ただいまの掲載件数は タイトル55514件 口コミ 1101255件 劇場 578件

バイオハザード:ザ・ファイナル ブルーレイ プレミアム・3Dエディション (初回生産限定)(3枚組) [Blu-ray]

『バイオハザード:ザ・ファイナル ブルーレイ プレミアム・3Dエディション (初回生産限定)(3枚組) [Blu-ray]』を価格比較。★★★☆(72点)『バイオハザード:ザ・ファイナル』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

バイオハザード:ザ・ファイナル ブルーレイ プレミアム・3Dエディション (初回生産限定)(3枚組) [Blu-ray]
72点
監督 ポール・W・S・アンダーソン
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ,アリ・ラーター,ショーン・ロバーツ,ルビー・ローズ,ローラ
発売日 2017年3月22日
定価 8,424円(税込)

 

価格比較

バイオハザード:ザ・ファイナル ブルーレイ プレミアム・3Dエディション (初回生産限定)(3枚組) [Blu-ray] 6,118円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
バイオハザード:ザ・ファイナル ブルーレイ プレミアム・3Dエディション (初回生産限定)(3枚組) [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日 2017年3月22日
ディスク枚数 3
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「バイオハザード:ザ・ファイナル」のレビュー

  • 60点 私はアリス

    2016-12-27  by 出木杉のびた

    一作目から劇場で観ているので、最後まで付き合わねばとお義理鑑賞。全作一度観たきりなので、もう内容もうろ覚え。一作目が2002年公開なので、14年かかりの第六作。毎回ハードなアクションを見せてくれたアリス役のミラ・ジョヴォヴィッチさん、お疲れ様でした。まあ彼女にとっては、本シリーズでポール・W・S・アンダーソン監督と結婚し、娘まで本作に出ているので、家族映画みたいなものか。

    それにしても本作でのアクション・シーン、カット割りが細か過ぎて、画面も揺れ過ぎて、何が起こっているのかさっぱり分からない。もう目がついていけず、疲れて仕方ない。何度目を閉じてしまったことか。登場するクリーチャーの姿もはっきり見せてもらえず、フラストレーションは溜まるばかり。時折こういう"見せない"映画を見かけるが、これで観客は映画を"観た"ことになるのだろうか。とにかくこうしてカメラ揺さぶって、激しいアクションをしているフリをしていれば、誰が演じてもアクション・スターになれそうだ。

    突然飛び出てきたり、大きな音で嚇かされたり、カメラはめまぐるしく動き回るので、ドキドキとスピード感だけはそれなりに味わえたが、観終わった後は何か騙されたような気がしてしまう。敵は大群なので、多勢に無勢。でも最終的にアレを手に入れれば、全て解決してしまうという超簡単な方法に唖然。タイムリミットが設けられるが、その割にはハラハラさせられない。ラスボスとの戦いも、何かスケールダウンで物足りなかった。

    それでもアリスの正体や、レッドクイーンの事情も判明して、一応の解決はついてそれはそれで納得、したと思う。記憶についての処理も悪くはない。

    さて、当面の問題は解決したものの、また続編を作ろうと思えば作れる言い訳を残して映画は終わる。でも、もう終わりにしてくれていいと思う。劇場では、日本製のフルCGアニメ『バイオハザード・ヴェンデッタ』の予告編をやっていた。

    PS
    ローラはどうして本作に出演することになったのだろう。すぐいなくなってしまうし、あれでは僕のエキストラ出演と、あんまり変わりがない(笑)。

  • 80点 お帰り〜アリス☆2017年初の大興奮!

    2017-01-06  by あらぼ〜

    アリス、お帰りなさーい。
    4年ぶりにスクリーンに映るアリスを観て、
    2017年初の大興奮!

    各サイトで映画ニュースを読み尽くしてしまったので、大体のイメージは出来上がっていたのだけれど…
    やっぱり、バイオハザードはバイオハザード。
    だから、コレでいい。
    最高です!

    恐がりの私が、ずっとバイオハザードを
    観続けられたのは…
    アリスが地球を救う瞬間を見たかったから。

    アリスの強さに憧れ、人間の命を尊ぶ姿勢が
    たまらなく愛しくて…

    久々にアリスを観た瞬間に…
    もう、心拍数上がりました↑

    最初に公開したのが、2002年だから約14年間。
    ずっとワクワク&ドキドキさせてもらった。

    蹴るは、走るは、跳ぶは、撃つは…の
    凄アクションに感動と興奮。

    確かに、アリスも年をとったけれど…
    まだまだ、アクション頑張っていました。

    今回の見せ場は…シルクドソレイユ
    片脚で逆さま…でも、負けない。
    見せるねー。
    闘うアリスがカッコよかった。最強!

    アンデッドは、わらわら出てくるどころ
    ではなく、もう真ーっ黒。
    地面が真っ黒になるほど、おびただしい数
    に増えていて…
    油断するとガーっと襲ってくるし、またムクリと起き上がるし…観ているこっちまで疲労困ぱい。

    長年闘って生き残ったきた、アリスやクレアは強いよね。
    あ、アリスが言ってた…
    強いだけじゃダメだって。
    知恵がないと。なるほど…

    ひと言で表現すると…
    ザ・ファイナルは恐ーい。
    どこが?
    まず、音が。
    次に、暗闇が。
    そして、裏切りが。

    東京にも来たバイオハザードだけれど、
    ファイナルはラグーンシティの地下ハイブに還る。
    そこで解明される驚愕の事実に怒りを覚えるやら。悲しいやら。

    そして、今作でテンションが上がったのは…
    女戦士コバルト。
    そう、あのローラ。
    製作プロデューサーは、
    「彼女は驚くべき美貌と人を惹きつける強烈な個性、強い意志をもった女性。今回のコバルトは彼女が適役」
    と語っているらしい。
    時間は短いけど、印象的なハリウッド・デビューでした。

    そして驚いたのは、エヴァちゃん!
    ミラとアンダーソン監督の長女。
    もう、一度見たら忘れられない美少女!
    ミラの美貌と、アンダーソン監督のスタイルが
    エヴァちゃんに遺伝した。
    今作では、人工知能レッド・クイーン役だったけれど…
    あと10年待てば、エヴァ版のバイオハザードが観られるかもしれない。
    楽しみです。

    ザ・ファイナルということでシリーズは完結。
    喪失感漂う帰り道でした。

    アリスよ、永遠に…

  • 40点 ほんとにスゴイ??

    2016-12-28  by ダイゴロー

    細かいカットと画面揺れでアクションをごまかさないで〜!ちゃんと見せられないならスタントマン使ってでもいいからさ・・・。フラストレーションばかり溜まる・・・;

    あとさ、敵が出てきたときの無駄にでかい音!!多用しすぎて味方が出てきたときまでデデーーン!!って・・・音でビビるのと怖いのは別もんだよ。怖い演出できないならバイオの映画やらないでー!

    ほんとにこれでスゴイと言える??ゾンビもクリーチャーもブレブレで結局はっきり見てないし・・・。デザインした人かわいそ・・・。エンドロールの後の一言も特にいらなかった。

    最後のほうの展開はよかったので甘めに・・・。

  • 70点 15年間よく付き合ってきました!

    2017-02-02  by 影無茶

    ゾンビ映画と知らずに見た一作目からもう15年!
    2作目まではよく覚えているのに3作目以降はほとんど覚えていないというまるで高齢者の記憶のような状態で迎えたファイナル。
    ローグワンでさえガラガラだった地元の映画館。
    今日は私だけかもと思ったら、何と何とざっと20人は入ってる!
    そうか、これはもう1作目から見続けてここまで来たら最後までつきあわなしゃあないって人達ばかりなのねと思いました。
    かくゆう私がそうなんです。
    同族じゃ!
    もう、パターンは最近こればっかりって感じですが、とりあえず最初から最後まで一気に駆け抜けてくれるので眠くなることはありません。
    もうこれやったらとっくに終わっててもかまわないんじゃないですか?
    いや、もうストーリーとしてはほとんど成り立っていないですね。
    何だかサラマンダーかいなって思うところもあるし。
    ジョボビッチもさすがに年取りましたね。
    ローラ?何?
    お〜終わった終わった。
    ファイナルだ〜
    これで卒業出来ました。
    これだけ無茶苦茶書いて70点ってオレおかしくなりました?
    いやもう最後まで付き合った自分へのご褒美として。
    低い点じゃさびしすぎるじゃん。

  • 80点 アリス、最後の戦い

    2017-01-28  by クラゲ

    映画で続き物は途中で断念してしまって観なくなることが多いですが、これはレンタル等も含めてですが全て観てきました。完結ということで劇場で観てきました。
    強くてカッコイイ女性が好きなので、アリスの活躍は面白いです。敵の倒し方は先がすぐ読めてしまうやり方だけれど、それは仕方ないですね。
    最後に明かされるアリスの謎は意外でした。そして戦いの後にアリスへ与えられる「大切なもの」のシーンは少し感動しました。
    ただ、最初に48時間以内に云々…という設定だったのに、ラストはあれなの?それだと間に合わないのでは?最後の最後に残念だったなと。あのまま全て完結してほしかったなと思いました。

  • 60点 おつかれー

    2017-01-23  by 未登録ユーザmoos

    ミラ・ジョボビッチ14年間ご苦労さん。
    40歳を超えてサイボーグ並みのアクションは大変だったはず。
    ローラの堅い表情は現場の重圧が伝わってくるようだった。
    しかし二言くらいしゃべってグエー。
    シリーズ中もっとも質素で最終章としてはさみしかった。
    それならラストもじみーな終わり方でよかったじゃん。

  • 70点 そうか完結か。

    2017-02-07  by meemee

    1作目から観てきてついに6作目でファイナル。

    1〜2作目がやはり好きだったかなぁ。キャラクターも魅力的で。6作目に関しては、キャラクターがぼやけすぎてあんま特徴はない感じ。すぐ死んじゃうし。まあ、引き立て役?
    でも総合的には楽しめた感じ。
    1〜5作目で各所に疑問が残ってた部分がここで「なるほど」と納得できたかな。
    あと、3Dで観たからかよりミラのアクションがすごかった。

  • 60点 終わりました

    2017-01-14  by 無責任な傍観者

    このシリーズって中途半端に続いてたから、ファイナルと言いながら、ダラダラ続編作るかと思ったら、ちゃんと終わりました。
    中身を全て忘れてるので、どれを見てどれを見てないかも分からない状態ですが、冒頭でこれまでのあらすじを流してくれるので、ちゃんと話しについて行けます。

    っていうか、あの冒頭にちょっと脚色したら、5作も6作も作る必要なかったね。

    例によって話の整合性とか場面場面のもっともらしさには無縁で、単にグロテスクな映像と場当たり的に切り抜けたり意味不明に別れたり出会ったり。
    でもまあ、終わるには終わりました。

    点数は60点。この作品のコンセプトが整合性や完成度を完全に無視したグロアクションと言うことと、最後ってことで、全てに目をつぶって60点にしておきましょう。

    最後、4500人だかの生き残りはどうなったんでしょうね?
    冒頭のタイムリミットの定義と最後のアリスのナレーションの支離滅裂さに口あんぐり(笑)
    まあ、いつものことですが。

  • 70点 【閉じられた世界】

    2017-01-11  by らりほう

    モノローグと共に無数の映像がコラージュされるオープニングに依って、これまでのシリーズが回顧される…。それを見聞いていると、今までずっと“安っぽい”と思っていた本シリーズが 何だか壮厳なものに思え、端無くも落涙しそうになる自分自身に狼狽える。
    その後本編が始まってからも、過去シリーズ5作を(馬鹿馬鹿し過ぎて)全く心から楽しむ事の出来なかった私が、シリーズ初めて世界没入/感情移入している事に驚く…。
    一体過去作と本作とで何が違うというのだろうか?
    今まで出鱈目の限りを尽くしてきた本シリーズ。6作目となる本作も(今までの設定/展開を何ら顧みない)出鱈目ぶりだというのに…。

    知らぬうち 私の身体が出鱈目耐性へと感染/変異していたか−とは半分戯言だが、10年以上出鱈目に付き合えば こちらもそれに動じぬ大きな人間に成るのも必然だろう。
    然し…だ。本作から受ける感動は 単に「延々続く出鱈目に遂に諦観する事」だけで 本当に獲られたものなのだろうか。
    違う。私が今まで軽薄/出鱈目だと思っていた事象(繰り返される登場人物の死と 唐突な復活、キャラクター役割の突然の変更)が “意味あるもの”として突如浮かび上がってきたからに他ならない。

    「ゲームの映画化」−それは、ストーリー/キャラクター/ビジュアル/テーマ他の再現でもあるだろう。でもこのシリーズは「プレイヤーの〈分身〉たる主人公が何度もゲームオーバー(死)とリトライ(復活)を繰り返す ゲームの〈システム/メカニズム〉、もっと言えば〈概念としてのゲーム〉こそを第一義再現していたのだと今更ながら気付かされた。

    ミラジョ演じるアリスが言う「ずっと闘い続けていた気がする、それ以外の記憶がない」と。ならば閉じられた世界、用意された世界も得心がいく。


    最終作で、これまでの負のイメージを一掃する程の 強い諒解と感動を得た。




    《劇場観賞/観賞券当選×2》

  • 80点 謎解き

    2017-01-05  by からかる

    すべて劇場で見てきたので、今回も。
    6列目の真ん中あたりで吹き替えを鑑賞。
    ラルクアンシエルの日本語版主題歌が聞きたかったので。
    字幕だったら更に目が疲れたかもしれない。
    アクションはすごいのだけど、目が追い付かない。

    内容は、今までの謎解きも入っていて、それぞれ主要な登場人物は描かれていた。
    クレアはどうやって脱出したのかと疑問は残るものの、終わり方としてはこんなものかと。

    娘はミラそっくり。
    始まる前にちょっとネタばらしする女子がいてがっかりした。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は バイオハザード:ザ・ファイナルの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



青山シアター&PFFアワード2017特集
ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
3月公開の大作・期待作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 今月は『ムーンライト』『ひるね姫…』『モアナ…』『3月のライオン』『SING/シング』他全10作品
あのベストセラーが映画化『しゃぼん玉』3月4日(土)公開
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!
シャマラン初のドラマに続編登場! 『ウェイワード・パインズ 出口のない街』シーズン2 DVDコレクターズBOX 発売中
「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝