ただいまの掲載件数は タイトル60310件 口コミ 1159936件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 暗黒街の顔役〈1959年〉 > 暗黒街列伝-GUNS AND GANGS- [DVD]

暗黒街列伝-GUNS AND GANGS- [DVD]

『暗黒街列伝-GUNS AND GANGS- [DVD]』を価格比較。★★★☆(68点)『暗黒街の顔役〈1959年〉』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

暗黒街列伝-GUNS AND GANGS- [DVD]
67点
監督 岡本喜八
発売日 2008年5月23日
定価 16,800円(税込)

 

価格比較

暗黒街列伝-GUNS AND GANGS- [DVD] 14,170円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
暗黒街列伝-GUNS AND GANGS- [DVD] 16,800円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
暗黒街列伝-GUNS AND GANGS- [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 東宝
発売日 2008年5月23日
リージョン 2
ディスク枚数 5
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「暗黒街の顔役〈1959年〉」のレビュー

  • 90点 ギャング物のサラリーマン悲劇?

    2007-12-08  by 青島等

    東宝専属時代の鶴田浩二は代表作「続・宮本武蔵/一乗寺の決闘」及び「宮本武蔵・完結編/決闘巌流島」の佐々木小次郎キャラをひきづっている。東宝では数少ない悲劇の似合う男優だった。
    本作ではギャング組織もサラリーマン組織も同じ縦社会で大差ない事が暗示されている。
    大学出の中間管理職で金融部門担当の小松部長(鶴田)は休暇申請さえ横光社長(河津清三郎)の突然の呼び出しでオジャン。叩き上げの先輩(田中春男)のイジメにも耐えつつ反抗し、唯一の見方である兄貴分の須藤(平田昭彦)に協力を要請されれば素直に行いてゆく…まるでサラリーマンそのものではないか。
    鶴田は空手や拳闘を駆使した格闘シーンを得意げに演じるが、平田が怪獣&SF映画の博士とは別人の如き冷徹だが人情もあるスーツの似合うインテリヤクザの美学をカッコ良く見せて鶴田の存在感を圧倒している。
    鶴田は反抗的な弟・宝田明の処分に悩み、不治の病気の息子には玩具を買ってやることしか出来ない辛さがあり更に社長命令で殺されてゆく罪の無い人々にも心を痛める。本作の4年後≪東映ヤクザ映画の顔役≫に変身する鶴田とは思えない繊細な男を好演している。この悩み抜く心優しい小松は当時役者として伸び悩み進む方向に迷っていた鶴田自身にダブって見える。
    宝田が自ら主題歌を歌うのは当時人気絶頂だった日活の石原裕次郎の向こうを張っている気がする。
    終始ブリヂストンの作業帽を被りダサい作業服姿で登場する臆病者の自動車修理工場社長(三船敏郎)には大笑いさせられる。当時はまだ自動車が一般人には遠い存在でこの映画のキーワードでもある修理工場がかつて倒産寸前まで追いつめられギャングからの融資でやっと軌道に乗り始めた時代背景が良く出ている。三船は「隠し砦の三悪人」を撮り終えてホッとした気分転換で演じたのだろうが東宝トップスターがよく引き受けたものだと感心するカッコ悪い役である。
    女優では医師の白川由美が一番魅力的で、柳川慶子は役柄同様に地味というか華がない。ギャングの情婦を演じる草笛光子は当時25歳のはずなのに既にギャングのボスを手玉にとった貫禄がありそれが災いしてか?おばさんのイメージ。
    佐藤允のフェアプレイ主義の殺し屋が印象深く、同監督の「独立愚連隊」起用につながったのではないか?!

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 暗黒街の顔役〈1959年〉の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

暗黒街の顔役 [DVD]

  • 定価:4725円(税込)
  • 価格:3691円(税込)
  • OFF:1034円(21%)

 

 



ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”