ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157020件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ > シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX(期間限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX(期間限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX(期間限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]』を価格比較。★★★★(79点)『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX(期間限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
78点
監督 アンソニー AND ジョー・ルッソ
出演 クリス・エヴァンス,ロバート・ダウニーJr.,スカーレット・ヨハンソン,セバスチャン・スタン,アンソニー・マッキー
発売日 2018年4月4日
定価 4,320円(税込)

 

価格比較

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX(期間限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] 3,336円 (税込)
通常7〜10日以内に発送
Amazonで買う
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX(期間限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
発売日 2018年4月4日
ディスク枚数 2
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のレビュー

  • 100点 ドキドキが止まらないw

    2016-05-02  by 猫ぴょん

    やっぱりキャプテン(*'ω'*)カッコイイ
    ぶれないその真っ直ぐさ
    ひたむきさ
    友を思うその心

    ついていきます
    どこまでもw

    ファルコンもカッコイイ〜(#^^#)

    それぞれの苦悩
    (>_<)切なくツライなぁ

    悲劇のバッキー(ToT)
    でも信じてくれる友がいる


    6対6のチーム戦

    最高なんだけどwアントマン(≧▽≦)
    キャプテンチームだと分かった時の嬉しかったことといったら!!
    すっごい心強いの(^^♪
    思った通りの大活躍
    だけどなんでかしらん
    すっごい頑張ってるのに笑っちゃうヾ(≧▽≦)ノ

    これからもキャプテンを助けてね!アントマン

    仲間割れの悲しさ
    これからどうなるのかドキドキが止まらないし
    イケメンがいっぱいでトキメキも止まらないのww
    (バッキ―はカッコイイしスパイダーマン可愛いし)

    あっ!
    新顔ブラックパンサーも◎

    次はアベンジャーズ3
    待ち遠しすぎて猫今から発狂(笑)

  • 80点 それぞれの正義と友情

    2016-04-30  by 出木杉のびた

    ヒーロー活動には破壊はつきもので、街中で敵と戦うと、どうしても市民が巻き込まれてしまう。この破壊は観客への映画的サービスなので、本来は突っ込んではいけないのだが、最近はこれを逆手に取ってヒーローたちを追い詰める理由にされてしまっている。過去の戦いの巻き添えで死んでしまった一般人の身内が、敵ではなくヒーローを憎んでしまうのがそもそも解せないのだが、敵がやられてしまったら、怒りの矛先を向ける場所がないと了解するしかなかろう。政府としてもパワーのコントロールは必要不可欠で、力を持つ者を野放しにするより、支配下に置きたいと思うのは分かる。

    そんな事件が元で、仲違いしてしまうアベンジャーズのメンバーたち。これもヒーロー同士を戦わせたら誰が強いのだろう、どんな戦いが見られるのだろうという興味からのファンサービスではあるが、やはりヒーロー同士では戦ってほしくはないのもファンの本心。だから本作もとても面白いのであるが、辛すぎるのも事実。本当の敵は他にいる。

    しかしながら、本作でのヒーロー同士の対決は物凄く面白い。各ヒーローの特色を活かした対決はバリエーションも豊富で、次々と繰り出される技の連打に、もうノックアウト。ヒーロー同士の戦いという暗い内容だけに、そこはユニークな新キャラの導入でユーモラスな展開を見せるので救われる。予告編で登場済みなので書いてしまうと、おしゃべりな若きスパイダーマンが実に微笑ましい。そしてアントマンの新たな能力には、驚かされた。更に新キャラ黒豹の動向も見逃せない。超人や装甲や武器を装備しているヒーローたちの中で、唯一生身のスカーレット・ヨハンソンのアクションの見せ場も多く、大満足のクライマックスであった。

    しかし、本作のタイトルは「アベンジャーズ」ではなく、「キャプテン・アメリカ」。主人公はキャップである。ウィンター・ソルジャーとの友情が篤い。しかし、それ故にアイアンマンとの対立が辛すぎる。トニーの両親に関わる真実は、あまりにも過酷だ。正義と友情の為に戦うヒーローたちではあるが、考え方と信じる気持ちの方向性の違いがシビル・ウォーを招いてしまった。面白くはあったが、内容的に心の底から楽しめた作品ではなかったのが残念。

    冒頭に、エンドクレジット後にも映像があることを告知してあるにも関わらず、帰ってしまうお客がいた。クレジット途中でのシーンで終わりと思ったのだろうか。

  • 90点 早く、続きを〜!

    2016-05-03  by なつみかん。

    いやぁ〜
    もぉ!

    続きはまだ?!

    もっと、もっと
    ただ、只、それが (o^^o)

    これも同じディズニーなんだね。

    ズートピアも良いのだけれど
    やっぱり、こっちだね!

    動物の毛の1本々々のリアルさも素敵だったけれど・・・

    トニーの、キャップの、バッキーのいちいちの表情にこそ、惹かれます。

    お願いだ!
    次の話を見せてくれ

  • 60点 チビッチャ・ウー/キャップして・ハメルか

    2018-03-27  by  も〜たまらん  PURNA

    そうです!

    ヒーローの皆さん!

    強いからって

    ‘‘‘我慢’’’

    してはいけません!

    m9っ`・ω・´)シャキーン


    そうです!

    カウパー腺液(ガマン汁)は危ないので〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜す!!!


    m{oYo}屮 シュワッチっ!

  • 90点 正義とは

    2016-05-15  by ゴン吉

    アベンジャーズの仲間が二手に分かれてのバトルは圧巻。
    スピード感に加えて迫力もあり、またストーリー的にもよく練られている。
    アベンジャーズに属さない飛び入り参加したメンバーや、新顔の登場・活躍も見逃せない。
    前作の「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」とは比ぶべくもなく、本作品の方が色々な意味で質も高く、圧倒的に楽しめる。
    娯楽映画の王道といってもよいだろう。

    作品としての華やかさとは別に、正義の戦いの名のものとに巻き込まれて死んだ庶民の悲劇も描いている。
    ほぼ同時期に上映された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でも同じテーマを扱っている。
    映画のジャンルは違うが、「エンド・オブ・キングダム」でも同様であえる。
    罪もない庶民の巻き添えが、新たな戦いやテロを生む。
    先日もアメリカによる対テロ空爆で、シリアの基幹小児病院が爆撃され、多くの罪なき子供と国境なき医師団から派遣さた沢山の医師が亡くなった。
    シリアでは欧米諸国による再三の庶民巻き添えの空爆が起きている。
    子供や家族を殺された者は何を考えるだろうか?
    本作品はこのような時代背景を反映しているのかもしれない。

    たとえアベンジャーズとして市民を守るために戦ったしても、体制に従わなければ、犯罪者として拘留の身となる。
    何が正義で何が悪なのか?

  • 90点 一粒で2度おいしい

    2016-05-04  by Yosu

    チョーすげぇ〜ヒーローの玉手箱や!
    バットマンVSスーパーマンが飛んじゃいました。
    予告編が始まった時、鑑賞しようか迷ってましたが
    クモ男に出現に、やっぱり見るぅ〜となりました。
    そしてアントマン、まさかのびっくりぽん!
    いやぁいいわぁ〜!
    帝国の逆襲のシーンにウルウル、
    ブラックウィドウの行動にニヤリ!

    スーパーマンもそうでしたが、
    ガメラVSイリスを思う。
    ギャオス攻撃するため渋谷の街が壊される。
    悪を倒すため人々が犠牲になる。
    ヒーローや味方の怪獣と共闘するには
    どうする?

    いやいや、もっと楽しもう。

    でも、前両作品を覚えていれば楽しさ倍増かな?
    キャプテンの想い
    このヒーロー軍団対決、続きがあるんでしょ!?
    次回のキーマンはだれ?赤と黒?

    雪解け?の日が来るまで
    見続けたい作品です。

    あっ、ジャスティス・リーグも!

  • 80点 友情の勝ち

    2016-04-30  by gale

    公開日に鑑賞しました。
    とりあえず、面白かったです。

    キャップが本作で背負わされるのは、世界の人々をいかに守っていくか、彼にとって一番大切なものは何なのか。
    かなり究極的に考えさせられていました。
    過去を共にしたバッキーか、未来を共にしていくアベンジャーズか。
    バッキーを守るためならどんな犠牲も払う強い友情。
    少し涙さえしました(泣)

    バッキーはこの作品を通して、じょじょに過去を思い出し、同時にヒドラに操られていた過去に苦しめられていきます。
    そのそばにはまたキャップがいて。70年越しでも、かれらは深い絆で結ばれていたんだなと感じました。
    後半の方ではキャップとの強い友情を感じさせる連携での戦い方とか、すごくよかったですね(*´∀`)
    この映画はバッキーにつきます!

    ……と、バッキーが大好きな私(キャプテンアメリカの一番最初から大好きだった!)なのですが、他にも色々予想外に面白かったですね。

    なんか変わったなあと思ったのは、やっぱり「キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー」よりはるかにコメディ調なんですよ。
    後述しますが、なんか力の抜けるジョークが所々出てきて(個人的にはバッキーとファルコンのシーンが好きです(笑))、前作の超シリアスな感じとは全然違いました。

    戦闘シーンはかなり良かったですね。
    さっき書いたとおりバッキーとキャップの連携プレーあり、アントマンの隠し芸(笑)あり、壮絶なぶつかり合いあり、面白かったです。

    本作のMVPはもうダントツでバッキーなのですが(笑)、その次を挙げるならスパイダーマンとアントマンでしょうね。
    どっちかっていったら、この二人はコメディ的MVPですが(笑)。二人とも空気を無視してキャッキャやってる感じで(笑)。
    スパイダーマンがこんな面白キャラだったのはすごく意外でしたね。歴代スパイダーマンでは一番高校生らしい気がします。

    あと、なぜかスター・ウォーズへのオマージュがすごく強かったですね。
    スパイダーマンがエピソード5のルークの真似をしていたり、悪役のダニエル・ブリュール(彼もよかった)がやたら帝国って言っていたり。

    今回もちゃんとエンドクレジット後のおまけがありましたので(2回に分かれてました)、みなさんちゃんと見てくださいね(笑)。

    キャップ、頑張れよ!と言いたくなりました。

  • 80点 勧善懲悪を期待してはいけない

    2016-05-05  by みかずき

    本作は、迫力ある質の高いアクションシーン満載であるが、それだけが売りではない。従来の勧善懲悪型の痛快なヒーロー・アクション映画とは一線を画す意欲作である。

    世界の悪に立ち向かうために、アベンジャーズとして団結した正義の味方達だったが、悪との戦いは熾烈を極め、勝利はするものの、犠牲を伴うため、世界中から批判に晒されることになる。結果として、アベンジャーズの自由意志での縦横無尽な戦いを抑制するために、国連の管理下に置くという処置に、彼らの意見は分かれ分裂の危機が訪れる。

    今まで、正義の味方は、限りなく強く完全無欠であり、地球の平和を守るため、寸暇を惜しまず、悪と戦って倒してきた。その人間性を描くことはタブー視されてきた。しかし、スパイダーマン・第1シリーズあたりから、その深層心理をしっかり描いた、葛藤し苦悩する人間臭い正義の味方が登場するようになってきた。

    本作は、更に踏み込んで、正義を貫くという志は同じ者たちの、本音の激論、そして内紛まで描いてしまう。まさに彼らの人間としての本性を剥き出しにさせてくれる。それが良い。奏功している。正義の味方を神聖化/特別視せず人間臭く描くことで、彼らの存在が凄く身近に感じられる。

    最後に、彼らは、内紛の危機を脱して再び強い絆で結ばれ悪を倒す。血の通った、生身の、悩み多き、彼らの次なる活躍に期待したい。

  • 90点 体制vs反体制

    2016-05-02  by EGライダー

    アベンジャーズの強大な力は副作用も大きくなる。
    国連の管理下になるか否か・・
    意外と内容もあった作品

    元々あんまり折り合いの良くなかったキャプテン・アメリカとアイアンマン
    意見の相違から決定的対立
    体制のアイアンマン、反体制のキャプテン
    アベンジャーズ内紛勃発・・存続の危機

    私はアイアンマンの意見に賛成
    キャプテンの考えは結局「ワシが法律や」
    の恣意的な危険思想と思います。

    クライマックスではアイアンマンの怒り爆発
    いや、あれを見たら誰でもああなるでしょう。
    バッキーは自責の念が沸かないのかな。
    ネタバレになるんでこれ以上言わないけど。

    アクション、映像、音響も文句なし。
    140分を超える映画とは感じなかった。
    そうそう、エンディング後にオマケ映像があります。

  • 40点 ビデオで拝見2018−062

    2018-05-06  by アキラ

    『エイジオブウルトロン』の続きに当る今作は一言で云うならばマーベルヒーローたちによる壮大なる内ゲバ。このエピソードではスパイダーマンとアントマンとブラックパンサーも参戦。現在の米国は相当に病んでいる事はこんなヒーロー映画にすら現れている。キャプテンアメリカ側とアイアンマン側が覇権的で自分勝手なアベンジャーズの活動に反感を抱いた国際的な統制を受け入れるか否かで分裂。正に自由経済と保護主義で分断された現在の米国を象徴する構図。米国が正義の味方を気取って暴力を行使する事で世界中に生み出されたテロリストの報復で手痛い被害を被るってのも近年の米国の悲劇。国際犯罪の裏にロシアが暗躍という想像力に欠如した鬼畜米の妄想も確定的事実として描き込まれる。その中で団結して闘うという方向性に行くと思いきやウィンターソルジャーの過去を知る事で分断は更に深まり、この対立の続きは『アベンジャーズ3』でって所だろうか。

    それにしてもやはりバッキーはカッコイイ。1作目で死んだと思いきや2作目でウィンターソルジャーとして蘇り、この3作目では冤罪で追われキャプテンアメリカやアントマンと共に協定賛成派であるアイアンマンやスパイダーマンやブラックパンサーやヴィジョンに立ち向かう。ヒドラによる洗脳で冷血非道な虐殺を行う事もあるけれど基本的には味方。本来なら争わないで済むはずの事が彼ら自身の無頓着さ故に生まれた敵の謀略にはまって引き裂かれる。「もしここにハルクとソーがいたらどちらに付くだろうか?」とトニースタークが尋ねる訳だが、その2人は同じ頃に遥か彼方のゴミの惑星でさらに厄介なトラブルに巻き込まれていた。その顛末は『マイティーソー3』に続くって訳だ。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集