ただいまの掲載件数は タイトル65013件 口コミ 1179221件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > バイオハザード:ザ・ファイナル > バイオハザード DVD コンプリート バリューパック

バイオハザード DVD コンプリート バリューパック

『バイオハザード DVD コンプリート バリューパック』を価格比較。★★★☆(67点)『バイオハザード:ザ・ファイナル』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

バイオハザード DVD コンプリート バリューパック
67点
監督 ポール・W・S・アンダーソン, アレクサンダー・ウィット, ラッセル・マルケイ
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ,ミシェル・ロドリゲス,シエンナ・ギロリー,イアン・グレン,アリ・ラーター
発売日 2017年12月6日
定価 6,264円(税込)

 

価格比較

バイオハザード DVD コンプリート バリューパック 4,656円 (税込)
近日発売 予約可
Amazonで買う
バイオハザード DVD コンプリート バリューパック 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日 2017年12月6日
リージョン 2
ディスク枚数 6
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「バイオハザード:ザ・ファイナル」のレビュー

  • 50点 パイでハサーむド:ク・サイアナル

    2017-11-01  by イ〜の!イ〜の! PURNA

    んぎャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!\(((◎o◎)))/!!!!!


    そんで〜


    臭いお尻をキレイ、キレイにね〜〜〜ヾ(≧▽≦)ノ

  • 60点 私はアリス

    2016-12-27  by 出木杉のびた

    一作目から劇場で観ているので、最後まで付き合わねばとお義理鑑賞。全作一度観たきりなので、もう内容もうろ覚え。一作目が2002年公開なので、14年かかりの第六作。毎回ハードなアクションを見せてくれたアリス役のミラ・ジョヴォヴィッチさん、お疲れ様でした。まあ彼女にとっては、本シリーズでポール・W・S・アンダーソン監督と結婚し、娘まで本作に出ているので、家族映画みたいなものか。

    それにしても本作でのアクション・シーン、カット割りが細か過ぎて、画面も揺れ過ぎて、何が起こっているのかさっぱり分からない。もう目がついていけず、疲れて仕方ない。何度目を閉じてしまったことか。登場するクリーチャーの姿もはっきり見せてもらえず、フラストレーションは溜まるばかり。時折こういう"見せない"映画を見かけるが、これで観客は映画を"観た"ことになるのだろうか。とにかくこうしてカメラ揺さぶって、激しいアクションをしているフリをしていれば、誰が演じてもアクション・スターになれそうだ。

    突然飛び出てきたり、大きな音で嚇かされたり、カメラはめまぐるしく動き回るので、ドキドキとスピード感だけはそれなりに味わえたが、観終わった後は何か騙されたような気がしてしまう。敵は大群なので、多勢に無勢。でも最終的にアレを手に入れれば、全て解決してしまうという超簡単な方法に唖然。タイムリミットが設けられるが、その割にはハラハラさせられない。ラスボスとの戦いも、何かスケールダウンで物足りなかった。

    それでもアリスの正体や、レッドクイーンの事情も判明して、一応の解決はついてそれはそれで納得、したと思う。記憶についての処理も悪くはない。

    さて、当面の問題は解決したものの、また続編を作ろうと思えば作れる言い訳を残して映画は終わる。でも、もう終わりにしてくれていいと思う。劇場では、日本製のフルCGアニメ『バイオハザード・ヴェンデッタ』の予告編をやっていた。

    PS
    ローラはどうして本作に出演することになったのだろう。すぐいなくなってしまうし、あれでは僕のエキストラ出演と、あんまり変わりがない(笑)。

  • 70点 ゾンビはおまけになってしまいました。

    2017-09-18  by ゼーン

    これが最後なんだろーなーという感じはします。でも、作っちゃても許されるとも思います。

    もう作品の繋がりや、シリーズの流れは気にしてません。この作品のみを楽しみました。あの通路を移動してくるレーザーは懐かしかったです。

    で、思い出すのは元のゲーム。20年くらい前の話です。

    このバイオハザードシリーズは、そういえば観たなーと思い出すとしても、再度全作観なおすことはしないでしょう。

  • 70点 15年間よく付き合ってきました!

    2017-02-02  by 影無茶

    ゾンビ映画と知らずに見た一作目からもう15年!
    2作目まではよく覚えているのに3作目以降はほとんど覚えていないというまるで高齢者の記憶のような状態で迎えたファイナル。
    ローグワンでさえガラガラだった地元の映画館。
    今日は私だけかもと思ったら、何と何とざっと20人は入ってる!
    そうか、これはもう1作目から見続けてここまで来たら最後までつきあわなしゃあないって人達ばかりなのねと思いました。
    かくゆう私がそうなんです。
    同族じゃ!
    もう、パターンは最近こればっかりって感じですが、とりあえず最初から最後まで一気に駆け抜けてくれるので眠くなることはありません。
    もうこれやったらとっくに終わっててもかまわないんじゃないですか?
    いや、もうストーリーとしてはほとんど成り立っていないですね。
    何だかサラマンダーかいなって思うところもあるし。
    ジョボビッチもさすがに年取りましたね。
    ローラ?何?
    お〜終わった終わった。
    ファイナルだ〜
    これで卒業出来ました。
    これだけ無茶苦茶書いて70点ってオレおかしくなりました?
    いやもう最後まで付き合った自分へのご褒美として。
    低い点じゃさびしすぎるじゃん。

  • 80点 お帰り〜アリス☆2017年初の大興奮!

    2017-01-06  by あらぼ〜

    アリス、お帰りなさーい。
    4年ぶりにスクリーンに映るアリスを観て、
    2017年初の大興奮!

    各サイトで映画ニュースを読み尽くしてしまったので、大体のイメージは出来上がっていたのだけれど…
    やっぱり、バイオハザードはバイオハザード。
    だから、コレでいい。
    最高です!

    恐がりの私が、ずっとバイオハザードを
    観続けられたのは…
    アリスが地球を救う瞬間を見たかったから。

    アリスの強さに憧れ、人間の命を尊ぶ姿勢が
    たまらなく愛しくて…

    久々にアリスを観た瞬間に…
    もう、心拍数上がりました↑

    最初に公開したのが、2002年だから約14年間。
    ずっとワクワク&ドキドキさせてもらった。

    蹴るは、走るは、跳ぶは、撃つは…の
    凄アクションに感動と興奮。

    確かに、アリスも年をとったけれど…
    まだまだ、アクション頑張っていました。

    今回の見せ場は…シルクドソレイユ
    片脚で逆さま…でも、負けない。
    見せるねー。
    闘うアリスがカッコよかった。最強!

    アンデッドは、わらわら出てくるどころ
    ではなく、もう真ーっ黒。
    地面が真っ黒になるほど、おびただしい数
    に増えていて…
    油断するとガーっと襲ってくるし、またムクリと起き上がるし…観ているこっちまで疲労困ぱい。

    長年闘って生き残ったきた、アリスやクレアは強いよね。
    あ、アリスが言ってた…
    強いだけじゃダメだって。
    知恵がないと。なるほど…

    ひと言で表現すると…
    ザ・ファイナルは恐ーい。
    どこが?
    まず、音が。
    次に、暗闇が。
    そして、裏切りが。

    東京にも来たバイオハザードだけれど、
    ファイナルはラグーンシティの地下ハイブに還る。
    そこで解明される驚愕の事実に怒りを覚えるやら。悲しいやら。

    そして、今作でテンションが上がったのは…
    女戦士コバルト。
    そう、あのローラ。
    製作プロデューサーは、
    「彼女は驚くべき美貌と人を惹きつける強烈な個性、強い意志をもった女性。今回のコバルトは彼女が適役」
    と語っているらしい。
    時間は短いけど、印象的なハリウッド・デビューでした。

    そして驚いたのは、エヴァちゃん!
    ミラとアンダーソン監督の長女。
    もう、一度見たら忘れられない美少女!
    ミラの美貌と、アンダーソン監督のスタイルが
    エヴァちゃんに遺伝した。
    今作では、人工知能レッド・クイーン役だったけれど…
    あと10年待てば、エヴァ版のバイオハザードが観られるかもしれない。
    楽しみです。

    ザ・ファイナルということでシリーズは完結。
    喪失感漂う帰り道でした。

    アリスよ、永遠に…

  • 40点 ほんとにスゴイ??

    2016-12-28  by ダイゴロー

    細かいカットと画面揺れでアクションをごまかさないで〜!ちゃんと見せられないならスタントマン使ってでもいいからさ・・・。フラストレーションばかり溜まる・・・;

    あとさ、敵が出てきたときの無駄にでかい音!!多用しすぎて味方が出てきたときまでデデーーン!!って・・・音でビビるのと怖いのは別もんだよ。怖い演出できないならバイオの映画やらないでー!

    ほんとにこれでスゴイと言える??ゾンビもクリーチャーもブレブレで結局はっきり見てないし・・・。デザインした人かわいそ・・・。エンドロールの後の一言も特にいらなかった。

    最後のほうの展開はよかったので甘めに・・・。

  • 60点 老後の国のアリス

    2016-12-24  by くりふ

    このシリーズはエクスプロイテーションだと割り切ったらけっこう楽しめるようになり、今回もロジャー・コーマン映画でもみる感覚で、ポップコーン頬張りながら頭カラにして面白がろう…と思ったが…さすがにこれだけおんなじコト繰り返していると飽きるわ。当たり前か。が、オチはよかったので救われた。ちょっと感動しちゃったりなんかもして。

    ミラさんも40を超え完全にマダム顔となり、ママさんになった辺りから脱がなくもなったけれど、その清潔美は健在。自分の奥さんフェチの監督も、奥さんの魅せ方外さないね。今回は、自分の娘フェチであることも披露しました。まあ、元々可愛いよね、ミラ娘。子役で潰れずいい女優さんに育つといいな。

    あの「3世代アリス」も、監督にとってはホームムービー。通常の映画としてみれば凡庸だけど、愛の隠し味を感じられるおかげで、ちょっといいシーンにグレードアップしていました。アイデアとしても、例えば『オブリビオン』に似ているけれど、私はコチラの方がずっと素直に頷けます。

    シリーズ途中の展開はすっかり忘れましたが、このオチなら一作目でこの騒動、解決できたじゃん!などという無粋なことには気づかないフリしときます。シリーズ化のおかげで、ミニスカ&チューブトップのジルが登場できたわけで。彼女にはもっと活躍して欲しかったけどね。

    ローラは、口からナマコ4本ひり出していた中島美嘉よりずっとマトモな役でしたが、別に必要ない役でもありました(哀)。もしかして日本公開版のみの出演かなあ?日本製ゲームが原作であるこのシリーズ、けっこう日本に色目つかっているものね。

    あと、しょせんCGだけど、ラストの「ウェーブ・オブ・ザ・デッド」は絵的にすこし面白かった。ゴキジェットなみのスピードで効く空気感染ってスゴイ、と感心してしまいました。

  • 60点 やっと完結

    2019-05-03  by 赤い花のトナカイ

    2016年公開のポール・W・S・アンダーソン監督のサバイバルアクションホラー作品。カプコンのゲーム「バイオハザード」が原案で、ミラ・ジョヴォヴィッチを主演に迎え、全6作品が制作された人気作品ラストです。アンデッドやポポカリムとの最終決戦で幕を開けるのかと思ったら、すでに戦闘は人類の負けで終了しているという謎のスタートで既に駄目な予感が…。完結させないといけないので、映画オリジナル設定に戻っています。最後の舞台は、この元凶が始まったラクーンシティです。まぁ、とにかく長いシリーズ作品でしたが、おつかれ様でした。

  • 70点 ついに完結

    2019-03-03  by EGライダー

    ミラ・ジョボビッチ主演のシリーズの完結編
    前作までのストーリー?え〜と・・
    私は完全に忘れたけれど、十分楽しめます。
    考える映画ではなく感じる映画

    ミラも年は取ったけれど、体形やアクションは◎
    ハラハラドキドキの展開も期待通り
    いろんな意味でこれぞアメリカ映画・・素晴らしい。
    これで完結ということで10点プラス!

  • 60点 もはやホームビデオ

    2018-09-06  by マドレーヌ夫人

    はちゃめちゃになり、生存してた仲間がどうなったかわからないまま終わることはもう予想できていました。
    ローラちゃんはあれで正解。だらだら出演する価値のある映画かといわれたら……
    アリスさんが知り合いを見つけた時の表情は大好き。
    仲間がどんどん犬死にしてくのは気分悪いよ、
    みなさん長い間お疲れさまでした。
    せめてイケメンが一人でもでてたらな

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は バイオハザード:ザ・ファイナルの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ