ただいまの掲載件数は タイトル64942件 口コミ 1178195件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ビザンチウム > ビザンチウム [Blu-ray]

ビザンチウム [Blu-ray]

『ビザンチウム [Blu-ray]』を価格比較。★★★☆(72点)『ビザンチウム』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

ビザンチウム [Blu-ray]
71点
監督 ニール・ジョーダン
出演 シアーシャ・ローナン,ジェマ・アータートン,サム・ライリー,ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
発売日 2014年3月4日
定価 5,076円(税込)

 

価格比較

ビザンチウム [Blu-ray] 4,568円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
ビザンチウム [Blu-ray] 3,926円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
ビザンチウム [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ポニーキャニオン
発売日 2014年3月4日
ディスク枚数 1
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「ビザンチウム」のレビュー

  • 80点 “ヴァンパイア”鉱脈も枯渇しらずですな・・・。

    2013-10-06  by クリス・トフォルー

    予備知識なしで観たのですが、ニール・ジョーダンが“ヴァンパイアもの”に舞い戻るとは嬉しい驚きでした。前半は『インタビュー・ウィズ〜』や『エリ200歳の少女』を思わせるのですが、後半にはニール・ジョーダンらしいマジックが仕掛けられ、最後まで飽きさせません。

    シアーシャはまだ二十歳前なんですねぇ。『オン・ザ・ロード』のサム・ライリーに『ヘンゼルとグレーテル』のジェマ・アータートンとキャスティングも文句なしで満足できました。

  • 80点 残酷な美しさ

    2013-10-01  by 猫ぴょん

    一度はなってみたいヴァンパイアw

    憧れのような
    恐怖のような

    200年の孤独
    暗く悲しく
    ヒロインがとてもこの役に合っていると思う

    もうひとりのヒロイン「クララ」
    この方は化粧や髪型ですっごく印象が変わってビックリ!!

    流れる真っ赤な血
    残酷描写
    ある場所での繰り返されるシーン
    いやぁ・・・・・強烈です^_^;

    とにかく真っ赤な血
    画面から「血の匂い」を感じるくらいリアルなシーンも。

    なんだけど美しく感じるシーンもあって。

    この世界に引きずり込まれそうw

    サム・ライリーという気になる方発見♪
    次回作が楽しみだヮ♪

  • 70点 人生はあまりに短く

    2013-10-05  by Baad

    永久の時間の流れのなかにあっては
    200歳のヴァンパイアも若者に過ぎない
    叡智の世界にたどり着くには
    この先どれほどの時間を生きなければならないのだろう・・・

    ニール・ジョーダンにしては珍しく直球のシンプルなストーリーです。
    物語が結末に向かって一直線に進むので、やや単調に感じられますし、キャスティングされた役者さんたちも地味なのですが、この人の時代を見る目は確かだな、と唸らされました。今の時代にあったヴァンパイアの描き方でした。この映画がつまらなく感じられるとしたら、それは私たちがそういう時代を生きているからでしょう。

    いつものような血湧き肉踊る、という作品ではありませんでしたが、久しぶりのニール・ジョーダンの世界、堪能しました。

    着想を得たイェイツの詩、「ビザンチウムへの航海」の原文はこちら↓
    http://www.poets.org/viewmedia.php/prmMID/20310

  • 80点 クララとエレノア

    2013-09-13  by 玉川上水の亀

    トム・クルーズとブラッド・ピットがセクシーなヴァンパイアを演じた「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の二ール・ジョーダンが、シアーシャ・ローナンとジェマ・アータートンというタイプの違う女優が共演する新しいヴァンパイア映画を監督した。
    彼女らのキャラクターは8歳差の設定なので、傍目には姉妹のように見える。
    この二人のミステリアスな関係だけでなく、彼女らには大きな「秘密」がある。
    それは、不老不死で200年も生きているヴァンパイアだということ。
    同じヴァンパイアとはいえ、二人の性格はまるで違う。
    クララは娼婦を生業としているだけあって妖艶で、男を誑し込んで逞しく生きる「肉食系」。
    一方エレノアは清廉で慈悲深く、死を迎えそうな人や、安楽死を望む人しか吸血しない「草食系」。
    二人は、性格の違いから反発し合いながらも相手を思い遣り、生者でも死者でもない己の存在に葛藤しながら、助け合って生き延びてきた。
    そんな彼女らの存在を疎ましく思い、排除すべく追い回し続けている「同盟」と呼ばれる男たちがいる。
    その「同盟」の追跡をかわす為、彼女らは逃避行を続けている。
    クララがヴァンパイアになったのは、ルヴェン海軍大佐に騙されて娼館という苦界に沈められ、心身ともに病み、自分自身と血を分けた「存在」を守る為に「不老不死」という選択をする。
    そしてエレノアも、不幸な生まれ育ちながらも清廉に暮らしていたが、「ある出来事」によって、クララと同じ道を歩まざるを得なかった。
    彼女らをはじめとしてヴァンパイアになるには、絶海の孤島にある小さな神殿で「儀式」を受けなければならない。
    この「儀式」シーンが何回か出てくるが、夢にも登場しそうな程インパクトがある。
    この作品は、19世紀初頭と現代とをフラッシュバックしながら展開していくが、そこで描かれるのは、男たちや社会から虐げられても負けず、不老不死のヴァンパイアという「孤高の存在」として強く生き抜いていく女性の姿だと思う。

  • 70点 手に入らないからこそ欲しくなる

    2013-09-24  by

    寂れたムードの舞台設定がしみじみと寂寥感を醸し出します。「ぼくのエリ」が好きな人はいいんじゃないでしょうか。私は好きな映画です。
    「ラブリーボーン」でも感じましたが、シアーシャ・ローナンは切ない役柄がうまいなー。でも、決して陰鬱ではないんですよね。人は誰しも孤独を抱えているが、これほどの深い孤独に耐えられるのは、人ではない者だけなのだろう。

  • 70点 母性 > ブラッド の世界観☆

    2013-09-22  by うさこ☆

    インタビューウィズバンパイア と比較して、
    バンパイアらしからぬ映画だと思いました。

    血をテーマにすれば確かにそうですが・・。
    生(せい)を欲する純粋な親子の物語です◎

    ドキドキ感は少なめでしたが、
    「あー、なるほど。」と後から考えさせられる作品です◎

    007とは違うジェマも良かったし、
    何よりシアーシャローナンの影のある演技が上出来でした◎

  • 80点 孤独に生きる繊細な少女

    2013-09-21  by spice

    現代に生きる少女エレノアと保護者のクララ。追跡者から逃れて街から街へ。少しずつ明らかになっていく2人の過去。映像が美しくて、ミステリアスな話でした。クララ役のジェマ・アータートンが色っぽいです。「アンコール!!」ではコーラスの先生を演じていましたが、雰囲気が違っていて驚きました。

  • 90点 秋にぴったりな映画

    2013-09-20  by 未登録ユーザマッキーマッキー

    舞台がアイルランドってだけでもう雰囲気が伝わってきます。寂しいけど最後は明るい未来をかんじさせるヴァンパイア映画にしては珍しいエンディングでもありました。

  • 70点 変化球

    2019-02-20  by バナバナ2

    売春婦とその妹の現代から始まり、お金も家も無いプータローの二人だけど、映像はなかなか耽美でキレイ。しかし、このままハッキリしないストーリーで最後までいってしまうのか? 今作は映像だけ楽しむ作品なのだろうか?と思って観ていたら、今までのものとは違う、あるルールをたった一つだけ設定したお蔭で、手垢のついたテーマなのに毛色の違う作品に仕上がっていた。

    クララ、若い頃から男に滅茶苦茶にされた人生だったけど、エレノアがいたから絶対生き残ってやる!と思う事ができたんだね。
    ラストの方は、クララ頑張れ!と応援している自分がいました。
    先生たちは災難だったけどねw。

  • 80点 長生き過ぎるのも辛かろう。

    2014-11-22  by ゼーン

    女吸血鬼で2人とも美人というのは、ずるいです。基本、男は騙されるだろうし、食い物にされるでしょう。

    吸血鬼の200年の物語は興味が尽きずに観れたのですが、女吸血鬼と人間の男の恋の方はちょっと男の方にイラッときました。素直に信じてやればいいのですよ。

    孤島の滝が血に変わるのは、どうやって撮影したんでしょうかね?

    シアーシャ・ローナンのすっきりした顔と、ジェマ・アータートンの巨乳は、ずるいほどの武器ですね。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ビザンチウムの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

ビザンチウム [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3175円(税込)
  • OFF:929円(22%)

 

 



進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ