ただいまの掲載件数は タイトル59449件 口コミ 1151740件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > バリー・シール/アメリカをはめた男 > バリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

バリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

『バリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]』を価格比較。★★★☆(68点)『バリー・シール/アメリカをはめた男』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

バリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
68点
監督 ダグ・リーマン
出演 トム・クルーズ,ドーナル・グリーソン,サラ・ライト・オルセン,E・ロジャー・ミッチェル,ジェシー・プレモンス
発売日 2018年3月7日
定価 4,309円(税込)

 

価格比較

バリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] 3,287円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
バリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
発売日 2018年3月7日
ディスク枚数 2
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「バリー・シール/アメリカをはめた男」のレビュー

  • 80点 チンピラ国家アメリカ

    2017-10-22  by エージ

    トム・クルーズの重くならない個性と演技、そして演出はコメディタッチで軽くとんでもないことが行われていく。こんなにアホらしい話をよく考えたもんだと思ってしまうくらいこれが現実なのかという面白さがあるが、落胆もしてしまう。そんなうまい話はなく、一回手を染めてしまうと恐ろしいことになる。映画では描かれないが、最後の真相というのもいろんな所から睨まれていたこともあって非常に恐ろしい。

    麻薬を撲滅すると言っていて裏ではこんなことをしていたレーガン政権はひどいし、副大統領でその後の大統領のブッシュ父がひどかったというのを広めてくれただけでも意味があった。当時のアーカンソー州知事も関与している。CIAはマッチポンプで今もイスラム国を育てたのはアメリカではという説もあるし、認めている部分もある。どこの国とは言えないが、国難を煽る某トップも相当なクソな奴だ。ダグ・リーマンは国家を敵に回す覚悟が出来ている凄い監督だというのは確かだ。

  • 60点 相変わらず邦題が素っ頓狂

    2017-10-23  by little

    麻薬や銃の密輸、裏で暗躍するCIA・・かなり重い内容や残酷な描写などを想像してしまうが、そこはトムクルーズムービー。軽快でコミカルな内容で楽しく観れる。

    ただ、問題は邦題の「アメリカをはめた男」とあるが、実際には「アメリカにはめられた男」である。
    そして最後まで観ると原題の「American Made」というタイトルの意味がよく分り原題のほうがしっくりくる。

    邦題を決めた配給会社はなぜ的外れなタイトルを付けるのか毎度毎度クビを傾げる。
    邦題をつける事の意味は理解しているが、配給会社の適当さや一般人を馬鹿にし過ぎではないだろうか?

  • 70点 個人的に好き

    2018-03-09  by

    今の時代では有り得ない話ばかりなんだろうけど、実話に基づいた映画だし、70年代〜80年代のアメリカって、やっぱこれくらいブッ飛んでないとね!っと思わせる痛快な映画。歴史的背景、史実を知らない人にとっては、ホントにこんなこと行われてたの!?!?っと信じられないことが満載。鑑賞の価値ありの映画だと思います。

  • 80点 時代背景を知ってより楽しく

    2018-03-08  by 姐やん

    悪いトムクルーズもどこか憎めなくて、それどころかダメ男なのに屈託のない爽やか笑顔のトムクルーズに魅了されます。
    私はぴあ映画生活のページでバリーシールをより楽しむための時代背景の解説を一通り読んでいたので、あっという間に映画の中に飲み込まれ、速いテンポを楽しめました。もし読んでいなかったら、話について行くのが必死で楽しめなかったかも?
    実話に基づく映画なので時代背景を知ると、より楽しめると思います。

  • 70点 爽やかな笑顔のトムが素敵!

    2018-03-03  by ララサラ

    ぴあさんで当選したDVD記念上映会で鑑賞。
    実話なのにストーリーが凄い!
    ウルフオブウォール...よりもバリーさんの方が家族を大切にするし、いい人。引き受けた麻薬運びは良くないですけど。
    飛行機の操縦技術がとにかく上手い。
    あんなに稼いだのに、ご本人は忙し過ぎて散財する時間もなく...仕事相手が麻薬カルテルだからそんな簡単に手を切れなかったんでしょうね。
    その後の家族の行方が気になりますね。天と地を味わった奥さん、もっと宝石グルグル巻きにしとけば良かったのに。
    爽やかな笑顔のトムはカッコよかったです!

  • 80点 実話をもとにした楽しめる映画

    2018-03-03  by movie.g

    トム・クルーズさんが好きで公開前からこと映画を見たいと思っていましたが、公開中にはいけなかったためDVD記念上映会にて鑑賞いたしました。

    実話をもとにしたものであるため、主人公の家族を思う気持ちや環境によるお金に対する気持ちの変化など共感できる部分が多く、楽しんで観ることができました。

    物語的には暗い最後ですが、その後はポップな音楽と色合いだったため、鑑賞後は暗い印象ではなく、はちゃめちゃで面白かったと感じました。

    ありがとうございました。

  • 70点 後味悪い

    2017-10-29  by 無責任な傍観者

    想像したのとは違う作品でした。
    運が良いのか悪いのか分からない男の物語。多分本人にとっては幸せな人生だったんだろうと思うけど。

    もうちょっと痛快なピカレスクを期待していたけど、逆になんともやるせない気分の悪い話。
    台風が来るわ、ロクな作品に当たらないわで、散々な一日でした。

    点数は70点。特にコメント無く、こんな感じで。CIAの内幕を描く話しだけど、後味悪い作品です。

  • 100点 見ました。

    2017-10-28  by Merusii

    怖い映画です。作り話ならストーリーとしてありかなと思いますが実話とのことで怖く感じました。人を人とも思わない国家の人扱いに鳥肌がたちます。静かに平凡に暮らしたいと思いました。

  • 100点 自分に対してだけは、物凄く誠実。

    2017-10-29  by 睡蓮

    リラックスしました。考えすぎを反省した。
    個人的にはとても面白かった。
    これは趣味の問題だから、好みがあったというだけの話。
    何も考えていないトム・クルーズが
    みんなに利用されていくのを見るだけの映画。

    トム・クルーズにとっては意外に集大成な映画。
    人間が何かを深く追求し続けた後、
    その人には何が残るかを描いている。
    それがまた美しいのだ。
    気楽で、楽しく、アッケラカンとしている。
    その生き方が素敵だ。

    飛行機愛や飛行シーンの存在感は素晴らしい。
    トム・クルーズ本人が、ストレス解消に飛行機を操縦する趣味があるそうだから
    リアリティがあるのは当然のような気もする。

    人間考えたり考えなかったりの、揺れ幅が大事。
    爆音のバックミュージックの中
    トムが高速で飛行機を飛ばすのを楽しむ。
    上機嫌な映画で、やっぱり幸せを感じた。
    音楽も良くて、エンディングの音楽も楽しめた。
    多分ドライブをする方は、サントラがかなり楽しめるんじゃないかと。

    予告編と内容は何も変わらない。
    なのだけれど、幸福感は大きく感じた。
    考えないという美徳を感じました。
    考えすぎてたなと素直に反省した。
    考えないことで得られることも、大きいなと思いました。
    こみ上げるというか、湧き上がるというか、
    たゆたうというか。
    わからない感情が湧いてきました。
    観てよかったです。

    飛行機が好き、飛行場が持ちたい。
    妻が好き。
    この人の行動原理はただそれだけなんですよね。
    そのシンプルさ、最近見失ってないかな?と。
    馬鹿らしいけれど、それが一番間違いのない選択だったりするから、
    人生は意外な展開をする。
    その小賢しさのない生き様に感動したのかもしれない。
    捨て身な人はやっぱりちょっとすごいなと思う。
    何も得ていないようで、結局は全てを得ている。

    結局は保身か捨て身。
    人間はどちらかを選ばなければならないようにできているのかもしれない。
    どちらも正解。らしい。
    自分に対してだけは、物凄く誠実だ。
    この爽やかさはかなりすごい。
    何だろう、この何かを切望する感じ。
    とても心地いい。
    何度か観てもいいくらい、だな。
    テレビで観たい、そんな映画。
    飛行機のシーンは映画館でいいけど。
    考えないという、チャレンジってこの世にあると思う。
    ラテン系とも全然違う。
    アメリカンとも全然違う。
    なんかとても切ないんだよな。
    なんかどんどんどんどんダメになっていくのに、
    心は逞しく好きなものを求めている。
    この姿勢は、本当に素晴らしい。
    笑顔は正直だ。

    この主人公、自己肯定感がものすごく強い。
    そしてそれが異常というレベルではない。
    心が逞しいな。
    行動原理って大事だ。

    なぜこんなにこの主人公が愛らしいかというと
    小市民だからだ。
    権力者や密売人たちから完全に利用されている。
    全員から騙されている。
    でも純粋。

    またこの映画は意外に社会派でもあり、
    アメリカが他国で内戦を起こそう起こそうとしている描写がある。
    主人公はそれに利用されているわけだが、
    カリブ海周辺の国々を往復してはアメリカに戻る。
    キューバ、
    ニカラグア、ガテマラ、ホンジュラス、
    コロンビア、エルサルバドル。
    アメリカの真南なので、案外近い距離を往復しているのかもしれない。
    日本だったら、網走から沖縄くらいの距離だな。
    1970年代の話です。
    カリブの海賊という映画もあるし、この辺りの海賊や密輸の歴史は長いのかもしれない。

  • 80点 トム・クルーズ/数々の女をハメた男

    2017-10-27  by Steven SodaBerg

    そう!これが現実なんだよ!
    で、
    こういうのを映画化できるって事が素晴らしい!
    観ていてうらやましい!
    ”アメリカをはめた男”だなんて言う国とは大違い!
    本来ならバリー・シール/アメリカにはめられた男だろう。
    だから…
    トムと映画関係者/アメリカをはめた愛すべき馬鹿野郎達だろうね!
    切ないね。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は バリー・シール/アメリカをはめた男の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
今度のオーシャンズは“豪華でド派手”! 豪華女優陣に華麗に騙される 『オーシャンズ8』ほか、S・ローナン主演の儚く美しいラブストーリー『追想』など続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!