ただいまの掲載件数は タイトル59011件 口コミ 1146593件 劇場 586件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ザ・スクエア 思いやりの聖域 > 映画論評・批評

『ザ・スクエア 思いやりの聖域』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

良識や建前を粉砕するおかしくも毒気たっぷりの
カンヌ・パルムドール作

written by:佐藤久理子
(2018/04/27更新)

ジャンル 人間ドラマ
原題 THE SQUARE
製作年/国 2017年/スウェーデン=独=仏=デンマーク
配給 トランスフォーマー
ヘッド館 ヒューマントラストシネマ有楽町
時間 151
公開日
監督

 


『ザ・スクエア 思いやりの聖域』


憎らしいほどに面白過ぎる。否、単純に面白いと言ってしまうのもためらわれるぐらい、この作品には意地悪な皮肉や批評精神が潜んでいるのだが、それでもどうにも笑いが堪えきれない瞬間と、笑った後で引きつる瞬間が交差する。宣伝コピーは“観る者すべての心が試される”だが、なるほど、観る側の立場や性格、はたまたその日の気分によっても反応が変わるに違いない。本作に最高賞を与えた昨年のカンヌ映画祭の審査員たちは、勇気があると思わずにいられない。

主人公のクリスティアンは、現代美術館の有名キュレーター。鼻持ちならないインテリ自己中男だが、まったく憎むべきやつというわけでもない。彼は新たな展覧会で、平等と公平を象徴する“思いやりの聖域(スクエア)”をテーマにしたインスタレーションを提唱するが、その過激なPRがネットで炎上を招き、公私共にトホホな状態に追い込まれていく。

リューベン・オストルンド監督は、“敷居の高い”現代アートの世界を選び、思いきり揶揄しながら、本音と建前、理想と現実のギャップをあぶり出し、さあどうだと観客の前に陳列する。そこから何を受け取るかは観客次第だ。

 

1

(C)2017 Plattform Prodtion AB/Societe Parisienne de production/Essential Filmproduktion Gmbh/Coproduction Office Aps

 

興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ