ただいまの掲載件数は タイトル64971件 口コミ 1178531件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ブロークン・イングリッシュ > ブロークン・イングリッシュ [DVD]

ブロークン・イングリッシュ [DVD]

『ブロークン・イングリッシュ [DVD]』を価格比較。★★★(63点)『ブロークン・イングリッシュ』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

ブロークン・イングリッシュ [DVD]
63点
監督 ゾエ・カサヴェテス
出演 パーカー・ポージー,メルヴィル・プポー,ドレア・ド・マッテオ,ジャスティン・セロー,ピーター・ボグダノヴィッチ
発売日 2009年7月2日
定価 4,104円(税込)

 

価格比較

ブロークン・イングリッシュ [DVD] 3,694円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
ブロークン・イングリッシュ [DVD] 2,052円 (税込)
一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します。配送予定日がわかり次第Eメールにてお知らせします。商品の代金は発送時に請求いたします。
Amazonで買う
ブロークン・イングリッシュ [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ファントム・フィルム
発売日 2009年7月2日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「ブロークン・イングリッシュ」のレビュー

  • 60点 リアルだけれど、その中にセンスの良さが感じられる

    2008-12-29  by chocolatbaby

    この映画の主人公ノラもそんな女性。
    30代独身、男に不自由しているわけではなくて、お酒を飲んだり寝たりする相手には不自由しない、でも、心から愛してくれる人はいないし、妥協して結婚相手を探すこともできない。
    現状から抜け出そうともがいている自分が情けなくなってくる。

    そんなところに現れた情熱的な外国人(ジュリアン)。
    突然のプロポーズ。
    自分が求めていたものが突然目の前に現れたのに、臆病で、それを選び取ることができない・・・。

    NYの街を舞台にそんな様子が丹念に描かれる前半はとても良かった。
    ノラのおかれている状況がとてもリアルにわかったから。
    でも、去って行ったジュリアンをパリまで捜しに行く後半はちょっと物足りない。
    ラストのあっさりした終わり方もセンスあると思う。
    でも、何か、物足りない。
    ちょっと上滑りな印象を受けたかな。

    ノラ役のパーカー・ポージーはとってもうまいと思った。
    派手な感情表現をしなくても、とても存在感がある女優さんだと思った。

  • 70点 大人のおとぎ話

    2008-12-16  by 試写会3

     コミカルな気負わない感じの、ほろ苦さも有る、大人のおとぎ話風な映画。
     監督が女性だからか、リアルなどぎつい言葉も会話で出てきます。
    「あなたの年ではイイ男は残ってないのよ!」等
     キャリアも有る30代独身女性の本音と周りのプレッシャー・悩みを巧く描いています。
     愛し愛されることを夢に持っている主人公、少しの勇気と積極性があれば、そして素直になれれば獲得できることを、教えてくれていそうです。
     主演のパーカー・ポージーは、なかなかのクセものでですよ。悩みっぷりが明るくて面白いです。
     監督として長編第一作であり、次作を見ないと判らないですが、親しみのある、鋭くて、柔らかな描写の出来る監督さんかな〜との印象でした。

  • 100点 私はずっと一人なんだと背中に孤独に感じた時に

    2009-11-11  by @yako

    USENのあらすじ書きがもっともだったため抜粋。
    『30代独身、NYでホテルのVIP担当として働いているノラ。親友のオードリーは自分が紹介したマークと結婚、母親からは「あなたの年頃でイイ男は残ってない」と心配されている。あるがままの自分を愛してくれる人と出会いたい。でももう、誰からも愛されないかもしれない…。揺れ動く希望と不安を抱えながら、ノラは新しい出会いを求めるが、ことごとく失敗。そんな時、同僚が主催したホームパーティーで、フランス人男性ジュリアンと出会い…!?

    映画一家のサラブレッド、ゾエ・カサヴェテス長編監督デビュー作(ちなみに大女優の実母ジーナ・ローランズは、ヒロインの母親役で出演)。30代・独身という崖っぷちに立たされたヒロインの悪戦苦闘を描く、おかしくも切ないラブストーリーだ。せっかくステキな人と出会っても、「この人も悪い男なんじゃ…」と疑って臆病になってしまったり、焦るあまり、おかしな行動を取ってしまったり…。等身大で描かれるヒロインに、抱きしめたくなるほどの親近感を抱く女性も多いのでは? ロマンチックで美しいNYとパリの街並みも、女子の心をくすぐります。』

    です。まさにこのままの事をあたしも共感しました。

    ただ、公開時にチェッしたときやビデオやさんに並んでいた時。観たい観たいとチェックしてたのにも関わらず、やっと手をだしたのは雰囲気を楽しみたいけど、できたらコメディか中身があるもの。の両極端で決めてしまいがちだったのですが、借りて良かった。雰囲気もいい上に中身もある。見た目からではなんとも期待を裏切られそうな不安だったんですが、そんなのは忘れちゃって見た方がいい。

    この主人公は30代の崖っぷち。だけど20のあたしもたまに背中に感じるこの孤独っていう不安。痛い程わかる。いつか素敵な人が現れる。いつかあなたを一番愛してくれるちゃんとした人が現れる。なんてみんな簡単に言うけど私はそんなの信じられない。なら探さなきゃ!で焦ってみたらこいつもしょせんはあたしを本当に愛してるんでなくてただの下心だけで一緒にいるだけ。本当に愛してくれてた人まで疑って、自分を制御できなく別れた後に「あぁ、あの人はちゃんとあたしを見て、愛してくれてたのに、それを自分のふがいなさで壊してしまった」と後悔する。彼女だけでない。あたしだっておんなじ。
    しかしその中で好きになれる人がまたあらわれて今回は信じたい。でも慎重になりすぎてまた壊してしまうの繰り返しの中で、だんだん気がついてくるのは焦る前に
    「魔法を求めても、魔法はなかなかかなわない。自分自信をもっと愛して幸せをみつけること。」
    それに気がつくとこころに余裕ができ明日が楽しみになる。

    一方その親友は結婚したのにうまくいかない日々。夫の行動にイライラしてうんざりしている。結婚は契約で、愛することとはまったく違う。でもそれから考えなおし、努力しないまま結婚生活を捨てるのはダメだと気がつく。

    そしてヒーロー役のジュリアンがよく読めない男で。まっすぐに純粋に愛してるのか、ただの暇つぶしに恋のかけひきを楽しんでいるだけなのか。でもこういう接し方で実際に女の子は不安になるんだから。これは等身大な見え方なんだと思う。どんだけ好きと伝えてくれても不安は消えないまま。
    でもそれを信じることは相手がしかけることじゃなく、自分から信じれるなにかを探しにいくこと。これも大切。

    主人公の心のうつりかわりというか強さも見どころではあるが、それ以上に彼女をいたわる年配者たちの言葉が、この作品にも見る側にも鍵になる言葉ばかりだった。
    最後のジュリアンと再会した時にジュリアンの表情が本当に愛してるのが伝わって、おもわず泣きそうになってしまった。ラストのさっぱりとした終わり方はちょっと驚いたが、あれこそがふさわしい

  • 90点 キュン

    2010-05-24  by うららん

    この映画とてもスキ。

    ストーリーしかり、色彩、光の加減、そして特に構図が私好みの映画でした。

    どのシーンをとっても、とにかく色がビューティフル♪

    食べ物もインテリアもお洋服も風景も…☆

    この映画、今の私にとってすごくメッセージ性の強い作品。

    バーで出会った紳士のセリフ、まるで自分に言われているみたいでグッときました。

    そして何より、主人公の言動が手に取るようにわかってキュンとなりました。

    そしてそして、主人公の相手(彼?)の表情や行動にはキュンキュンきました。

    DVD欲し(☆)いな…☆☆☆







  • 100点 ソフィアに強敵。

    2008-12-30  by ekoeko

    オヤジさんを思い出させるショットにびっくり。
    ソフィアと比べて
    血統的にはこの人のほうが魅力を感じます。
    オフクロさんもりっぱですし。
    オヤジさんほどの炸裂感はまだないですね。
    だけど
    ショットの力感はさすがに「血筋」かなぁ。
    お兄さん(だっけ?)はダメな気がするけど
    こっちはホンモノかも。

  • 40点 三十路女の迷い

    2012-02-01  by odyss

    うーん、あんまり面白いと思えなかった。

    三十路のアメリカ女が自分につりあう男をさがすお話、ですよね。これはという男は親友である女友達と結婚してしまい、ホテル勤務のヒロインは俳優と親密になったり、母の友達の息子とつきあったりするけど、いずれもうまくいかない。

    何で私だけがいい男と出会えないの?てな疑問は、日米を問わず三十路女には共通なのかなとは思いましたけど、でもそういうお話は、私にはあまり面白くないのだ。いい男に出会えなければ私のところに来なさい、てなもんで(笑)。

    で、フランス男と出会ってから話が少しいい方向に行くのだけれど、後半はロード・ムービーになり、フランスって今でもアメリカ人にとってそれなりの場所なのかなあ、なんて思いながら見ていましたけど、でも最後はいかにもご都合主義だよね。

    最後まで質感が高まらない映画だったなあ。

    ついでだけど、日本料理屋に行って木の桝で酒を飲むシーンがあり、今どきはアメリカにもああいう店があるんだね、と感心しました。

  • 70点 世界共通?

    2010-07-31  by バナバナ2

    前半の会話がすごくリアル。
    「まだ結婚しないの?」
    「子供はまだ?」
    など、アメリカも日本の親と変わらないんだな、と苦笑い。
    結婚五周年パーティーを開いた、誰もが羨む結婚をした友人の本音は、
    「体裁ばかり気にして、もう彼にはウンザリだわ」だし、女性監督だけあって本音が出るわ、出るわ。

    ジュリアンの登場シーンは、いかにも女性をナンパ目当てにパーティに来た、軽薄そうなフランス人で、これじゃあ連敗続きのノラは信用できないよな…、と共感。
    しかし、出会いが最悪で、ダメな所を全部見せてしまうと反って安心するというか、ノラはジュリアンの事がどんどん気になりだす。

    そこまではアル、アルって感じで見てたんだけど、あのクッキー店で会った男は元彼だったのかな?
    あそこからノラの様子が急に病的になって、ちょっとやり過ぎじゃない?と思ってしまった。
    精神安定剤を家に常備してるのは、アメリカでは普通なのでしょうか。

    母親の「あの人は成功して、信託財産まで持ってたのに…」とか、「結婚とは契約よ」とか、「魔法はあまり起きないよ」とか、年季の入った紳士淑女の発言には、重みがありました(笑)。

    ラストも、どうなるかは本人次第、本人にかかってます…みたいな唐突な終わり方で、ハッキリさせなかったところが良かったです。

  • 80点 特別に盛り上がる場面とかってないけど…ジッと最...

    2010-07-14  by 中村潤之介

    2008/12/17(水)恵比寿ガーデンシネマに観に行った
    『ブロークン・イングリッシュ』
    この映画は、この年の秋から観に行くようになって、
    10月11月と3本くらい映画を観に行っていた、
    この恵比寿ガーデンシネマで予告編を観て、ちょっと観てもいいかなぁ、
    という気になったので、また観に行った感じ…。
    で、観た直後の感想としては…



    …前半に、涙がダーッって出た場面があった…
    …最後はまぁ、へぇって感じ。
    涙は出なかったけど…おぉ!ここで終わるのか!!
    って感じで、ちょっと身体がゾクゾクしたな。
    でもまぁ…よかったよね、
    とりあえず…二人がこの先どうなるかは、
    分からないけど…。
    幸せになれれば、いいよね。
    特別に盛り上がる場面とかってないけど…
    ジッと、最後まで退屈することなく観ていられたよ。
    ノラやジュリアンの表情がよく撮れていて、
    全体的に静かで落ち着いた感じの映像で観客を惹き付ける…
    そんな映画だったね。
    まぁまぁ面白かったよ…
    ただ、
    ノラに興味持ったり、
    ノラと精神的にシンクロしたりすることのない人にとっては…
    退屈な映画かも知れないけどね…。



    …そんなことを思ったり。
    とりあえず、
    個人的には、まぁまぁ面白かった。
    前半部分のノラが母親と会話して泣き出すところとか、
    自分もシンクロして泣いてしまったリ…
    後半は、ノラを見守るような気持ちで、
    ずっと観てた感じ…
    最後は、あぁこういう終わり方か!!
    って感じで、
    それなりの映画だった。
    (…ただ、この日は、このあと、新宿の角川シネマ新宿で、
    『空へ ―救いの翼―』を観て、こっちのほうが、
    かなりいっぱい泣いたので…この日の印象としては少し薄くなった部分もあるけど…)

    そんなこんなで…
    自分の中の評価では81点。
    ここの10点刻みの採点では80点としておきます。

  • 50点 共感できそうでできない

    2010-01-17  by 未登録ユーザ肉まん

    主人公が「美人」という設定ありきの作品かな?と思いました。
    普通はああはいかないだろうな。
    とか思いながら見てたので、分かるところはわかるんだけど理解できない部分も多くて、最後の終わり方もなんとなく好きな感じはなくてちょっと残念でした。

  • 50点 うーん・・・

    2009-05-21  by ヒチョロ

    男運が無い事に執着し過ぎの主人公ノラ。
    共感もてません。
    ブボーの魅力をもっと引き出して欲しかった。
    これじゃなんだか愛を軽く考えてるだけの
    薄っぺらな男に見えてしまう。
    展開も悪い意味で速く、『なんでこうなっちゃうの?!』
    みたいな部分が多い!
    これ完成度の低い作品でしたね私には・・・

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ブロークン・イングリッシュの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ