ただいまの掲載件数は タイトル64244件 口コミ 1170744件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 密偵 > 密偵 [Blu-ray]

密偵 [Blu-ray]

『密偵 [Blu-ray]』を価格比較。★★★☆(69点)『密偵』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

密偵 [Blu-ray]
68点
出演 ソン・ガンホ,コン・ユ,ハン・ジミン,鶴見辰吾,オム・テグ
発売日 2018年4月4日
定価 5,184円(税込)

 

価格比較

密偵 [Blu-ray] 3,853円 (税込)
近日発売 予約可
Amazonで買う
密偵 [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 TCエンタテインメント
発売日 2018年4月4日
ディスク枚数 1
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「密偵」のレビュー

  • 60点 もっと主役に悩みを!

    2018-04-08  by odyss

    この映画、悪役、つまり朝鮮を支配している日本人警察のボスを演じる鶴見辰吾が最高にカッコいい。そこが見どころかと。

    これに対して、日本の警察の密偵を務めながら、独立派の朝鮮人たちに加担していくソン・ガンホはどうかなあ。やや物足りなかった。

    もっとも、それは彼の俳優としての能力の問題じゃなく、脚本の問題だと思うんだけどね。

    彼は最初から二重スパイのつもりで日本側に雇われたわけではない。支配者=日本側と、被支配者=朝鮮人独立派の間にいて、それなりに心が揺れたり、逡巡したりしたはず。その辺の描写が物足りない。これは勤務中だけじゃなく、例えば家庭に帰れば、当然家族の経済を支えているのは自分だという意識があるはずだから、その辺からの描写も必要だろうと。

    多分、制作側は、支配者日本人=悪役という前提を疑いなく受け入れているからそういうふうになるんだろうけど、当時の朝鮮の実態を見れば、こんにち言われる「親日派」の朝鮮人だってかなりいたはず。

    まあ、そういう複雑さを今時の韓国映画に求めるのは無理かも知れないけど、その辺が改善されないと、いつまでたっても韓国映画は、迫力はあるけれど大人の観客のための深さが欠けたまま、という状態から抜け出せないのでは。

    少しは大人の日本人映画ファンからの親切な忠告にも耳を傾けましょう(笑)。

  • 70点 シネマート新宿にて!

    2017-11-23  by なつみかん。

    本編前の予告編(韓流)
    どれもが、気になるなぁ〜
    上映スケジュールを何となく覚えておくョ。
    (o^^o)

    サスペンスとアクションなら、
    やっぱり、この現代の韓国は外せないよね。
    (少なくとも、日本で公開されるのはね!)

    ソン・ガンホ、コン・ユ
    二人の義≠ヘ、その立場、アイデンティティの揺れるその時代に
    どう烈する≠フか!?

    日韓の歴史、政治的な話はこの際置いといて・・・

    流石の見応えありでした。

    ところで、期待の韓流映画と言えば
    軍艦島、ってまだ公開しないのかしら?
    あの、いわく有りのヤツ σ(^_^;)

  • 80点 密偵は誰だ?!

    2017-11-15  by 猫ぴょん

    ってのがメインではなくて
    各々の立ち位置と
    葛藤と。

    己に課せられた使命というか。


    いや〜
    列車内の攻防
    緊張する〜

    しっかし日本人
    極悪人過ぎ〜
    これが歴史上の真実なのか?
    (ちょっと勉強しないとダメだな自分)
    拷問シーン
    これでもか〜

    さて。
    コン・ユ
    ソン・ガンホ
    鶴見辰吾
    演技合戦も見どころのひとつ

    騙されてるのは誰か


    もうこうなったら國村隼さんの悪役を超えてね鶴見辰吾さん

    相変わらず強烈な韓国作品140分

  • 80点 やっぱり、韓国映画

    2017-12-07  by minneco

    朝鮮人でありながら、日本のスパイとして生きている男。
    こちらの潜入スパイとして生きて欲しいといわれ、その間でもぐらぐら動く心。
    誰も彼もが、「信念」で生きているのかどうかも、わからない。
    人の心は簡単にわかるもんじゃないんだ、と言われているようです。
    ここで終わるのか?と思っていると「そうなるの?」というのがしつこいくらい続いて、韓国映画を見ているんだな〜、と思わされます。
    いいですよ。

  • 80点 現在の朝鮮半島にも通じるメッセージをはらんだ作品

    2017-11-27  by pharmacy_toe

    日本統治下時代の朝鮮。
    朝鮮人でありながら親日派の警察として生きる者と
    朝鮮独立のために反日運動をする義烈団の団員
    互いに相反する間柄ながらも、次第に信頼関係が生まれていく

    面白かったなぁ
    最初から最後まで緊迫感が切れず、ドキドキしながら観た作品だった

    主人公のイ・ジョンチュルは朝鮮の独立などハナから諦めていて、生きていくために親日派として生きているが、義烈団の団員たちと会うようになって、自分の中に流れる朝鮮民族の血を意識するようになる

    初めはのらりくらりと生きていた男が、次第に忠誠心や義理に目覚めていくという姿は、これまでソン・ガンホが演じてきた役柄に通じるものがあって、ガンホだからこそ生きる役だと思った。

    この当時は、同じ民族にも関わらず、親日派と反日派に別れて争い合うという状況だったけど
    それは現在の朝鮮半島にも通じる部分であって
    ジョンチュルが朝鮮人としての誇りに目覚めていく過程を見ていると
    同じ民族同士が対立し合う状況は間違っている
    だから戦争はよくないというメッセージが伝わってくる

    結局、朝鮮半島の独立はしばらくな叶わないけれど、最後まで諦めなかった人たちの姿をみて
    今でも朝鮮半島の統一を諦めずに夢見ている人たちのことが思い浮かび、
    この半島の悲しい運命を感じた作品だった

  • 70点 密偵

    2017-11-22  by エージ

    オープニングの逃げる者と追う者のシーンから見せてくれる。主演のソン・ガンホをはじめとして役者が揃っている。憎たらしい日本人を演じた鶴見辰吾が目立っていた。誰が密偵なのかというサスペンスとして見ても楽しめる。

    列車のシーンはおよがせているのか、バレるんじゃないのかと心配になるくらい少し間抜けな感じもなくはなかった。去年も数本あって、日本統治下はドラマ性に富んでいるのでこれからも多く作られるかもしれない。

  • 50点 価値が半減

    2017-11-20  by ぴあ高校生だった

    爆発・残虐描写好きの韓国映画は、日本人の感覚とはかなり違います。

  • 80点 日帝と朝鮮戦争時代だけで、韓国映画はネタ切れし...

    2017-11-17  by クリス・トフォルー

    昨年の「暗殺」に続いて、日帝統治下の韓日の攻防戦をスリリングに描いた作品だが、こちらは親日側の密偵がソン・ガンホなので、さらに一筋縄でいかない展開になっている。
    他にもコン・ユにビョンホンと名優揃いだが、鶴見慎吾の参加が嬉しい。オダジョーに國村隼、池内博之と、この流れが途切れず続いてほしいね。

  • 80点 歴史作品

    2017-11-11  by ゴン吉

    旧日本統治下での韓国における武装組織による抗日活動を描いた作品。

    ミステリー作品やスパイものというよりは、歴史を舞台にした当時の社会情勢を描いた骨太作品といった感じです。

    ソン・ガンホをはじめ韓国の名優たちの演技が素晴らしかったです。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 密偵の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

密偵 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

 

 



ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】