ただいまの掲載件数は タイトル55768件 口コミ 1103864件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 誰がために > 誰がために [DVD]

誰がために [DVD]

『誰がために [DVD]』を価格比較。★★★(62点)『誰がために』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

誰がために [DVD]
62点
監督 日向寺太郎
出演 浅野忠信, エリカ, 池脇千鶴, 小池徹平, 眞島秀和
発売日 2006年2月24日
定価 4,104円(税込)

 

価格比較

誰がために [DVD] 3,694円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
誰がために [DVD] 4,104円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
誰がために [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 バンダイビジュアル
発売日 2006年2月24日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD

関連商品



ぴあ映画生活ユーザーによる「誰がために」のレビュー

  • 80点 佳作です。

    2007-01-13  by 未登録ユーザodys

    以前に映画館で見た記憶で書きます。

    テーマの難しさは言うまでもないけれど、主人公とその妻の短い幸福や、事件後の周囲の人たちの気づかいなど、きちんとした丹念な描写があって、良くできた作品だと思う。
    最後も、無理なまとめ方をせず、観客に後の展開を委ねるような形になっており、「あなたならどういう結末にしますか?」と問いかけているかのよう。こういうラスト、いいんじゃないかな。

  • 50点 セリフ

    2006-10-29  by タコス

    う〜ん。どうだろう。
    映像とかは良かったです。うん。「おっ!」
    と思わせる映像が何箇所かあって良かった
    んです。テーマも良いです。

    ただ、どうだろうか。個人的に奥さん役の人の
    セリフがどうもダメです。なにかこの奥さんの
    セリフだけどうも浮いてる感じがしちゃってダメでした。
    それに加えてこの女優さんの演技にも何か違和感を
    感じます。ダブルパンチが厳しかったです。

  • 90点 風の映画

    2006-01-28  by 未登録ユーザvivie

    あまり話題になっていなかった本作、前の週に他の映画を観に行ってその存在を知り、ちょっと気になったので観に行きましたが、とてもよかったです。始まってすぐに、まず風景を捉えた映像がとても気持ちがいいなあと思いました。バックに流れる矢野顕子のピアノも心地よくて・・・・。観に行くかどうか少し迷ったので、先にチラシを見てしまったんですよね。で、そのあとの展開が分かっていたので、少し切なくなったりもしました。

    十年ぐらい前に観ていたら、加害少年の側に立ったかもしれません。マリのように将来がある少年の更生うんぬんとか言ったかもしれません。しかし、その時から今までに父を亡くしたので、被害者の側の気持ちにとても共感しました。私の父は病気で死んだので、もちろん立場は異なるのですが、かけがえのない人を亡くしたという点は共通で、民郎の喪失感や悲しみは自分のことのように理解できました。さらにそれが殺人ということになれば、少し想像力を働かせれば、その怒りを共有することも可能です。

    しかし結局、人が人を裁くことはできないんですよね。安易な復讐よりは死者を忘れないこと、そこにしか安らぎはないのではないか。答えは提示されてはいませんが、私はそんな風に思いました。そして、映像と音楽が紡ぎ出した死者の思い出を、民郎と同じように、私もまた忘れられないかもしれません。

    しかし何よりも、風が印象に残る映画だったともいえます。風の吹き過ぎる風景、風に揺れる木々や草、そして亜弥子の撮った風を捉えた写真などに、とても魅きつけられました。

    俳優陣も素晴らしかったです。個性的な美貌のエリカ、複雑な想いを繊細に表現する池脇千鶴や烏丸せつこ(懐かしい!)など、女優さんに特に心ひかれました。

  • 70点 風を映す

    2010-07-09  by きっこ

    小田エリカさんこと、エリカさん目当てでみてみましたが、
    クレジット眺めていたら、特別協力に「黒木和雄」の文字が。
    おや?と思い出演者コメントを拾い見してみたら、エリカさんが触れていました。本作の監督は「美しい夏キリシマ」の助監督の方だったようですね。
    _そのエリカさん、濡れた姿のポートレートに惹きつけられました。 むしろ生身の人よりも美しさを感じさせる一枚の写真。
    彼女の出演作をいくつか見ましたが、どうも浮遊感漂うなぁ。。というのがいまのところの印象。
    淡々とした浅野さんとも相まって、ちょっと感情移入がしにくいカップルでした。
    一方、マリ役の池脇さんは難しい役どころだったと思いますが、女子からみると、いるいる、こういう子!と、思わせる演技は流石ですねぇ。
    そして、この軽いんだか重いんだかわからない不思議な作品を、矢野顕子さんの軽妙な音楽が彩ります。
    「美しい夏キリシマ」と続けてみてみると、
    (個人的尺度で)若干洗練度が落ちるというか、何か物足りないと思うところがあるのだけれど、今後の期待度でちょっとおまけで★★★☆。

  • 60点 イマイチ

    2008-09-07  by 未登録ユーザじゃけん

    シナリオがちょっと単純というか…序盤の展開がザク切りすぎて没入できない。亜弥子役の人に魅力がないのかもしれない。

    他の役者もいいところを揃えてるのに、みんなどこか手を抜いてるんじゃないかと思わされる。チグハグな印象。
    残念。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 誰がためにの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

作品情報

誰がために (2005)
62点

出演

 



タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
2大巨匠が初タッグを組んだ傑作サスペンス・スリラー!『11.22.63』特集&イッキ見試写会レポート
90年代の名作が20年ぶりに帰ってきた! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 『T2 トレインスポッティング2』ほか感動作『LION/ライオン』『ハードコア』『グレートウォール』等続々更新中
PFF福岡開催記念!“3つ”のお得なクーポン&割引キャンペーン!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!
「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝