ただいまの掲載件数は タイトル60623件 口コミ 1162136件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花〈特別篇〉 > 特別編 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(特別版) HDリマスター版 [DVD]

特別編 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(特別版) HDリマスター版 [DVD]

『特別編 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(特別版) HDリマスター版 [DVD]』を価格比較。★★★☆(72点)『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花〈特別篇〉』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

特別編 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(特別版) HDリマスター版 [DVD]
72点
監督 山田洋次
出演 渥美清,浅丘ルリ子,倍賞千恵子,吉岡秀隆,前田吟
発売日 2008年11月27日
定価 3,990円(税込)

 

価格比較

特別編 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(特別版) HDリマスター版 [DVD] 3,694円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
特別編 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(特別版) HDリマスター版 [DVD] 在庫切れ  
特別編 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(特別版) HDリマスター版 [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 松竹
発売日 2008年11月27日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花〈特別篇〉」のレビュー

  • 90点 満足度100点なんてつけられない

    2009-08-14  by 流離

    だって、寅さんがいないんだもん。

    寅さん、今頃どこを旅しているんだろ。暑いから電信柱の影に隠れて歩いているの?だから見つけられないのかな。

    あ〜寅さんに逢いたい。逢って飲んで、思いっきり笑って、ちょっぴり泣いて、明日も元気で過ごしたい。

    ホントに逢いたいよ・・・寅さん・・・優しさをありがとうって、それだけ伝えたいんだけど。

    ばかやろぉ〜お前とおれの仲じゃないかって、ちょっと上ずった声が聞きたいよ。

    ありがとね、寅さん。

  • 100点 生きてる間が夢

    2016-01-03  by 出木杉のびた

    渥美清が亡くなられてから作られた作品。冒頭の寅の夢の代わりに、満男の夢で寅とリリーの思い出を振り返る。録音、映像などの技術的なことを除けば、そこから先はそのまま「ハイビスカスの花」なので、全く同じ映画。だが、『寅次郎忘れな草』『寅次郎相合い傘』の、出逢いや別れの名場面を観ただけで、もう涙ぐんでしまう。特にリリーのステージの様子を語る、寅のアリアは絶品だ。

    セールスで全国を回っている最中の満男という設定が、寅とリンクしていい。満男は靴屋だが、回想での寅も靴を売っているシーンを選んでいるのも絶妙。シリーズ中はどこへ行っても寅と出逢えた満男であるが、しばらくは寅と会えていないようで、「逢いたいなぁ、おじさん」と呟く。それは観客も同じだ。テーマ曲が何故か八代亜紀だが、寅の不在を感じさせて淋しさも募る。

    映画内でまだ小学生の満男は、大人になったらパイロットになりたいと言っているのも面白い。漫画ばっかり読んでいてなれっこないと、母・さくらが嘆いていた。所詮それは子供時代の夢で、現実はただのセールスマンだ。当時満男役は吉岡秀隆ではなかったというのも、時代の流れを感じさせる。

    改めて本作を観直すと、コメディ要素もかなりキレが良く、渥美清も元気だ。飛行機に乗るのがイヤで柱にしがみついたり、ベッドの老婆をリリーと間違えたり、行き倒れた後のウナギを食べるシーンなど、笑いも絶好調だ。リリーがとらやに来た時、サクラが用意したのはメロンだろう。「相合い傘」でのメロン騒動を思い出してしまう。

    「紅の花」でもそうだったが、島唄で登場人物たちの気持ちを代弁させるのもいい。それを歌うリリーの歌声も、やはり素晴らしい。好きな人と暮していても、やがて生活というものが人の感情を変化させてしまう。楽しい時間は、いつしか夢となる。そして人生そのもの、「生きてる間が夢」と感じられる瞬間がやってくる。笑って泣けて、そして人生を考えさせる「男はつらいよ」シリーズは、いつ観ても僕の心に何かしらを残してくれる。そして、寅さんは、僕が死ぬまで心の中で旅を続けてくれるのだ。

  • 50点 [特別篇]は[オリジナル版]に敵わない

    2014-03-09  by jimmy09

    満男(吉岡秀隆)の回想シーンで始まるこの作品、渥美清が亡くなってから作られた作品。
    「おじさん(寅さん)は、いろいろな女性と出会っては別れたが、やっぱり一番印象的だったのはリリーさんだ」というセリフを吉岡に言わせるのはオカシイ。まだ満男役になっていなかった吉岡が回想すること自体、違和感あり。回想させるのであれば、源ちゃんなどが良かったのではないか?

    また、オープニング主題歌「男はつらいよ」を、女性である八代亜紀が唄っているのも違和感あり。

    それ以外の内容については、ほとんど「オリジナル版」なので楽しい。
    リリー(浅丘ルリ子)が病気で倒れた旨の速達がとらやに届くが、リリーの病院が沖縄。飛行機に乗るのを寅さんが嫌がるが、スチュワーデスについていって飛行機に乗っていく。
    この作品、リリーと寅さんが所帯を持つ/持たない話が出て来てしんみりするが、オリジナル版はなかなかのクオリティ。


    オリジナル版は「沖縄海洋博」が開催されていた頃に撮られたものであり、自分も中学時代に東京から「沖縄海洋博」に行ったので懐かしい…。


    しかし、渥美清没後に作られたこの[特別篇]は、やはり[オリジナル版]には敵わない。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花〈特別篇〉の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花〈特別篇〉 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3591円(税込)
  • OFF:513円(12%)

松竹 寅さんシリーズ 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 [DVD]

  • 定価:1944円(税込)
  • 価格:927円(税込)
  • OFF:1017円(52%)

 

 



ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”