ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154803件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 > 映画論評・批評

『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

夢と現実が隣接する町
子供たちが無邪気にその境を越えていく!

written by:清藤秀人
(2018/05/10更新)

ジャンル 人間ドラマ
気分 しみじみと感動できます
原題 THE FLORIDA PROJECT
製作年/国 2017年/米
配給 クロックワークス
ヘッド館 新宿バルト9
時間 112
公開日
監督

 


『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』


フロリダ州のキシミーはディズニーワールドの門を出てすぐの町。通りに面して建ち並ぶモーテルはどれも“マジックキャッスル”とか“フューチャーランド イン”とか、ディズニーにちなんだ名前になっている。それがジョークにしか見えないのは、モーテルの宿泊者というより住人たちが、夢の対極にある貧困と日々格闘しているからだ。

シングルマザーの母親が近くのダイナーで働いているスコッティや、多分、父親の仕事が見つかってニューオーリンズに引っ越していくディッキーはまだましで、6歳の少女、ムーニーは観光客相手の売春で日銭を稼ぐ母親とその日暮らしを続けている。

とこう書くと、アイロニーに満ちた世知辛い社会派ドラマを想像するかもしれない。しかし、子供目線の低めにセットしたカメラが捉えるのは、モーテルの階段下や管理人室に忍び込み、そこを即席の遊び場に変えてしまう子供たちの想像力が描き出す、厳しい現実とは裏腹な無邪気で楽しい世界。それに協力するように、神様はときおり紫色のモーテルの上空に虹のアーチを描いたりもしてくれる。

やがて、ムーニーの楽しい時間が終わるとき、カメラは子供たちの背後に回り、それでも現実から夢へダッシュしていく小さな背中を、祈るような気持ちで後押しするのだ。

前作『タンジェリン』では自前のi P h o n e 片手にL .A .で暮らすトランスジェンダーの女性たちを徹底追跡したショーン・ベイカー監督。作られたドラマに違和感を覚えるという彼が、モーテルの支配人を演じるウィレム・デフォー(終始キリストのように穏やか)以外、もちろん子役も含めてほぼ全員素人で固めた彼らが織り成す世界の、何とリアルでみずみずしいことか!?
オスカー候補もれが信じがたいリアルファンタジーの傑作だ。

 

1

(C)2017 Florida Project 2016, LLC.

 

映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!