ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154599件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男 > 映画論評・批評

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

自分自身こそ最大の敵!
アスリートの本質を冷徹に見据えた力作

written by:相馬学
(2018/08/29更新)

ジャンル 人間ドラマ
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 BORG MCENROE
製作年/国 2017年/スウェーデン=デンマーク=フィンランド
配給 ギャガ
ヘッド館 TOHOシネマズ 日比谷
時間 108
公開日
監督

 


『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』


ビヨン・ボルグとジョン・マッケンローは、いずれもプロテニス史に名を残す天才プレーヤー。1980年のウィンブルドン決勝戦で激突した彼らの3時間55分に及ぶ激闘は、今も伝説のように語り継がれている。この名勝負をクライマックスに据え、両雄の歩みを捉えたのが本作だ。

ボルグは精密機械のように冷静で正確な名手、一方のマッケンローは納得のいかない判定を下した審判に噛みつくほどの激情タイプであることは、広く知られている。しかし、ここで描かれるのは真逆ともいうべき素顔だ。ボルグはウィンブルドン5連覇がかかる大会を迎えてナーバスになって繊細さを欠き、最愛の婚約者や信頼を置いていたコーチをも傷つけるほどのエゴイストになってしまう。逆にマッケンローはコートで相変わらず悪童そのものだが、ホテルに戻ると独りで考え込みストイックに戦略を練る。そこに浮かび上がるのは、自分自身と格闘する者たちの壮絶な姿勢。ぎりぎりまでそれを突き詰めた果てにセンターコートに立つ両雄の対決は、結果を知っていても熱いものを覚えるだろう。死地に向かうような覚悟で戦いに臨むアスリートの凄みを、リアルに切り取った力作だ。

 

1

(C)AB Svensk Filmindustri 2017

 

映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!