ただいまの掲載件数は タイトル64736件 口コミ 1175876件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 天使のくれた時間 > 天使のくれた時間 [DVD]

天使のくれた時間 [DVD]

『天使のくれた時間 [DVD]』を価格比較。★★★★(75点)『天使のくれた時間』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

天使のくれた時間 [DVD]
75点
監督 ブレット・ラトナー
出演 ニコラス・ケイジ,テア・レオーニ,ドン・チードル,ジェレミー・ピヴェン,メアリー・ベス・ハート
発売日 2010年5月26日
定価 1,500円(税込)

 

価格比較

天使のくれた時間 [DVD] 5,780円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
天使のくれた時間 [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ジェネオン・ユニバーサル
発売日 2010年5月26日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「天使のくれた時間」のレビュー

  • 90点 ララララ♪

    2009-05-09  by ミッチ

    「素晴らしき哉、人生! 」が金字塔としてありますが、この作品はとってもすばらしかった。そりゃそうです。ティア・レオーニが演じている姿、あれは理想そのものでしょう。空前絶後。

  • 100点 こんな時間をたいけんしてみたい〜

    2010-05-18  by 未登録ユーザm

    とっても心温まる話です^^
    一度きりにの人生ですもの一人ではなく心温まる人といたいですね。

  • 90点 見ることをお勧め

    2016-06-15  by qp

    この映画はすでに見る前から、事前のストーリーの説明で結論がわかります。

    ただ、ジャックとケイトそしてその子供たちの演技を実際に見ると、分かっていても心が揺れ動きました。

    特に、ケイトの2つの世界での違いがすごいと思いました。

    もちろん、見る人によっては、独身貴族、パリやニューヨークでバリバリ働くことなどが、田舎で家族を持つことより魅力的だと感じる人もいると思います。特に男性は悩むところだと思いますが、女性は本音は後者だとケイトを見ていて感じました。そのくらい彼女の演技がよかったと思います。

    そして、子供の存在も大きいです。年齢的に敏感なため、的を得たことを言っています。

    分かっているけど、それでも実際に見ることをお勧めできる作品です。

  • 70点 もう一度。

    2008-04-24  by

    二回目の鑑賞です。
    主演のケイジはアクション満載の作品にも出ていますが、人間味溢れる作品はステキなものが多く、何度も鑑賞したくなるよいものが多いと思います。この作品もその手でしょうか。

    特に派手な何かがある訳ではないし、ものすごいラブロマンスがある訳でもない。
    人が人らしく生きる時に選ぶ大事なものが何か、って考えるのにいい作品と思います。

    人生をやり直す・見つめなおすのは、40才過ぎでも遅くないんだな〜、と二度目に見た今日は思いました。

  • 100点 幸せはものすごく近くにある

    2007-03-14  by take-one

    原題は、”The Family Man”。いささか ”家族を大切にする人”ってところだろうか。
    ニコラスケイジの映画が打率6割はいってると思う。それもいろんなジャンルで。

    モト冬樹と本当に血縁関係が無いのか気になって仕方が無い。

  • 80点 幸せとは何か?

    2007-02-13  by 未登録ユーザピルロ

    現実ではありえない話だけど、人間にとって本当の幸せとは何かと考えさせられました。地位やお金を得ることも大切だけれども、愛のある家族をつくることも同じくらい大切なことだと思いました。観終わった後とても暖かい気持ちになれました。

  • 100点 人生の岐路

    2005-11-01  by 未登録ユーザアオキ

    彼女と3年付き合いましたが、今年から独立することになり、彼女と距離(別れ?を考えていました。)をおいていました。そんなときに「天使がくれた時間」を見ました。とてもいい映画でした。何が大切かは自分が決めるものです。自分がしっかりしていれば生活の貧富は関係ないときずきました。人生一度きり後悔だけはしないように生きたいと思いました。
    もちろん、私がこれから起こす行動はこの記事を見た方なら想像が付くかも・・・。

  • 80点 好きな作品の一つ

    2018-07-04  by ララサラ

    好きな作品の一つです。この時代のニコラスケイジ素敵だなぁ〜。
    もしあの時あっちを選択していたら、人生違ってただろうな〜って一度は考えますよね。
    主人公ジャックは社長で独身でフェラーリに乗っていてマンハッタンに住んでいる。ある朝目覚めると、タイヤ会社のジャックになっていた……。
    アドバイスくれる娘ちゃんがまた可愛いんです。素敵なラストでした。

  • 60点 素晴らしきかな人生?

    2016-06-14  by レビュアンローズ

    映画技術は文句なし、キャスティングも完璧、演技もニコラス・ケイジとティオ・レオーニも過不足ない演技でサスガです。
    ということで、取りあえず楽しい映画でス。

    ここから無い物ねだりのナンクセです・・・・・

    この映画、どこか昔ながらの伝統的なテーマを、相も変わらず使いまわしているというか・・・・・・

    例えば、この映画で語られるテーマは「お金よりも大事な物とは?」というお話です。
    答えはモチロン原題「FAMILY MAN」で明らかなように、「家庭」ということになります。

    正直言って「お金」と「家庭」って両立しないんですか?

    さらに言っちゃえば、「お金」を取ってもいいんじゃないんですか?

    そもそも、「家族」だろうと「お金」を取ろうと個人の自由ですよね・・・・これ?

    現代に限って言えば「家族」が幸せともナカナカ・・・・

    まぁ〜いずれにしても、「金」と「愛」が対立項として存在するという考え方は「ベニスの商人」ではないですが、肉体労働によって日々の糧を得るマットウな人々と、その人たちのお金を掠め取って金で金を産む、ワルイ高利貸というイメージです。

    イマドキ、コレハイカガナモノカト、オモイマセンカ・・・・

    金融工学を駆使してでも、経済力をつける事が現代社会の要請です。みもふたもない話ですが、金儲け競争に負けた国から奈落の底です。

    そういう現代社会において、最も相応しいテーマとは、「お金持なればこんなに幸せ」というものでしょう。

    そういう意味で残念ながら、この映画の脚本は50年前なら良かったんでしょうが・・・・・

    でも、こんな「カネ儲けろ」なんて現代的テーマを説く「天使」をアナタは信じられます?


    ブログもやってますm(_ _)m http://hirahi1.seesaa.net

  • 60点 【追想】

    2016-04-18  by らりほう

    ワーナーマイカル(現イオンシネマ)の無料観賞券(作品選択可)が当選し、当時交際中の女性に どの作品を見ようかと訊ねたところ、彼女が選んだのが この『天使のくれた時間』だった。


    その女性とは交際期間も長く、結婚の約束もしていた。


    然し、様々な事情から別れを決めた。本作公開年2001年の秋の事だった。

    あれからもう15年近く経つ。
    ふと想う時がある『あの時 あのまま彼女と結婚していたら 果たしてどうだったのだろう』。そして『別れた後 彼女はどうしているのだろう』と。

    作品内容と、公開/観賞時の私の状況とが不可分化していて忘れられない。

    「ブリジットジョーンズの日記」「のび太の結婚前夜」…、今にして想うと 彼女の選ぶ映画は『結婚』のモチーフを有するものが多い。
    結婚願望の強い人だった。


    求婚した時、喜んでくれた。

    別れる時……。




    《劇場観賞》

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 天使のくれた時間の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

天使のくれた時間 [Blu-ray]

  • 定価:3024円(税込)
  • 価格:2263円(税込)
  • OFF:761円(25%)

天使のくれた時間 デラックス版 [DVD]

  • 定価:2571円(税込)
  • 価格:2249円(税込)
  • OFF:322円(12%)

 



『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ