ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154840件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ちはやふる −結び− > ちはやふる ―結び― 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組)

ちはやふる ―結び― 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組)

『ちはやふる ―結び― 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組)』を価格比較。★★★★(85点)『ちはやふる −結び−』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

ちはやふる ―結び― 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組)
84点
監督 小泉徳宏
出演 広瀬すず,野村周平,新田真剣佑,上白石萌音,矢本悠馬
発売日 2018年10月3日
定価 6,264円(税込)

 

価格比較

ちはやふる ―結び― 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組) 4,717円 (税込)
近日発売 予約可
Amazonで買う
ちはやふる ―結び― 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組) 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 東宝
発売日 2018年10月3日
ディスク枚数 3
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「ちはやふる −結び−」のレビュー

  • 90点 清々しき若者たちの成長

    2018-03-18  by スーダラ

    http://cinemanokodoku.com/2018/03/18/chihayahurumusubi/
    積み重ねて、積み重ねて、積み重ねることの尊さ。
    競技においても、友情においても、恋でも、人生でも。
    三部作を通して若者たちが成長していく過程を見守ることが出来る幸せな体験をすることが出来ました。
    そういう意味では完結編に至るまでのインターバルも含めて作品になっていて、全ての登場人物が(一人一人の俳優としても)等しく与えられた時間を誰一人として無駄にすることなく昇華していて嬉しくなりました。
    誰でもが主人公で誰でもが輝いているというリアリティ、それが青春のリアリティです。

    青春の全部を絶妙のバランスで盛り込んだその上に、競技かるたの面白さや歴史や文化としての奥行きにまで言及して。娯楽作品でここまで端正な構成力を実現させるなんて、実によい仕事をしていると思います。
    最初の二部作も数え切れないほど劇場で見ましたが、この完結編もあと何回かは映画館でおさらいしたいです。

  • 80点 第一志望はクイーン

    2018-03-18  by 出木杉のびた

    青春クラブ映画の金字塔、ついに完結。千早(広瀬すず)たちは高校三年生。前作から二年が経過している。新入生が二名加入しているので、オリジニルメンバーの活躍が少なくなってしまうのはちょっと淋しいところ。新(役名を芸名に取り入れた新田真剣佑)もちょっと脇の印象になってしまったのも残念。それでも相変わらず競技かるたシークエンスは素晴らしく、ハラハラさせながら熱戦を最後まで堪能させてくれた。

    新メンバー筑波(佐野勇斗)は腕は立つが、先輩をなめてかかる生意気な奴。端沢かるた部員として、団体で戦うことの重要さを学んでいく。菫(優希美青)は太一(野村周平)目的で入部して、千早と太一の間に、間接的に影を落とす役割だ。句の意味を奏(上白石萌音)から教わるシーンがいい。

    受験と恋と部活動。高校生活を語るに於いて欠かせない三要素を、当然ながらうまく盛り込み、本作では千早と太一の関係性がメインとなる。太一は何のためにかるたをやっていたのか。新の告白に、揺れる気持ちが隠せない。

    そんな太一の心とかるたの師匠的存在になるのが、名人・周防。何を考えているのか分からない天才を、賀来賢人が不気味に演じている。賀来といえば、最近はキレた芝居の印象が強いのでこれまた意外。和菓子好きという隠し味が、ちょいと人間性を感じさせてユニーク。

    圧倒的な存在感、千早の前に立ち塞がる大きな壁として印象深かったクイーン詩暢(松岡茉優)も、今作ではキャラ好き女子のユーモラスな部分が前面に出てしまった印象。日本画調のアニメも美しいが、できれば実写対決も見せてほしかった。

    すずちゃんのジャージ姿はやや艶めかしくもあり、着物姿は更に美しい。かるたに向う時の真剣な表情、眼差しには、グッと惹かれるものがある。時折お姉ちゃんのアリスにも似た表情も垣間見えた。千早ははまり役で、もうこの役が見られないのは、やはり淋しい。

    新率いるかるた部との戦いが息詰まる。部員たち誰もが接戦で、最後の一枚まで予断を許さぬ展開に目が離せない。団体戦という枠での、戦略、駆け引きが熱い。かるたを光らせる見せ方も、映像として面白い。運命戦は、運命なのか、運命ではないのか。そして、進路の第一志望をクイーンにしていた千早の進む道は…。感動を与えてくれたこの三部作に、感謝感激である。

  • 80点 冴えわたる!

    2018-03-18  by Blue Rose

    原作既読。前2作(上の句・下の句)がかなりよくできており、なおかつうまくまとまっていましたので、そこでさらに続編を作ることに少々不安もあったのですが、まったくの杞憂に終わりました。とっても素晴らしかったです。原作ではそこそこ長いエピソードをうまくまとめてあり、上の句・下の句を「起」「承」だとすれば本作は「転・結」という風に、見事に構成されていました。

    映像も、前作までと比べて、さらに洗練された感じで、伝統的でありながらポップでもあるという、本当におしゃれな感じに仕上がっていました。

    出演者のみなさんは、相変わらずさすがですね〜。今作では特に清原果耶ちゃんの存在感が際立っていました。いえ、今までのメンバーもしっかりと存在感を発揮してはいましたが。

    この第三弾、「作らなきゃよかった〜」という風にならなきゃいいな〜と思っていましたが、そんなことは全くありませんでした。三作まとめて、青春映画の金字塔。今作も”キュンキュン”させていただきました!

  • 90点 競技かるたを通して描く青春の動と静

    2018-03-25  by みかずき

    これほどの作品だとは思わなかった。予想を軽々と超えた奥深い作品だった。本作は2年前に公開された前作(上の句、下の句)に続く最終作。前作は競技かるたに賭けた『動』の青春物語だった。それに対して、本作は、前作の『動』の良さを活かしながらも、真島太一(野村周平)と最強の名人・周防久志(賀来賢人)を中心にしたストイック度の強い『静』の部分を加えた青春物語になっている。『動』と『静』を巧みに織り交ぜた作品に仕上がっている。

    舞台は前作から2年後。主人公・綾瀬千早(広瀬すず)たちは高校3年生になり、新加入の1年生を加え、高校生活最後の競技かるた全国大会に向けて厳しい練習をしていたが、真島太一(野村周平)の突然の退部で苦境に立たされる。千早たちは、苦戦を強いられながらも何とか全国大会に辿り着くが、そこには更なる試練が待ち受けていた・・・。

    前作同様、全国大会での試合シーンは、スローモーションを活用することで、千早たちの表情を強調し迫力十分である。特に千早を演じる広瀬すずの眼の表情は前作以上に鬼気迫るものがあり、勝つことへの熱く激しい想いに溢れている。どんな強敵にも、個人の力ではなく、チームワークで直向きに立向っていく姿に胸が熱くなる。

    本作は千早と若宮詩暢(松岡茉優)のクイーン戦がクライマックスだと思っていたが、全く違う展開だった。前作同様、本作の『動』の主役は千早であることに変わりはない。しかし、本作の『静』の主役は、真島太一と周防久志である。千早への想い、大学受験、競技かるた全国優勝、3つの想いが複雑に絡み合い、悩み抜く太一の姿は正しく青春の彷徨そのものであり、太一を演じる野村周平が感情を抑えた自然体の演技で太一の鬱屈した想いを表現している。太一の想いは、青春時代時に誰でも経験する想いであり、素直に感情移入でき、とても切ない。

    本作で際立っているのは最強名人・周防久志を演じる賀来賢人の存在感である。彼の強さは超人的であり、競技かるたという道を究めた達人といった雰囲気、勝負に固執しない達観した佇まいが印象的である。迷いのある太一と達人・久志の、人生の師弟関係のような会話が奥深い。本作のポイントになっている。久志の台詞は、少々難解だが意味深いものが多い。人生訓になっている。

    少々駆け足気味だったが、本作らしい和を強調したラストシーンが爽やかで感動的である。本作は、青春の“動”と“静”を融合した、青春を強く感じさせる素晴らしい作品である。

  • 90点 花の色は

    2018-03-24  by ぱおう

    素晴らしい「結び」でした。

    「上の句」「下の句」で高水準に完結した印象が強く、さらに続編と聞いた時は、蛇足になったりはしないかと多少不安もあったのですが、観て納得。
    ラストの伏線回収で、3部作として見事に完成したと思います。

    主人公たちが高1で未来に踏み出す前2作に対し、本作では高3。それぞれの将来への進路選択の分かれ目でもあり、部活で共に過ごす人生のひと時もこの夏で終わります。
    高3の先輩が後輩に高校生活を振り返って語るシーンや、敗退した学校の高3生たちが泣き、それを顧問の教師が慰めたり叱咤したりするシーンがありますが、もう感無量で涙をこらえきれませんでした。
    部活であろうとなかろうと、誰もが人生のどこかで経験してきたステージなのではないでしょうか。
    同年代の若者が観ても、二度と来ない青春の輝きの素晴らしさと寂しさを垣間見ることが出来ると思います。

    作中、ある人物が百人一首から有名な一首を紹介しますが、過去に青春時代を過ごした世代にとっては、まさに同感でした。
    せっかくですので、別の一首を挙げておきます。
    長らへば またこのごろや しのばれむ
    憂しと見し世ぞ 今は恋しき

    エンドロールの最後に幕引きの1シーンがあり、その時に感じるのは「ああ、もっと観ていたかった……」という気持ちでした。
    ですが、これこそが本作の味わいを集約したもの。
    広瀬すずさんをはじめとする若者たちの輝ける青春のひと時の姿をまぶたの裏にとどめ、これで結びとすべきなのでしょう。

    シリーズを通して残った素晴らしい後味に感謝を込めて、☆1つ10点加算の90点を贈ります。

  • 90点 映画の楽しさが一杯詰まった感じ!

    2018-03-15  by akikoズ

    とにかく感動!笑いあり涙あり最初から最後までスクリーンに引き込まれっぱなしでした。すずちゃんのアップ可愛い!野村周平の見方が変わるほど演技に引き込まれた!一番強い俺!顔が真剣にそのもの表情も良かった。映画って役者さんの印象すら変えてしまう、凄い事。これは絶対、上の句、下の句観てから観た方が楽しめると思います!新たなキャストもちはやふるに魅力的に馴染んでいると感じました。また、成長した先の続きがある事期待してしまう。

  • 80点 たいていのチャンスのドアにはノブが無い

    2018-03-20  by デニロ

    怒涛のように攻め寄せてくる熱い台詞。これらを聞いているだけで涙が溢れ流れ落ちる。

    わたしの空しいあの時代を悔やむこころと、今を生きる若者のパッションの落差を思ってのことなのか、わからない。

    人生は二度とないとわかっていながらできなかったこと、しなかったこと、山ほどある。それは、今を生きるわたしに繋がっている。これからもしないこと、できないこと山ほどあるだろう。

    最近観たハリウッドの旧作に、恋をしなくなったおいぼれの燃えカスに若いふたりの恋情を理解できないのは当たり前だ、というような台詞があった。こんなにきつくはなかったけれど。いや、恋をしたって踏み込む苦しさと逃げる苦しさとを知ってしまった身にはどちらも辛い。

    でも若者にはまず踏み込む苦しさを生きて欲しい。本作の登場人物のように。

  • 90点 千早たちが大好き!

    2018-03-16  by fmpik03

    試写会で鑑賞しました。

    上の句、下の句も複数回映画館で見るくらい大好きな作品なので「完結編」というのはとても寂しいな…と思ってましたが、未来がある「おわり」だったのではないかなぁと思います。

    本当に千早たちが大好きすぎて、もっとずっと見ていたいのが本音。
    上の句・下の句同様、かるたにかける青春の熱量と、メンバー全員の一体感とアツさが大好きすぎて、公開されてからもきっと何度も見に行きます。

    この作品で小泉監督の作品にとても興味をもったので、これから他の作品も見てみたいです!

  • 90点 グッド

    2018-06-22  by mg5da8

    最高でした。上下のちはやふるを締めくくる結び。この一本で青春が楽しめる!映像もイラストも音楽も全てが美しかった!周防名人の最後の言葉グサッとささった、、、、ごめん好きな人おるって新たまらん、、、、

  • 80点 これぞ青春の塊

    2018-04-24  by

    漫画の実写映画で完成度が高い作品は他にもあるかもしれませんが、三部作全てが完璧に仕上がっている作品は「ちはやふる」だけだと思います。

    ちはやの回想シーンは涙が止まりませんでした。
    映画が終わった時には、ああ、終わっちゃったぁ…となんだか寂しい気持ちも。
    今回は水彩画のような映像が多く、それがまたとても綺麗で心洗われる映画でした。

    また上の句から改めて見返そう。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ちはやふる −結び−の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

ちはやふる ―結び― 通常版 Blu-ray&DVDセット

  • 定価:3780円(税込)
  • 価格:2847円(税込)
  • OFF:933円(24%)

ちはやふる 完全版【初回生産限定】 [Blu-ray]

  • 定価:10584円(税込)
  • 価格:8082円(税込)
  • OFF:2502円(23%)

 

作品情報

(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社

 



映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!