ただいまの掲載件数は タイトル64256件 口コミ 1170953件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 真夜中まで > 真夜中まで [DVD]

真夜中まで [DVD]

『真夜中まで [DVD]』を価格比較。★★★(60点)『真夜中まで』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

真夜中まで [DVD]
60点
監督 和田誠
出演 真田 広之.ミッシェル・リー.岸部 一徳
発売日 2007年12月21日
定価 2,625円(税込)

 

価格比較

真夜中まで [DVD] 2,565円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
真夜中まで [DVD] 2,625円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
真夜中まで [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 video maker(VC/DAS)(D)
発売日 2007年12月21日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「真夜中まで」のレビュー

  • 60点 月の砂漠

    2014-01-30  by 出木杉のびた

    ジャズ・ファンでもある和田誠監督が、これまでずっとコンビを組んできた真田広之をトランペッター役に迎えて描いた、巻き込まれ型サスペンス。偶然知り合った追われるリンダ(ミシェル・リー)を助ける為に、夜中の街を駆け回る。真田演じる守山が最初の演奏を終え、次のステージの真夜中12時までの2時間の休憩時間に起こった出来事を、物語内の時間と、実際の時間経過をシンクロさせて描かれている。

    駐車場ビルで、ギャングっぽい二組が、何やら取引をしている。バックに流れるのは、大人のムード漂うジャズ、「ラウンド・ミッドナイト」。建物の外から映し出すカメラが、別のビルまで横移動してワンカットで見せる。扉が開き、ナイトクラブ内で演奏しているのが、守山率いるクインテットのメンバー。守山は演奏技術は凄いようだが、結構傲慢である。客の女性(大竹しのぶ)から、「月の砂漠」をリクエストされるが、童謡なんかと取り合わない。態度が冷たい上に、「それがどうした」という意味合いの「So what」の曲を演奏するのも、タイトルの言い方からして実に感じ悪い。

    素人目にもそのテクニックは凄いと感じられる真田の演奏演技は大したものだ。実際の音はプロが出しているようだが、曲とピッタリとシンクロする真田の指や身体の動きが、本当に自分で演奏しているように感じられてお見事。次のステージが12時と、タイムリミットが宣言される。

    追われるリンダの姿と、外の階段を降りる守山を同時に捉えるカメラと、偶然出会ってしまうタイミングが絶妙である。守山は訳も分からずリンダと逃げる羽目に陥るのだが、こういう巻き込まれ型の場合、どうして警察に連絡しないかが問題になる。その理由を早めに提示する和田誠のオリジナル脚本と演出は流石に巧みだと思った。しかし、物語が進むにつれて、やや強引さが目立ち始める。

    必要なのは、どうして初対面のリンダに、大切な用事のある守山が付き合わねばならないかだが、その理由付けがどうにも弱い。もっと徹底的にコメディ色を強く出すか、ロマンス色を前面に打ち出さないと、この設定の説得力が欠けてしまう。

    協力者となるトラックの運転手(六平直政)も、主人公たちに都合がよく動き過ぎるのも、ご都合主義に感じられて残念である。この時、リンダが好きな曲が「月の砂漠」という偶然と、この逃亡劇が、守山の気持ちに変化を生じさせることになり、ラストの演奏曲に繋がっていく展開はなかなか良い。そして、犬山商会で買わされた物が、後に活かされるのも小道具の使い方として効果的であった。

    これまで真田広之を使いながら、かっこ良いアクションがなかったことが、和田監督の心残りだったようだ。本作ではチェイスとしてのアクションを真田に演じさせることができたが、残念ながら監督の方にその演出技術は足りなかったようだ。真田は常にトランペットを持っていながらの移動という設定。アクションするには、どうもこのトランペットが邪魔になって、動きが封じられてしまうのだ。見ていてどうにも気になって仕方なかった。

    車での移動撮影では、スクリーンプロセスも使っているようだが、どうも背景の街の画と、撮影される車の高さが合わず気になる。何だかトラックの荷台に車を載せて撮影したような高さの落差が感じられてしまうのだ。技術的な面でも残念な仕上がりだった。

    ちょい役で個性的なメンバーの登場は楽しい。故買屋の女・もたいまさこは、なかなか情報を教えてくれないしぶといおばさんを好演している。車を奪われるカップルに唐沢寿明と戸田菜穂。深夜映画を観ている男・三谷幸喜は、登場するだけでつい笑ってしまう。小松政夫のマジシャンは、ちょっと手元が覚束なかったのはご愛嬌。大竹しのぶの使い方も、贅沢である。

    トランペットによる、「月の砂漠」の演奏が、心に沁みる夜であった。

  • 60点 ジャズ好き

    2014-03-30  by トラップ大佐

    「ラウンドミッドナイト」で始まり、「ラウンドミッドナイト」で終るというジャズ好きが作った、テレビドラマではなかなか作れないとても珍しい作品だと思う。ストーリー的には突っ込みどころがかなりあるが、ユーモアも含めてジャズ好きには全く問題ないだろう。大竹しのぶが「月の砂漠」をリクエストし、それをジャズではないと断ることが物語のその後付箋として生かされているのがおもしろい。真田浩之のペットはほっぺたが膨らんでいないのを見ると吹き替えなのだろうか。ミシェル・リーは中国人らしいがそれほど魅力を感じなかった。豪華キャストがちょい役で出演しているのが楽しい。

  • 40点 う〜ん (^_^;)

    2014-01-16  by なつみかん。

    和田誠さんでイメージする都会的なお洒落さを期待してみたのですが、これはハズしたようです。

    真田広之さんって、僕は苦手な俳優さんなのですが、これもそうでした。
    ご本人が男前さんなのはなんら文句をつけるものではないのですが、役として演じる気張った男前さんがどうにも駄目でした。
    そして、そもそもそんな男を主人公に設定しているトコロが駄目だったんです。

  • 70点 

    2003-04-27  by lumix

    ジャズが好きなので、この雰囲気はかなりいい感じでした。こういう異業種監督の作品ってちらっと顔だし友情出演みたいのが、多くて、楽しみでもあります。

  • 60点 よくできてる。

    2002-11-02  by 未登録ユーザkenzo☆

    無駄なカットがないような気がする。
    時間を感じさせない。
    とはいうものの、ぐいぐいと引き込まれる力が
    足らず。
    走り回るシーンが多すぎ。太陽にほえろかと思った。
    でも、結構好き。

  • 70点 あっさりヒッチコック風味の小粋なサスペンス

    2002-09-23  by 未登録ユーザMの隠し玉

    雨に滲んだネオンの光り眩い都会の夜。紫煙ただようジャズクラブの喧噪。殺人事件を目撃してしまったヒロインと、彼女を偶然に助けたトランペッターに降り掛かる危機。
    映画の雰囲気は’50年代後半〜60年代初頭の日活アクション風で、そのタッチはクサミを綺麗に抜いたあっさりヒッチコック風。当代きっての映画ファンでしかもこれで長篇4作目となる映画作家の和田誠さんの持ち味が十分発揮された小粋で楽しいエンタティンメントの小品です。あのイラストの独特な絵柄の様に映画全体がさっぱりシンプルな作りなので、悪漢に追われる主人公に降りかかるサスペンスにもう少し”押し”や”アク”が欲しいとか注文は出るでしょうが、それはこの作者に望むことではありません。ただ物語の進行時間と映画の上映時間をシンクロさせる”ロープ”ばりの技巧が今ひとつ効果をあげていないのは残念。
    主人公の真田広之さんはまずまず好演、ヒロインのミシェル・リーさんはやや印象薄。ですが故買屋の女将で登場する もたいまさこ さんが最高!。ちょこと顔を出してその場面をさらってゆく、そんな役者さん、今の日本映画では男優はともかく女優さんでは貴重ですね。

    (1999年 日本 和田 誠 監督)
      

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 真夜中までの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】