ただいまの掲載件数は タイトル59678件 口コミ 1154355件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > DESTINY 鎌倉ものがたり > DESTINY 鎌倉ものがたり [Blu-ray] (豪華版)

DESTINY 鎌倉ものがたり [Blu-ray] (豪華版)

『DESTINY 鎌倉ものがたり [Blu-ray] (豪華版)』を価格比較。★★★★(79点)『DESTINY 鎌倉ものがたり』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

DESTINY 鎌倉ものがたり [Blu-ray] (豪華版)
78点
監督 山崎貴
出演 堺雅人,高畑充希
発売日 2018年6月6日
定価 7,344円(税込)

 

価格比較

DESTINY 鎌倉ものがたり [Blu-ray] (豪華版) 5,826円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
DESTINY 鎌倉ものがたり [Blu-ray] (豪華版) 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 バップ
発売日 2018年6月6日
ディスク枚数 2
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「DESTINY 鎌倉ものがたり」のレビュー

  • 80点 安藤サクラ。

    2017-12-10  by ekoeko

    ラブロマンスというか夫婦愛の納得の映画。
    山崎監督らしくちょっと甘い感じはしましたが
    この甘い味はすごく心地よいものでした。
    とくに言っておきたいのは共演の人たちです。
    まずは死神役の安藤サクラさん。
    一人だけというならこの人。
    ちょっとぶっきらぼうなところが彼女ならではかな。
    この人が出てくるたび展開が安定します。
    さすがに名女優。
    意外にによかったのが中村玉緒さん。
    日本映画の名女優の一人として語り継ぐべき人かもしれません。
    格別にいい味を出していました。
    疫病神の田中泯さんは陰の主役といっていいほど。
    展開のいちばんおいしいところはこの人が持っていったかな。
    薬師丸ひろ子さんとか私のお気に入りの吉行和子さんもすごくよかったし。
    主演のお二人ももちろん印象的でした。
    俳優さんさんたちだけでも観る価値があります。
    この監督さんのとくに女優さんに対する感性の優越は
    すでに堀北真希さんで証明されているところですけど。

  • 60点 駆け足のせいかな〜

    2018-01-02  by 赤ヒゲ

    馴染み深い鎌倉を舞台に、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「永遠の0」の山崎監督がファンタジーを撮ったというので期待大で観ました。堺雅人も高畑充希さんも好きな俳優なのでじっくり没入するつもりでしたが…。どうにも話の展開が早いというか、エピソードは盛りだくさんあるのに1つ1つが平板で、伏線は回収されていてもずしんと利いてこない印象でした。所々とてもいいシーンがあって、その辺は流石だな〜とじ〜んとしましたが、全体的には物足りなさがありました。でも、周りでみていた若者たちは感動していた様子だったので、これはこれで山崎監督としては納得の作品なんでしょうね。次々とチャレンジする姿勢はすばらしいと思います!

  • 70点 楽しめますが……。

    2017-12-15  by ぱおう

    劇場予告編で面白そうだったので、観てみました。
    なかなか楽しいファンタジーでしたが、特に後半に登場する黄泉の国の描写が、どこか『千と千尋の神隠し』を想い起こさせるノスタルジックな世界観で、日本映画らしさに満ちていました。

    演技も映像も高水準でしたが、惜しむべきはストーリー展開でしょうか。
    色々な逸話を盛り込み過ぎて、全体のインパクトが薄まっている印象。
    せっかく、人と魔物が同居する不思議な街・鎌倉を創り出しているのに、「その他大勢」の妖怪たちは単なる背景のようなもので、ストーリーにはほとんど絡んで来ないのです。

    2時間余りを楽しく過ごせましたが、しっとりと浸れる部分がわずかだったのは、寂しく感じました。

  • 60点 日常シーンが少々退屈で……

    2017-12-24  by tabula_rasa

    レトロなふんいきを持つ作品で、いろんな妖怪や神様が出てくるあたり、真っ先に『千と千尋の神隠し』を思い出す。あと、堺雅人と高畑充希が演じる夫婦のキャラクターも魅力的で、総体的にこの作品の世界観は私の好みです。

    ただ、映画としておもしろさはどうかな……と。
    いちばん不満は、冒険が始まるのがすごく遅く感じてしまったこと。おそらく原作(未読です)が、日常描写中心になっているから、このような構成になっているだろうことは予測できるのですが。しかし、このプロットでやるんだったら、〈起承転結〉の〈承〉か〈転〉で旅立つようにした方がいいのではないかと。日常シーンが冒険の長い前振りに感じてしまうんですよね。

    あと、全体的に展開が雑だと思います。まず、亜紀子をねらっている存在がいるというのは、もっと早い段階で観客に明らかにしておく必要があると思います。これもおそらく夜市で松茸を買うシーンが伏線になっていたのかな? と(見終わった後、時間が経ってから)考えてしまうわけですが、もしそうだったとしてもわかりにくい。

    それから、彼女の○○が奪われるあの事態にも伏線が必要かと(例・前半で、それを奪われた幽霊を出すとか)。あと終盤で、ホームに来るはずのない電車が都合よく現れますが、あれはなに? などなど。
    『ALWAYS 三丁目の夕日』は、私も非常に楽しめましたが、今作にはかなり疑問が残りました。

    そういう感じで、あまり楽しめなかったのですが、最後に本作でひとつ感心した点を挙げておきます。それは、黄泉の国の描写においてスピリチュアリズムが取り入れられていること。

    もちろん、「死神に付き添われて電車に乗って行く」とか、「やむを得ない事情があるときは、幽霊申請すれば黄泉の国行きを猶予してもらえる」などはこの作品独自の設定です。しかし、「あの世で見る風景はひとによって異なる」とか「地獄とは、生前に作った罪の意識に苛まれること」そして「ひとは死ぬとき、我欲を脱ぎ捨てる」などというのは、スピリチュアリズムそのもの。

    あと、言葉としては使われていませんが、生まれ代りをくり返しながら、なんども結ばれている正和と亜紀子は、あきらかにソウルメイト(もしくはツインソウル)と呼ばれる関係ですしね。
    こういった要素が取り入れられていることがうれしかったので、10点おまけです。

    2017/12/17 TOHOシネマズ西宮OS(8)

  • 100点 高畠可愛い❗

    2017-12-20  by 未登録ユーザつぼたん

    高畠のはまり役。けなげで可愛らしい。黄泉の国に笑顔で行こうとするが、やっぱり泣き出しでしまうシーンには、涙がこぼれました。成長したなーと感心しました。何か宮崎駿の映画の実写化もありかなと思ってしまいました。広瀬すず主演のラピュタとか・・・。すいません。怒られそうですね。でも、役者さんが、本気で演じてくれていてあっと言うまの時間でした。高畠さんだきしめたくなる映画です。

  • 40点 実写化の名手!?

    2017-12-17  by なつみかん。

    山崎監督は漫画実写化の名手なのか?
    σ(^_^;)

    三丁目の夕日、鎌倉ものがたり、の愛好家からの嘆きの声は耳にしていない・・・
    絶賛だとも聞いていないかしら?

    この空想世界のベースの時代はいつなんだろうか?
    ディズニーランドと名前が出てたから昭和の終わり50年代後半か〜
    にしては、街並みに車、服装が、も少し前、昭和40年代に見えたりするのは、その頃生まれの自分の嫌味な目線なのか?

    何処か薄口で、安いテーマパーク然としたファンタジー世界には、入り込めなくて外から眺める程度で終わってしまいました。

    Always、Ballad、Space battleship 、Friends、Stand by me、Destiny
    英語を頭に付けるのは、験を担いでいるのかな?

  • 70点 心温まる夫婦愛ファンタジー

    2017-12-10  by みかずき

    本作は、ALWAYS三丁目の夕日でお馴染みの山崎貴監督が、お得意のVFXを駆使し、邦画では珍しいファンタジーに挑戦した意欲作である。

    本作の舞台は古都・鎌倉。多趣味なミステリー作家の一色正和(堺雅人)は、年の離れた亜紀子(高畑充希)と結婚し、鎌倉で生活を始める。鎌倉は人間と幽霊や魔物が共存する不思議な街だった。そのことを知らない亜紀子は様々な魔訶不思議な体験に唖然としながらも、鎌倉という街に次第に馴染み正和との関係を深めていくが・・・。

    奇抜な設定だが、堺雅人と高畑充希の新婚夫婦が醸し出す雰囲気が効いている。リアルさを残しながらも、どこかフワッとした不思議な佇まいが、観客を自然にファンタジーの世界に導いてくれる。脇を固める芸達者の登場人物達の熟練の演技が作品に安定感を与えている。貧乏神(田中泯)、死に神(安藤サクラ)という日本人には認知度の高い神を登場させることで、ファンタジーに親近感を持たせている。田中泯は、憎めない人間味溢れる貧乏神を熱演している。安藤サクラは、従来のイメージを払拭した極めて現代的でドライな死に神を好演している。

    また、本作は、色々な作品を思い出すシーンが多い。和服姿で髪を掻きむしる堺雅人は金田一耕助、魔物たちはスターウォーズ、終盤は西遊記を彷彿とさせる。

    VFXを駆使したファンタジーではあるが、本作のテーマは、夫婦愛、夫婦の絆であり、堺雅人、高畑充希の息の合った演技で、心温まる作品に仕上がっている。

    意欲作ではあるが、ファンタジーに徹し切れていないところがある。ストーリー展開が緩慢なところもある。山崎監督の挑戦も道半ばであり、今後も積極的にファンタジーに挑戦してもらって、ファンタジーを邦画の得意ジャンルにして欲しい。

  • 90点 大切な人

    2017-12-10  by 無責任な傍観者

    高畑充希が可愛い!
    ストーリーもよく練られていて完成度が高い。
    オリジナリティも高く、今年の邦画でNo.1。
    原作の有無ではなく、こんな作品なかなか見ないよ。

    点数は90点。日本映画にも良心が残っていたって感じ。
    似たようなジャリタレ並べて似たようなストーリー並べて、オツムの弱い女子供の集客狙うような興行は卒業しようよ。
    今の邦画って、ほとんどAIが作れると思うよ。スタッフはみんなリストラして、AIとビッグデータで作らせたら、今よりレベルが上がるかも。

  • 50点 世界観を理解させるために小話がたくさんある

    2018-08-04  by qp

    作家の正和は嫁いできた亜紀子といっしょにふるさとの鎌倉に住みます。ただ、鎌倉には幽霊や魔物が同居しており、ある日亜紀子が巻き込まれてしまい、という話です。

    最初は正和と亜紀子を学校の先生と生徒と勘違いしてしまいますが、大外れでした。ただの鎌倉での夫婦生活かと思ったら、幽霊や魔物がいる現実離れした世界観のファンタジーでした。鎌倉はあまり関係なく、アニメのような感じです。

    死神がドライで軽く、さらに死んだ幽霊も明るく、コメディ風に描かれています。貧乏神も出てきて、ピタゴラスイッチも展開されますが、愛着の持てる神になっています。

    夫婦愛がよく描かれています。正和も亜紀子も周りに対しても含めて優しい人です。特に、亜紀子は始めての魔物や幽霊を受け入れていき、貧乏神にも優しく接することができます。

    ただ、小話がたくさんある印象を受けましたが、設定・世界観を理解させるためになっており、最終的に深みのあるストーリーになったとは感じませんでした。人間の姿をしているからか、きんは何ものかも気になってしまいました。

    堺雅人は優しい役が本当に合うと感じました。高畑充希はイメージがありませんが、こういうキャラもやるんだなと感心しました。のだめのときの上野樹里を思い出しました。

  • 100点 とてもほっこりする

    2018-07-31  by ロト7

    洋画アクションばかり見てるけど、堺雅人が主演なので見た。(またリーガルハイやらないかな)
    高畑充希は大して美人じゃないので興味がなかったが彼女が実に良い。利発で元気よくかわいい。
    VFXも良い。ハリウッドに引けを取らない。まあCGはアプリが進化すれば、今どきどこでもこのレベルのものは作れるという事か。ただCGで描くイメージはいかにも日本的で洋画を凌駕している。
    ちゃんとアクションシーンもあり竹刀で魔物たちを打ち据える。カッコイイ。さすが半沢直樹(笑)。
    殴る蹴るはいい加減飽きたけど、剣道アクションは世界にないので(時代劇では古いけど)これを武器に洋画アクション界に打って出れば?。銀魂みたいにね。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は DESTINY 鎌倉ものがたりの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

DESTINY 鎌倉ものがたり [DVD] (豪華版)

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4318円(税込)
  • OFF:1946円(31%)

DESTINY 鎌倉ものがたり [DVD] (通常版)

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:2954円(税込)
  • OFF:1150円(28%)

DESTINY 鎌倉ものがたり [Blu-ray] (通常版)

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:4112円(税込)
  • OFF:1072円(20%)

 

 



映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
木村拓哉と二宮和也の2大スターが豪華共演! 『検察側の罪人』をはじめ、J・ステイサム VS メガロドンの『MEG…』、旬の女優、土屋太鳳&芳根京子の熱演光る『累-かさね-』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!