ただいまの掲載件数は タイトル59248件 口コミ 1149144件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ナバロンの要塞 > ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション [DVD]

ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション [DVD]

『ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション [DVD]』を価格比較。★★★☆(69点)『ナバロンの要塞』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション [DVD]
69点
監督 J.リー・トンプソン
出演 グレゴリー・ペック,アンソニー・クイン
発売日 2005年2月9日
定価 2,149円(税込)

 

価格比較

ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション [DVD] 在庫切れ  
ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション [DVD] 売り切れ  

 

amazon.co.jpによる解説

ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション [DVD] [DVD] [2005]

商品詳細情報

販売元 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
発売日 2005年2月9日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「ナバロンの要塞」のレビュー

  • 90点 リチャード・ハリスを探せ!

    2002-11-25  by 未登録ユーザ仮名側之丞

    私の好きな映画で、中学時代にアリステア・マクリーンの原作を3回ほど読んだにもかかわらず、TVのカット版で甘んじていました。
    今日のNHKの放送を知り、先日亡くなったリチャード・ハリスがどこに出てるのだろう(主なキャストではない)と思って、TVを見ていたら、いました!
    冒頭、ナバロン空爆に失敗した将兵の代表の役ですね。「こんな作戦思い付いた奴を要塞の上空へ連れていってパラシュートなしで落としてやれ」と、要塞の難攻不落ぶりを実感こめて語ってました。たったこれだけの出番でしたか。でもその存在感は大したものです。
    まあ原作ファンなので映画の印象は普通、原作にはかなわないと思うものですが、どうしてどうして。この映画からアクション・見せ場がつるべ打ちの作り方がはやりだしたと聞いてます。(原作でも特攻作戦の一行が艱難辛苦に遭うさまをこれでもかと描写していました。映像化も断崖を登る場面以外は良かったです。)
    でもそれより登場人物の内面の葛藤が良く描かれてます。原作よりもっときついセリフをしゃべらせていたように思います。俳優たちも秀逸で、指揮官グレゴリー・ペックの重厚さに比べたら、『プライベート・ライアン』のトム・ハンクスなんて小僧にしか見えません。
    さてグレゴリー・ペックと言えば、民放TVの吹き替えは故・城達也さんと決まってました。最近DVD化にあたって日本語吹き替えを、昔のTV放映と同じ声優であてる傾向になる(最初は『大脱走』から)そうです。
    でも『ナバロン〜』に限っては、ペックの吹き替えは城達也さんよりもっと汚い声の方を選んで欲しいです。「ジェット・ストリーム」が頭に浮かんで仕方がないですから(笑)。

  • 80点 ナバロン=デススター

    2007-01-08  by ゼーン

    2時間以降がハリウッドパワー全開です。
    これ全部、本物を作ってしまったのかという感じです。

    グレゴリー・ペックはどう転んでも良い役ですな。

    ちょっと人物像が弱い気もしますが、一筋縄では行かない戦争物です。

  • 10点 12歳未満指定。

    2010-10-30  by 未登録ユーザニコラ

    ニセ物ばかりでツマラナイ。軍艦、大砲、岩登り、みんな本物の迫力には遠く及ばない。豪華なプール付き箱庭でおもちゃを動かしているようだ。怪獣映画にしたほうがよかった。

  • 70点 旧い映画だけど良く出来てる

    2010-07-19  by ろっける

    旧い映画のお決まりパターンで、人間劇に重点が置かれている戦争映画だけど、良く出来てるね、この作品。
    今、見ても充分に鑑賞に耐える映画に仕上がっている。
    VFXはトホホな所も散見されるけど、編集した人の腕がいいのか実写の映像とVFXで作られた映像を繋ぐのがなかなか上手なのでチープさは最大限まで抑えられている。
    特に時化の海から要塞が存在する島に上陸するシーンは、スタジオで撮ったとは思えない程に迫力がある。
    こう言うシーンを手を抜いてしまうと、たちまち作品全体がチープになりかねないのだけど、全く手抜きなし。撮影したスタッフや出演した俳優さんたちは大変だったろうね。
    テンポ良く話が進行して行くので見ていて飽きないし、ハラハラするシーンも盛りだくさん。
    仲間どうしで、しょっちゅういさかい事が起きるのも、いい演出になっている。
    やっぱり一番の見所は、ナバロンの要塞に据え付けられた大砲。実写とミニチュアを上手に組み合わせて、旧い映画とは思えない程に臨場感のある映像に仕上がっている。
    当時、興行成績ナンバーワンの映画として何年もの間その座に居座ったけれど、それだけの事はある。

  • 90点 これって、ハリソンフォード出てますよね〜

    2003-05-12  by 未登録ユーザさんくふる

     出てましたよ、マイナー時代のハリソンフォード、確か。ノー天気第二次大戦モノ(いつもドイツ軍が、お間抜けに描かれていたり)、かもしれませんが、話も面白いし。一回は見るべき。

  • 100点 特攻隊戦争映画の傑作(三度目の改訂版)

    2012-08-31  by 青島等

    娯楽性と反戦思想が見事に共存している。
    サスペンスが得意なJ・リー・トンプソン監督の最高作であり
    製作者カール・フォアマンの脚本で痛快作だが
    根底には「戦場にかける橋」と共通した反戦テーマを扱っている。
    従来の描き方は、正義の連合軍VS悪のナチ独軍とは一線を画す。

    デヴィッド・ニーヴンの爆発物の専門家ミラー伍長は「戦場にかける橋」のシアーズのアンチテーゼ、
    常に将校を批判する傍観者でいる立場に居る教授で皮肉屋だが友人思いの好人物。

    独軍への復讐心をもったギリシア軍のアンドレア大佐をアンソニー・クインが好演、
    正に水を得た魚の如く行動派の軍人を好演し本作のイメージを力強くし国際派名優の面目躍如である。

    負傷したフランクリン少佐(アンソニー・クェイル)に替わって途中から大砲爆破作戦の指揮をとる登山家マロリー大尉をグレゴリー・ペックが得意の深刻な表情で演じる。

    ナイフの名人で通信機担当(スタンリー・ベイカー)と若い生れながらの殺し屋(ジェームズ・ダーレン)を加えた特攻隊員は6人だがこれにパルチザンの女二人(イレーネ・パパス&ジア・スカラ)が加わる。
    しかしペックとクインとニーヴンの演技合戦が強烈である。

    ディミトリ・ティオムキンの勇猛果敢な音楽、
    オズワルド・モリスによるエーゲ海+ギリシャ風景が美しいカラー・シネマスコープ撮影、
    ジョフリー・ドレイクの美術と特殊効果等、豪華キャストとベストスタッフによる名作。

    (初稿は2006.12.25)

  • 80点 花をもつ 少女のあとに ドイツ兵

    2013-04-10  by kotorin

    The Guns of Navarone

    デヴィッド・ニーヴン、グレゴリー・ペック、アンソニー・クイン
    J・リー・トンプソン監督 コロンビア作品

    第二次世界大戦下、独軍に占領されたエーゲ海のナバロン島に潜入し
    要塞爆破を試みるプロ集団の活躍を描く。

    凄まじい暴風雨の中
    座礁した小船から脱出し、断崖絶壁をよじ登る。
    息もつかせぬアクションと特撮技術。

    更に、多彩な登場人物を演じる名優達が作品に厚みをもたせます。
    負傷したリーダーに代わり指揮を執る、冷静な大尉にペック。
    歩けぬリーダーさえ持ち駒として利用する大尉に怒りを顕にする
    爆発物の専門家にニーヴン。
    かつて大尉の温情が仇となり敵に家族を殺され、
    彼に私怨を抱く大佐にクイン。

    味方の中に潜んでいたスパイや、お荷物のリーダーの処遇について
    対立し葛藤するメンバー達。
    全編を通して命の重さを問うていますが、
    大掛かりな戦闘場面や凄まじいスペクタクルの連続に
    反戦の主張は少々霞んで見えました。

  • 100点 アンドレアの第3の選択肢

    2011-01-13  by Garbera

    「ナバロンの要塞」いいなぁ。何度観てもやっぱり面白い。

    地図を背景に場面転換するところは、インディ・ジョーンズシリーズなんかにも影響与えているかな?。

    この作品のアンドレア役のアンソニー・クインに非常に親近感を覚える。

    体格も似ているし、顔が自分に似ているからかなぁw。。。眼鏡もしていないし、眉が太いところもまるで自分自身を見ているようだw。

    そそり立つ断崖絶壁、難攻不落の要塞に立ち向かう男たち。思い悩み葛藤する人間ドラマ。

    泳げない爆破のプロ、ミラー伍長役のデビッド・ニーブンと隊長役のグレゴリー・ペックとの対立・協力関係の描き方も見事。

    スコポラミン、撹乱戦法、スパイ、凝った仕掛け。クライマックスは圧巻。

    エキサイティングな作品。この作品が音響のいい5.1チャンネルで自宅で観れるとはホントいい時代になったなぁ。

    MY・DVDライブラリーからの1本。

  • 10点 駄作

    2016-12-24  by 未登録ユーザ映画通

    ストーリーがいまいち面白くない。途中でリタイア。名優使ってるのにもったいない。

  • 80点 スコポラミンという薬

    2015-03-08  by トラップ大佐

    ナバロンの要塞にたどり着くまでは特にとても面白かったが、そのあとは画面が暗くて見にくくあまりぱっとしなかった感あり。映画館で見ればもっと楽しめたであろう作品。戦争に勝つには相手国の言葉が話せないとだめですね。スコポラミンという薬、使われていたのですね。ギリシャ風の結婚式で歌われる曲がなかなか良かった。アンソニー・クインがとてもいい味出してます。デビッド・ニーブンも好きだなぁ。ベックは温かみのある役柄がいいなぁ。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ナバロンの要塞の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

コロンビア・プレミアム 戦争映画セレクションBOX(18枚組) [DVD]

  • 定価:39800円(税込)
  • 価格:33569円(税込)
  • OFF:6231円(15%)

ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション [DVD]

  • 定価:1980円(税込)
  • 価格:1500円(税込)
  • OFF:480円(24%)

 



『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
シリーズのテーマを掘り下げた革新の一作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ほか、押見修造漫画の映画化『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『グッバイ・ゴダール!』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!