ただいまの掲載件数は タイトル63468件 口コミ 1167951件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ボウリング・フォー・コロンバイン > マイケル・ムーア ツインパック 「華氏 911」×「ボウリング・フォー・コロバイン」 (初回限定生産) [DVD]

マイケル・ムーア ツインパック 「華氏 911」×「ボウリング・フォー・コロバイン」 (初回限定生産) [DVD]

『マイケル・ムーア ツインパック 「華氏 911」×「ボウリング・フォー・コロバイン」 (初回限定生産) [DVD]』を価格比較。★★★☆(75点)『ボウリング・フォー・コロンバイン』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

マイケル・ムーア ツインパック 「華氏 911」×「ボウリング・フォー・コロバイン」 (初回限定生産) [DVD]
74点
監督 マイケル・ムーア
出演 ドキュメンタリー映画
発売日 2004年11月12日
定価 7,344円(税込)

 

価格比較

マイケル・ムーア ツインパック 「華氏 911」×「ボウリング・フォー・コロバイン」 (初回限定生産) [DVD] 4,316円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
マイケル・ムーア ツインパック 「華氏 911」×「ボウリング・フォー・コロバイン」 (初回限定生産) [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ジェネオン エンタテインメント
発売日 2004年11月12日
リージョン 2
ディスク枚数 2
形式 DVD

関連商品



ぴあ映画生活ユーザーによる「ボウリング・フォー・コロンバイン」のレビュー

  • 90点 硬派ドキュメンタリー

    2008-10-19  by zen1999

    今の日本でこれほど堂々と顔と名前を出して
    体制批判をできるジャーナリストがいるだろうか?!
    ということで衝撃を受けた一本。

    内容的には賛否両論あるだろうけど、
    私はこれでマイケル・ムーアファンになった一本。

    「アメリカの病理」をわかりやすく見せてくれた。
    日本でもこういうの、作れないのかなあ…?

  • 60点 そんなこと言ったって

    2004-08-05  by タコ屋

    実際問題として、アメリカは、銃を規制することが難しいのでしょうに。
    メディアはわかりやすい恐怖を、報道し続けていくんでしょう。
    その上で、それをどう解決するのか、という答えを示してほしかった。
    ベタな理想論でも、ブラックジョークまがいの陳腐な論でも、なんでもよかったのですが。
    結局は、わかりやすい悪を批判しているだけのように思えました。
    着地点が無いのです。

    ドキュメンタリーとはいえ、映画である以上は、多少のねじ曲げはあって当然だと思っていました。
    ただし、それをやる以上は、はっきりとした「こうすべき」を、示して欲しかったと思います。
    批判だけでは、それこそメディアのやっている事と同じでしょう。
    メディアを利用して、メディアと同じことをやって、メディアと同じく結論が無い。

    とても興味深い映画ではありました。
    悪の象徴・マンソンの大人な意見に対して、ヘストンの子供っぽい答え。
    この対比には笑ってしまいました。
    たぶん、監督の編集センスのたまものでしょう。
    そういう、意図した悪意をこめるのなら、自分なりの道も示してほしかった。
    おのれをキャラ化して誤魔化すのではなく、おのれの素でもって、答えを出してほしかった。

    いちばん肝心な度胸が無いと思い、大減点しました。
    この映画を作ったこと自体は評価できるものの、映画としての質が高いかどうかは疑問です。
    ただ、いろいろと勉強になる。それは間違いない。見て損は無いです。
    こうして私という一人の鑑賞者が、文句を垂れていること自体も、監督の意図にハマっている可能性があるw

  • 40点 ルール違反

    2004-09-10  by アキラ

    常識から考えると被害者の遺族、加害者自身、
    加害者の親兄弟を中心に取材して、
    断られれば作品にしないのが筋という物。
    ドキュメント作りだからという事だけでなく
    人としての良識に欠けるのではないか。

    コロンバイン高校の事件がテーマだと思いきや
    アメリカ銃社会の問題にまで首を突っ込んで
    カナダとデトロイトの差はこうですって
    飛躍し過ぎてやせんか?抽象論に逃げてるって
    印象があまりに強い。お約束のアポなしインタビューは
    下らなさに笑えるが、文字通り話になっていない。
    確かにナラタージュという手法はあるが
    サブジェクトすらも横滑りしてしまっては
    もうドキュメントの手法ではない。

    人並みに想像力のある人はこういう物を見て
    ドキュメントが嫌いになるかと思うと残念だ。
    唯一の救いはマーケットでのラストの件。
    しかしそれだけでは作品全体のチグハグを
    カバーしきれない。これを作品と呼んでいいのだろうか?
    巨匠フレデリック・ワイズマンから、あらゆる
    偉大なジャーナリスト達がこれを見たらどう思うだろうか?
    少なくとも、彼はフェアなゲームをしていないと私は批判する。

  • 80点 “当てつけ”の塊のわざとらしさ

    2016-01-30  by すかあふえいす

    マイケル・ムーアという映画監督は、ただありのままを映そうとするタイプのドキュメンタリーは撮らないらしい。
    あの芝居がかった行動の数々で映画のようなやり取りを見せつけ、一つの事件を通してあらゆる要因を羅列し引きずり出して注目させようとする。今回は銃社会のアメリカに潜む問題のようだ。


    自ら俳優のように出まくり映画を引っ張る肥えた肉体。
    オーソン・ウェルズのように悪の権化としてずんぐりむっくりの体で威圧感を出すワケでもなく、西部劇で偉そうにのしとのしと歩く腹の出たガンマンの如くムーアは登場してくる。マイナスイメージをあえて前面に出すことそのものが壮大な“当てつけ”なのだ。当てつけしないと死んじゃう病なのかも知れない。だから意地でも痩せないんだと思う。
    表情はコメディアンのようにどこか微笑みを称え、銀行で得たライフルを抱えて買い物を済ませる“日常の光景”を映す。
    時にインタビュアーとして執拗に問い詰める時もあれば、手を肩にやって同情するような場面も物凄くわざとらしーく見せつけたりする。当事者の目の前でそれをやるのだからつくづく胆の座った奴だわ。

    インタビューをした人々の顔もこれみよがしに見せる。銃に狂った老人のギラギラした眼、銃を握りしめ高々と掲げる演説者チャールトン・ヘストンの笑顔、無責任なマスゴミや報道陣の笑み、恐怖に怯える顔、失望と怒りの顔。

    幼きムーア少年はおもちゃの拳銃の引き金を引きまくり、現在のムーアはけして銃弾を発射せず、銃を撃つ市民や銃弾を喰らう人々の姿を映しまくっていく。
    映像が得られなかったものの代わりに何かを映し、得られた映像の使い方も強烈だ。

    ボウリングのピンの件でハワード・ホークスの「暗黒街の顔役」についても語られるかと期待したがそんなことはなかった。あの映画のようにデカデカと書かれた文字が語る社会の矛盾、ピンと人が薙ぎ倒され横たわる光景が幾度も映される。

    事件現場の校舎や街、弾痕、道、事件当時の一部始終を捉えた監視カメラ、殺人者と殺害者を明確に示すように光が人物を覆い、助けを求める悲痛な叫びは机の下に伏せる人々の叫びを聞かされるようだ。

    「マトリックス」を守るエージェントの「Non!」、「駅馬車」やウィリアム・S・ハートといった西部劇、「國民の創生」の人種描写、「サウスパーク」の冬、企業コップのイメージに何コレ超見てえ、アニメーションで描かれるよくわかる人種差別&銃社会アメリカの歴史に爆笑、細い男の服の中から次々に銃が出てくる瞬間の戦慄。
    様々な国で引き起こされた虐殺、銃のゲーム、まばゆい光の中に突っ込んでいく“買物”、当事者たちのすべてをぶつける闘い、ダイナミック営業妨害、毒には毒で、極端には極端で、メディアにはメディアで殴りつける。

    右足をソファーに突き付けてインタビューに応えるマリリン・マンソンの職人意識。
    彼が取材を受けるのはどんな時でも己を貫く姿勢を示すため。ムーアも黙ってそれを受け入れたのだろうし、一人去っていく者へ黙って写真だけでも置いて去っていく。それ以上の追及をあえてしないのだ。

    アメリカとカナダの同じ銃社会でも意識の違いがハッキリしているのは興味深い。
    日本も昔は日本刀だの槍だの鉄砲だの世界有数の銃社会だったからなあ。日本人も黙って見過ごせない問題ですよ。

  • 80点 豊臣秀吉は偉い。

    2004-06-24  by w×6

    豊臣秀吉は、寺の建設の材料を集めるのを口実に、全国のお百姓さんたちから、刀を取り上げた。
    この政策が、現代まで生きずき、銃刀法により、厳重に、日本国内では、銃に対する規制が徹底されている。
    平和な日本に、生まれた事を感謝せねばならない。豊臣秀吉は偉かった。

    それに比べて、チャールトン・へストンは、なんだ!!。僕は、貴方の作品をたくさん観て大好きだったのに、「おおいなる西部」「ベンハー」「猿の惑星」とか、感激を半減させてしまった。好きだった俳優を嫌いにさせた事で、ムーア監督に恨みごとを言いたいぐらいだ。(ヘストンと秀吉比べてどないしまんねん!!おっさん)

    この映画の投稿を全部読んでないので、重複して、秀吉を誉めてる投稿があったら、だぶってごめんなさい。

    多少、「やらせ」がある気もするので、20点減点致しました。では。

  • 100点 単純に、興味深かった。

    2018-05-22  by ちとせあめ

    マイケルムーア監督の作品は初めて見たけど、ドキュメンタリー作品ながら面白く見れた。

  • 60点 改めて…

    2017-02-28  by てぃーたん

    15年も前の映画だけど今観ても違和感なし
    彼らの本質は何も変わっていないと実感

    アメリカとカナダの国境
    川1つ隔てるだけであぁも違うものなのか…

  • 80点 Bowling for Columbine

    2004-03-11  by 未登録ユーザ紅蜘蛛

    まぁこの映画は面白いとかツマらんとかゆうのじゃないから“点”はつけたくないのだが、あえてつけるなら80点って感じです。
    アメリカはとんでもない方向に向かって爆進してますね。なんでも武器・兵器で解決できると(ほとんどの白人が)本気で思っている(らしい)。それにしてもアメリカ人が銃について聞かれるとバカの一つ覚えみたいに「護身用だ」って言っているのはホントにバカみたい…実際に使われるのはほとんど“殺人用”だってのに。

  • 90点 変身!

    2004-03-19  by ヨーグルトバナナ

    ファンの方には失礼ですが、食わず嫌いでただただ「わけわかんな〜い、気持ち悪〜い」と思っていたマリリン・マンソンへのイメージが大きく変わった映画でした。

  • 80点 さて、日本は。

    2004-09-17  by 未登録ユーザクロスラン

    色々考えさせられました。アメリカやカナダがどうこう、というより日本の現状を。

    日本でも昔は、ドアにカギをかけない人がたくさんいたなぁ・・・
    安全神話の崩壊だの、ピッキングだの、自己責任だの色々報じられて、ガチガチにロックするようになったわけですが・・・

    もしかして、僕らも恐怖に踊らされているだけ・・・?

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ボウリング・フォー・コロンバインの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

ボウリング・フォー・コロンバイン マイケル・ムーア アポなしBOX [DVD]

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:2824円(税込)
  • OFF:4520円(61%)

ボウリング・フォー・コロンバイン [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:4441円(税込)
  • OFF:635円(12%)

 

 



その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】