ただいまの掲載件数は タイトル60333件 口コミ 1160089件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ザ・サークル > ザ・サークル [DVD]

ザ・サークル [DVD]

『ザ・サークル [DVD]』を価格比較。★★★(60点)『ザ・サークル』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

ザ・サークル [DVD]
60点
監督 ジェームズ・ポンソルト
出演 エマ・ワトソン,トム・ハンクス,ジョン・ボイエガ,カレン・ギラン,エラー・コルトレーン
発売日 2018年4月3日
定価 4,104円(税込)

 

価格比較

ザ・サークル [DVD] 3,051円 (税込)
近日発売 予約可
Amazonで買う
ザ・サークル [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ギャガ
発売日 2018年4月3日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「ザ・サークル」のレビュー

  • 40点 SNS依存体質傾向の現代人への警鐘

    2017-10-30  by Shino

    総じて、少し残念な映画でした。

    すごい旬なキャストからベテランキャストまで揃っていたところは見所。トム・ハンクスも言わずもがなで上手だったし、注目のジョン・ボイエガも出演しているし、エマ・ワトソンはある意味、観てるこっちが心痛むほど、はまり役だったんだけど、シナリオが残念。キャストが豪華だっただけに、もったいない。やたらsnsの恐怖だけ伝えて、あとは何も残らない印象の映画でした。

  • 60点 この会社、ウザイ。

    2018-10-21  by ゼーン

    この人たちは、寂しがりやなの?情報が好きなの?で、なんかいいことあんの?

    サスペンスがあるわけでなく、結末もはっきりしなく、ただ観ただけになりました。

    エマ・ワトソン、トム・ハンクスもこれでいいとは思っていないはずです。

    でも、もし、知らないうちに社会がこうなっていたら怖いです。

  • 30点 おかしい

    2018-08-10  by 投げプリン

    主人公エマ・ワトソンのスピーチのシーン、みんながスマホの明かりで彼女を照らすのですが、グッと来ない。
    何故だろう。
    この作品では1万人の社員をひとつの性格として表現しようとしています。
    悪い時も良い時も、いつも単一民族として描こうとしている。
    そこに入ってきた1人の主人公だけが別の事を考えている、なんていう構図事態がもうおかしいと思う。

  • 80点 非常に良い

    2018-04-17  by よっしぃー

    フェイスブックなどを想定した、現代社会のSNSの怖さをうまく描いている。エマ・ワトソンの演技もいい。プライバシーは自分だけ放棄しても、家族、友人のプライバシーもまとめて犠牲になる。そんな当たり前のことをすごく明確に教えてくれた。最後の終わり方も良い。「悪役」トム・ハンクスがそんなに悪く見えない所が唯一の欠点くらい。

  • 80点 理想の会社

    2018-04-03  by 未登録ユーザさーくらー

    ここを見てからの鑑賞だったので、59点ということで、期待しないで見たので逆に良かった。
    最先端の企業とはこういう環境なのかと知られて面白かった。
    自由な服装に広々とした建物、美しい庭。

    メイがカヤックが趣味というのも新鮮で楽しい。
    トムハンクスの登場では、社長の登場に盛り上がるというより、トムハンクスというスターとの共演に皆真剣に喜んでいた感じが伝わり楽しかった。
    エマワトソンは、美女と野獣でも似たような表情をしていて、優等生的なキャラが安定していて、良いのだけれど緊張感があって若干面白みに欠ける印象があるが、会社の新人という役柄はハマっていて感情移入できた。

    ストーリー的にはなるほどなぁ。つながりすぎるとこういう風になっちゃうのかもしれないなぁとなんだか感心した。
    なんでもノリでエスカレートして、パニック状態はろくなことにならないんだろうなぁ。。

    メイ(エマワトソン)の両親役父( ビル・パクストン 「タイタニック」)と 母(グレン・ヘドリー
    ジョン・マルコヴィッチの元妻)が二人とも2017年に亡くなっていたとしってショック。

  • 100点 お気に入り

    2017-12-09  by mikikar

    FacebookやAppleやGoogleを舞台にした映画たちを想像しながら観ました。

    実在の会社ではないため、自由に色々な事件が盛り込まれ、本当によくできた話だと思いました。

    ハイテク会社やアメリカ生活の臨場感、西海岸ぽい雰囲気など、自分が映画の中にいるような感じで楽しめました。

    現在のインターネット社会における自己の発言に対する責任や、他人とのかかわり方について考えさせられました。

    トム・ハンクスの社長、エマ・ワトソンの派遣社員〜新入社員など、配役も良かったですし、演技も素晴らしかったです。

  • 40点 その後が気になる

    2017-12-02  by

    SNSでの人気度に自分の居場所を求めてる感じが...ネット社会に依存し過ぎると怖いなーと観てて思いました。でも終わり方がなんだかって感じであっけなくて。その後が気になってしまいます。

  • 40点 期待しすぎないでおけばもっと楽しめたと思います

    2017-11-29  by ちいまめ

    はずれが少ないトム・ハンクスさんが出られているので期待しすぎてしまいました。
    可もなく不可もなく。平均点かしら。

    SNSという題材、現代の闇を描くということでどこまで切り込むのかと思ったのですが、なんだかふわりとした印象。
    もっと現実感を持たせて恐怖やあおりがあってもよかったと思います。追い詰め方を描くと思っていたので拍子抜けでした。

    ただ、もちろん俳優さんたちは実力派、素晴らしいので時々のシーンで惹かれるところは多々ありました。
    期待しすぎないでおけばもっと楽しめたと思います。

  • 70点 ネット社会

    2017-11-25  by 無責任な傍観者

    ネット社会の怖さを極端な形で描いた作品。
    思慮が浅くて思い込みが激しく、短絡的に周囲の都合も考えず突き進むという
    典型的な女性のキャラを主人公にする事でストーリーが成り立っている。

    子供レベルのお話だけど、極論として、それに類したことが起こっても全くおかしくはないと思います。

    点数は70点。物語としては60点がいいとこだけど、このような可能性はみんなが知っておくべき、ということでこの点数。

  • 50点 エマ・ワトソンの愛らしさは、インスタ映えするも...

    2017-11-24  by tabula_rasa

    10月に行われた衆議院選。投票日当日は台風が接近していて、私は不在者投票をすませていなかったことを悔やみながらも、しぶしぶ出かけました。そしたら、投票所が変更されていて、どこでやっているのかよくわからない。傘を手にして風雨のなかを行ったり来たりしながら、ふと思ったものです。「選挙なんてインターネットで投票できるようにしてくれたらいいのになぁ」と。

    選挙のみならず、あらゆることがインターネットで済ませてしまえたら、便利は便利でしょう。でも、その便利さの裏に潜む危険性には、多くの方がすでに気付いているのではないでしょうか。

    本作が卑近なテーマを扱っていながら、いまひとつリアリティが感じられないのは、「そんなことはやってみるまでもなく机上のシミュレーションでわかるだろう」的な世界を描いているから。現実にはどこかで歯止めがかかっているんじゃないかと思う。だから観ていてべつだん怖くないのです。

    ただ、この作品でひとつ収穫があったなと思うのは、悪役を演じるトム・ハンクスを観られたことです。私も彼の出演作すべてを網羅しているわけではないので確実なことは言えませんが、ちょっとめずらしいのではないでしょうか。

    実力のある役者は悪役も見事に演じ切ります。彼も、例外ではありませんでした。

    2017/11/11 TOHOシネマズ西宮OS(10)

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ザ・サークルの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

ザ・サークル [Blu-ray]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:3853円(税込)
  • OFF:1331円(25%)

 

 



新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”