ただいまの掲載件数は タイトル59758件 口コミ 1155059件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 不能犯 > 「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]

「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]

『「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]』を価格比較。★★★☆(68点)『不能犯』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]
67点
監督 白石晃士
出演 松坂桃李,沢尻エリカ,新田真剣佑,間宮祥太朗,テット・ワダ
発売日 2018年7月13日
定価 7,344円(税込)

 

価格比較

「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray] 5,603円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 エイベックス・ピクチャーズ
発売日 2018年7月13日
ディスク枚数 2
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「不能犯」のレビュー

  • 70点 魔術はささやく(笑)

    2018-02-05  by ぱおう

    予告編から、松坂桃李さんのミステリアスな悪役ぶりを楽しむ作品を期待して劇場に行きましたが、期待は外れませんでした。
    松坂さんが演じる黒服の怪人宇相吹(うそぶき)が事実上の主役。にやあっと気味の悪い笑みを浮かべる姿が、実にはまっていました。

    宇相吹は悪人ではあるのでしょうが、依頼人の恨みを買った人間を独自の基準で裁き、「愚かだねえ、人間は」と「うそぶく」姿には、曲がった正義のような信念も感じられ、ヒロインの女刑事(沢尻エリカさん)と裏表のように描かれています。
    彼に殺させる人・殺される人の物語が、オムニバス的に描かれていきますが、つぎはぎ感はなく、滑らかに盛り上がっていく緊迫感は好ましいと思いました。

    惜しむべきは、松坂さん以外のキャスティングでしょうか。ヒロインの沢尻エリカさんも悪くないのですが、同僚刑事役の矢田亜希子さんは、同じ「おめめパッチリ系」で何やら姉妹のようにかぶっているし、一脇役のはずの芦名星さんが美しく強烈過ぎてヒロインを食ってしまうし、部下の新田真剣佑さんも、昔更生させた板前の間宮祥太朗さんも、役柄には必要ないイケメンぶりだし・・・・・・と、いくつか挙げるだけでも、ヒロインを取り巻くキャストが、相乗効果ではなく飽和させる方に行ってしまった印象を受けます。
    助演には助演らしいキャストを充てて欲しいですね。群像劇ではないのですから。

    設定には、既視感を感じましたが、おそらく昔読んだ小説にどこか似ていたからかと思います。
    それでも、最後までオチの読めないストーリー展開を、ハラハラドキドキ楽しめましたので、サスペンス作品としてはまずまずでした。

    ※2/4 18:02に初回投稿しましたが、芦名星さんを芦名聖さんと誤記していましたので訂正しました。

  • 60点 この路線を

    2018-01-23  by 猫ぴょん

    極めて欲しい松坂桃季

    ☆試写会☆

    悪魔な感じが似合ってる
    善人の役よりこっち系が断然イイ

    が。
    しか〜し
    原作ありきのこの作品
    邦画はこれが限界なのか〜

    若手の役者を全面に出してるのと
    女性刑事の設定を変えてある分
    重みに欠けるというか
    マイルドというか。

    新人君にそのセリフを言わせると説得力に欠けちゃうような。
    そこは渋い刑事登場させようよ〜とか。

    あと演技がイマイチな方がいたりして
    「怖さ」が半減してるような。


    純粋にこの映画だけの感想は
    「人を呪わば穴二つ」

    つくづく思う(^^;

    そりゃあね
    それなりの長い期間人間やってると呪いたくなる人いるし(笑)
    でもねぇ
    実際に殺したいかと言うのと別
    そうゆうことするとこうなるんだよ〜のお手本としてはイイかも(^^;)


    短絡的な考えはダメだよ〜
    ダークサイドに落ちるなよ〜

    ってw
    ハイ(^^;
    それは私にも言えることですぅw



  • 40点 期待はあったのになぁ〜

    2018-02-02  by なつみかん。

    この意地の悪い話は
    決して悪くはないと言いたいところは
    ある
    けれど〜

    事件以外でキャラ同士の普通のやりとりのイケて無さ・・・
    下手くそに見えるのが頂けません。

    桃李くんなんて
    日本版ジョーカーって感じで上手く活かしたら、その最低さが過ぎて、最高なのに〜

    沢尻さん(女優さんとしては好きなのに)
    敏腕刑事とは思えなくて
    ストロベリーナイトの姫川警部(竹内さん)を見習ってほしいかなぁ!

    まったくもって残念なのでした。

  • 70点 沢尻エリカはミスキャスト

    2018-02-03  by odyss

    脚本的にはよく出来た映画だと思いました。
    不能犯という設定を使いながら、人間の醜さや皮肉な関係を描いていく趣向は悪くありません。

    松坂桃李も好演。悪役のようでも正義漢のようでもあるという難しい役ですが、なかなか良かった。

    ただし、刑事役の沢尻エリカは明らかなミスキャスト。一所懸命に演じてはいましたが、彼女、刑事としての迫力が出せていない。また刑事としての信念が単に言葉の上でのことにとどまっていて、本当に生き方としてそうなっているという感じがしません(これは脚本のせいもあるでしょう)。沢尻エリカが悪いのではなく、彼女を選んだ側に責任があると感じました。

    むしろ、途中から登場する芦名星を刑事役にしたら良かったのではないか。彼女には存在感がありますから、女性刑事役でもそれなりだったと思う。

    映画のキャスティングはきわめて重要で、作品の出来を左右します。本作品では、その点に制作側の甘さがあった。残念です。

  • 10点 アホンダラ

    2018-07-24  by 傳次郎

    愚かだね、この映画は。
    それを愚作って言うんだよ。


    このコメディ映画はどこまでが本気なんだ?

    沢尻エリカと矢田亜希子がいる警察署なんて管轄区域が不憫でならない。
    もういい加減、無感情で冷めきったサイコパスというステレオタイプなキャラ造形には卒業してくれ!
    不敵にニヤリとか、水戸黄門並に見た描写だ。

    この程度でみんなが松坂桃李に殺人を依頼するならきっと多忙を極める。沢尻に殺してくれと頼むより先に過労死するから心配すんな。

    それと松坂写輪眼のCGは誰かダサいですよと苦言してくれなかったのか?

    登場人物が全員アホ、沢尻筆頭の警察が何もしていない、なぜか廃墟(ネット環境があるようには見えない)に住んでるホームレス桃李、思い込みのはずが顔が爛れまくってる間宮祥太朗。

    このユルユルのガバガバ映画が唯一良かった点は上映時間を106分程度に納めてくれたことぐらいだ。


    60円

  • 50点 中途半端だった感

    2018-07-23  by COMEME

    警察役が沢尻エリカだった時点で少し危惧してはいましたが…
    緊張感のない映画になっていました
    やたら出てくる暗示のシーンのCGが安っぽくてがっかり
    あんなシーンは要らないと思う
    色々な事件があるにもかかわらずなぜか単調で盛り上がりがないと言う印象の映画に仕上がっていました
    松坂桃季さんは良かったと思う
    あとは間宮くんの配役は絶妙だったと思う
    真剣佑も良かったので今は若手のほうが上手いのかも…
    小林稔侍はいつ見てもその世界観を壊してしまう演技力
    最後も最後なので、え??終わり?!?!?!?!と拍子抜けしました

  • 80点 原作を読んでから

    2018-04-17  by ゆうにゃ

    原作漫画を読んでからの鑑賞です。
    サスペンスのようなアクションのような
    闇深さがありました。
    役者さんによっては
    優しさがにじみ出てました!

  • 70点 演技力の差が...

    2018-03-27  by hikarururu

    宇相吹の役は、松坂桃李さんにしか出来ない気がした。

    その松坂さんをはじめ、闇を抱えた安田顕さんや、
    間宮祥太朗さんなど男性陣と芦名星さんは、
    きちんと演じ切っていらっしゃいましたが、
    沢尻さんと矢田さん、鑑識の方は、
    なんで、そんなにアイメイクバッチリやねん!で、
    刑事には、まったく見えないところが、非常に残念。

    やっぱり、非現実な事柄を描いてるのだから、
    現実的な部分は、きちんとリアルに描いて欲しかったかな。

    「ちくしょー」って、叫んだ沢尻さんには、正直、力が抜けました。
    そのまんま文字が目で見えたもの。
    一字一句はっきり言う人、初めて見た(笑)

  • 60点 期待外

    2018-03-09  by shizuhisa

    かなり前から期待していた作品でしたが、ストーリー的にも視覚効果的にも微妙でした。エリカさまの刑事役もイマイチしっくりこない所も・・・。残念。。。

  • 40点 別に。愚かだね番宣は〜アイデアが全て〜

    2018-02-05  by PAPAS

    「不能犯」39点。

    「番宣」のしすぎです。何回TV番組に出たんですか?
    その熱心さを「作品作り」に生かして下さい。
    まだ出る?ひえ〜。
    「宣伝」しすぎるとその分期待値が上がるから(普通なら)、
    いい作品としても「トントン」、ダメなら「ボロカス」です。
    まさしく「心理学」を学びましょう。
    中味への批判に「含めて」で、みじめになります。

    「番宣」と言えば「NHK」ですが、「しつこさ」が「批判+α」になっていません?
    いや、自分のためですか?
    提供の(お金を出してくれる)、
    「ネタ切れ」の「TV局」の「にぎやかし」のためですか?
    最近の「番宣」の必然にうんざりです。

    名優が2人もあっけなく早々と。もったいないです。
    「テッド・ワダ」?何者ですか?
    あの刑事部長?あの長髪はありえないでしょう。
    「ディーン・フジオカ」パターンですか?
    「松坂桃李」、いろいろな役に挑戦はいいのですが。
    女性がみんな美しい(?)が、魅力的とは思いません。

    「沢尻エリカ」は上から目線で、足組んでタバコ。
    決して汚れない(取って付けたような汚れはありましたが)で、「COOLな美人」ゆえに感情が出にくいような。
    あなたに「希望」と言われても「別に」。

    みなさん同僚が死んでも冷静です。
    初めから「怪しい人」がやっぱりです。
    「CG」が進化して「ラク」な製作になりました。
    この題材ゆえにもっとエグくて「猟奇的」でも良かったのでは。

    「サイコホラーサスペンススリラー」のアイデアは面白いです。
    さすが「アニメ」です。「アニメ」界は着想が素晴らしいです。
    心理を利用した「マインドコントロール」(=「洗脳」)はあり得そうです。
    その分もっと「猟奇的」にするために、「CG」や「特殊メイク(あまりにお粗末。もう少しどないかなりませんか?顔の表皮がめくれてもいいのでは?)」を多く使用してはどうでしょう?

    ラストはああするしかないのでは。
    そんなに簡単に片付く事件ではありませんから。
    「だって、(愚かな)人間だから」。

    続くのですか?
    「別に」。∞∞∞




この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 不能犯の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

「不能犯」DVD通常版

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3104円(税込)
  • OFF:1000円(24%)

「不能犯」DVD豪華版

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4779円(税込)
  • OFF:1485円(23%)

 

 



映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!