ただいまの掲載件数は タイトル57053件 口コミ 1121546件 劇場 592件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 緯度0大作戦 > 緯度0大作戦 [DVD]

緯度0大作戦 [DVD]

『緯度0大作戦 [DVD]』を価格比較。★★★(63点)『緯度0大作戦』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

緯度0大作戦 [DVD]
62点
監督 本多猪四郎
出演 宝田明,ジョセフ・コットン,シーザー・ロメロ,岡田真澄
発売日 2006年4月28日
定価 4,860円(税込)

 

価格比較

緯度0大作戦 [DVD] 4,374円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
緯度0大作戦 [DVD] 在庫切れ  
緯度0大作戦 [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 東宝
発売日 2006年4月28日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD

関連商品



ぴあ映画生活ユーザーによる「緯度0大作戦」のレビュー

  • 30点 ( ̄д ̄)

    2015-08-16  by 猫ぴょん

    アイデアは悪くないと思うし
    オチもキライじゃないんだけど

    ( ̄д ̄)
    いくらなんでも特撮が酷すぎるんじゃ・・・・・
    いやホントに酷すぎるんじゃ・・・・・

    衣装に苦笑し
    バケモノの姿にひっくり返りそうに(゜Д゜;)
    なんじゃこりゃ〜〜〜〜〜〜

    ん〜
    1969年
    なぜここまでしょぼいのかな??????

  • 70点 海底のユートピア

    2013-08-22  by 出木杉のびた

    物理学者・田代健(宝田明)、海洋地質学者・ジュール・マッソン(岡田眞澄)、記者ペリー・ロートン (リチャード・ジャッケル)を乗せた潜水球が、海底火山の噴火に巻き込まれ、謎の潜水艦アルファ号に助けられる。潜水球とは、正に球形の潜水艇だ。救助に来た二人の男女は、金ぴかの水着を着ている。後々まで頼もしい甲保(大前均)と、お色気担当のアン・バートン(リンダ・ヘインズ)だ。何て派手なパンツなんだと思っていたら、理由があることが後に分かる。

    アルファ号の航行音は、特撮映画でよく聞かれる、UFOの飛行音に似ている。帰る場所は赤道と日付変更線が交わる地点、緯度0。地図上、そこには何もないはずだ。ペリーは仕事柄の好奇心で、艦長のマッケンジーを質問責めにするが、聞くことの全てが信じられない。マッケンジーを演じるのが、『第三の男』のジョセフ・コットンだから驚きだ。本作はこのマッケンジーの語りで、物語が進行していく。

    どうやらマッケンジー一派は、いい人たちだと分かりホッとするが、彼らを敵対視するマリク(シーザー・ロメロ)が、黒鮫号という如何にも悪役っぽい潜水艦で攻撃してくる。黒鮫号の航行音は、ゴォーッという低い音で、悪っぽい。攻撃の陣頭指揮に当たっているのが、これまた悪そうな外見の"黒い我"。演じているのが黒木ひかるという女優さんだが、もろおばちゃんである。乗組員の陳役は、ウルトラマンのハヤタ隊員こと黒部進。

    平和的なアルファ号は、武器を搭載していない。黒鮫号の攻撃から逃げるしかないのだが、毎回装備が追加されているしく、トリッキーな手段でことごとく危機から脱していく様子は、ハラハラさせられる。伊福部昭の音楽が、かなり場面を盛り上げている。

    アルファ号の行き着いた場所は、政治も争い事もない理想郷だ。科学はかなり発展している。ダイヤモンドたくさん転がっているが、誰も見向きもしない価値観の違いが面白い。

    こちらの世界の方が科学は進歩しているはずなのに、後進国の博士の力を借りなければならないというパターンは、東宝特撮ものにはよくある。コウモリ人間が出てくるが、これがどうにもマヌケ面で、つい吹き出してしまった。巨大ネズミも出てくるが、着ぐるみで何とも可愛らしく見える。更に怪物グリホンとは…。改造方法が何とも乱暴だ。

    マッケンジーは、ここの科学や医学の技術を、地上の世界に教えるのは尚早だと考えている。地上で繰り広げられている数々の戦争。技術を悪用する者がいる限り、安心できない。

    エンディングは、色々な解釈ができて面白い。

  • 80点 ついに待望のソフト化

    2006-01-11  by 未登録ユーザ代表

    本作品は、今までは海外での英語版ビデオのみが発売されており、見る為には何年かに一度の名画座等でのリバイバル上映、海外版に字幕を付けた海賊版等で見るしか方法がなかった。
    長年ソフト化が待たれていたが、合作した米国ドン・シャーププロとの版権問題があり、日本国内ではビデオソフト、LDソフト化もされなかったが、ついにDVDで発売される。
    まさに古き良きサイエンス・フィクションといったドラマで、現在のCG全盛時からすれば怪物の作りなどが稚拙に見えるかもしれないが、それも含めて日本特撮映画の伝統美として見てほしい。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 緯度0大作戦の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

緯度0大作戦 [東宝DVDシネマファンクラブ]

  • 定価:2700円(税込)
  • 価格:2565円(税込)
  • OFF:135円(5%)

 

 



ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
98%が「後篇が早く観たい」と回答!『あゝ、荒野 前篇』試写会レポート
早世した激情の女性作家ネリーの半生を描く『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
アウトレイジ(極悪非道)たちの狂宴遂に最終章!『アウトレイジ 最終章』ほか最恐ホラー『アナベル 死霊人形の誕生』『エルネスト』など10月公開作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ