ただいまの掲載件数は タイトル57811件 口コミ 1130596件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 機動警察パトレイバー 劇場版 > 機動警察パトレイバー 劇場版 [UMD]

機動警察パトレイバー 劇場版 [UMD]

『機動警察パトレイバー 劇場版 [UMD]』を価格比較。★★★★(77点)『機動警察パトレイバー 劇場版』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

機動警察パトレイバー 劇場版 [UMD]
76点
監督 押井守
出演 冨永みーな,古川登志夫,池永通洋,二又一成,榊原良子
発売日 2009年4月24日
定価 2,052円(税込)

 

価格比較

機動警察パトレイバー 劇場版 [UMD] 2,052円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
機動警察パトレイバー 劇場版 [UMD] 2,052円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
機動警察パトレイバー 劇場版 [UMD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 バンダイビジュアル
発売日 2009年4月24日
ディスク枚数 1
形式 UMD Universal Media Disc


ぴあ映画生活ユーザーによる「機動警察パトレイバー 劇場版」のレビュー

  • 80点 バブルへの警鐘

    2010-03-14  by うなぎいぬ

    宮部みゆきの傑作ミステリー「火車」を読んだとき、とっさに「これ、パトレイバーじゃん!」と思ったのを覚えている。
    犯人を登場させずにその足跡をたどることで、間接的に描写していく。観客(読者)の眼には犯人の人間像と同時に現代社会の病根が浮かび上がってくる、という展開がよく似ている。
    「火車」は、クレジット破産、本作は官民がグルになった「町殺し」がその病根だ。

    この映画が製作された1989年はまさにバブル景気の最盛期で、地上げした土地を右から左に転がすだけで莫大な富を生んでいた時代だ。
    気がつくと、見慣れた街の一角が更地になり、もうそこに何があったか思い出せない…さらには街がまるごと消されて清潔で快適だが人の匂いのしない都市が作られる。
    そんな町殺しを再開発と称して美化する風潮に対する怒りを、リアルタイムで(ここが肝心)描いた点が見事だと思う。
    少なくとも当時の日本映画界はバブルマネーの流入に浮かれてハリボテのような大作だの、他業種監督による素人映画だのを撮らせるのが関の山だったのだ。

    実を言うと、おなじみのキャラによるけたたましい掛け合いは、固定ファンむけの小劇場の芝居みたいであまり感心しない。
    しかし、オープニングのレイバー暴走事件のインパクトがあとを引き、時折挿入される謎めいた情景描写がアクセントになっていて飽きさせない。

    犯人の仕掛けた罠の全容が明らかになるスリリングな場面から一転クライマックスになだれ込む呼吸も良かった。


  • 90点 押井守の真骨頂

    2013-09-07  by すかあふえいす

    実際に存在するんじゃないのかと思うくらい作りこまれたロボット「レイバー」。

    リアルロボットの中のリアルロボット。

    主人公「ノア」が動かすレイバー「アルフォンス」からにじみ出るユーモラスと愛情、心臓部がうなる力強さ。

    それに対する「方舟」の暗く冷たい機械の空気。

    ユーモアとシリアスが程よく支え合う面白み、それがパトレイバーシリーズ最大の魅力と言える。

    それが良く出ているシーンといえば、ノアが出くわした鳩の大群!

    エレベーターに愛機と乗り込み、巨大な弾頭を装填しながら登った先には・・・そこに住み着く鳩の群れ。
    1っ匹1っ匹が愛嬌振る舞いてポッポ ポッポと鳴くなら可愛気があるが、大群で一言も漏らさず睨みつける。
    これほど怖いものは無い。
    ヒッチコック映画の「鳥」に匹敵する怖さ!
    動物の恐怖、
    そして人間がコントロールできなくなり暴走するマシーンの恐怖!

    人間の傲慢とツケがこの結果を生んだと言える。

    その恐怖に立ち向かうノアたち。
    上層部との衝突、迫る決断。
    汗水流して、必死に食らいつく!
    吠える太田!
    最後まで諦めないノアたち!

    そんな映画を、BS深夜の再放送を食い入るように見ていた小学校時代が懐かしい。

  • 80点 「踊る大捜査線」シリーズの基本の「基」

    2010-07-20  by ありりん

    この「機動警察パトレイバー」は妙なシリーズです。
    原作はコミックであるけど、OVA、テレビアニメ、劇場用映画、どれも世界観・時間軸がちょっとずつ違う。

    この劇場版、実はビデオになってから観たのだが、劇場版になってたとは全然知らなかった…(汗)
    知ったのは、ある雑誌の映画評論で「ビデオコーナー」があってこれが取り上げられてたから。
    それによると(前年公開の)「ダイ・ハード」よりずっと面白い、と文句なしの評価なのだ。
    ホントかよ、と思いつつ観たのであるが、確かに…、と同意せざるを得ない。
    テレビアニメやOVAで見慣れた絵より随分リアル感があって、最初馴染めなかったのだが、
    話がすごい。何年もかけて企んだであろう犯罪。犯人は最後までちゃんとした正体がわからず、名前だってそれがホントなんだかどうだか、というところである。
    刑事二人がこの犯人の足跡をたどるのだが、そこには荒れ果てた廃墟があるのみ、という風景。
    自分が追い立てられたこの都市(まち)に復讐でもするかのようにレイバーの暴走を企てていた犯人。ある時期、ある条件で作動するように…。

    面白かった…。

    題名で「ただのロボットアニメ」と誤解されがち。でもこのロボット、保険にだって入ってるし、ちょっとでも損害出せば(車踏んだり、建物壊したり)市民から非難ごうごう。これまでのロボットものとは一線を画す設定。
    そしてそれを扱う側の人間にもいろいろな事情があったり、上層部は政治的駆け引きとわが身の保身に終始したり、と…。
    大人が観たって見応えは十分あると思う。

    まあ、騙されたと思って一度見てほしいな、と思うそんなアニメである。

    見出しの意味、これは私が勝手に思ってたんですよね、
    「踊る〜」のドラマを見てて、このドラマ作った人の中に、絶対、パトレイバーのファンがいるはず、と。
    人物設定も話の内容も全然違うんだけどね、お話の根っこに流れている精神が似てる。
    さっきウィキで調べたら「踊る〜」の本広克行監督がこの作品の大ファンなんですと。さもありなん。

  • 100点 やっぱりパート1が最高!

    2009-09-21  by 名古屋の邦画生活者

    3作とも見てますが、自分にはパート1がベストですね。

    マイベストシーンは、ラストの野明の「止まれえぇ〜〜〜!」です。涙出ますね。
    あと、松井さん最高!シゲさん最高!

    エンドロールの曲に惚れこんでしまって、その曲のためだけにサントラ買いました。今でもよく聴いてます。

  • 90点 1年1回繰り返して見てますネ。

    2008-12-04  by なつみかん。

    軽〜い気持ちでビデオで見たけれど、予想をはるか裏切って引き付けられる事、今見るとしたら、設定に古くなった部分はあるけれどそれでも、しっかりとしたストーリーで見ていられる。
    押井監督作品ではこれが一番わかり易いでしょうね。
    久々再々鑑賞!

  • 60点 良くできてるがもう少しいろんな人の活躍もみたい

    2017-08-27  by 葵ジュニRSS

    アニメ、SF、アクション、サスペンス。
    今になってパトレイバーシリーズを全く見てないことに気づき、OVAアーリーデイズを視聴後に本編を視聴。
    徐々に明らかになっていくサスペンス部分はよくできてるし、ロボットアクションや、コメディ要素もあって楽しめる。
    ただもう少しいろんな人の活躍も見たかった。後藤隊長が有能すぎて、他が霞んでしまう。
    後気になったのがキャラの顔の作画。ちょっと豊齢線が気になり、OVAに比べ泉があまりかわいくなかった。

  • 70点 よくできた世界観。

    2015-04-03  by 桃龍

    年代的にヤマト、ガンダム、エヴァンゲリオンと見てきたが、このパトレイバーはノーマークだった。実写版を見る前にアーリーデイズから全て通しで見ているが、ブレない世界観が素晴らしい。ロボットものが好きでなくても楽しめる。できれば泣ける要素が欲しいところ。

  • 90点 無茶苦茶面白い。

    2015-01-26  by 赤い戦車

    第一級のアクションエンターテイメント。無茶苦茶面白い。
    ヒッチコック『鳥』を想起させる一瞬の緊張。

  • 60点 「ひとり パトレイバー祭り」(その1)

    2014-04-05  by jimmy09

    2014年4月5日、鑑賞。

    昨日届いたキネ旬の表紙&特集が「機動警察パトレイバー」、今朝(4/5(土))の朝日新聞朝刊「be」でも「機動警察パトレイバー」特集。
    「これは観なきゃイカン」と思って、「機動警察パトレイバー」の劇場版を3作まとめてDVDレンタル。
    昼間は、勝手にパトレイバー祭り(劇場版3作を一気鑑賞)。


    さて、この劇場版1作目は、レイバーなるロボットが労働している近未来の東京が舞台。
    冒頭での『レイバー犯罪』なる造語が印象的。
    試作レイバーが暴走し、その暴走コックピットは無人だったりする事件が起こる。
    HOSなるハイパーOSにコンピュータウィルスが侵入している事実が分かるが、ウィルス開発者は自殺する。26回も転居した開発者の居住家屋を刑事2人が辿る時に映される廃屋のような建物・荒れた土地など東京都心とは思えない汚さが開発者の「都会に対する嫌悪感」らしき雰囲気を感じる。

    この映画で、自分が「ハッ!」としたのは、途中の会話で発せられる『第五世代コンピュータ』なる懐かしい言葉。
    自分が大学の研究室にいた頃、人工知能を研究していて『第五世代コンピュータの本』は多数読んだ。当時、コンピュータで使っていた言語はC言語やPrologだった。。。しかし、この懐かしい言葉も、今となっては死語。

    さて、映画は全体的に観て、比較的散漫な印象であり、ロボットのパトレイバーがインパクトに欠けるのと、登場人物のキャラクター造形もリアルっぽいので印象薄くて、残念。

  • 100点 テーマと娯楽が完璧に融合した名作!

    2011-11-23  by たっかー

    ファンでなくても楽しめる名作。
    驚くことに、この作品はバブル真っ只中に作られている! そして、バブルに真っ向から対立するメッセージを投げかけている。
    あと、押井色が適度にセーブされているのも褒められる。押井さんはホバを本当の神にしようとしていたらしい。
    かくして、テーマ性とエンターテインメントは両立された。ギリギリの奇跡が生んだ作品である。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 機動警察パトレイバー 劇場版の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

EMOTION the Best 機動警察パトレイバー 劇場版 [DVD]

  • 定価:2052円(税込)
  • 価格:1373円(税込)
  • OFF:679円(33%)

押井 守 INTRODUCTION-BOX (期間限定生産) [DVD]

  • 定価:12600円(税込)
  • 価格:11340円(税込)
  • OFF:1260円(10%)

機動警察パトレイバー 劇場版 [DVD]

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:5481円(税込)
  • OFF:783円(12%)

 

 



ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.5『パディントン2』ツイッターキャンペーン
『バリー・シール/アメリカをはめた男』ブルーレイ&DVD発売記念! 小型飛行機弾丸ツアーでバリー気分を体感しよう!
『星くず兄弟の新たな伝説』のココがロック!
緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
あの英国紳士による過激アクションがかえってきた! 抜群のテンポとリズムを兼ね備えた『キングスマン…』ほかアカデミー賞有力候補『デトロイト』『ルイの9番目の人生』など1月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ