しなかったのは、あまりに人工的で理性的に過ぎたためだったろう。
    この映画で語られるように理想を高く持てば持つほど、主義・主張が強くなり他者を排斥しなければ、理想を実現できなくなる。

    つまるところ理想と言う人工的な構築物は、人間本来が持つ生物としての本能・情動を裏切る存在なのだろう。

    それゆえ、この映画の主人公も共産主義の大義に全てを捧げようと努力すればするほど、人間本来の情動が抑え難く込み上げてくる。
    それは、理想に限界を感じ始めれば、なおさら情動は膨れ上がるだろう。

    結局この主人公が現したのは、崇高な理想に生きたいと願いながら、理想では収まりきれない人間の理だったろう。

    人類は20世紀を通じて、この「人工的な理想」と「自然界の人間の理」の相克から逃れ得ないという、真実を学んだと言えるだろう。



    *ブログもやってますm(_ _)m http://hirahi1.seesaa.net

  • 0点 スターリン信者?

    2011-08-25  by 未登録ユーザニコラ

    長がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁすぎ、語りばっかり、歴史の検証に耐えない。きれい事。スターリン賛美かKGB要員? 結局何が言いたいんか分からん映画。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は レッズの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

レッズ 劇場公開25周年 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 定価:2700円(税込)
  • 価格:1320円(税込)
  • OFF:1380円(51%)

レッズ [Blu-ray]

  • 定価:2571円(税込)
  • 価格:1486円(税込)
  • OFF:1085円(42%)

 

 



歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
ぴあフィルムフェスティバル×078film〜最新コンペティション受賞作品・招待作品上映&トーク〜
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
“ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】