ただいまの掲載件数は タイトル63147件 口コミ 1167878件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > リグレッション > リグレッション[Blu-ray]

リグレッション[Blu-ray]

『リグレッション[Blu-ray]』を価格比較。★★★(60点)『リグレッション』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

リグレッション[Blu-ray]
60点
監督 アレハンドロ・アメナーバル
出演 イーサン・ホーク,エマ・ワトソン
発売日 2019年2月6日
定価 5,076円(税込)

 

価格比較

リグレッション[Blu-ray] 3,918円 (税込)
近日発売 予約可
Amazonで買う
リグレッション[Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ポニーキャニオン
発売日 2019年2月6日
ディスク枚数 1
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「リグレッション」のレビュー

  • 60点 心理学者も牧師もアテにならない

    2018-10-09  by odyss

    実際に起こった事件をもとにした映画だそう。

    一家に亀裂が走るのですが、そのもとになっているのが少女の「父に性的虐待を受けた」という訴え。

    これは教会の牧師のもとでの告白。この告白が警察に持ち込まれ、警察は大学の心理学教授に応援を依頼します。

    ネタバレになるので詳細は省きますが、ここでは一家に亀裂が走ったことに牧師と心理学者がマイナスの関与をしているところがミソです。

    心理学者に関して言えば、この手の心理分析がアテにならないことがこうした事例ではっきりしたということ。この映画は現実に起こった学者のデタラメ分析がもとになっているのです。

    現代日本に引きつけて言えば、容疑者の警察での「自白」がアテにならないことは最近広く認識されるようになっていますが、心理学者の「分析」はそれ以上にアテにならないのです。注意しましょう。

    またこの映画では(必ずしも明確に描かれてはいませんが)牧師が家庭に介入して事態を悪化させたらしい事情も示唆されています。宗教は災いの元、ということでしょう。

    映画の作りでは、刑事の悪夢の描写などがありきたりで、かえって出来を悪くしている印象がありました。
    むしろ刑事が冷静に牧師や学者の抱えた闇をあばくように作っていたら、もっとすぐれた作品になっていたでしょう。
    残念。

  • 60点 虚偽記憶は誰を利するのか?

    2018-10-05  by クリス・トフォルー

    アメナーバルの久々の監督作だし、キャストも好いので期待値が上がってしまったが、この出来では3年遅れの単館上映もやむを得ないか。
    「記憶探偵と鍵のかかった少女(2013)」や「デビルズ・ノット(2013)」を観た後ではインパクトに欠け、健闘はしているが脱がないエマの起用も裏目。
    “催眠療法による虚偽記憶が冤罪に繋がりやすいこと”は認知されつつあるようだが、過ちが誰かを利する社会であってはならないのだ。

  • 80点 信じる者は騙される

    2018-09-17  by ゴン吉

    信じることは恐ろしいことだと思った。
    被害者がエマワトソンのように美人で清楚だったらなおさらです。
    人の記憶はそういうものでしょう。
    そんな役柄をイーサン・ホークが上手く演じていた。

    実話をもとにした作品ということで、色々考えさせられた。
    物証がなくても起訴されて有罪になる日本。
    だから冤罪がなくならない。
    恐ろしい国です。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は リグレッションの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】