ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157285件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 孤狼の血 > 孤狼の血 [DVD]

孤狼の血 [DVD]

『孤狼の血 [DVD]』を価格比較。★★★★(84点)『孤狼の血』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

孤狼の血 [DVD]
83点
監督 白石和彌
出演 役所広司,松坂桃李,真木よう子,中村獅童,竹野内豊
発売日 2018年11月2日
定価 4,104円(税込)

 

価格比較

孤狼の血 [DVD] 3,051円 (税込)
近日発売 予約可
Amazonで買う
孤狼の血 [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日 2018年11月2日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「孤狼の血」のレビュー

  • 90点 成人仕様でもよかった

    2018-05-16  by taru

    ヤクザ映画でよく見かける俳優さんが沢山いて、やれやれと思ったのは一瞬で、この映画は他のどの映画よりもリアルで恐かったです。昭和63年の時代設定で、グロとナンセンスが一杯でしたが、どうせならエロも全開で18禁仕様でもよかったかもしれません。それなら空前絶後の映画になったかもしれませんが、まぁ、興行成績を考えるとそこまでの決断は無理なのかな。

    平成3年にできた暴対法時代の日岡秀一を見てみたい気がする。

  • 90点 仁義なき警察権力

    2018-05-15  by 出木杉のびた

    広島をロケ地に、時に手持ちカメラで画面を揺すり、『仁義なき戦い』を彷彿とさせるヤクザの抗争を描く。更にヤクザよりヤバい刑事・大上(役所広司)と新米相棒の日岡(松坂桃李)とのバディものでもあり、警察内部の腐敗にも目を向ける社会派な一面も窺わせる。何れにせよ近年稀にみる、骨太な男くさい映画であった。セクハラにどぎつい暴力描写もあるR15+な内容ではあるが、見応えは充分。だがそれだけに、女性受けは期待できないだろう。

    冒頭からとにかくエグい。豚小屋で行われる凄惨なリンチは、見るにしのびない。その上ブタのアレ攻撃は勘弁して欲しかった。ここは自らの感受性を落として耐えるしかない。やがて訪れるその時を迎えたなら、もう一度思い浮かべなければならないのだが、それは心の中のまた別の場所を刺激されることになる。

    大上は、やることなすことダーティな汚職刑事である。共に行動しなければならない若い日岡は、肉体的にも精神的にも苦痛な日々を送らなければならない。これは、反撥しながらも、垣間見られる大上の貫き通される信念に触れて、心境の変化を見せる日岡の物語でもある。

    圧倒的な存在感の役所広司は、申し分なく完璧。受けの演技から、次第に自分の本心を露わにして、やがて心境の変化を見せる松坂桃李も見事。双方共に、主演男優賞を送りたくなる。脇の演技陣も皆個性的な魅力を放つ。『仁義なき…』の某キャラを彷彿とさせるような竹野内豊の悪辣振り。新聞記者なのに、これまたヤクザみたいな中村獅童。大上から惨い仕打ちを受ける加古村組の組員の音尾琢真。今や白石組には必要不可欠なピエール瀧。尾谷組の若頭の江口洋介も、なかなかの凄みを見せる。五十子会の組長の石橋蓮司も、相変わらずの曲者振りで煙に巻く。

    数少ない女優陣としては、クラブ梨子のママの真木よう子の、復讐に燃える執念も凄い。この人のことは知らなかったが、薬剤師の阿部純子も松坂桃李の相手役として、初々しい芝居で好感度高し。彼女もまた、胸に秘めごとを隠す。

    日岡には目的があった。しかし、大上の真実を目にするにつれ、自分の信じていた正義に疑問が生じてくる。一体、何が正しくて、誰に従えばいいのか…。一冊のスクラップブックに浮き彫りにされる大上の真意。日岡の調査書に入れられた一筆が涙を誘う。原作には続編があるという。これは日岡の成長物語であった。

  • 100点 後味が悪くない

    2018-06-30  by moko555

    役所さんのヤクザ以上にヤクザな刑事がカッコよくて、松坂桃李くんの成長していく姿が見応えあって、江口さんのヤクザもカッコ良かった。中村倫也くんの狂犬ぷりも良かったです。

    この映画は男はもちろん女もカッコイイ映画です!!

    ラストの終わり方もスッキリしていて後味が悪くないです。

  • 80点 ええのう

    2018-05-18  by 未登録ユーザへっじぱんだ

    役所広司がええ。
    話はなんちゅうことはないが、この演技っちゅうか、なりきり度がほんますげえ。「こんとの奴、でってえおるじゃろうの」と思うてしまうけえ。
    “広大くん”もなかなかえかった。今回の映画はキャスティングがええんじゃねえ。
    いや、おもしろかった。

  • 90点 新世代のヤクザ映画

    2018-05-18  by odyss

    かつては鶴田浩二や高倉健を主役にして全盛期を誇ったヤクザ映画ですが、最近はあまり流行らなくなっている・・・と思っていたら、出ました、新世代のヤクザ映画!

    ヤクザ映画らしい暴力シーンもそれなりに盛り込まれていますけれど、全体の構図がよく考えられており、しかもそれがなかなか観客に見えてこないところがウマイと言いたくなる。

    俳優も健闘しています。役所広司と松坂桃李の主役ふたりは言うまでもなく、私は真木よう子さんに注目しました。どちらかというと硬質の美貌で、これまでもそういう役が多かったと思いますが、今回はクラブのママの役。しかもヤクザがらみですから、きわどいシーンもそれなりに。うーん、いいですねえ、真木さんの新境地といった趣きが感じられました。

    ヤクザ役の面々もがんばっていました。江口洋介さんなんか、イケメンながらヤクザ的な悪相になっていて、俳優の実力ってこういうところに出るんだなと感心しました。

    実はあまり期待しないで映画館に足を運んだのですが、うれしい誤算。85点のところ、繰り上げて90点とします。

  • 90点 若い映画人は松坂桃李と白石和彌に嫉妬しろ

    2018-05-14  by 未登録ユーザ

    娼年では激しい濡れ場の連続を演じきり、今作では潔癖な正義を語る青臭い若者から色気漂う大人への変貌を見事に演じきった松坂桃李。もう若手の中では断トツの映画俳優になったと思う。
    しかし、まさか日本でこんなに艶っぽいヤクザ映画をまたスクリーンで観られる日がくるなんて思わなかった。煙草を吸うシーン、というか吸った煙草を捨てる仕草がみんなやたらとカッコ良くて、全く吸わない自分も真似したいと思ってしまって・・・今の時代になんてけしからん映画を作ってしまったんだ白石和彌(誉め言葉)!!とにかく(原作・)スタッフ・キャストがベストマッチしてれば今の日本でも最高の映画が作れるという良い見本ができた。がんばれ東映!

  • 100点 圧倒されっぱなしの2時間‼‼‼

    2018-04-26  by PanNa0303

    初っ端から血生臭く泥臭い様な、目を背けたくなるようなシーンから始まり。。。笑 最後まで首を縮めながら手に汗握りっぱなしでマル暴の世界にのめり込みました。役所さん演じる大上の無茶苦茶感、対峙するそれぞれの組員たちの破天荒さ、それが呉弁によってよりリアルに伝わってきました。カットがかかったら俳優さん一個人に戻るとは信じられない位アツイ映画でした!なかなかハードなシーンが多いので、是非劇場でご覧になる事をお勧めします!!!

  • 90点 バブル時代の作品です。

    2018-08-18  by sinomako

    ヤクザ映画でグロテスクな描写が多く、驚きました。
    性的な描写もあり、子供と一緒に見る作品ではなく、一人で楽しむ作品だったように思います。

  • 80点 コテコテのヤクザ映画

    2018-06-21  by たのくら

    昔の東映ヤクザ映画を思わせるような男臭い作品。深作作品が好きな人にお勧めです。
    原作はもう少しあっさりしていますので比べてみるのも面白いかもしれません。
    続編の凶犬の眼も読みましたが心に沁みる傑作です。続編も映画化決定しましたが役所広司さんに国光寛郎の役を演じて欲しいです。

  • 80点 女性作家原作のやくざ映画

    2018-06-12  by 未散

    最初はやくざ映画なんてと思ってましたが、役所さん演じる暴力刑事の生きざまと松坂さん演じる新米刑事の心意気に見入ってしまいました。バイオレンス映画だけど愛ある映画でした。柚木さん原作で見に行きました。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 孤狼の血の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

孤狼の血 [Blu-ray]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:3853円(税込)
  • OFF:1331円(25%)

 

 



ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集