ただいまの掲載件数は タイトル60556件 口コミ 1161904件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 家族はつらいよ2 > 家族はつらいよ2 [DVD]

家族はつらいよ2 [DVD]

『家族はつらいよ2 [DVD]』を価格比較。★★★☆(69点)『家族はつらいよ2』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

家族はつらいよ2 [DVD]
68点
監督 山田洋次
出演 橋爪功,吉行和子,西村雅彦,夏川結衣,中嶋朋子
発売日 2017年11月3日
定価 4,104円(税込)

 

価格比較

家族はつらいよ2 [DVD] 3,023円 (税込)
近日発売 予約可
Amazonで買う
家族はつらいよ2 [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 松竹
発売日 2017年11月3日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「家族はつらいよ2」のレビュー

  • 20点 出来損ない

    2017-05-29  by 無責任な傍観者

    一作目に比べてギャグがわざとらし過ぎてスベりまくり。
    山田監督も老いぼれて焼きが回ったのか、ホームコメディで政治的主張を大見得切って演説させるなんてのは、初歩レベルの具の骨頂。

    点数は20点。まともな作品を作れないならムリしてシリーズ化すべきじゃない。

  • 40点 笑えない

    2017-06-03  by ムーティアラ

    山田監督も引退したらどうですか!陳腐なギャグで笑えない。昔の 涙あり 笑いあり 心温まる映画はどこへ行った。がっかり・・・・降旗康男も同じだが感傷に浸るというか、振り返りが多くて、それでどうした。と思ってしまう。役者ぞろいなので演技については文句はないが、生かせていない。

  • 0点 前作を上回れず…

    2017-05-29  by 未登録ユーザ

    様式美のコメディだが、そこに何の工夫や目新しさもない。作品テーマの『高齢化社会』が、そのまま山田監督の衰えを反映している様で、何とも言えない物悲しさを感じた。

  • 70点 平田家の新たな危機?でも家族っていいなぁ

    2017-05-18  by あらぼ〜

    シリーズ2作目。
    また平田家にお邪魔しました。
    相変わらずお騒がせ家族!
    前作は「熟年離婚あるある」でしたが、今作は「高齢者運転あるある」ですか…
    ということで故郷の父を思い出すエピソードがたくさん詰め込まれ、なんだか会いたくなりました。

    前作では平田家にまだ慣れないせいか、笑いについて行けませんでした。
    でも2作目とあって、平田家の家族一人一人のキャラをしっかり把握していたので大笑いできました。
    家族の毒舌まじりのやり取りにゲラゲラ笑って、お父さんの野球部旧友(小林稔侍さん)にはウルウル泣けました。
    家族には我儘なお父さん(橋爪さん)だけど、情には厚いのです。

    老々介護や孤独死などのヘビーな問題…笑ってはいるけど、胸にズシン!と来るような、他人事ではないような…気持ちがします。
    なんだかんだ言っても平田家のみんなは温かくて優しい一家だなあ…と気づく2作目でした。
    みんな自分勝手なようで、いざという時の結束の固さ。
    忘れかけていた家族の姿がここにあるのかもしれません。

    家族って手がかかって、たーいへん。
    でも家族って、いいよね〜としみじみ思う映画でした。

    家族会議の話題は尽きません。
    山田監督は、まだまだ映画を撮るそうですよo(^-^)o

  • 20点 前作より笑えるんだけど…(*´ω`)

    2017-05-09  by とみいじょん

    橋爪さんを頂点とする家族の面々は、前作よりこなれてきた。嫌な役回りを次々に押し付ける様なんか、あるある感満載で、苦笑しつつ爆笑。肩の力が抜けて、それぞれ・長男・長男の嫁・長女・長女の婿・末っ子・末っ子の嫁・孫もある意味典型的なんだけど、それをさらっと演じてくれる。現役貫きたい老人に対して、いつの間にかそっくりになってきた長男とのボス猿世代間交代もさりげなくさらっと描かれる。
    この辺りはうまいなあとうなる。演者の力とともに、脚本・演出の力だろう。
    相変わらず、無理に笑わそうとする箇所もあるが、演出過剰で笑えなかった前作に比べて、素直に笑える場面が満載。
    こんな映画を作ってくださったら、あんな予告を作らなくても自然に映画館は爆笑であふれかえる。

    でも、題材はといえば、笑い飛ばすような内容ではない。
    高齢者の免許。映画で描かれているような運転する人に付与していていいのかと本気で怒りが沸き上がる。高齢者の、いつまでも現役でいたいというプライドのため、高齢者の楽しみのために犠牲になる人々。自分さえよければいいのか。この映画の高齢者は代替案があるにもかかわらず。
    また、孤独死・老々介護についても触れているが、う〜ん…。

    加えて、混乱するのが、前作と引き続き、同じ役柄を演じる方もいらっしゃる半面、前作と今作に出演されながらも、設定が違う方も。ちょい役・特別出演的ならまだいっかと思うが、話の中核に位置する人物の設定が違う。『寅さん』でいうなら、和尚さん役の笠さんが、別の設定で出てくるようなもの。加代さんと家族の付き合い方も前作を踏襲していないんじゃ…? 監督が忘れていたのだとしても、だれか留めなかったのか?

    某試写会で鑑賞。橋爪さんくらいの年齢の方が多かった。私の隣の前期高齢者くらいのご婦人は、途中で私にもたれかかるくらいに寝ていらしたと思ったら、突然馬鹿笑い。
    そんな周りのテンションにちょっと疲れました。

  • 50点 完成披露試写会にて鑑賞

    2017-04-26  by jimmy09

    2017年4月26日、丸の内ピカデリーでの完成披露試写会にて鑑賞。
    上映前の舞台挨拶では、山田洋次監督、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優の8人だった。
    この8人によるトークは楽しかった。


    さて、「映画は?」というと、前作「家族はつらいよ」と同様に、残念ながら笑えない喜劇であった。
    なぜ笑えないか、というと、「高齢になってきた親父(橋爪功)に免許を返納させよう」ということと「他人の死、をベースにしたやりとり」では笑うには厳しい。
    脚本の失敗。


    ただ、観終わって帰る時に、山田洋次監督が出口のところで一生懸命に挨拶していたのには驚くと共に、感動した。これだけでも観に行った甲斐があった気がした。

    <映倫No.120777>

  • 70点 安心

    2018-12-09  by shinn

    最後まで笑える部分があり、小林稔侍演じる丸田については泣けました。
    吉行和子の使い方、今回は贅沢だなぁ。

  • 50点 何か物足りない?

    2018-09-02  by 赤ヒゲ

    1作目、台詞まわしなどに少々違和感を感じつつも、寅さんの世界観を今に焼き直した感じで十分に楽しめましたが、今作は、しっくりきませんでした。トイレのシーン、居酒屋で突然手を振り上げて歌うシーンなど日常的な笑いは山田監督ならではですが、でも、あまり可笑しくないのは、私だけでしょうか?前作は吉行和子さんが物語の求心力になっていたのかなぁ…。

  • 50点 山田監督こんにちは

    2018-06-02  by 投げプリン

    面白かったです。
    前半は少し退屈なやりとりですが、事件が起きてから断然面白くなりました。
    ただ、小林稔侍さんのことが片付いて、それが免許証返納の話に戻ってくると思っていたのに、戻らず。
    旧友が亡くなっているのに本線の話に影響を与えないのが不思議でした。

    山田洋二監督はもちろん素晴らしい監督だけど、やはりお年を召した監督たちの作品は見ていて辛くなる。
    演出方法やカットのタイミングなどが今の時代では異質に感じることがある。

    もちろんこれからも作品を撮って頂きたいけれど、もっと若いスタッフと組まれたらどうだろう。
    例えばオープニングのタイポアートはキツイ。
    横尾忠則にキツいですなんて書いて私も本当に失礼なやつですが、老人の話を撮ってるおじいちゃん監督がおじいちゃんデザイナーにオープニングを発注してはいけない。
    そしてカメラもちょっと下品というか、テレビ寄りというか、とにかく役者に近くて美しくない。
    なんかこういう全体的な高齢感が空気をどよんとさせてて、輝きみたいなものがないんです。
    スタッフ間のツーカーなんて必要ですか?

    山田洋二さんが残された映画人生でやるべきことは、若いスタッフにどんどんデビューの場を与えて失敗させること。
    そして自分の作り方を見せることや悩んでる姿もどんどん見せたらいいと思うんです。
    日本で一番平均年齢の若い山田組とかって面白くないですか?

  • 0点 つまんねぇ…。

    2018-06-02  by 青いイナズマ

    前作(1作目)の時点で
    山田洋次監督の耄碌ぶりと
    それに頼らざるを得ない松竹の窮状に
    失笑の極みでしたが、
    本作も酷い…。
    2つのエピソードが並行して
    進んでますが、
    どっちもつまらないし、
    前作とは別人という設定で
    小林稔侍を使い回すのも
    意味がよくわからない。
    とにかくしつこく入る
    細かいギャグが本当につまらない…。
    まあ中高年向けの作品とは承知ですが、
    さっぱり笑えません。
    特に「芸人」劇団ひとりに
    シリアスな役をやらせて、
    何でお笑い芸人が真面目に
    演技してるの?というギャグ。
    面白いと思ってるのは
    山田おじいちゃんだけでしょうね。
    今3作目が公開されてるようですが、
    おそらく本作の公開中は
    劇場で中高年の方々が
    安眠できたと思いますね。
    3作目はもちろん積極的に見る気は
    全くないですが、
    寝息が聞こえてきそうです。
    松竹も本編の内容通り、
    山田監督からメガホンを取り上げることを
    考えてはどうでしょう?

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 家族はつらいよ2の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

あの頃映画 松竹ブルーレイ・コレクション 家族はつらいよ2 [Blu-ray]

  • 定価:3564円(税込)
  • 価格:2454円(税込)
  • OFF:1110円(31%)

家族はつらいよ2 [Blu-ray]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:3772円(税込)
  • OFF:1304円(25%)

家族はつらいよ2 豪華版(初回限定生産) [Blu-ray]

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4656円(税込)
  • OFF:1608円(25%)

 



ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”