ただいまの掲載件数は タイトル64968件 口コミ 1178407件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 鉄男/TETSUO THE IRON MAN > 鉄男〜TETSUO THE IRON MAN〜 [DVD]

鉄男〜TETSUO THE IRON MAN〜 [DVD]

『鉄男〜TETSUO THE IRON MAN〜 [DVD]』を価格比較。★★★(61点)『鉄男/TETSUO THE IRON MAN』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

鉄男〜TETSUO THE IRON MAN〜 [DVD]
60点
監督 塚本晋也
出演 田口トモロヲ
発売日 2000年7月22日
定価 6,264円(税込)

 

価格比較

鉄男〜TETSUO THE IRON MAN〜 [DVD] 在庫切れ  
鉄男〜TETSUO THE IRON MAN〜 [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 アクセスエー
発売日 2000年7月22日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD

関連商品



ぴあ映画生活ユーザーによる「鉄男/TETSUO THE IRON MAN」のレビュー

  • 100点 とにかく衝撃でした

    2007-11-19  by ナザレ

    初めて見たのは17歳の時でした。
    「バレットバレエ」で初めて塚本映画を見て気に入り、レイトで過去作品の特集があっていたので見てみました。

    その頃、邦画を見始めたばかりで、インディペンデント系の作品もほとんど見たことはありませんでした。
    ただただ「凄い!」という興奮、「癒し」のような感覚も同時にきたような気がします。
    こんなのありなんだー、なら私も大丈夫じゃん!みたいな・・(当時の私に問題あり?w)

    何が、どこが良い?って考えるとよく分からないのですが、、とにかくあの衝撃は当時の私にとって味わった事のないものでした。
    10代で見れたことも大きく関係していると思います。(今見ても同じように感動はできないと思うので)

    観る人を選び、嫌悪する人もかなり多い作品だとは思いますが、面白い出会いになる人もいるとは思うので、それを踏まえて鑑賞をオススメします。

    100点というのは当時見た時の採点ということで。。。再度見るのが怖くて(あの感動が変わりそうなので)まともには1度しか見たことがないです。

  • 80点 映像の訴える圧倒的な力

    2009-04-06  by シースリープ

    金属に体を蝕まれていく男の物語。
    物語といってもストーリーはほぼあって無いようなものなのかもしれません。
    とにかくモノクロ映像の力が凄い!
    友人は『AKIRA』の鉄雄の影響をそのまま受けていると言っていましたが、正直私にはそんなことどうでもよくなるほどの圧倒的な力を感じました。
    痛みとか恐怖とかを全部吸い込んで目に見える「形」そのものが感覚となって襲い掛かってくるような怖さです。
    きっとテーマに「機械化文明に対する警鐘」とか「痛みを忘れた現代人」とか色々あるのかもしれませんが、それが全部吹き飛ぶほどの破壊力を持っていました。
    観ている間、ずっと黒板を爪で引っかく音を聞かせられているようです。
    これほどまでにインパクトの強い映像のみで訴えてくる作品は他に知りません。
    私にはしっかりと爪あとを残していきました。

  • 60点 うあ

    2005-03-05  by 味のり

    塚本作品は初めて観ましたが、この作品ではそこまで非凡な才能は見受けられませんでした。
    ただ、これを映像化しようというその行動力には脱帽です。ほんとにやっちゃった、みたいな。
    前半はすごい圧力でストーリーが進んでおもしろいんすが、後半からはなんかナァナァになったのか
    勢いは凄いけど、ほんとに何も考えてない感じ。
    観客の事は全然無視。自分がいい汗かきたいから走ってる。
    好感もてる製作姿勢ではあるけどやっぱ観てる方は辛い。

  • 30点 良くも悪くも自主制作映画

    2009-11-27  by ホーク中尉

    映画作りに憧れる少年が8mmで時間かけて撮って悩みながら楽しみながら編集したような作品…
    を大人になって多少お金かけてスケールアップさせた感じでしょうか。。。

    オリジナルですねぇ。なにかの真似とか全く考えてないっぽい。

    塚本監督のルーツに興味がある人とか一部のマニアの人限定でお奨めしときます。
    いや、そういう人はご自分で見るでしょうからお奨めするまでもありませんね(^^ゞ

  • 50点 さすがです…。

    2009-08-31  by miho*

    塚本晋也だから許される作品。
    ほかの監督だったら、有り得ません。
    賛否両論でしょうね。

    でも塚本初心者の方は、やめた方がいいかと。
    開始5分が限界ってとこでしょうか。

    正直私もあまり理解できませんでした。

  • 100点 今尚全く色褪せない怪作

    2019-05-29  by 白波さん

    シネマシティの30周年記念リバイバル上映を観てきました。
    リバイバル自体は時々やってたりしますが、これだけ大きなスクリーンでみる機会はなかなか無いでしょう。しかも極上音響上映です。
    少し遠いのですが足を伸ばしてきました。
    予告など入らずいきなり始まるのも良いですね。

    それにしても久しぶりに見る「鉄男」は、やはりとんでも無かった。
    ギラギラとした白黒の世界、怪音とも異音とも取れる音楽、襲いかかるかのような映像表現、それらが絡み合ってできた作品。
    サイバーパンク作品で、そこにエログロと血吹雪とホラーと愛が合わさっています。
    きっと開始2〜3分で、これが尋常じゃ無い作品だと感じるでしょう。
    田口トモロヲと塚本晋也の怪演にも魅せられますし、ストップモーションを多用した映像にも目が離せなくなります。
    初見だとその映像と音に圧倒され、訳がわからなくなってしまうかもしれません。
    それでも最後には、ズッシリと残るものがあると思いますよ。
    30年経っていますが、これだけの熱量のある作品は余り見かけません。
    今尚全く色褪せない怪作、是非一度体感してほしい作品です。

  • 10点 あまりに退屈な学生の卒業制作のような作品

    2017-08-31  by 葵ジュニRSS

    バイオレンス。
    鉄の男をテーマに、なんとなく本能のおもむくままにいろんなシーンを撮って、なんとなく編集してみたような、学生の卒業制作のような作品。
    あまりに退屈で何度か寝そうになった。
    モノクロと、ハイテンポなBGMと、カオスな映像でゴマかしているだけで、ろくに内容もなく、また理解しようとしても無駄である。
    街を高速再生や巻き戻しするシーンを多用していて、それも好きになれない。

  • 50点 マニア向けだね・・

    2011-01-21  by イグアナ

    一般向けでなく、マニア向けの映画だね。

    作品を観ていて、製作の努力や工夫などは伝わるんだけど、個人的に全く好きではないので50点位。

    ただし、こういった自分のやりたい事を突き詰めるという姿勢は
    すばらしいと思うし、これからも是非頑張って頂きたい!

  • 100点 音楽も衝撃的

    2010-11-13  by taru

    「鉄男 THE BULLET MAN」のDVD&ブルーレイ発売記念として、<鉄男全作一挙上映>が立川のシネマ・ツーaスタジオで行われました。たまたまネットでこの企画を見つけて、すぐにチケットをゲットして待つこと一カ月?やっと11月3日に行って来ました。

    ゲストは塚本晋也監督の他に、出演した桃生亜季子とエリック・ボシックや、音楽を担当した石川忠さん等がいらっしゃっていて、3回のトークショーも面白かったですが、やはり何と言っても主役は鉄男全三作。私は「鉄男」と「鉄男II BODY HAMMER」はビデオで見ただけですし、三作目の「鉄男 THE BULLET MAN」はつい観る機会を失って未鑑賞でしたから、この企画はまさに私にぴったりのものでした。

    で、この三作を続けて観た感想はというと、わざわざこの映画館で上映したのは、とにかくこだわりの音響設備に理由があったようなんですが、映像と音楽とがまさに半々。映像もすごいが音楽(音響)もすごい。すごすぎる。無駄遣いはやめようと決心したばかりなのに、"鉄男 TETSUO コンプリート・サウンドトラック" CD¥ 5,775をネットで今注文してしまいました。これは会場で監督が、中に応募券が入っていて、撮影で使用した一点物のマスクとかが当たりますよと宣伝していたもので、会場で買えば監督のサインももらえたのに買うのを我慢して、今頃になってネットで注文しているあほは私です。

    「鉄男」は画面も小さいし、白黒だし、音もモノラルなんですが、一番衝撃的でした。心臓を鷲掴みにされる感じです。映画館の最高の音響で鑑賞することはもうできませんが、ヘッドホンでもして、音は可能な限り最大で鑑賞することをお勧めします。

    「鉄男II BODY HAMMER」も音はモノラルですが、「鉄男 THE BULLET MAN」へと進むにつれて画面は大きくなり、音もステレオに。そしてストーリーも一応それなりに体裁が整って来て、ラストの印象は「鉄男 THE BULLET MAN」が一番いいのですが、何だか一寸物足りない感じもします。でもこれは世界配信も視野に入れて、外国の業界の人の意見も聞いて監督が作り直したりもした、メジャー狙いの大変意欲的な作品らしいです。今回DVD&ブルーレイにもなりましたしね。

    でもまあ、合わない人には気持ち悪くなるだけの映画かもしれませんから、どなたにもお勧めできる映画ではありません。3つある「鉄男」はどれから観てもいいとは思いますが、出来れば製作順に観るのが一番すんなり心に落ちるのではないでしょうか。心してご鑑賞ください。(笑)

  • 10点 ただの自己満足映画(@_@)

    2005-03-31  by 未登録ユーザごんた

    全然内容が伴っていない意味不明の映画でした。
    DVDで観たが…映画館で金を払い観る価値はなし!
    モノクロでテンポが速く、CGもしょぼい。。
    伝わってくるものが皆無の映画でした。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 鉄男/TETSUO THE IRON MANの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ