ただいまの掲載件数は タイトル55538件 口コミ 1101505件 劇場 578件

プリズナーズ [DVD]

『プリズナーズ [DVD]』を価格比較。★★★★(76点)『プリズナーズ』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

プリズナーズ [DVD]
76点
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演 ヒュー・ジャックマン,ジェイク・ギレンホール,ポール・ダノ,ヴィオラ・デイヴィス,マリア・ベロ
発売日 2014年10月2日
定価 4,104円(税込)

 

価格比較

プリズナーズ [DVD] 3,694円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
プリズナーズ [DVD] 3,671円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
プリズナーズ [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ポニーキャニオン
発売日 2014年10月2日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「プリズナーズ」のレビュー

  • 100点 激重し

    2014-05-05  by 安室

    まず晴れてるシーンがまったくない。冷たい冬の雨が寒々しい。
    笑ってるシーンもほとんどなし。凄惨なシーンは多し。

    でもめっさ面白い。
    犯人が誰か分からず、物語の展開が読めない。
    プロットを追いかけるだけでも面白く、最後まで集中が途切れない。
    かつ伏線もいろいろ張り巡らされている。

    ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールの重厚な演技をはじめ、
    役者陣もかなり良い。
    ポール・ダノのはまりっぷりはすごい。

    猟奇サスペンスとして高水準なだけでなく、
    見る者に人間の心の闇を突きつけてくる。
    聖書の引用が効果的に使われており、
    それが人間の弱さや醜さを生々しく引き立てる。

    後で気づいたけど、この監督はあの問題作「灼熱の魂」の人だったんですね。

  • 80点 魔の迷路

    2014-04-25  by 玉川上水の亀

    この作品では「迷路」が重要なシンボルとして出て来る。
    「迷路」を英語で表現すると「maze」になる。
    同様に「labyrinth」やゲームでお馴染みの「dungeon」が類義語となる。
    「maze」には「当惑、混乱」との意味もあり、類義語の「labyrinth」や「dungeon」には「監獄」を意味する場合もある。
    この作品では、登場人物たちが「魔の迷路」に迷い込み、混乱して暴走したり、葛藤する様が描かれていく。
    ボストンの郊外で二つの家族が感謝祭の日を過ごしている最中に、夫々の家族の娘が失踪する。
    この二人の少女の誘拐事件は、現場近くでキャンピングカーに乗っていたアレックス・ジョーンズが容疑者として浮上して直ぐに逮捕されるが、証拠不十分で釈放されてしまう。
    愛娘アナを誘拐された敬虔なクリスチャンである父親のケラーは、この容疑者が発した言葉等で、彼が犯人であることを確信し、捜査が進まない警察を無視して「ある行動」を起こしていく。
    「来るべき災いに万全の準備」をし、「自分の家族は自分が守らなければならない」と固い信念を持つケラーは、アナを守れなかったという深い自責の念もあり、この愛娘を取り戻す為に「暴走」し始める。
    このケラーとコントラストを成すように、警察側の切れ者であるロキ刑事が登場する。
    彼は感情に流されることなく、容疑者や関係者の証言、その所持品や状況証拠を一つ一つ洗い出し、少しづつ事件の核心や犯人に肉薄していく。
    事件に対し全くアプローチの仕方が違うこの二人だが、終盤の方での急転直下の事態で、図らずも同じベクトルの方に向かっていく。
    上映時間2時間33分と長尺な作品だが、ヒュー・ジャックマンやジェイク・ギレンホールの迫真の演技もあり、スリルとサスペンス、事件の核心に触れるヒントや伏線が随所に張り巡らされていて、緊張の糸が途切れることが無かった。
    この作品では、善きにつけ、悪しきにつけ、キリスト教が深い影を落とす。
    宗教に対する背信は、その人の心に「魔の迷路」を生み、やがて「闇の監獄」に囚われていく。
    誘拐事件そのものより、心に「魔の迷路」を持つ人の闇の深さの方が私には怖かった。

  • 100点 バットモービルがパンクする時

    2014-05-20  by えんぞ

    ジョーカーは逃げ
    悪魔が現れる

    信仰と贖罪
    日常に潜む不条理と善人が陥るダークサイド
    象徴する迷路と蛇

    狂気とモラルの狭間で揺れる者たち
    すべての者が「囚われ者」となる

    ヒュー・ジャックマン
    ジェイク・ギレンホール
    ヴィオラ・デイヴィス
    マリア・ペロ
    テレンス・ハワード
    メリッサ・レオ
    ポール・ダノ

    名優たちの競演が悪魔の饗宴になる

    みんな凄いのだけど
    たとえばジェイク・ギレンホール
    刺青と撫でつけられた髪型
    ボタンを全部止めるシャツの着こなし
    後半の「トゥルー・グリッド」な疾走
    犯罪中毒と恐怖への覚醒!

    クリント・イーストウッド
    (「ミスティック・リバー」「チェンジリング」)
    デヴィッド・フィンチャー
    (「セブン」「ゾディアック」)
    巨匠たちにも優るとも劣らない力量
    単なる誘拐事件の物語でなく
    暴力が引き起こす根源的な恐怖
    人間の本質を見事に描いた「トゥーフェイス」の登場だ!

    ドゥニ・ヴィルヌーブと言う名前
    映画ファンとしては記憶に留めておかなくてはならないと思う

  • 100点 「伏線の妙」を十分に楽しめます

    2014-05-18  by 悶mon

    本作品は、「誘拐」を題材とした「サイコ・スリラー」ですが、153分という長さを感じさせない、重厚なサスペンス映画として、大いにオススメできる作品だと思います。

    本作品の主人公はふたり。
    ひとりはヒュー・ジャックマン演じるケリーで、感謝祭を楽しむため、近所の友人宅を家族で訪問していたというのが発端。
    友人の幼き娘とともに、ケリーの幼き娘、アナがちょっとした外出をするのだが、いつまでも戻ってこない。
    付近に不審車が止まっていたことから、「誘拐」を疑ったケリーは警察へ通報、やがて不審車が発見され、運転手の青年が容疑者として逮捕される。

    この事件を担当することになったのが、もうひとりの主人公、ジェイク・ギレンホール演ずるロキ刑事。
    逮捕した青年を取り調べるものの、容疑を否認され、物的証拠も発見できず、拘留期間を迎えたことから、青年は釈放されてしまう。

    これに対し、ケラーは警察を頼れないと判断し、容疑者とされた青年に接触し、犯行を告白させようとするが──。といったストーリーです。

    題材や物語展開は、このようなサスペンスものとしては、「正統派」な感じで、取り立てて新奇な趣向があるわけではありません。
    しかし、ケリーとロキのそれぞれの行動が、極めて緊迫感に満ちたもので、中だるみがないところは、物語が緻密に練り込まれているためではないかと感じさせます。

    なお、本作品は、後半、意外な真相はありますが、「どんでん返し」といった類の驚きはありませんので、その点は事前に承知していた方がよいかと思われます。

    じつは、ミステリ映画は、「どんでん返し」も楽しみのひとつではあるのですが、もうひとつ、「伏線の妙」を楽しむという側面もあります。
    本作品は、まさにその系統の作品で、物語の終盤に来て、「あのエピソードがこんな形で活かされるのか」と、張り巡らされた伏線に感心し、鑑賞を終えることになると思います。

    そのような意味で、小説であれば、上下二巻本になることは間違いない分量ですが、途切れることのない緊迫感と、鑑賞後に感じる「伏線の妙」を楽しみたいというミステリファンには、絶対の自信を持ってオススメできる傑作です。

  • 80点 よく練られた娯楽作

    2014-05-22  by lp

    ヒュー・ジャックマンにジェイク・ギレンホール。ポール・ダノ、テレンス・ハワード、マリア・ベロ、ヴィオラ・デイヴィス。さらにはメリッサ・レオと、超豪華キャストが共演したサスペンス。

    誘拐された娘を救い出そうと、容疑者の男に異常なまでに執着する父親の物語。
    誘拐劇ということで、観賞前はサスペンススリラーかと思っていました。しかし、実際には何かに縋らずには生きられない人間の弱さや、大切なものを失うことで人間性が崩壊する過程。これらの誘拐事件により変化する登場人物達の内面が色濃く映し出されていて、サスペンスと言うよりも普遍的な人間心理を描いたヒューマンドラマでした。

    上映時間は153分と長尺。しかし、誘拐事件を巡る緊張感が濃厚なドラマに絡むことで見応えのある映画になっていて、退屈することが無かったです。純粋にサスペンスとしても伏線が非常に細かく、よく練られていました。思わず手に汗握る終盤の展開も良かったです。
    また、先述の伏線の細かい張り方や抜群に巧いカットの繋ぎ方。さらには観客の注意を惹き付けるための計算された画造りと、映画全体が異様に細かく造り込まれていて、ストーリー先行の映画ではなく技巧派の映画でもありました。
    唯一、観客が参加する余地が少ない点だけはイマイチと言えばイマイチでしたが、それも微々たるもので許容範囲内でした。

    キャストの演技も素晴らしく、作品毎に各キャラクターを完璧に演じ分けるメリッサ・レオの芸達者っぷり。そして、『それでも夜は明ける』の時の毒気を全く感じさせないポール・ダノ。この2人が特に印象的でした。

    娯楽作として楽しめる要素も充分に残しつつ、重たいドラマとして見せる部分もしっかりあり、内容に対する「良い/悪い」は抜きに「面白い」と素直に感じられる映画でした。

  • 60点 ストーリー・俳優はGood、テンポはBad

    2014-05-04  by aineizi

    映画の命はテンポだと思ってます。
    ストーリーは王道サスペンスで楽しめました。
    (セブンには遠く及ばないです)
    俳優陣もとくにヒュージャックマンは熱演していて、非情な役どころですが感情移入できました。

    テンポは最悪です。
    2時間半ありますが、警察が無能なシーンを全部カットしていればイライラせずに楽しめたと思います。

  • 80点 人はどこまで鬼になれるか

    2014-01-07  by ハナミズ

    迷路、光、闇…自然と浮かび上がるキーワード。
    エドガー・ライトが選んだ2013年のベスト10にも含まれている傑作サスペンス・スリラー。
    監督は『灼熱の魂』でその名を脳裏に刻み込んだドゥニ・ヴィルヌーヴ。

    幼児誘拐を題材に取り、我が子の為なら人はどこまで鬼になれるのかということを喉元に突きつけられる。
    タイトルの意味は、もちろん囚われた子どもたちのことであるが、一方では<我が子のためなら手段を問わず>という狂気にも似た感情に囚われた父親の姿でもある。

    切れ者で献身的な刑事ロキにジェイク・ギレンホール、娘に盲目的愛情を注ぐ親ばか父ちゃんにヒュー・ジャックマン、その他にもビオラ・デイビス、ポール・ダノ、メリッサ・レオといった個性派実力俳優が脇を固める。
    ヒュー・ジャックマンの入れ込み具合は半端なく終始テンション高めで、一方でギリギリまで感情を抑えストイックな芝居を見せるジェイク・ギレンホールの刑事役もしびれる。
    大人と子ども、善と悪の中間に位置する役どころを演じるポール・ダノのハマり具合は最高。

    迷路のように入り組んだ事件に<光>と<闇>を生かした演出の巧みさが光る。
    小道具や些細なアイテムの脚本への生かし方も実に上手い。
    コーエン兄弟の作品でも知られるロジャー・ディーキンスのカメラワークも冴え、冷たい色彩も親たちの心の内を表すようだ。

    案外と犯人像は早いうちに推測がついたものの、最後の最後までハラハラドキドキが止まらなかった。個人的にも今年のベスト10入りしそうな映画。

  • 80点 複数形が語る

    2017-01-08  by yoks666

    冒頭から始まるスリリングな展開。
    映像から漂う冷たく、重く息苦しい空気。
    あっという間に陰鬱な映画の中に惹きこまれてしまいます。
    思わず目を背けたくなる場面が多いですが、緊迫してゆく事の成り行きが気になり固唾を呑んで見守ります。

    行方不明事件が多発するアメリカ社会の巨大な闇を描いた作品に用意されていた結末。そこで原題が意味することを理解します。

    肉体的、精神的にも緊張させられる辛くて重い内容ですが、見応えある作品でした。

  • 80点 最後の最後まで展開が読めない!!

    2016-03-08  by MOTTY28

    この監督ただの鬼畜なんじゃないかというくらい
    全編を通して暗く、希望がなく、後味の悪い作品。
    それってつまり、最高のサスペンス映画ということだ。

    突っ込みどころはあるけれど、
    そんなことどうでもよくなるくらい役者の演技が素晴らしい。
    特にジェイク・ギレンホールは神がかっている。

    カメラワーク、伏線の張り方、音楽、
    そして2時間半の長尺を全く飽きさせず
    最後まで緊張感を維持するストーリー展開、
    すべてが素晴らしい。

    エンドロールに突入してふと思った。
    人の心に巣くう闇が、人を囚われ人にしてしまうのだ。



  • 70点 愛が父を盲目にする

    2016-02-02  by gale

    娘を奪われた父親のとった行動は、一番最初に掴んだ確実であろう証拠にしがみつくこと。
    どこまでもその証拠にしがみつくし、それが父を盲目にさせていく。
    いくら周りからおかしく見えていようが、彼にとってそれは正義なのだ。絶対に手放したくない。
    ロキ刑事がどんな展開を話そうが彼は耳を貸さない。
    愛は父を盲目にした。

    この映画はジェイク・ギレンホールが出ている作品ということで観たが、よかった。
    はっきり言ってジェイクのほうがヒュージャックマンより出演時間が長かったし、存分に演技力を堪能できた。(個人的見解だが、ジェイクは『ゾディアック』ぽかった。)


この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は プリズナーズの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

プリズナーズ [Blu-ray]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:4568円(税込)
  • OFF:508円(10%)

 

 



3月公開の大作・期待作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 今月は『ムーンライト』『ひるね姫…』『モアナ…』『3月のライオン』『SING/シング』他全10作品
青山シアター&PFFアワード2017特集
ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
あのベストセラーが映画化『しゃぼん玉』3月4日(土)公開
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!
シャマラン初のドラマに続編登場! 『ウェイワード・パインズ 出口のない街』シーズン2 DVDコレクターズBOX 発売中
「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝