ただいまの掲載件数は タイトル60713件 口コミ 1162577件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 伊藤くん A to E > 映画「伊藤くん A to E」 [DVD]

映画「伊藤くん A to E」 [DVD]

『映画「伊藤くん A to E」 [DVD]』を価格比較。★★★(64点)『伊藤くん A to E』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

映画「伊藤くん A to E」 [DVD]
64点
監督 廣木隆一
出演 岡田将生,木村文乃
発売日 2018年6月20日
定価 5,184円(税込)

 

価格比較

映画「伊藤くん A to E」 [DVD] 5,184円 (税込)
近日発売 予約可
Amazonで買う
映画「伊藤くん A to E」 [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 バップ
発売日 2018年6月20日
リージョン 2
ディスク枚数 2
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「伊藤くん A to E」のレビュー

  • 70点 ドラマを知っていたので

    2018-04-17  by ゆうにゃ

    映画も楽しみに観ました。
    同じクズらしさでも
    少し違いがあったように感じます。

    所々ふっと笑ってしまう場面もありました!

  • 70点 気持ち分かる!

    2018-03-19  by

    傷付きたくないし、傷付くの怖い!なんて気持ちは誰もが持ってるとは思うけど、それを乗り越えなければ何も始まらないんだよなーって改めて気づかされたような気がします。
    でも…なかなか出来ないのですが…!
    伊藤くんのしたことは最低だけど、気持ちも分からなくもないから嫌いにはなれないかな。

    でもやっぱりドラマの方が好き…です。

  • 50点 ラストが冗長

    2018-01-18  by odyss

    岡田将生演じる今風の(?)若い男と、5人の若い女の物語。
    途中までは、監督の性格もあって各シーンがやや長めで、まとまりが悪く、もう少し短かめにシーンを切ったほうがいいとは思いましたが、でもまあまあかなと感じつつ見ていました。

    しかし、ラストに来て、冗長さがひどくなるので大減点。冗長なだけでなく、説得性もないんですよね。
    クズケンと木村文乃の会話に観客が説得されないのは、クズケンの脚本家としての仕事をそれ以前でちゃんと描いていないから。
    その後の木村文乃と岡田将生の会話も、長すぎてダラダラ感が出ているだけでなく、木村文乃と田村(田中圭)の会話の中身をなぜか岡田が知っているというような、筋書き上の杜撰さがあるから。

    岡田将生に翻弄される4人の女の中では、やはり夏帆が演じる女がいちばんイタい。だって処女を捨てようと思って他の男とホテルに行っているのに、岡田から電話があったとたん・・・あれじゃ、男は浮かばれないよ。4人の女の中で、彼女にだけは同情する気にならなかったな。

    この映画、本来はテンポ感を前面に出して、キレのいい作品にすべきだったのでは。もう20分くらい縮めて。でも廣木監督はそういうタイプじゃないから、作品と監督がミスマッチだったかなとも思いました。

    木村文乃ファンの私としては、彼女の出番が多いのがうれしかった。でも、もっと「女」としての側面を出してほしかったな。

  • 70点 脚本家は身を削る

    2018-01-15  by しゅうや

    クズ男に振り回される女性達。それをあざ笑いながらも、脚本のネタにしようとする女性脚本家の話。

    岡田将生演じる伊藤くんのクズっぷりと、振り回される女性役四人の女優の豪華共演が見所です。特に池田エライザの熱演が光ります。これは一皮むけたかも。

    クライマックス、身を削って脚本を書いている主人公と、クズ男伊藤くんの対決、迫力ありました。

    ただ、合間合間に挟まれる脚本家のサイドストーリーが暗い。
    クズ男で笑ってる最中に入ってくるので、もう一工夫欲しいところ。

    クズ男のコメディかと思って観たら、意外にまじめな締めの展開。結構驚きましたが、見応えはありました。

    テレビドラマ版、全く未見の状態で観たのですが、その方が楽しめたのかもしれません。

  • 60点 ドラマの方が…

    2018-01-15  by say_244

    深夜に放送されたドラマを全話見てから映画を見ました。原作は読んでいません。
    ドラマでほとんど完結していたので、映画ではどんな風に展開するのかとても楽しみでした。
    ドラマでは実際の伊藤くんが出てこなくて、その方が伊藤くんはいったいどんな人なんだろうと想像を掻き立てられて面白かったです。
    ちょっと残念でした。映画だけ見たら楽しめるのかも?

  • 50点 映画化詐欺。

    2018-01-13  by 桃龍

    名古屋では連続ドラマの放送が2017年末から始まったので、映画公開に間にあってない。そこで連ドラのDVDを高い新作レンタル料金を払ってまで見たのに、映画の内容は連ドラの総集編。しかも連ドラは30分×8話なので、正味の時間では映画とさほど変わらない。
    映画は見ず、Netflixまたは連ドラのレンタルDVDが旧作になってから見るのが正解。

  • 40点 世代により評価が分かれるかな

    2018-01-11  by jamhouse

    佐々木希さん他、結構豪華なメンバーの映画だったので、期待して見に出掛けたのですが・・・・

    まず、原作がいまひとつなどのか、映画化が駄目だったのか分かりませんが、何とも一工夫二工夫もある内容なのですが、その工夫感が、いまひとつ生きてこないかな・・・

    恋愛サスペンスみたいなニュアンスがありますが、結果もいまひとつで何とも言えない・・・今時の邦画って1本の作品にかける時間が長いよな・・・テレビで放映されているドラマの方が限られた時間の中でしっかりお話を作り、編集に臨んでいるように感じる気がするけど、映画って、その辺がアバウトだよな・・・・

    もっとコンパクトに、リズムよくお話を進められないのかな・・・

    ラストも変に長回しで、クドイクドイ・・・・

    「何時になったら終わるんだ」と、ちょっと呆れちゃった・・・

    世代間で評価は変わるのかな・・・・

    俺みたいなおじさんには、いまひとつ理解に苦しむ内容だった・・・

  • 100点 「恋愛あるある」な作品

    2017-12-18  by 夏ミカン100

    伊藤くんが強烈すぎて「ありえない話」と最初は思ったけど
    女たちのこじれた恋愛はむしろとっても「あるあるエピソード」だと思った。
    私にも思い当たることがあり、相手をなかなかあきらめきれなかったり、今の自分をみとめられなかったり…
    耳が痛い映画だったけど、今の自分にとってはプラスになる内容だった。


  • 50点 う〜ん。。。

    2017-12-17  by shizuhisa

    試写にて鑑賞。ラマはもちろん欠かさず面白く観ていたのですが、劇場版いかがなものでしょう???伊藤君目線での構成。ドラマとのリンクを探りながら観ていくのは面白いとは思うけど、それ以上でもそれ以下でもなかった。やっぱドラマが限界かな。。。

  • 80点 人生いろいろ

    2017-12-13  by ゴン吉

    小説、ドラマ共に未読未見で観ました。

    青春ものかコメディー作品と思ったら、違ってました。

    ラストに監督の主張が込められていたのですが、かなり重い内容で、すべてを理解できずに残念でした。

    二人の主役は、生き方も考え方も全く逆で、しかし結果は一緒。人生をどのように捉えて生きていくのかは、人それぞれといことでしょうか。
    伊藤くんは、一見いい加減に見えて、4人の女性に対して、個々の性格に応じて、ふるまっています。
    結果、誰ひとりとして、伊藤くんに恨みを抱くことがないのは、流石です。

    岡田将生さんの演技は素晴らしかったです。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 伊藤くん A to Eの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

 

 



『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”