ただいまの掲載件数は タイトル59427件 口コミ 1151414件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 先生! 、、、好きになってもいいですか? > 先生! 、、、好きになってもいいですか? DVD プレミアム・エディション(初回仕様/2枚組)

先生! 、、、好きになってもいいですか? DVD プレミアム・エディション(初回仕様/2枚組)

『先生! 、、、好きになってもいいですか? DVD プレミアム・エディション(初回仕様/2枚組)』を価格比較。★★★★(79点)『先生! 、、、好きになってもいいですか?』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

先生!  、、、好きになってもいいですか? DVD  プレミアム・エディション(初回仕様/2枚組)
78点
監督 三木孝浩
出演 生田斗真,広瀬すず,竜星涼,森川葵,健太郎
発売日 2018年3月14日
定価 5,389円(税込)

 

価格比較

先生!  、、、好きになってもいいですか? DVD  プレミアム・エディション(初回仕様/2枚組) 3,954円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
先生!  、、、好きになってもいいですか? DVD  プレミアム・エディション(初回仕様/2枚組) 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
発売日 2018年3月14日
リージョン 2
ディスク枚数 2
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「先生! 、、、好きになってもいいですか?」のレビュー

  • 70点 真っ直ぐ

    2017-10-18  by 猫ぴょん

    ☆試写会☆

    いや〜もうひたすら真っ直ぐ
    純粋に。

    曲がって曲がって
    こんがらがった?(;'∀')?
    私には眩しい
    眩し過ぎるぞ〜w

    もうねぇ
    すずちゃん可愛すぎっ
    ぷっくらして口角の上がった唇
    キラキラした瞳
    一途に真っ直ぐに見つめられたら〜
    惚れるにきまってるだろ〜〜〜〜〜〜〜

    生田斗真先生
    こんなカッコイイ先生いたら勉強するね(笑)
    違うな(^-^;毎朝必死で髪型チェックとお化粧に力を入れるなw勉強そっちのけでwww

    とにかく(#^^#)
    あまりにもピュアでうるっと来たヮ
    (少しかピュアな部分が私にもあったww)

    友達もなかなかイイキャラで^^
    藤岡くんもなかなかステキ

    ちょっと迂闊過ぎるぞ〜と
    ヤボなツッコミは止めとこうww


    最近イヤミスドロドロ〜な本ばかり読んでた私の心に爽やかな風が吹いた114分(#^^#)




  • 80点 すずちゃん、無敵!

    2017-10-30  by ぱおう

    いやあ、素晴らしい。
    今の広瀬すずさんに、この手の役を演じさせたら、敵う者なし。
    これぞ理想の女子高生の輝きが、画面からこぼれ出さんばかり。
    ストーリーはベタと言えばベタですが、こんな美少女に好かれてしまっては、他に選択肢はないことを問答無用で納得させられるすずさんの存在感。

    下手にひねらない素直な展開と、脇役の面々のキャラ立ちしながらも自然に見える演技も好ましく、観終わって満足度大。
    三木監督の青春映画は、いつも観客を幸せにしてくれる安心ブランドです。

    生田斗真さんの地味教師役には多少驚きましたが、終盤には感情移入して涙ぐんでしまいました。
    教師と女子高生というくくりでは、確かに大人と子供の距離もあるでしょうが、私から見たら、どっちにしても輝ける若者だし。おじさんには、まぶしいぞ、チキショー(笑)

    これは、広瀬すずさんのような無敵の美少女と、生田斗真さんのような渋いイケメンであってこそ成り立つフィクションです。
    真似ようとしたら即死ですので、気を着けましょう。

  • 50点 ダメです!好きになっては!

    2017-12-04  by PAPAS

    【先生! 、、、好きになってもいいですか?】
    53点。
    「ダメです!」
    「好きになってはイケない人はいます!」
    「JKは教師を好きになってはいけません!」。
    教師が一杯捕まっています。一度の過ちで「クビ(懲戒免職)」です。

    すず祭り。これは「MV」ですか?これは「PV」ですか?
    これでもかこれでもか。げっそり。
    もう食べられません!実は美味くない。
    運・勢いだけ。
    ガラガラ。全くヒットしていません。たった5Wで打ち切りです。
    わざわざ「すず」を見に、人は行きません。

    私は、高校の「文学」の教師でした。
    舐め切っている「生田」の茶髪は話になりません。
    私こと「伊藤先生」は、「伊藤先生」に怒りまくりです。

    もうとっくにお腹いっぱいの「すず」に「たお」。
    年末から来年にかけて、まだまだ食べさせる気です。
    実はそんなに美味しくなかったことが露見しているのに。
    何故「映画村」の人たちは同じ人ばかりを使うのでしょう。
    とっくに飽きが来ているのに。
    どの作品も「ヒット」していないのに。
    どの作品も「短命」です。

    客観的に見て、どちらも「美しくない」。
    顔は勿論スタイルも。
    どちらも「かわいこぶっている(しぐさと声の出し方、しゃべり方で)」だけです。
    背はすらりとはしていないし、水着姿は見せられません。

    どちらも気が強い、「自分で立ち直れる」タイプです。
    別に他人の力を借りなくても。ましてや男性の力など。
    そういう「女の子」には男性として「助けたい・助けないと…」という気にはなりません。
    あの「あつかましさ(秘めたる強さとは別です)」なら勝手に立ち直るだろうというような「女の子(若手の女優)」には魅力を感じません。どうぞご勝手にです。

    さらに「すず」は朝の連ドラに抜擢されました。
    そのこと自体は別にご勝手になんですが、やり方に「怒り」を覚えました。
    何故、来年ではなく再来年のヒロインなんでしょうか。まだ来年の後期のヒロインも決まってないのに。
    明らかに「100作」目を狙っています。
    それならば来年に発表すればいいのです。これから決まる来年のヒロインよりも「すず」の方が大事ということです。失礼な。
    「NHK」の最近の「あざとさ」が見えます。「民放化という名の品のなさ(別名、国営放送の視聴率稼ぎ・話題作り)」が如実に表れています。それならば「受信料」を取るのを止めて下さい。民放と平等に競争して下さい。
    「すず」には来年は出演できないほどスケジュールが埋まっているということを宣伝できます。実際は埋まっていないのでは?
    「100作」目に抜擢されることのためならなんとでも。
    それほどの「値打ち」あります?あの「普通以下」の女の子に。
    「甲子園の100回記念大会」にそういう「意図した」演出します?スポーツとは違う?でも明らかな露骨な「品のない」演出には「うんざり」します。勿論見ませんが。
    蛇足ですが、このことをTwitterやFBなどいろいろな「NHK」「すず」サイトにコメントするとすぐに削除されます。いいコメントしか載りません。
    まさしく、汚れのない「キレイキレイ」の女優さんです∞∞∞

  • 90点 キスシーンにキュンとしたのは久しぶり(笑)

    2017-11-28  by misamisa88

    コミック原作の青春ラブストーリー、、女子の妄想だらけの現実逃避映画か?と、あまり期待はしていなかったのですが、生田斗真さん&広瀬すずちゃん見たさに舞台挨拶付を観に行ってきました。
    ところが予想に反して・・ヨカッタ!!!
    とにかく、キャストがみんなハマってて素晴らしかった!
    伊藤先生の、冷たそうなのに実は優しいツンデレにキュンキュンし、響の真っすぐで一生懸命な気持ちにキュンキュンし、また友達役の葵ちゃんと竜星くんがいい味を出していて、、キュンキュンしまくりの映画でした(笑)
    ラストは想像がつくけれど、それでも泣いたりホッコリしたり・・キスシーン満載の少女漫画実写化映画が多い中、こんなにキュンとするキスシーンは久しぶりでした(笑)


  • 90点 大好きな作品

    2017-11-15  by

    恋愛映画の実写化はまあこんなもんだよねと終わることが多く期待しないで映画を観に行きました。
    最初から最後までキュンキュンが止まらないし、とても感動しました。
    キャスティングもとても合っていて不愉快な役な人がいませんでした。

    例えば伊藤先生と響が車の中で話すシーン。楽しそうにカップルが手を繋ぎながらはしゃいで輝いているシーン。生徒先生という関係じゃなければと、、、それが最後の何したい?手を繋ぎたいに繋がっている。

    伊藤先生が響のところへ行き待ってろというシーン。ほんとはキスしたいのに出来ない関係の2人、伊藤先生が唇に手を添え我慢している場面が卒業式後の2人キスに繋がる。


    このように繋がっていくシーンがいくつもあり鳥肌がたちました。

    個人的には伊藤先生の家へ浩介が行き殴るシーンと千草が響のもとへ行き好きになっちゃいけない人なんていないという交互に映し出されるシーンがとても大好きです。

    ただの恋愛映画というだけではなく友情関係も素晴らしい映画となっているので沢山の人に見て欲しいです。三木監督の作品は全体的に光系の演出なので映像美も好きです。

  • 80点 OH MY LITTLE GIRL

    2017-11-05  by STAYGOLD

    あざとすぎる広瀬すず祭り開催。

    まさに18歳卒業の記念PV状態。少女と女性の狭間に揺れる、世代の「マジックアワー」に存在する広瀬すずの今が楽しめます。

    彼女を撮る映像ほぼ全てが、白を飛ばした美しく魅せる手法。ある意味ここまでヤラれると逆に清々しい。中途半端は良く無い。だってしょうがない。広瀬すずは、やはりかわいい。娘と同い年だけど^^;

    このタイトルの主題歌の様に、今回の彼女はさながら小動物の雰囲気。「チア☆ダン」の肉感的なスポーティキャラとはえらい違う。このコもカメレオン女優。ホントの中身はどうだか解らないが(キスシーンの前にカレーを食えるぐらい根性が据わっているからネ)、本作における広瀬すずは、ある意味究極のオトコの理想像をすましガオで演じていました。

    ハコには昔のオトコノコ達が多くて、ああ、「時かけ」の知世ちゃんの影を追ってるんだなぁと感じた次第。ショートで清楚。おまけに弓道シーンも満載。まあ、仕方ないか。しかし、若者と老け顔が混在しているハコは一種カオスな世界でした^^

    こういうピュアなアイドル映画は、いつの時代にも存在する。存在しなければならないモノ。いまこの瞬間にしか切り取れないキセキをしっかりと映像に焼きつける。永遠の存在として。

    そして伊藤先生を演ずる生田斗真。まったくコイツの振り幅には感心する。残念ながら今作ではフツーのイケメン先生だったが、これはしょうがない。しかし橋の上のシーンは、正直ズキズキきました。全てを抱きとめて本心の告白。教え子がボーダーラインを越えてきたときは、しゃあないよ。だって♂と♀だもん。ほんと銀幕滲んだよ。年の差10歳ぐらいなんてフツー。にゃんこスターを見よ。年なんて関係ねえよ。どっかの誰かの教え子だって16歳差だったし^^;

    とにかく全てがピュアなのよ。キスだけでイケる。そういう空気をすっと吸い込めるひとには、たまらない時間が過ごせるでしょう。

    ただマジな映画者には、こんなアイドル映画は合わないかな。そういうひとは、ぜひ大森南朋すら籠絡する天性の魔性を持つ蒼井優の日本映画の方を御覧ください。おそらく彼女の素を感じさせる抱かれたときのこえを聞けますヨ。下手なAVよりそそる役者の演技をね。

    ※深夜のプロモ特番で二人がお台場でデートする奴をやってたけど、なんかひどくぎこちなくて良かった。恥ずかしげに微妙に距離を置く広瀬すず。ガチで緊張してる生田斗真。デートなのに役者論を語る生田斗真は、色々とマジです。美男美女は、やはり図になるな〜。公開劇場が減ってきているのは残念。

  • 90点 素敵な純愛映画でした。

    2017-11-05  by 蒼き風

    広瀬すずさんが真っ直ぐで可愛く、生田斗真さんが不器用で、でもかっこよく、優しく。

    「一生懸命人を好きになる。」

    素敵なストレートな純愛映画でした。

  • 90点 青春力!

    2017-11-02  by ぶりんじ

    生田さんの新作だったので見たくて見たくて…
    いい歳ですが、足を運んでしまいました。

    生田さんの少しやつれた?雰囲気や
    メガネをクイッとあげるところ、など
    きゅんポイント盛りだくさんです。

    すずちゃんも可愛くて、こりゃ好きになっちゃうよ、って感じです。友達も演技派?な方が多くてついつい応援したくなる方ばかり。

    疲れた心が甘酸っぱさに癒されました。
    ありがとう〜!!

  • 100点 おさえた演技が最高!

    2017-11-01  by 未登録ユーザつぼたん

    はしゃぐシーンは皆無。グッと涌き上がる感情をぐっとおさえるけなげな広瀬すず。とってもいとおしくなってしまいます。特にキャンプファイアの時の「先生、わたしはどうしたらいいの?」には涙させられました。やっぱり彼女は目で、演技ができる凄さがあります。学校のかいだんでの体当たり演技からのスタート。色々な映画に出てきましたが、映画怒りへの挑戦なんかも今の彼女の演技へとつながっていると思います。森川も適役。よく頑張りました。ストロボエッジと同じようなパターンですが、いい映画だと思います。

  • 100点 可愛い・・。

    2017-10-31  by 未登録ユーザミノムシ

    何かと性格が悪いやなんやら言われる広瀬すず。でも、演技はやっぱりうまいと思う。バラエティーなど出さずに、確かな女優さんにしてあげてほしい。
    この年代の役をやらせると本当にはまります。まあ、お話はよくありがちなキュンキュンもの。最後にもっと感動させてほしかったですが・・。よく走るシーンがこの手のものでは出てきますが、広瀬すずは走り方もカッコいい。彼女が一番似合います。これからも彼女の活躍を願っております。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は 先生! 、、、好きになってもいいですか?の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

 

作品情報

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

 



『インクレディブル・ファミリー』特集
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
今度のオーシャンズは“豪華でド派手”! 豪華女優陣に華麗に騙される 『オーシャンズ8』ほか、S・ローナン主演の儚く美しいラブストーリー『追想』など続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!