ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154971件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ビジランテ > 映画論評・批評

『ビジランテ』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

グローバリゼーションの混沌を映した地方都市で
吹き荒れる3兄弟の運命

written by:森直人
(2017/12/07更新)

ジャンル バイオレンス
気分 ハラハラドキドキ興奮します
製作年/国 2017年/日本
配給 東京テアトル
ヘッド館 テアトル新宿
時間 125
公開日
監督
R15+

 


『ビジランテ』



圧倒的な力作にして傑作だ。日本のローカルな場所を舞台としながら、世界に渦巻く負の連鎖を捉える果敢なトライアル。『SR サイタマノラッパー』の入江悠監督が、『22年目の告白−私が殺人犯です−』の大ヒットを経て、作家的野心が沸騰する渾身の1本を放った。これは彼の新たな代表作と言っていいだろう。

吹き荒れる混沌とした世界像。描かれるのは強圧的な父の下で育った3兄弟の物語だ。遺産相続の問題をめぐって久々に彼らは一堂に会する。ドストエフスキーの小説『カラマーゾフの兄弟』を彷彿させる、立場もタイプも異なる3兄弟を、大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太が熱演。そこに地方政治や自治体、裏社会の闇などが濃厚に絡み、彼らの運命は陰惨かつダイナミックに展開する。

背景となる埼玉県の架空の市はグローバリゼーションの縮図だ。強引に推し進められるショッピングモール建設計画。その裏の姑息なパワーゲーム。また移民排斥に暗い情熱を燃やす鬱屈した若者。これらすべてが世界共通の問題とつながる。入江悠はその豪腕と鋭い洞察力で、“今の時代”を灼熱の温度のまま映画にぎゅっと詰め込んだのだ。

 

1
【関連作品】
ビジランテ

(C)2017「ビジランテ」製作委員会

 

映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!