ただいまの掲載件数は タイトル62917件 口コミ 1167727件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 新選組始末記 > 新選組始末記 [DVD]

新選組始末記 [DVD]

『新選組始末記 [DVD]』を価格比較。★★★☆(65点)『新選組始末記』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

新選組始末記 [DVD]
65点
監督 三隅研次
出演 市川雷蔵,城健三朗,松本錦四郎,天知茂
発売日 2004年8月27日
定価 4,935円(税込)

 

価格比較

新選組始末記 [DVD] 3,980円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
新選組始末記 [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 角川エンタテインメント
発売日 2004年8月27日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD

関連商品



ぴあ映画生活ユーザーによる「新選組始末記」のレビュー

  • 70点 雷ちゃんが 出るならカラー 格上や 〜by永田雅一

    2018-11-09  by 青島等

    「新選組」屈指の異色作 なぜなら山崎が主人公だから
    通常は完全に脇の脇ポジション、企画当初は別の男優だったらしいが
    三隅研二監督の要望で市川雷蔵主演に変更されたのが実情!
    近藤勇を演じる城健三朗は姓名を投影に返上した若山富三郎!!
    非情のライセンスが土方歳三は御愛嬌だろうが描き方と演じ方によって大違い

  • 70点 迷いと決断

    2018-11-07  by odyss

    最近BS録画にて。
    幕末の京都を舞台に、新選組を材料にした時代劇。

    若い浪人・山崎(市川雷蔵)は近藤勇(城健三朗)の人柄に惹かれて新選組に入るものの、女医である恋人(藤村志保)からは人殺しはやめて自分とふつうの暮らしをして欲しいと迫られています。彼女はまた、師から長崎に行って先端的な医学を学ぶよう勧められている。

    新選組は当初は芹澤鴨(田崎潤)が局長ですが、人望がなく飲んだくれの彼はやがて殺され、近藤勇が局長に。その陰で策士の土方歳三(天知茂)が暗躍しています。

    山崎はいったんは恋人と暮らそうと考えますが、しかし・・・

    縦軸に若い男女の恋模様と生き方の迷いが、横軸に幕末の新選組と尊皇派武士との争いが絡んで、重層的な時代劇になっています。ラストの池田屋での斬り合いシーンもなかなかですが、どこか戦うことのむなしさが漂っているのがこの作品の特徴でしょう。

    決定的な正義や悪は存在しない、そんなことがこの映画を見ていると感じられます。
    そこが、この時代劇を、「よくあるチャンバラ」とはひと味違ったものにしているのでしょう。

  • 10点 悩むのは市川雷蔵だけか?

    2016-09-01  by ニコラ

    雷蔵以外の隊員にはな〜んの懊悩もないなんてあり得んよ。芹沢鴨の台詞の語尾が聞き取れない、発声の基本が出来ていない、こんなんで役者が務まるならチンパンジーだって俳優になれるよ。真ん中あたりで中止。タバコは0本。
    若山富三郎:1929年(昭和4年)9月1日〜1992年(平成4年)4月2日、62歳。

  • 50点 芹沢鴨暗殺から池田屋騒動まで

    2012-08-19  by 未登録ユーザ土方総司

    新選組草創期(1863〜1864年)の出来事を、史実とはかけ離れた創作を加えてできた「幕末もの」、「新選組もの」でした。
    この映画が公開された1963年以降、幕末や新選組の研究が進んでいて、当時の認識ではこの創作が意図的ではなかったとも言え、いたしかたないところはありますが、今みると、新選組ファンとしてはがっかりする内容でした。
    面白かった部分としては、現在では一番の人気者・沖田総司があまり格好良くは描かれていないところで、池田屋での喀血の話もなく、単に一番隊隊長として登場するのみです。アレ?とも思いましたが、沖田人気が異常に急上昇した司馬遼太郎「燃えよ剣」が1964年発行だったことを考えると理解できます。
    なお、「燃えよ剣」で一躍脚光を浴びた土方歳三は陰険な策士として描かれていて、人格者・近藤勇との対比でこうなったのでしょうが、今ではこんな風には描かれないと思います。この点は、案外、事実に近いものだったのかも知れません。

  • 80点 興味深い新撰組内幕モノ

    2007-07-02  by 未登録ユーザ素子様命

    若山富三郎の殺陣には惚れ込んでいまして(神!)、
    富様が出ていると聞いて
    BS放映されたコレを録画しておきました。
    ちなみにこの時は若山富三郎の名前ではなく、
    城健三朗という名前でクレジットされています。

    実を言うと
    その富様の殺陣が堪能できるようなシーンは
    あまりなかったのですが、
    それでもこの「物語」はとても面白かった。
    面白かったというより興味深かったというのが
    しっくりきますけど。

    浪人中の青年:山崎は
    あるきっかけで出合った近藤勇の姿に武士を見、
    世話を焼いてくれる
    想い人の女医の卵への気兼ねも手伝い、
    武士としての誇りを取り戻せる!との
    おおいなる希望を持って噂の新撰組に志願。
    しかし彼の入隊した頃すでに、芹沢・近藤・土方の
    パワーバランスは微妙になっていて、
    尊大で遊興ばかりの芹沢、
    フィクサーとして汚い手段も平気で取る土方には
    どうにもこうにも幻滅し...

    というように、
    生真面目な青年剣士の目を通して描かれる、
    「大人ってきたない!!」って感じの
    結構ドロドロした内幕モノなんですね。
    いや新撰組自体、
    綺麗な団体様とはいえないわけですが、
    どうも日本人は彼らに
    「疾走する青春」とか
    「時代のスケープゴートの悲劇」みたいなものを
    重ねる傾向があり、カッコよく描きがち。

    まぁこの映画は新撰組がこれからですって時の話で、
    ホントにボロクソになった新撰組は描かれませんし、
    おまとめ的にはある程度カッコいい方に
    持っていこうともしていますが、
    しょっぱなからまとまりの悪い新撰組の姿が、
    その後の姿を色濃く暗示させる
    非常に興味深い内容になっていました。

    綺麗ごとだけじゃ渡っていけない世間を
    無理やり飲み込むがごときの、
    青い青い青年剣士に市川雷蔵ははまり役でしたが、
    しかしどうも近藤役の若山富三郎の腰の座り具合と、
    土方役の天地茂のきっつい視線には
    食われていたような。
    特に天地土方は、隊則に厳しい冷徹な人というよりは、
    マフィアボスのような
    腹黒いものを抱えるワルっぽさ全開で、
    そんなに悪い人でいいんですか? 土方さん
    という役作りが、実に面白かったです。

    DVD買ってまでという方を除けば、
    観る機会になかなか恵まれない作品かと思いますが、
    チャンス到来の場合はぜひご覧下さい。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 新選組始末記の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】