ただいまの掲載件数は タイトル57615件 口コミ 1126726件 劇場 594件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 追憶 > 追憶 DVD 豪華版(DVD2枚組)

追憶 DVD 豪華版(DVD2枚組)

『追憶 DVD 豪華版(DVD2枚組)』を価格比較。★★★☆(70点)『追憶』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

追憶 DVD 豪華版(DVD2枚組)
70点
監督 降旗康男
出演 岡田准一,小栗旬,柄本佑,長澤まさみ,木村文乃
発売日 2017年11月3日
定価 5,076円(税込)

 

価格比較

追憶 DVD 豪華版(DVD2枚組) 3,738円 (税込)
近日発売 予約可
Amazonで買う
追憶 DVD 豪華版(DVD2枚組) 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 東宝
発売日 2017年11月3日
リージョン 2
ディスク枚数 2
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「追憶」のレビュー

  • 80点 音楽、美景、人間ドラマの三重奏

    2017-05-14  by みかずき

    観終わって、久々に典型的ではあるが良質な日本映画を観たなと感じた。本作は、甘美な挿入歌、美しい日本の原風景を巧みに織り交ぜた、過酷な運命に翻弄される男達の重厚な人間ドラマである。名作『砂の器』に代表される情緒的な日本映画の良さを愚直なまでに継承している。派手ではないが、きめ細やかな丁寧な描写で、観客の心に静かに響く趣のある作品である。

    主人公は、富山県警の刑事・四方篤(岡田准一)。幼少期に、主人公と2人の幼馴染、田所啓太(小栗旬)、川端悟(柄本佑)は、ある事件を起こし、その過去を封印して生きてきた。しかし、25年後に発生した殺人事件によって、被害者、容疑者、そして刑事という立場で、3人の運命は再び交差する。容疑者である啓太(小栗旬)を信じたいという思いと、彼が犯人ではという思いが交錯して苦悩する主人公。ドラマは、過去と現在を行き交いながら、3人の人生を炙り出していく。そして、次第に事件の核心に迫っていく。同時に、幼い時の3人の救世主だった女性・仁科涼子(安藤サクラ)の数奇な運命と彼女を巡る3人の想いが明らかになっていく・・・。

    登場人物が多いので、いくらでも人物像を膨らますことも、サイドストーリーを盛り込むことも可能だったろう。しかし、敢えて、殺人事件を軸にしたストーリーと殺人事件に関わった人物像に絞り込むことで、余韻が残る心洗われる人間ドラマになっている。また、本作は、昭和の雰囲気が色濃く残っている作風だが、色褪せた感じはしない。それは、本作が、普遍的な人間の感情を描いているからである。

    仁科涼子を演じる安藤サクラの演技力が抜群。台詞は少ないが、表情と佇まいで、薄幸の運命と主人公達への慈愛に満ちた想いを見事に表現している。岡田准一は、刑事としての正義感、だらしない母への想い、妻への想いなど、複雑な心境で不器用な生き方をしている主人公を硬派な演技で好演。特に、正義と友情とのあいだで揺れ動く心情を熱演している。小栗旬も、一見優しそうではあるが、どこか謎めいた流石の演技がGood。

    甘美なメロディーと日本の原風景の象徴である夕陽の美しさが際立つエンディングが作品全体を集約しているようで、悲しく切ない。

    本作は、名匠降旗監督の手腕が冴え渡る、大人が鑑賞できる邦画の良さが光る作品である。

  • 10点 え?

    2017-05-14  by 無責任な傍観者

    これって何のために映画化したの?
    これ見て、どういう感想を抱くのが模範的なんだろうか?
    ストーリーがプアな上に、三割以上のセリフがわざとらしくて嘘くさい。
    あらすじなぞっただけで、深みが無い。
    北陸が舞台なのに、その地域性が何一つ感じられない。

    点数は10点。変にダラダラ引き延ばさず、短時間で終えてくれたことに10点。

  • 70点 追憶

    2017-05-15  by Blue Rose

    昔風といえば昔風。伝統的といえば伝統的。でもそれはもちろん悪口ではなくて、お話も映像も安定の邦画作品といった感じでした。
    はじめは「彼を殺したのは誰だ?」というような謎解きミステリーかと思いながら観るのですが、実際はそのような映画ではありませんね。犯人はあっさりとわかってしまいますので。そしてその犯行の理由もしょぼすぎますし(笑)。

    人間、どんな人生を送っていても、光り輝く一瞬、一時期というものがありますよね。自分のことを認めてくれる人がいる。そこにいていいとはっきりと示してくれていて、安心してその場所にいることができるような。そしてその時期を過ぎてしまっても、その時のことを思い出すだけで、そういう時期が確かにあったという事実だけでその後も生きて行けるような、そんな時間が・・・。この作品はまさに「そういう時間」を描いています。
    タイトルの「追憶」は、まさにこの映画の本質を突いていると思います。出演されているみなさま、特に小栗旬さんと長澤まさみさんは、地味ながらも滋味あふれる見事な演技を見せてくれております。奥能登の風景も、この作品にとっても合っておりました。

  • 80点 重すぎない絶妙のさじ加減

    2017-05-07  by ぱおう

    開始早々から、ストーリーの流れは異様に重いのに、見ていてつらくなることはなく、あっと言う間に最近の映画では短かめの1時間40分が終わると、静かな感動が心に染み入ってきます。これは一体、何?

    オープニング・クレジットは、久しぶりに観たような気がしますし、渋めの映像(構図や色彩)も、よく合っている音楽も(他の方もおっしゃっていますが)昭和的。でも、タイトル自体「追憶」である本作にはふさわしく、ちょっとレトロで落ち着いたムードを醸し出しています。

    主人公が刑事なので、事件捜査が中心のストーリーを予想していましたが、それは外れで、むしろ人の絆(親子、夫婦、友人、知人、etc)が中心に描かれる人間ドラマでした。

    それにしても、名優・名演でした。主役も脇役も、皆さんお見事と言うしかありません。
    様々な人生の呵責を、抑制した見せ方でしっかり伝えてくるので、素直に感動します。

    全体を通して最後に残る印象は、「切なハッピー」系と言えそうです。
    理屈で考えると重くて悲惨なストーリーのはずなのですが、温かくて前向きな後味を残してくれます。

    豪華俳優陣の名演技を活かした、シェフの絶妙のさじ加減を讃えたいと思います。

  • 60点 予告編には文句云いたいなあ・・・

    2017-05-14  by ちふゆ

    なんで、あんなミステリーぽい予告編にしたんだろう? 全然そんなことないやん! いい映画なのに、騙された感が残る。映画は秀作。皆さん、うまい! いろいろな映画やドラマで見慣れた人たちなのに完璧にこのドラマの人物になってる。あと、北アルプスの絵は本当に綺麗。いいなあ、富山!

  • 80点 意外なラスト。

    2017-05-07  by ekoeko

    前半は
    細部の演出とかがいまいちな気がして
    あまり乗れない感じで観てましたが
    最後の展開はちょっとびっくり。
    あの女の子がかわいそう
    とか気になるところはありますが
    待っていたラストとは違って
    予想外の感動に出会えました。
    それと
    安藤サクラさんはさすがです。

  • 90点 降旗・木村コンビ健在

    2017-04-29  by ドボン

    重みのある画面は、流石降旗監督、木村大作コンビ作品だ。
    以外な結末にほっとした。篤と妻・母は今後どうなったの?気になる。
    良い作品だ。

  • 70点 北陸の風景が綺麗

    2017-12-07  by 喜びのうた

    木村大作さん撮影の作品は、観るだけでも好きです。
    ストーリーは、予測がつく所もあったけれど、人間ドラマで、今活躍しているキャストだったので、安心して観劇しました。

  • 60点 幸福な記憶は絆とともに、その風景に溶け込んでいる

    2017-09-16  by tabula_rasa

    海沿いの寂れた町。そこで起こった不幸な事件。孤児だった3人の子供達が、25年後に再会して――と、興味を掻き立てられる展開で、前半から中盤にかけては「おっ、これは傑作か!」とわくわくしました。

    が、しかし終盤に失速。肩透かしを食わされた気分でした。うーん……。
    でも、映像やテーマ曲は良かった。


    2017/06/25 TOHOシネマズ西宮OS(6)

  • 70点 金の切れ目が縁の切れ目

    2017-07-16  by デニロ

    幼馴染が刑事、被害者、容疑者として再会する。その三人には秘密があった。という予告篇。

    少年時代の出来事を淡々と描き、三人の関係はそれほどのひねりもなく観客に暴かれる。

    で、何を描いているのかというとよくわからない。

    被害者を殺めたのが被害者の妻で、不倫関係にある従業員との共謀、という三面記事的な取り扱い。

    吉岡秀隆と安藤サクラの関係が、とりわけ吉岡秀隆の気持ちに入り込めないわたしにはとてもつらい物語です。

    岡田准一と小栗旬の演技がくどくてショボすぎる。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 追憶の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

追憶 Blu-ray 豪華版(Blu-ray2枚組)

  • 定価:6156円(税込)
  • 価格:4572円(税込)
  • OFF:1584円(25%)

追憶 DVD 通常版

  • 定価:2700円(税込)
  • 価格:2007円(税込)
  • OFF:693円(25%)

 

 



ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.4『オリエント急行殺人事件』ツイッターキャンペーン
緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
物語、演出、キャスト三拍子揃ったエンタメ快作! 関ジャニ・丸山隆平主演『泥棒役者』ほか『火花』『gifted/ギフテッド』など11月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー
まるでおじいちゃん版『オーシャンズ11』!?『ジーサンズ はじめての強盗』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ