ただいまの掲載件数は タイトル64504件 口コミ 1173186件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ユリゴコロ > ユリゴコロ Blu-rayスペシャル・エディション

ユリゴコロ Blu-rayスペシャル・エディション

『ユリゴコロ Blu-rayスペシャル・エディション』を価格比較。★★★★(78点)『ユリゴコロ』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

ユリゴコロ Blu-rayスペシャル・エディション
77点
監督 熊澤尚人
出演 吉高由里子
発売日 2018年4月4日
定価 7,344円(税込)

 

価格比較

ユリゴコロ Blu-rayスペシャル・エディション 5,603円 (税込)
近日発売 予約可
Amazonで買う
ユリゴコロ Blu-rayスペシャル・エディション 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ポニーキャニオン
発売日 2018年4月4日
ディスク枚数 2
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「ユリゴコロ」のレビュー

  • 50点 ち〜が〜う〜だ〜ろ〜

    2017-10-06  by 猫ぴょん

    ちがうだろ〜

    原作と違うのは承知して観た

    前半はそれなりに良かったし
    設定や登場人物の大幅カットはあったけれど
    吉高由里子さんが凄く良くて
    (子役2人も含めて)
    「語り」に引き込まれて
    これはこれで映画として良かった
    前半は。


    が。
    後半はなんじゃ(-_-メ)
    なんであんなに短絡的に感情が爆発するのか
    これでは物語をダメにしてしまう
    松坂桃季さんの演技が悪いんじゃなくて。
    脚本?監督?
    無理やり過ぎないか〜

    違う
    ちがう
    これは沼田まほかる作品ではない


    原作と違う展開であろうとも
    そのイメージ
    その衝撃を壊さないで欲しい

    原作ありきの映画化は本当に難しい

    吉高由里子さんが良かっただけにとても残念



    原作は本当にトンデモない展開ながら
    その「愛」の衝撃に泣けた
    その感動がこの映画にはない

  • 70点 脚本の問題?

    2017-10-01  by Blue Rose

    2か月ほど前に原作を読んで、「感動した」といいますかものすごい衝撃を受け、映画も楽しみにしていました。ただ、原作の衝撃がすごすぎて「もしかしたら映画を観たらがっかりかも・・・」との心配もしていましたけどね。で、実際はと言いますと・・・、正直ちょっとがっかりだったかな(苦笑)。

    いえ、悪評高い「模倣犯」ほどではないのですよ。映画もそれなりにはよく頑張っていたと思います。でもね、やっぱり原作の世界観(衝撃)は半分も表現されていませんでした。映画化に際して設定がかなり変えられていました。もちろんそれはよくあることで、それ自体を非難する気はありませんが、結局それが「出来の今一つさ」につながっていたように思います。原作の、「まさかあの人がこの人だったなんて・・・」が映画でははじめからありませんしね。

    吉高由里子さん、松山ケンイチさんはそれなりに頑張っていたと思いますが、まあ、そこまでかなあ。木村多江さんの演技もよかったですけど。

    原作ファンとして「腹立つ〜」とまでは行きませんでしたが、ちょっと今一つだったかな。原作を読まずに映画だけ観た人はどんなふうに感じたのか、お話を聞かせていただきたいと思います。もし、映画だけを見て「今一つだったな〜」と感じられた方は、それであきらめず、ぜひ原作を読んでいただきたいと思います。・・・と、こんなことを書くと、映画のレビューではなくなってしまうような気もしますが(苦笑)。

  • 100点 私も原作知りませんが

    2018-10-06  by nobumotohide

    私も原作知りませんが、
    おそらく
    原作呼んでる方が残念がってるのはオチに対する衝撃の薄さなんでしょうか?
    私はオチ(サスペンス部分)よりも、
    後半に吉高由里子の心が氷解していく様がよかったです。
    原作はどう表現してるか存じませんが。

  • 80点 つかの間の、心の拠り所

    2018-09-17  by 10年目のソフィ

    原作の大ファンで、公開を待ちわびていたのですが、原作を壊しているなどの書き込みを見て怖気付いてしまい足を運べませんでしたが、やっとWOWWOWで追いつきました。
    たしかに後半の展開には、かなり原作を飛び越えた演出はありましたが、これはこれで良い作品でしたね。
    ただ、映画館で見ていたらここまで落ち着いて鑑賞できたかは微妙ですが。

    吉高さん、とても不安でしたが心配を吹き飛ばしてくれましたし、松ケンは相変わらず上手だなあと。
    出会いの場、定食屋、睡眠見守りシーンなど、知らず知らずに涙が、、、

    心の闇というのは、形こそ違えど様々な人にあると思うし、まほかるさんの世界を上手く映像化していたな、と思えました。

  • 80点 原作未読の感想

    2018-04-10  by バナバナ2

    原作未読で鑑賞したら、面白く観る事ができました。
    ただ、あの人の登場が“偶然が多過ぎ”だし、演じる女優さんで“この人、重要な役なんだろうな”、と分かってしまうので、そこが損していたと思います。

    原作とはどこが違うのか、原作読まずにネタバレだけサッと読んできたのですが、
    あの場面を義両親がやっちゃってたら、映画的に一番盛り上がる場面が半減するし、弟とか別の家族が出てきていたら、洋介と美沙子の“濃密な愛”ではなくなってしまうので、映画の方でよかったと思いました。

    ただ、“あの人”の出し方が問題になってきますが、それも演じる女優さんによるかな。
    余り名の通った人が演じると、それだけですぐピンと来てしまうので(それは本作でもすぐに分かってしまいましたが)、殺人犯を一度も演じた事がない人でないとダメだと思う。

    でも、「あの二人はもう帰ってこないだろう…」なんて言われたら、私だったら、「えっ、この二人、心中するつもり?」と暗い方にとりそうなので、以前から会っていたより、この終わり方でいいように思いました(あくまで原作は読んでいないので)。

    吉高由里子さんはボーとした感じなのに、裏ではユリゴコロを満たす為に人殺しをしているギャップが面白かったし、佐津川愛美さんは今回は髪を短くして、イッちゃってる女の子を上手く演じていました。
    謎解きというよりも、人間関係が面白いミステリーでした。

  • 50点 なんでそんなんなるの…!?

    2017-10-20  by ありりん

    原作既読。

    ん…とね、観終わった後、「あれ?これってこんなにぐずぐずジメジメしたお話だっけ?」って思ったのですよね。
    それもこれも登場人物を省いてるからでしょ。
    省いたのは主人公の弟・洋平と、主人公の経営するレストランのスタッフ細谷さん。
    なんで省くかなぁ。暗く暗く進むお話の唯一息をつける明るさを持ちお話を盛り上げてくれる二人なのに。
    原作者のほかの作品がどうかは知らないけど、これは陰惨な殺人鬼のお話ながらも一種のピカレスクロマンだったなぁ〜、って、読んでる途中では重くなっていった気持ちも読み終えた後は爽快感とまではいかずとも、不思議と気分は軽くなっていたのですよ。
    あとね、あ、あー、ネタバレになるから言えないけど、小説で使えた手法が映画では使えない、ってことで無理くり編み出した設定も「あり得ないですから」。
    悪口ばかり連ねましたが、吉高由里子さんと松山ケンイチさんは役柄ぴったり。吉高さんはこうでなくちゃ、ね〜、と思い、松山ケンイチさんの表情の変化に「うまいわ〜」。
    で、桃李くんも頑張ってたとは思うけど、所々セリフが聴き取れんのよね。ここら辺も頑張ってくれなくちゃ…、ってやっぱり悪口で終わってしまいました(笑)。

  • 70点 アナタとの愛が…ユリゴコロに変わるとき

    2017-09-30  by あらぼ〜

    原作を読んでしまったことを激しく後悔した本作。

    前半は原作の世界観がそのもので、主人公たちの異常な行為を幻想的な映像がグロ美しく表現。
    特に幼少期の池のシーンは素晴らしく、子役もよかった。
    清原さんの表情も心に残るし、ハマり役。

    でも、後半が違った。
    謎解き要素は薄くなっていた。
    決してそれが、よくない訳ではないけれど…私の脳内で創り上げられた先入観みたいなものが邪魔をして、のめり込めずに戸惑った。
    泣けた、という感想は原作未読の人か。
    心が素直な人なのかな。

    吉高さん演じる美紗子は予想通りに素晴らしく、猟奇的な表情に思わずゾクッとする。
    佐津川さんは体重を減らして、病的な友人みつ子を病的に哀しく演じた。
    でも、血や痛みが苦手な人は要注意。
    大概は平気な私でも思い出すとクラっとする。

    松山ケンイチさん、木村多江さん、清野菜名さん。
    さすがの演技。

    現代シーンは、息子亮介=桃李くんの視点から描かれている。
    過去シーンでは美紗子の視点から描かれていて、物語が行ったり来たりする。

    そんな中でも映画と原作に共通して描かれているのは…
    それはユリゴコロ
    同義語をあてるならよりどころ
    概念的に少し難しいので、映画のなかで美紗子が少しだけ説明するシーンを必死に聞いた。

    生まれながらに、異常なほど硬くて冷たい美紗子の心は人の死でしか潤わない。
    それを温めて柔らかくしたのが、洋介=松山さんの正しさと温かさ。
    運命的な出会い。
    いや、悲劇的な出会い。
    …2つの心が溶け合い、やがて浄化していった時に洋介は美紗子の唯一無二のアナタ≠ノなった。
    ユリゴコロはやがて形を変えていく。
    でも、彼の正しい優しさには容赦がなかった。

    原作者は僧侶だけ会って、仏教的な考えが根底に覗える。
    愛や殺生とは何かを伝えたのだろう。
    それでも離れられない、この夫婦の愛が中心に描かれていた。

    映画では、息子亮介が中心に描かれているような気がする。
    実家でノートを読んでからの彼の変化が見どころ。
    まるで遺伝子が覚醒したかのような狂気や苛立ち。
    つい1ヶ月くらい前まで撮影していたという桃李くんの熱演。
    原作では語り部だと思ってた亮介の出番が予想以上に多い。
    ファンには嬉しいのだけれど…

    あの一瞬だけでなく、せめて現代シーンも松山さんと吉高さんが演じてくれたらなあ…
    小説のラストシーンが好きな私は映画の中に忘れ物をして来たような気持ちになってしまう。
    いや、それもつくり手のねらいなのかもしれない。

    人を殺めるという重すぎるテーマなのに、読み終えると温かい気持ちが胸いっぱいに広がるような感覚。
    それが、映画ではあまり味わえなかった。

    熊澤監督は自信満々に、本作を私に突きつけた。
    物理的人的な制約の中で、監督はつくり手の最大限の工夫をしたに違いない。
    伝えかった思いもあるだろう。
    そうだ、私が解釈を間違えただけなのかもしれない。
    自分を責めたい気分になる。

    そして、諦めきれない私は…
    また原作を読み返して、何度も劇場に通ってしまうのだろう。

    おまけ…
    ここ数年、読書の仕方が変わった。
    読んでから観ると映画が楽しめない。
    観てから読む。
    原作を読まなきゃよかったとか、仕方がないとか…思いたくないから脚本に期待してもいいかな。
    つくり手の解釈に期待してもいいかな。
    原作ファンが諦めるしかない映画は哀しい。

  • 80点 ストーリーテリング

    2017-10-01  by 無責任な傍観者

    面白い。ストーリーテリングでは、今年の邦画ではトップクラス。
    原作はかなり面白いんだろうなあ、と。

    殺人鬼、或いは殺人というカルマを背負った設定が今一生きてない以外は、テンポ、構成ともに良くできていて、最初から最後まで目が離せなかった。ストーリーを楽しむという点では完成度高い。
    役者では、松阪がもう一息、松山がまるでダメなのが残念で、彼ら二人が適役の役者だったら、もっと盛り上がったと思います。
    吉高が良くてビックリ。ガリレオ、朝ドラと演技の下手さがモロに出て、見ているのが恥ずかしいぐらいだったのが、本作では見事にはまってた。しゃべりの幼稚さが変質者や抑えた役だと目立たないんだろうね。

    点数は80点。完成度としては90点。カルマの部分で10点ダメ。あとは男優二人で10点マイナス。映画見て原作読みたくなったのは久しぶり。小説だと、半落ち以来かな?

  • 80点 イヤミスの映画化としては成功の部類かな。

    2017-09-29  by クリス・トフォルー

    どこかしら、今年の前半に見た「愚行録」を思い出させたが、こちらは、見ているうちに登場人物たちに救いを与えたくなる。
    過去パートと現在パートを完全に別撮りしたらしいが、似たような構図の映画が多い中では、上手く差別化ができたように思える。
    吉高と松山も役に見事にはまっていたし、佐津川も「ヒメノアール」以来の好演だったが、ショートだとマエアツに見えてしまうのが残念(笑)。早織も役が軽くてもったいない。桃李の父親が、池田成志ぽい貌に松山の声で誰?って感じでした。
    しかし、木村多江だけはミスリードにもほどがあるやろ(笑)。

  • 100点 汚れた絆

    2017-09-25  by STAYGOLD

    まだホラサス大賞が在ったころ。

    彼女の受賞作である「九月が永遠に続けば」は、創り手としては当然だが、目を通した。正直、ふーんとしか思わなかった。このレベルはゴロゴロいる。勝負は2作目以降を吐き出せるか、だ。1作目で大抵が死ぬ。彼女の娘が鉄鍋でコックを叩き殺した様に。受賞作以上の井戸が、源泉がないのだ。しかし、彼女は2作目以降も吐き出していた。つわりもひどかったろう。

    毎年新しい「才能」が湧き出すので他に読まなきゃいけないモンが多く、正直スルーだったが、なるほど生きていたって事か。劇中のみつ子と同様に。

    さて本作。
    と言う事で、原作未読。今後も読む気もない。他に読まなきゃいけないモンが多いし1日が24時間じゃ何もできない。だが、その必要はない。

    貴方の原作は映画作家と役者が、きちんと紡いでくれた。原作者としては、ほぼ、思いが伝わるデキなのでは無いかと思う。繰り返すが読む気は無い。映画で十分納得したから。そういう意味では、私は創り手失格かもしれない。だが、それでいい。笑ってくれても、馬鹿にしてくれても構わない。私も変わっている人間だからー

    前置きが長くなってしまった。本作の良き点は2つに絞られる。

    一つ。下手なホラーより、そそる恐怖の映像美だ。さすがホラサス生まれ。きちんと、ホンが恐怖の礼儀を踏襲している。その意味を映画作家たちが解して、的確に図にしている。前半の映像美と子役の姿は、「MOZU」の殺戮者の子供時代を彷彿させる。ミルク飲み人形を見つめるからっぽの黒い瞳は、今作の白眉だ。この子役、いい。

    二つ。生活感だ。
    どの図にも生き物の匂いがする。暗い穴に、ビオトープに住む小さな生き物たちを放り込む時も。哀しい生き様を寄せ合い汚い飯屋で食事を分け合う時も、殺風景なビルの部屋で躰を寄せ合う時も、川のそばの古い民家で幸せを確かめる時も、その生き方を過去から奪い取られる時も。生きている熱い血の流れに、忘れられない記憶に。生きている、生きるために。そう、あの時代の私たちには生きることが何より大切だった。この生っぽさが、日本の小説なのだ。かっこよく無い。汚らしくて泥臭い。それでいい。日本人が創る、物語なのだから。

    吉高由里子も松山ケンイチもいい演技だ。汚れた絆を舐め合う哀しい姿に涙を堪えられなかった。あのころを生きた人間は誰でもそういう傷を飲み込んで笑って生きている。

    子を成す。育て慈しむ。そして解き放つ。その痛みに、喜びに。

    1984年。歌舞伎町で年を誤魔化して働いていた16歳に支えられて夢を叶えた腐った男もいる。16歳と18歳。子供も産めない二人。約束を守れず、3年後、彼女の故郷で嗚咽に包まれた黒い車を見送った、今が幸せであるほど、あの日の記憶が俺を苦しめる。失った宝物。狂おしい痛み。君の肝臓をたべたい。誰にだって秘密はあるー

    ダメな部分も多い。私が一番好きなカオをしている松坂桃李だが、どう見てもドラマの「視覚探偵 日暮旅人」にしか見えない。キムタクと同じで芸は一つしかないか。彼以外にもう一人。私を虜にしている多部未華子が鎌倉で美しい手紙を書いていると言うのに。

    あの水源でカプセルを飲むシーンと囚われの娼婦の救い方に疑問が残る。なぜあれを飲んで血を吐かないのか、カプセルだからか。タイムラグか。またなぜ敵を始末できたのか。どうやったのか。釈然としない。特に敵はスジ者だ。この過ちに製作陣が気付かない訳がない。なにかの仕掛けか。

    この映画は観ない方がいい。
    もし同じで痛みを持っていたら、苦しくて耐えられないと思うから。でも、それでも立ち向かうと言うのなら。その勇気があるのなら、ぜひ観て欲しい。ズタボロで汚らしくて、でも何よりも美しい愛の形を。全ての終わりの場面を見た時。貴方は何を感じるのだろうか。

    ※2017/9/23 TOHOシネマズ南大沢 SCREEN6にて。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ユリゴコロの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

ユリゴコロ DVDスペシャル・エディション

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4779円(税込)
  • OFF:1485円(23%)

ユリゴコロ DVDスタンダード・エディション

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3132円(税込)
  • OFF:972円(23%)

 

作品情報

(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会

 



WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ぴあフィルムフェスティバル×078film〜最新コンペティション受賞作品・招待作品上映&トーク〜
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】