ただいまの掲載件数は タイトル64968件 口コミ 1178418件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > リング〈1998年〉 > リング コンプリートBOX [DVD]

リング コンプリートBOX [DVD]

『リング コンプリートBOX [DVD]』を価格比較。★★★☆(66点)『リング〈1998年〉』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

リング コンプリートBOX [DVD]
66点
監督 中田秀夫
出演 松嶋菜々子,真田広之,中谷美紀,沼田曜一,雅子
発売日 2003年4月16日
定価 13,824円(税込)

 

価格比較

リング コンプリートBOX [DVD] 在庫切れ  
リング コンプリートBOX [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ポニーキャニオン
発売日 2003年4月16日
リージョン 2
ディスク枚数 4
形式 DVD

関連商品



ぴあ映画生活ユーザーによる「リング〈1998年〉」のレビュー

  • 80点 ホラーを見なおした

    2008-10-21  by EGライダー

    この手のジャンルは鑑賞後「しょうむな〜」の一言の後、DVDなら河川敷へ行ってフリスビーのごとくブン投げたくなる作品が多いのですが、リング1は例外でした。

    若者4人が同日同時刻にそれぞれが死ぬ謎とそれを解いていく展開も面白い。これは原作の良さもあるのでしょう。

    そして怖さの演出のセンスが際立っている。
    これは中田監督と高橋洋さん、一瀬さんの手腕でしょうか。
    「顔を見せない」「喋らない」というのが怖さを引き立たせる重要な条件であり、前髪を垂らしながら、無言で近づいてくる貞子はやはり怖いと感じました。

  • 70点 金字塔!

    2009-07-26  by lunes

    この映画によって、その後のホラー映画の方向性が決まったと言っても過言ではないと思う。
    呪怨にしても、その他のホラー映画にしても、最終的にネタがわかったときに、どうしても貞子の二番煎じに感じてしまう。
    それくらい衝撃的なキャラクター(?)だった。

    さらに怨念というテーマがここまで日本映画で確立されて、世界の舞台にも浸透したという意味で日本ホラー界の代表作だと思う。

    ストーリーは都市伝説的なものを絡ませ、それを取り巻く過去の惨劇と呪いの正体を追う人間の物語。

    怖い、怖くないは個人差があると思うけど、
    それよりもこの作品は一度観ておいて損は無いと思う。

  • 60点 ラストシーンだけ見物

    2009-01-31  by マモノレ

    映画を華やかなものにするために主人公を女にする設定変更はまぁ許せるけど、松島奈々子の演技はだめですね・・・。
    久しぶりに見返したけど酷すぎる。
    主人公にとってはかなりショックな息子が〜の場面はまったく伝わらずコントみたい。
    その分中谷美紀は少ししか出ないですけど良い味出してます。

    そしてラストシーン。
    この映画はこのシーンのためにあるようなものだし、この表現だけは原作を超えていると言える。

  • 80点 ひとつ発見が・・苦笑

    2009-01-13  by ぽちよ

    ホラー嫌いな私が、その当時あまりにも怖くて見れなかった作品でした。最近ホラーにも慣れてきて、ようやく鑑賞。

    大丈夫でしたね。苦笑、まったくと言ってよい程怖くないし、ただ、ハラハラ感はありましたので良かったです。

    松嶋奈々子、いいですね〜 好きな女優さんです。

    そうそう、私の勘違いでなければひとつ発見なのですが、真田広之が住んでいるボロ家なんですけど、松嶋奈々子主演のドラマ「やまとなでしこ」で、松嶋奈々子が住んでいたボロ家とソックリなんですけど・・・(中は違うけど、外の入り口とか) 何か意味あるんでしょうか。(ないか笑)

  • 90点 ◎見事な死に顔!

    2009-05-03  by こわれもの

    BSにてじっくり再見

    何度見ても心底怖い恐ろしい…これは作品創りの監督の手腕がなせる技あっぱれ。
    映像も音響も脚本もお見事!あんな死に顔過去に記憶なし。。。
    貞子の過去が効果的にコラボして‥邦画サスペンスの傑作に。真田&松嶋の美男美女千里眼コンビも淡々として巧い。竹内結子が幼くてビックリ!でも可愛い。
    しかしこのラストは圧巻!出る出るインパクト特大 喝采もので白旗。本当に参りました。

    ☆貞子さん 同じ名前で 大迷惑(親しき知人)

  • 100点 うーうー、きっとまた見る、きっとまた見る

    2013-07-22  by 葵ジュニRSS

    今まで見てきたジャパニーズホラーの中で一番好き。というかホラーに限らず、今まで見てきた映画の中でベスト3に入る作品。
    リング以降のホラーは、少なからず本作に影響をうけている、もしくはオマージュやパロディの場面が出てくることがよくある。
    井戸から出てくる場面、写真に写った顔がぐにゃっと曲がっている、貞子の人間とは思えない異形のカクカクした独特な動き、何度見たかわからない。。
    そして、日本を代表するお化けである、お菊さんやお岩さんに並ぶ貞子の誕生である。
    ホラー演出では、気が狂ったような死体の顔や、井戸の場面、一番有名な貞子が出てくる場面など、とにかく怖い。怖すぎる。
    助かったかなと油断させておいて絶望に追い込む演出もいい。最後もその後がどうなるか不安を抱かせつつ、いろいろ考えさせられる。
    キャストは豪華で、松嶋菜々子と真田広之の演技は素晴らしく、安心して見ていられる。若いころの竹内結子もいい。
    EDの有名な「うーうー、きっと来るー。」という歌はすばらしく、耳にずっと残り恐怖をよみがえらせる。
    内容を知っていても何度見ても楽しめる。貞子に会いたくなる。そんな作品である。

  • 0点 どうでもいい映画

    2004-10-16  by 未登録ユーザ

    この映画が有名になったのは
    全て原作者のおかげですね
    中田氏が無能なのは誰もが知ってるはずです
    監督にも関わらず演出よりもストーリ重視ですから
    何の為の監督なんでしょう
    私の回りではこの映画好きな人は皆無なので
    当時も期待せずに観たのを覚えています
    やっぱ邦画はつまんねーなの一言でしたよ
    見所があまり無いのは中田監督がホラー以前に映画に向いてない証拠だと思いました
    そしてこの作品好きな客もストーリに気を取られて
    凡才な素人演出で十分満足できてしまう
    この映画1本にしがみ付いて邦画ホラーは一番だと
    語る日本人は勘違い甚だしいと思います
    この映画糞も恐くねーよ、と言う人はたくさんいても
    米国ホラー「テキサス〜」とか観て全然恐くない、と言える人はまずいないでしょう
    呪怨の監督の場合はストーリ演出全て一人で創りあげあの完成度ですからハリウッドも必要とする人材ですね
    たまたまリングを中田監督が撮っただけの話で
    米国版リング2ですら中田氏の名はすぐに挙がってこなかったのはやはり誰が撮っても良いような作品なんですね
    でもまぁ相手にする必要無いのにって思ってしまいます
    とにかく評価するのであれば原作者の方だと感じる映画ですね

  • 80点 怖い。

    2011-03-05  by molamola

    あまりの怖さに、本当に劇場で飛び上がり、後ろの観客に笑われた。そして、夜眠れなかった。心臓に悪い。でも、高品質なホラー映画。

  • 40点 ビデオは怖いけど

    2010-07-25  by ゆうざぶろう

    小説よりも、映画の方が「貞子」で一大ブームになった。
    読んでないし観ていない。内容を曖昧にしか知らない。


    確かにあのビデオは怖い。
    けど、主人公達の行動とストーリーが、うーん。
    オチも....

  • 30点 なぜお化け屋敷に?

    2009-10-29  by moyayan

    原作のレベルが高いので、正直この作りの意味がわかりません。論理的なところがなくなってしまった代わり、怖さもちゃちなものなってしまった感があります。(正直この小説5回くらい読むのを止めてしまった)
    まったく新しいタイプの小説だったのに、その一番面白いところをスルーしちゃったのは、勇気がなかったってことでしょうか。
    らせんも、ただのお化け映画みたくなっててつまらなかったし、小説がなぜヒットしたのかをよくリサーチして、映画化してほしかったです。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は リング〈1998年〉の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ