ただいまの掲載件数は タイトル64708件 口コミ 1175762件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ブラックブック > ブラックブック [DVD]

ブラックブック [DVD]

『ブラックブック [DVD]』を価格比較。★★★★(79点)『ブラックブック』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

ブラックブック [DVD]
78点
監督 ポール・バーホーベン
出演 カリス・ファン・ハウテン.セバスチャン・コッホ.トム・ホフマン.ミヒル・ホイスマン
発売日 2007年8月24日
定価 3,990円(税込)

 

価格比較

ブラックブック [DVD] 3,694円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
ブラックブック [DVD] 在庫切れ  
ブラックブック [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 Happinet(SB)(D)
発売日 2007年8月24日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD

関連商品



ぴあ映画生活ユーザーによる「ブラックブック」のレビュー

  • 80点 人さまにには見せない姿

    2007-12-15  by 星空のマリオネット

    この監督の作品は余り観たことはないのですが、冒頭のシーンから、どこか普通とは違った奇妙な雰囲気があるなあと感じました。

    物語は1950年代半ば聖地を巡るツアーバスから始まります。
    砂漠地帯の異様に輝く黄色の崖。その崖沿いを走ってきたバスから降りる観光客(=彼らは平和を満喫する我々観客そのもの)を待ちかまえていたのは、煙る砂塵、世にも美しい海、そして子供たちの清らかな歌声。
    しかし、それらを潜(くぐ)り抜けると、そこは一転、第二次世界大戦末期1944年のオランダ。ナチス・ユダヤ人・オランダ人レジスタンスたち、一人一人の生存をかけた陰湿な闘いが繰り広げられています。

    登場人物はみな突き放されて描かれています。映画的な美化どころか、虚飾を剥ぎ取られ、普段は決して人さまには見せない姿を現実以上にありのままに描いていきます。
    しかし、突き放しているだけではありません。カリス・ファン・ハウテンが演じるラヘル(別名エリス)を見つめるヴァーホーヴェン監督の視線は、ドガやロートレックが踊り子や娼婦を見つめた視線を想起させます。
    (彼らドガやロートレックは、楽屋裏で誰の目も気にせず佇んでいる疲れた女たちの姿をありのままに描いています・・・淡々と、しかし暖かく。)。

    欲望と裏切りが渦巻く修羅場で、生死の狭間といとう極限状態のもと、感傷の入り込む余地さえない激しい悲しみ、憎しみ、醜さに打ちのめされながらも、生き抜いたラヘル。
    (カリスの演技は見事!)
    ・・・・・・
    いまや透明感のある美しい女ラヘル。悲しみを背負った彼女にも新しい生活が訪れている。
    しかし、とてつもなく大きく不穏な影が迫っている・・・
    彼女に安住の地はないのでしょうか!?

    映画「ブラックブック」は、悲惨な歴史の舞台上で、人間の汚い負の側面を感傷や情緒を徹底的に排除し描いた、力のある作品だと思います。

  • 80点 終わりなき・・・

    2009-03-01  by エスプリ

    1956年イスラエル。
    キブツ(共同生活体)に暮す【ユダヤ人・ラヘル】の元をかっての友人ロニーが訪れます。
    このラヘルの回想、そこから端を発するのは、
    1944年に【ドイツ人・エリス】としてレジスタンスに身を投じたラヘル自身の物語...。

    人と人が憎みあう、それが国と国になったその時、
    ユダヤ人だという、ただそれだけの理由で迫害され、惨殺。
    【ユダヤ人・ラヘル】は全てを失い、【エリス】となり復讐を誓います。

    裏切りに次ぐ、裏切り、そして巧妙に仕組まれた罠、幾つもの死、恐怖と背中合わせの危険、
    エリスは常に冷静で美しく、大胆不敵に危機を乗り越え、ドイツ人将校・ムンツェと安住の地を求めるのだが。

    終盤、エリスが激高して叫ぶ言葉、この言葉が全てを物語ります・・・・・

    キリストを裏切った13番目の弟子、ユダ。
    その末裔であるという理由から、国を追われ迫害を受けるユダヤ人。
    【ラヘル】はなぜ、【エリス】にならなければならなかったのか。

    ラヘルを演じる、カリス・ファン・ハウテン、彼女の蒼く深い瞳は、その事を観るものに問いかけます...。

  • 90点 まいった。もう観たくない。

    2008-05-26  by なかむら

    すべての台詞とシーンが絡み合っていて、一切無駄のない壮大なストーリーでした。それでいて、バーホーベン印はしっかりと刻印されてるってのが、ファンとしてはうれしいところ。

    また観たいかというとNOだし、将来自分の子供に観せたい作品かというとそれもNOなんだけど、この映画のインパクトは忘れたくても忘れられません。
    戦争映画というと愛する人の命を奪われる理不尽な境地に共感ポイントを持っていくのがセオリーです(よね?)が、こうも人間の闇をごく自然に描き出した映画は、まだ出会ったことがありませんでした。
    つくづく戦争は恐ろしいと感じた一作です。

  • 80点 これぞバーホーベン

    2008-01-03  by 出木杉のびた

    ゲロ・ウン○・脳ミソと、バーホーベン監督、相変わらずやりたい放題で、とても活き活きしている。

    これらを映像で見せる必要性があるかどうか、甚だ疑問だが、これを無くすとバーホーベンらしさが薄れるのが、少し哀しい。

    作品はとても面白く作られていて、エンタテインメントでも、しっかり戦争の悲劇を伝えられることが証明されている。

    只、ヒロインがマタハリ(知ってる?)のような大活躍で、やや、悲惨さが薄れてしまう分、グロでカバーしているのかな。

  • 90点 裏切りだけが人生さ。

    2007-05-30  by 未登録ユーザodys

    言うならば新時代のナチス映画だと思います。

    ナチスを扱う場合、その極悪非道を描き、その犠牲者や連合軍を「清く正しく」描くというのが常道でした。(まあ、ナチスの非道ぶりに一種の美学を見る立場もあるわけではありますが。)最近ようやくそうした傾向に歯止めがかかり、ヒトラーをそれなりに人間的に描いたり、ヒロインがナチズムに共感を示したりという映画が登場してきました。これもそうした傾向に棹さす一本でしょう。

    レジスタンス神話は戦後長らく日本を呪縛していました。これは特にフランスについて顕著で、日本人でも遠藤周作のように戦後すぐフランスに留学した人はそうした思いこみから免れていたわけですが、フランス本国でより日本の方がレジスタンス崇拝が強い傾向を、村松剛は1965年にすでに批判しています。しかしサルトルなどの左翼系知識人の人気が高かった日本ではなかなか一般に流通しなかったのでしょう。

    本作品はオランダについてレジスタンス神話をうち砕き、相対化を行っているところに斬新さがあります。加えて連合軍とナチス将校との奇妙な癒着も描かれていて、戦後処理が一筋縄ではいかなかった複雑さを垣間見せてくれるのも貴重です。いったん戦争が終わった後の「戦犯」に対する残酷な扱いも見もの。結局どっちもどっちなんですよね。もっともこの映画ではその描写は全体の一部に過ぎません。レジスタンスの非人間的なすさまじさは、それだけで映画の主題になるものでしょう。

    映画のスタイルとしてはきわめてオーソドックス。それを良いとするか物足りないとするかは観客次第でしょうが、私としては裏切りにつぐ裏切りを描いている本作では、スタイルの普通さが必要だったのではないかと思います。裏切りだけが人生さ、という身も蓋もない文句が浮かんでくる凄惨な映画である以上、それを救うのはスタイルのある種の古典性なのではないでしょうか。

    85点くらいかなと思いますが、5点オマケします。

  • 80点 「映画漫才」ボール亭バー&ホーベン

    2007-05-27  by としぞ。

    バー「バーホーベンが新作映画撮ったで」
    ホーベン「え?あの変態のオッサンかいな」
    バー「何が変態やねん。おもろい映画撮るやんか」
    ホーベン「いや、ボクも好きな監督やけどな。でもな、 『インビジブル』や『氷の微笑』じゃエロ炸裂!『スターシップ・トゥルーパーズ』じゃ、殺す殺す殺す、死ぬ死ぬ死ぬ・・・そう言えば『ショーガール』でラジー賞獲った時、授賞式に来てガッツポーズしたらしいで。やっぱ変態やろ、あのオッサン」
    バー「そりゃシャレがわかっとるちゅうもんや。エライな、バーホーベン」
    ホーベン「ハル・ベリーも『キャット・ウーマン』でラジー賞獲って、やっぱ授賞式に来てスピーチしてたな」
    バー「好きや、ハル・ベリー。トム・クルーズも見習って欲しいわ。でな、そのバーホーベンが、ハリウッドじゃ自分の思う映画が撮れん、ちゅうて地元のオランダに帰って撮ったんが『ブラックブック』やねん」
    ホーベン「『スターシップ・トゥルーパーズ』みたいなん撮っといて思う映画が撮れんて?そりゃ、さぞかしスゴイ変態映画になったんやろな」
    バー「ところがどっこい、これがきっちりおもろいねん。第二次世界大戦の時のナチスとレジスタンスの物語なんやけど、メロドラマあり・・・」
    ホーベン「エロドラマ?」
    バー「つまらんこと言うな!メロドラマや。それにサスペンスあり・・・」
    ホーベン「挿すペ×ス(自主規制)?ポールだけに?」
    バー「アホか!ホンマに下品やな、キミは。サ・ス・ペ・ン・スや!!その上ミステリーもありのエンタメで、しっかり戦争と人間の愚かさみたいなもんもメッセージしとるんや」
    ホーベン「ほぉ・・・あのバーホーベンがねえ」
    バー「ストーリーもしっかりしとるし、ホンマ驚いたわ。だけどな、そこはやっぱりバーホーベンや」
    ホーベン「と言うと?」
    バー「エロもスカトロも血ぃドロドロも忘れてないで。バーホーベンはヒロインを責めまくってまっせ。もう堪りません」
    ホーベン「右上の写真の人かいな。そらええわぁ・・・コーフンしてきたで。バーホーベン魂は健在、ってこっちゃな」
    バー「バーホーベン好きはもちろん、おもろい映画を観たい人の期待にも十分応える出来ですがな」
    ホーベン「変態とか言うて申し訳なかったなぁ」
    バー「いや、変態は変態や。もちろん褒め言葉やけどな」
    ホーベン「こりゃ楽しみなこっちゃな」
    バー「ほんま、脱帽!って感じやで」
    ホーベン「脱糞?」
    バー「・・・キミの方がよっぽど変態やないか。いっぺんバーホーベンにどつかれてきなさい!!もうやめさせてもらうわ」

  • 80点 誤解してました

    2007-05-12  by ジャン≒ルーク

    拝啓 ヴァーホーベン 様

     あなたのこと、誤解してました。

     あなたは、この愚かで、エッチと乱暴のことしか頭に無く、欲望のためなら誰でも裏切り、それでいて無類の寂しがり屋でもある、我々「人間」というこのどうしようもない生き物が、実は「大好き」なのですね。

     この映画を観て、つくづくそう感じました。

     あなたが、「人間の愚かさ」を好んで題材にするのも、そのこと自体が「人間の愛すべき特性」だと思われているからではないか。
     だからこそ、「人間の愚かさ」「醜さ」を描けば描くほど、あなたの描写は冴え渡り、画面には「愛」がほとばしるのでしょう。

     すさまじいドラマに、感服いたしました。

     願わくば今後も、「常識人」には成し得ない「映像による愛情表現」の数々を、ご披露くださらんことを!

  • 100点 傑作

    2007-04-21  by エージ

    もっと派手にむちゃくちゃにやっても良かったように思いました。スカトロ、下の毛の染色から、おっぱいとバーホヴェンの変態的側面が見えますが、主だったものは人間の浅ましさ、汚さ、どうしようもなさが描かれています。だからと言って人間が大嫌いだという描き方ではなく、どうしようもないからこそ人間は愛らしい、愛すべき動物なんだということを感じとれました。戦争という事実だけではなく、誰が裏切り者なのかというサスペンスにもなっていて娯楽性でも優れている作品です。ヒロインの女性の魅力なくしてこの作品は語れないと思います。

  • 90点 噂は本当だった

    2007-08-29  by tamakazu

    第二次大戦中ナチス占領下のオランダの話・・・なんとなく内容が予測できたけどいざ観てみたらハラハラドキドキの連続で、活劇的面白さがいっぱい。じわじわ浸透していた「ブラックブック」は面白いらしい、という噂は本当だった。
    「善きヒトのソナタ」の出演俳優も出てたり、勧善懲悪な単純さではなく、人間の愚かさや弱さ、時代に翻弄される人々の生と死が複雑に絡み、しかも小気味良いテンポで続き、悲しい映画なのに楽しめてしまった。
    特に主演のカリス嬢の理的な美しさに、ドヌーブ、岩下志摩的な妖艶さを感じて胸キュンしのはボクだけだろうか?今後の活躍が楽しみ。
    実は公開当時から観たいと思ってたのに見に行かず、ギンレイホールで上映してた時は夕方の外に長いOL行列があるのを見てあきらめ、3度目のチャレンジで新橋文化で観ることが出来ました。JRの高架下の列車の通り過ぎる音や、酒飲んでるオヤジ客のうわごとを聞くのもなんとなく気にならない、時代を感じる雰囲気もなかなか良かった!

  • 70点 汚い奴ら

    2014-02-14  by にしやん

    いつのまにか中心のスパイ、誰が裏切り者かわからない世界、ユダヤ人迫害、ナチ殺害、ここまで壮絶人生なんてあるだろうか裏切り、裏切られ、底辺まで落ちていく、何故そうなんの!!本当のことは自分しか知らないなんてどうなることやらと思ったが、しかしそこまで見せるかの映像に圧倒される、ラストまでむしゃぶりつくすみたいな映画だなぁ

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ブラックブックの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

スマイルBEST ブラックブック [DVD]

  • 定価:2037円(税込)
  • 価格:991円(税込)
  • OFF:1046円(51%)

 

 



『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ