ただいまの掲載件数は タイトル60647件 口コミ 1162446件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 素晴らしき哉、人生! > 素晴らしき哉、人生! [DVD]

素晴らしき哉、人生! [DVD]

『素晴らしき哉、人生! [DVD]』を価格比較。★★★★☆(87点)『素晴らしき哉、人生!』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

素晴らしき哉、人生! [DVD]
87点
監督 フランク・キャフ゜ラ
出演 シ゛ェームス゛・スチュワート
発売日 2007年8月22日
定価 443円(税込)

 

価格比較

素晴らしき哉、人生! [DVD] 443円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
素晴らしき哉、人生! [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 PSG
発売日 2007年8月22日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「素晴らしき哉、人生!」のレビュー

  • 100点 今この世界がなるべくしてなったという喜び

    2008-11-12  by 未登録ユーザ恭子

     人間だれでも一度は思う「自分がどうあろうと、喜びに満ちていようと悲しみに暮れていようと、存在の有無も、世界という大きい対象の前では何の関心ごとにもならない」という、まあ若い頃特に思うその感情を、やんわりと否定してくれます。アイデンティテイというか…。

     私といういち個人が、どうしてここにいるか? という考えではなく。
     世界がどうしてこういう形であるのか、それをそのようにもたらしめた自分という存在。その役割。少なからず人生に対してほんの少しの希望と、自信を持てるような作品ではないでしょうか。

     人が一人づつ独立してなりたっているのではなく、すべての人が(それはかかわることがなかったどの人物に対しても)つながりがある、どこかリンクしてそのカタチになった喜びを感じます。
     私自身が認められるムービー。なんてすばらしいの哉? この人生。

  • 100点 ありがとう

    2009-12-05  by 奈菜

    自分の利益ばかりを追求する意地悪な守銭奴はどこにでもいて、彼らはたくさん富をむさぼっているはずなのに、こころの金庫はいつまでもいっぱいにならない。善良で素朴に生きている庶民の笑顔と成功が妬ましくてたまらないから、善人の動向をまるで姑のようにいつもチェックせずにはいられない。
    主人公はそんな守銭奴のターゲットにされたばかりに、人生に絶望して自殺を図るが、そこで終わらないところがドラマティック。「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「私は貝になりたい」などの映画のように、社会の無情や厭世感に慣れ親しんでしまったわたしには、本作の素直なエンディングで逆に狐につままれたような気持ちになりました。

    街のご主人、ご婦人、青少年、ありがとう。
    街のワンちゃん、猫ちゃん、ネズミよ、ありがとう。
    おじさん天使、ありがとう。
    わたしの愛する家族、いつもありがとう。
    F・キャプラ、ありがとう。
    素晴らしき哉、人生!

  • 100点 間違ってはいなかった。

    2008-11-27  by シースリープ

    ここのレビューをきっかけに鑑賞しました。
    とても良かったです。

    序盤、少しダラダラしていましたが、
    劇中の一大事件を発端にのめりこむように見てしまいました。
    このパワーはカラーだろうがモノクロだろうが関係ありませんね。

    途中、ファンタジーなテイストに急展開しますが、問題解決を神様や天使なんぞに頼らず、自力で解決していく様は思わず涙してしまいました。

    あなたがしてきたことは間違ってはいない。
    あなたのしてきたことがあなた自身の幸せになるんだ。

    思いやりやそれに対しての努力、誠実さ
    そんな人間の美しい面を賛美している
    それ以上でもそれ以下でも無い
    けれどそれが一番大切なことなのかも。。と思った映画です。
    本当に見て良かった。

  • 100点 絶望を問う

    2007-01-02  by 椎茸

    毎年アメリカではこの映画がXmasに当たり前の様に放送され、映画界にも多大な影響を及ぼしたという話を聞き、内容もオチも知っていた中で鑑賞しました。
    ラスト10分、久々に映画で泣かせて頂きましたw
    世知がない世の中で真っ正直であったり、私欲よりも他者の為に生きようとすれば当然損をしたり苦境に立たされるのが常ってもんだけど、この映画はそんな現実をも肯定させる人間賛歌ともいうべき素晴らしい映画でした。
    ファンタジーであるけれど決して子供向けというわけではなく、むしろ大人が見て感動出来るファンタジーだと思いました。
    もしもこうだったら‥というタラレバな展開も今となってはあらゆるジャンルで使い古されてるけど、全てはこの映画から始まってるのか〜と思うと、より凄みを感じますね。
    去年見た「もしも昨日が選べたら」という新作映画なんて、この映画のリメイクみたいなもんじゃないですか!w
    今の日本もこの映画におけるifの世界に近いんだろうから、見て勇気をもらえる人は多いのでは。
    それにしてもドナリード、綺麗だったな〜〜。

  • 90点 あえて満点を付けなかったのは

    2003-01-12  by 未登録ユーザKKK

    あえて満点を付けなかったのは、端的にいつの間にか、この映画がキャプラ監督の作品でナンバーワン人気作品になってしまったのが「何故?」という思いを抱き続けているからですが。
    この監督には「オペラハット」「スミス都へ行く」「或る夜の出来事」「我が家の楽園」と名立たる名作があるではないか。なのに「素晴らしき哉、人生!」がいつの間にか一番人気になってしまったのは、クリスマスもの、天使ものという人気がある題材だからかと思うのですが、どうなのでしょう?
    ちなみに僕が見た中でのキャプラ映画の個人的ベストは「我が家の楽園」。こんなにアナーキーに若い恋人たちを祝福したような映画、ありません。
    あと、フィルムセンターで見ることが出来た「陽気な踊り子」も本当に楽しい作品だったな。
    とはいうものの、「素晴らしき哉、人生!」ももちろん他のキャプラ映画と同様に素晴らしいと思う。
    それは巧みな語り口(ちょっと講談みたいな感じの語り口)、小道具の使い方の上手さなどの映画的上手さにもよるが、そうしたものさえ踏み越えてしまう、キャプラならではのアナーキーな人間賛歌の瞬間があ
    ることにもよる。
    そう、クライマックスで本当に生きていてよかったとばかりに走るJ・スチュアート! たかが作り物の映画の中の話と知りつつ見ているこちらまでがどうして感動して泣いてしまわなければいけないんだ!
    意味のない比較だろうが、仮にヒッチコックとキャプラのどっちが優れているかを比較した場合、作品的完成度という点ではヒッチコックの作品の方がもしかしたら上かもしれない。しかし、キャプラには他の映画では味わえない、人間への信頼、賛歌、ほとんどアナーキーといっていいような人間賛歌の精神がたしかにある。ヒッチコック映画のスチュアートもいいが、キャプラ映画のスチュアートはキャプラ映画の中にしか、いない!
    キャプラが戦争中、戦意昂揚映画を作っていたことを知っても、キャプラの人間賛歌精神を蹴飛ばすことはやはり出来ない。

  • 90点 ああっ、ワンダフルライフ

    2010-05-13  by 北溟 僚

    「素晴らしき哉、人生!」という放題が、素晴らしき哉。

    いま現在、自分と関係する多くの人間がいる。
    それは家族であったり、
    職場の同僚であったり、
    趣味の仲間であったり。
    深い付き合いの人もいれば、浅い人もいる。

    今までに関係してきた多くの人間もいる。
    学校の先生や、
    学校の友達、
    クラブの先輩・後輩、
    付き合った恋人、
    バイト先の上司や同僚。
    今でも付き合いのある人間もいれば、疎遠になった人もいる。

    もしも、自分という人間が存在しなかったら、
    その人たちはどうなっていたのだろう。
    もし、自分と関わったことによって幸せになった人がいるのなら、
    これは本当に嬉しいことである。
    でも、反対に不幸になった人がいるのなら、
    申し訳ないし、何とか挽回したい思いになる。

    自分の活動や行動には普段から気を付けなければいけないなぁ。
    そして、自分と関わった人たちに少しでも幸せになってもらいたいものですね。

  • 10点 これが2位って。。

    2010-06-17  by 未登録ユーザyamato222

    正直古さしか感じなかった
    これが2位というのが不思議
    もっと良い映画あると思う

  • 80点 生きていれば

    2009-12-26  by tomtit

    この物語の主人公ジョージがスゴイと思ったのは、誰かが危機に瀕していると、後先を考えずに行動しちゃうところです。
    溺れている人がいたら迷いもなく飛び込むし、金がないと嘆いている人には惜しげもなく金を渡してしまう。その瞬間、瞬間に、ベストと思うことをやっちゃうんですね。

    そんな彼だからこそ、いろんなものを背負い込むハメになり、自分のやりたいことが実現できない。それがまたグッドタイミングというかバッドタイミングというか、ここぞというときの運のなさが、見ていて気の毒で(笑)。

    生きていれば、いつかは自分の人生を否定したくなるときもあるでしょうけど、生まれちゃったら生きていくしかない。ひょっとして信じられないような素晴らしいことだって、これからあるかもしれない。

    ジョージの前に現れたひとつの奇跡。それがクリスマスの夜だったのが素敵です。
    クリスマスってなんだか、人を前に向かせてくれる力があるよね。

  • 100点 不幸な人に見て欲しい。

    2009-06-10  by 薄れゆく記憶

    自分のことを不幸せだと思っている人にぜひ見て頂きたい名画です。
    私もどん底の気分のときに希望を貰いました。
    ハンカチかタオルを用意してご覧下さい。
    感動で涙が止まりません。

  • 100点 これこそが…!

    2009-05-24  by citizen kane

    古き良きアメリカ!!
    アメリカンドリーム!!
    そういったものが余すことなく詰められています。
    映画好きを自認するなら一度は見ておきたいハリウッド黄金期!

    ああ、なんと素晴らしき哉、人生!

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 素晴らしき哉、人生!の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

素晴らしき哉、人生! [DVD]

  • 定価:3780円(税込)
  • 価格:2823円(税込)
  • OFF:957円(25%)

素晴らしき哉、人生! [DVD]

  • 定価:3780円(税込)
  • 価格:2000円(税込)
  • OFF:1780円(47%)

 



『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”