ただいまの掲載件数は タイトル59278件 口コミ 1149262件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > アンダー・ハー・マウス > 映画論評・批評

『アンダー・ハー・マウス』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

ジェンダーレスに生きる新星が挑むレズビアン恋愛映画

written by:よしひろまさみち
(2017/09/28更新)

ジャンル ラブ・ストーリー
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 BELOW HER MOUTH
製作年/国 2016年/カナダ
配給 シンカ
ヘッド館 シネマート新宿
時間 92
公開日
監督
R18+

 


『アンダー・ハー・マウス』


近年、性的少数者を扱った映画が多く製作されているが、主にその多くはゲイがテーマ。当事者総数に対して足りていないのはトランスセクシュアルとレズビアンの映画だろう。そんな中、とびきりセクシーなレズビアンの恋愛映画が現れた。それが、ユニセックスなルックスのダラスと、ファッション誌編集者ジャスミンの恋物語の本作。

でも実は、ストーリー自体は陳腐とも言えるほど出尽くした展開。ゆえに、北米の当事者たちからは「ポルノかよ!」という批判も浴びてしまった。ひと目惚れ〜溺れるような大恋愛の流れは安っぽいし、性描写の多さは、観る人によっては辟易するほどだ。確かに、これをリアルなレズビアンの恋愛と思ってもらっては困る。だが、とにもかくにも美しさ重視という点においては、他のレズビアン映画にはない魅力があるのだ。それはダラス役のエリカ・リンダーがいたからこそ。男女のコレクションに垣根なく呼ばれまくっているファッションモデルの彼女だからこそキャラクターが生きるし、ダラスの葛藤も際立っている。多様性が叫ばれる今だからこそ生まれたミューズによるミューズ映画として観てもらいたい。

 

1

(C)2016, Serendipity Point Films Inc. 

 

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
『サマーウォーズ』の細田守監督が描く新たな“家族”の物語 『未来のミライ』ほか、スペインの若き新鋭監督の長編デビュー作『悲しみに、こんにちは』や人気舞台の映画化『ゴースト・ストーリーズ…』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!