ただいまの掲載件数は タイトル57532件 口コミ 1126571件 劇場 594件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 南瓜とマヨネーズ > 映画論評・批評

『南瓜とマヨネーズ』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

幸福な出会いで誕生したすべてがしっくりくる
魚喃キリコワールド

written by:イソガイマサト
(2017/11/06更新)

ジャンル ラブ・ストーリー
気分 原作が有名です
製作年/国 2017年/日本
配給 S・D・P
ヘッド館 新宿武蔵野館
時間 93
公開日
監督

 


『南瓜とマヨネーズ』


撮るべき人がメガホンを取り、演じるべき人がその役を生きる幸福な映画がたまにある。魚喃キリコの同名コミックを、『乱暴と待機』などの冨永昌敬監督が臼田あさ美、太賀、オダギリジョーの共演で映画化した本作もそんな奇跡の1本だ。

映画は原作同様に、ヒロインのツチダがミュージシャンを目指す同棲中の恋人・せいいちと、偶然再会した自由奔放で女たらしの昔の男・ハギオの間で心を揺らすさまを描き出すもの。そんなどこにでもある男女の風景、自分では抑えられない衝動が、嘘のない、すべてがしっくりする形で視覚化されているのだ。流されるように揺れる臼田はツチダそのものだし、バイト姿がハマる太賀もせいいちにしか見えない。原作より年上の設定のハギオも、オダギリが演じたことで妙な説得力がある。そんな登場人物たちを現実世界に引き寄せ、より愛すべきキャラとして描いた冨永監督は、コミックを自分の映画にできる確信が持てるまで約10年待ち、ついに実写化に挑んだという。だからなのだろう。原作から厳選されたツチダのモノローグ、やくしまるえつこが手がけた劇中歌などすべてが絶妙。誰もが自分を重ねたくなる、魚喃キリコワールドになっている。

 

1
【関連作品】
南瓜とマヨネーズ

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

 

緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.4『オリエント急行殺人事件』ツイッターキャンペーン
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
物語、演出、キャスト三拍子揃ったエンタメ快作! 関ジャニ・丸山隆平主演『泥棒役者』ほか『火花』『gifted/ギフテッド』など11月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

まるでおじいちゃん版『オーシャンズ11』!?『ジーサンズ はじめての強盗』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ