ただいまの掲載件数は タイトル59678件 口コミ 1154352件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ポリス・ストーリー2 九龍の眼 > ポリス・ストーリーBox Set [Blu-ray]

ポリス・ストーリーBox Set [Blu-ray]

『ポリス・ストーリーBox Set [Blu-ray]』を価格比較。★★★☆(69点)『ポリス・ストーリー2 九龍の眼』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

ポリス・ストーリーBox Set [Blu-ray]
68点
出演 ジャッキー・チェン
発売日 2010年12月17日
定価 9,195円(税込)

 

価格比較

ポリス・ストーリーBox Set [Blu-ray] 7,539円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
ポリス・ストーリーBox Set [Blu-ray] 8,303円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
ポリス・ストーリーBox Set [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日 2010年12月17日
ディスク枚数 3
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」のレビュー

  • 50点 コピペ876

    2016-12-18  by アキラ

    ジャッキーが自ら撮った大ヒットシリーズ第二弾って訳で前作の悪役からの遺恨を引き摺りながら凶悪テロリストに挑む。これが本当に爆弾テロだったから良いものをただの悪戯だったらどうすんだって感じ。やたらと強引に非難させてた癖に上司が登場した時点で既に怒られモード入ってるし。ここは自信を持って「安全第一」と云って欲しい所。辞表を出す覚悟がある無鉄砲野郎ならもっと堂々として欲しいものだ。お約束だが今回もヒロインの扱いがヒドイ。バカンスのはずがパスポートなしで一人異国の空港に置き去り。ドッキリにハメられて激怒するリアクション芸人状態。前作の悪役が今回も何度もメガネを割られるのもお約束。今回も欲張りにお約束ネタ満載コメディ。それにしても障害者を悪役にするって日本じゃ『おそいひと』ですらタブーを破ったと云われるけど、この映画では普通にテログループのボスが聾唖者って設定になっていて、それを追い詰めるジャッキーが聾唖者の真似をしてからかったりして人権団体で問題にならなかったのだろうか。これを見た子供が真似して障害者をいじめたなんて事いくらでも起こり得ると思うのだが。

  • 100点 誉れ高き血統を受け継ぐ、最高の続編

    2011-07-28  by アイヤーダイ

    言わずと知れたジャッキーの代名詞的傑作ポリス映画の、正統な続編である。
    なぜわざわざ“正統な”と銘打ったかというと、同題名が付いていても関連性の希薄な『ポリス・ストーリー3(1993年)』、『ファイナル・プロジェクト(ポリス・ストーリー4)(1996年)』や、関連性皆無の『新ポリス・ストーリー(1993年)』、最近の『ニューポリス・ストーリー(2004年)』が存在するからであり、おそらくジャッキー通でもない限り混乱することは必至。
    そんな中で、ストーリーのみならず前作の異様な熱気や危なさをそのまま地続きで継承しているのがコレ。
    なのにどういうわけか評価が低い。
    誉れ高き血統を受け継ぐ本作の名誉のためにも、ここで取り上げないわけはいかない。

    なにせ冒頭から前作のハイライトのダイジェストで始まり、ご丁寧にそこに流れる音楽も“あの名曲”・・・アホでも瞬時に「続編だ」と解るジャッキーのサービス精神は最高!
    そう、この映画は前作の“デパート乱闘騒動”のせいで交通課に強制移動させられたジャッキーの“その後が見られる”、ファンには堪らない設定なのだ。
    まずは大型サングラスをかけて白バイに跨り、巨大トレーラーを次々に先導していくチェン刑事のカッコ良さにのっけからとろけてしまう。
    物語の時系列とは裏腹に実際の製作には前作と3年の隔たりがあり髪型などに若干の違和感も無くはないが、恋人のマギー・チャンが登場するや、もうテンションはあの頃と同じかそれ以上で、否応なく心は前作のちょい後にタイムスリップ!


    ただ前作と違い恋人マギーの存在がパート2の要であり、1以上にジャッキーとの恋物語がクローズアップされているのだが、これが実にいい感じ。
    小型爆弾を投げつけられ、鉄で頭を打ちつけ出血するわ(写真はその驚愕のNGシーン)、はたまた海外旅行から一転、強制退去された怒りで身も心もボロボロになりながらも男子トイレまで乗り込みジャッキーに毒を吐き、わめき続けるわと・・・そのなりふり構わぬマギーのズタボロ魂には、もう脱帽!
    最近のウォン・カーウァイ色に染まった猫をかぶるマギーの本性がここにあり、同時に彼女の最高傑作は本作だと断言できる。
    大波が去った後の“静のマギー”もムチャクチャ可愛いのだ。

    そうしたラブストーリーとしても素晴らしい完成度を誇る本作最大の見せ場は、爆破凶悪犯に彼女と一緒に拉致されたジャッキーがマギーからの別れの手紙を彼女の前で、しかも犯人経由で聞かされるシーン。
    小型爆弾の拷問の迫真性、ジャッキー渾身の泣きの演技と相まって、切なさと健気さが十二分に詰まった、感動の名シーンである。
    これを見れば、極限の危機的環境こそ愛を高めるという・・・あの定説の正しさがよく解る。
    同シーンは無論の事、冒頭のデパート爆破予告の緊迫感を赤いボールのスローモーションだけで表現するくだり(私の監督作『キョーダイ喧嘩拳』にも影響)、破格の強さを見せつけるラスボスにあえてひ弱そうで身体障害者(聾唖者)という設定を盛り込む対比の妙といい、当時のジャッキーの演出センスはもはや至高の域に達しており、香港にはびこる徒党を組まない少数マフィアの恐さをこれでもかと見せつけ、アクションスターとしても映画監督としても最高の時期を迎えていた事を意味する。


    工場での爆弾マニア凶悪犯とのラストバトルも前作のガラスクラッシュとはまた違った緊迫感を見事に醸し出しており、特に上記の口のきけない“アパアパ”(口癖からこう命名)の、自らの“身体ハンディ”を武器にした卑劣極まりない悪党像は、タブーを恐れないジャッキー映画だからこそ生み出せた代物であり、ジャッキー映画ラスボスランキングでも一、二を争う伝説キャラである。障害者のイメージを敵の強さに還元させ際立たせるという芸当はサモハンにも比肩しうる“プロの業”。
    おまけに土壇場で、敵のお株を奪い「アパ、アパ・・・」と悪ノリ気味にジャッキーが“障害者”に向かって何度も小型爆弾を投げつける場面は、彼一流のサディスティック性が全面に発揮された名シーンであることは言うまでもない。


    前作の“ショッピングモールの大乱闘”で格闘映画の歴史に堂々と一大革命を起こしておきながら、さらにその上を行こうとするジャッキーの天井知らずの貪欲さには呆れてしまうほど。
    現に本作を境に同レベルの作品はその後プツリと途絶え、もう一度我々が『酔拳2』で血湧き肉躍るまで6年も待たされることになる。
    当の本人は翌年の『ミラクル』を自身の最高傑作と公言しているが、考えれば考えるほど意味不明なので深入りは厳禁だ。
    彼特有の気まぐれなリップサービスとして流しておくに限る。

    前作『ポリス・ストーリー』を超えようという意気込みはエンドクレジットで流れる本パート2のオリジナル主題歌にもひしひしと伝わってくる。知名度はともかく、あれだけの完成度を誇った1の主題歌と激しく拮抗する文句なしの名曲なのだから、ただただ恐れ入るばかりだ。


    【恋人メイことマギー・チャンの本シリーズへの復活を切に願う。本作を観ずしてマギーファンを公言することなかれ・・・】

  • 70点 ジャッキーのアクション!!

    2011-06-05  by シネマスター

    ジャッキーのアクションはストーリー等の内容は気にさせない。 とにかくアクションシーンでストレス解消!! 細かい事は気にしない☆

  • 50点 アパがカッコいい♪

    2010-11-15  by キンピラ

    「アパ」としか喋らない、
    耳の聞こえないちっちゃい男が
    敵役として出てくるのだが、
    そいつがメチャクチャカッコいい♪
    何だあの蹴りは!!

    この映画はジャッキーの映画としては
    だいぶ真面目な感じで、コメディ要素が薄かったが、
    もうちょっと笑えるシーンがあると、より楽しめたかな。

    あと、ジャッキーの映画は吹き替えで観たほうが
    テンポがあって楽しいな♪

  • 90点 ジャッキーの映画は

    2005-08-28  by 未登録ユーザ柔術白帯

     最近中国でジャッキーの半生を紹介した写真が盛りだくさんの本が出版されました。それによると、ジャッキーは過度に残酷・暴力的な映画が大嫌いらしいです。また、「ブルース・リーは一発で敵をやっつけるけど、僕の場合は3分くらい殴っても相手が死なない。」とも紹介されてました。
     最近リンチェイの評判のいい映画を見ても今ひとつ満足しなかった理由は、ジャッキーの映画の、そんなところが好きだったためでしょう。彼の映画は血が出ない、笑える、ドロ臭くってダサイ。体を張った彼のスタントは究極の自虐主義者ジャッキー・チェンのこだわりを感じさせる。
     ところで映画の途中で酔拳の師匠にそっくりな人を見かけました。でも名前が見あたらなかったから違う人なのかな?

  • 70点 四面楚歌で耐えるジャッキー刑事

    2011-05-19  by Cape God

     「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続編。派手なアクションは健在でそれなりに楽しめる。

     今回のジャッキーは前作と異なり、犯人からだけでなく彼女からも警察内部からも叩かれる役どころ。一生懸命に何をやっても、どこからか批判が出る。そんな逆境に耐えるジャッキーがやや痛々しい。前作のように、シリアスなシーンでも軽くコメディで流してくれたほうがこのシリーズには合っているかと思う。 ストーリースコア 70 キャストスコア 75 演出スコア 75 ビジュアルスコア 70 音楽スコア 65

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ポリス・ストーリー2 九龍の眼の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

ポリス・ストーリー2 九龍の眼 [Blu-ray]

  • 定価:3065円(税込)
  • 価格:2912円(税込)
  • OFF:153円(4%)

ポリス・ストーリー2 九龍の眼 デジタル・リマスター版 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3591円(税込)
  • OFF:513円(12%)

 



映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
木村拓哉と二宮和也の2大スターが豪華共演! 『検察側の罪人』をはじめ、J・ステイサム VS メガロドンの『MEG…』、旬の女優、土屋太鳳&芳根京子の熱演光る『累-かさね-』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!